サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

恋をしよう、世界のために。

f:id:orange345:20200104070338j:plain

 

 

黄色いコートを着て街に出たんだ

雨上がりの街は色鮮やか

あのコが働く雑貨屋さんのピンク色の看板もとてもキレイ

過去なんて通り過ぎてしまえば存在しないものなんだね

 

 

君と出会ったときのことは今でもよく憶えている

僕がどん底の状態にいたときだからね

彼女をはじめて見たときの僕の驚きをどう表現したらいいだろう

彼女はあの真っ赤なドアを開けて入ってきたんだ

 

 

あのコを誘って街へ出よう

おそらくそれがすべての答え

目一杯オシャレをして恋をしよう

おそらくそれですべての問題は解決する

 

 

 

彼女をオートバイに乗せて走ったんだ

頭上には戦闘機が飛び交っていたけど二人には関係なかった

アイススクリーム屋さんであのコはストロベリーを頼んだ

僕は「何もかもパーフェクトだ!」と思ったよ

 

 

彼女が僕にキスをするとき

ほんの一瞬だけ時間が止まるのを感じるんだ

水玉模様のドレスを着た彼女があの赤いドアの前に立っている

誰よりも早く彼女に声をかけなければ

それですべてがうまくいく

 

 

 

あのコを誘って街へ出よう

おそらくそれがすべての答え

目一杯オシャレをして恋をしよう

おそらくそれですべての問題は解決する

 

 

 

遠くの空で稲妻が見えた

でも僕と彼女はそれが二人を祝福している光のように見えた

街行く人たちはみんな暗く浮かない顔をしていたけれど

僕たちはまるでゲイリー・グラントとデボラ・カーのようだったね

 

 

 

誰かが耳もとでささやく声が聞こえた

「過去なんてすべて“まぼろし”だ」ってね

素敵なアイデアを思いついたから聞いてくれないか?

君と巡り合えたことがどれほどこの世界を平和にしているか

君はきっと知らないんだろうんな

 

 

あのコを誘って街へ出よう

おそらくそれがすべての答え

目一杯オシャレをして恋をしよう

おそらくそれですべての問題は解決する

 

 

 

サカモトハルキ 『恋をしよう、世界のために。』