シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

経営者、事業家、投資家にいちばん求められる資質とは?

f:id:orange345:20181212102353j:plain

経営者や事業家になりたい、あるいは投資でメシを食っていきたいと考えてる人は『勇気』を持たなければいけない。

人と違う道に進むことができる勇気を持たなければいけないのだ!

 

「何を当たり前のことを言っているんだ!」とお叱りを受けそうだが、これは意外に見落とされがちな部分だ。

そして、これこそが最も重要なところでもある。

 

人間は弱い生きものだ。

ましてや多額のお金がからんだりしてくると、なおさら勇気を振りしぼおって決断することができなくなってしまう。

 

そんな時、多くの人はふっと自分の中にある弱い心に負けてしまう。

 

そうだよな、オレがそんな大それたことなんかできるわけないよな

子どもみたいにいつまでも夢なんか見てちゃいけないよな

危険な賭けに出て失敗でもしたら、大変なことになっちゃうしな

etc・・・

 

そうやって人は勇気を持って決断することを避けるようになってゆくのである。

続きを読む

自分に合った経済感覚が幸せへと導いてくれる

f:id:orange345:20181205172408j:plain


 

自分に合った経済感覚を持つことってとても重要なことだ。

 

経済感覚というのは人それぞれ違うものだ。

「年収700万円以上ないとまともに生活できない」という人もいれば、「年収400万円でも十分だ」という人もいるだろう。

 

700万と400万円とのあいだには実に300万円という大きな開きがあるのだが、その人の経済感覚の違いがその大きな開きを埋めてくれる。

 

300万円を稼ぎ出すというのはなかなか大変だ。

 

投資をやってる人なら、投資によるリターンで単年度300万円を稼ぎ出すことがいかに困難であるかわかるはずだ。

サラリーマンをしている人でも年間300万円も年収をUPさせることがいかに大変なことであるかわかるはずだ。

 

・・・・というか、ほぼそれは不可能だ!

続きを読む

お金を嫌う人のところにお金が集まらない法則

f:id:orange345:20181204165648j:plain

多くの人は程度の差こそあれ、なんらかのお金の問題を抱えている。

毎日耳にする嫌なニュースの背景に横たわっているのも、お金の問題だったりすることが多い。

 

でも、お金それ自体は何も悪くない。

悪いのは、そのお金を上手に取り扱うことができなかった人間の方なのだ。

 

それなのに、なかにはお金が悪いかのように言う人がいる。

もっとヒドイ人になると、「お金の悪口」のようなことを言い出す人もいる。

続きを読む

人生がうまくいかない・・・と思ったときに考えてみてほしいコト

f:id:orange345:20181203172045j:plain


 

もしも、みなさんが今、「人生がうまくいってないな・・・」と感じているのだとしたら、ぜひどうしてそのような事態になったのか冷静に分析してみてほしい。

きっとそこには何らかの理由のようなものがあるはずなのだ。

 

わざわざ自分をツライ想いをするようなシチュエーションに追い込んじゃったりしている人もたくさんいる。

 

やっぱり足の遅い人が陸上部に入ったって活躍できないんじゃないかな?

ずっと経理畑を歩いてきたような人がいきなり営業に回されたって営業成績は伸びないんじゃないのかな?

 

どんなに頑張ったって、その分野に長けている人には叶わない・・・

これはもう仕方のないことなのではないだろうか。

 

生まれつき足の速い人にはどんなに努力したって勝ち目はないのではないだろうか。

それなのに、負け戦に「根性論」「精神論」だけで挑んで傷を負ってる人があまりにも多いように僕の目には見える。

 

続きを読む

『不動産投資』をはじめるべきタイミング・はじめてはいけないタイミング

f:id:orange345:20181129164931j:plain



今、いたるところで『不動産投資が熱い!』という話を耳にする。

本や雑誌、テレビでもいつも不動産投資の特集が組まれ、ネットでもその話題で持ちきりである。

 

リーマン・ショックの引き金をひいたのは、元はと言えばアメリカの住宅バブルの崩壊だった。

サブプライム・ローンというのは金融とか、インターネットとか、通貨とか、国債とかの話ではなかった。

 

不動産の話だった。

 

それなのに、舌の根も乾かないうちにまた不動産が盛り上がりを見せている。

あの頃、多くの人が「不動産はもう懲り懲りだ・・・」と言っていたのに。

続きを読む

親も不完全なひとりの人間に過ぎない。だから、あまり気にするな!

f:id:orange345:20181128174234j:plain

『毒親』という言葉が使われるようになって何年も経つが、人間というのは誰しも多かれ少なかれ親から影響というものを受けて育つものだ。

 

この親からの影響というのを過小評価しない方がいいと思う。

親からどんない影響を受けたのかによって、その人の人生が決まると言っても過言ではない。

 

多くの人は知らず知らずのうちに『親が思い描いた人生』を歩むようになる。

でも、早くその呪縛から自由になって自分自身の人生を歩むようにならなきゃいけない。

 

そして、本当の自分にならなきゃいけない。

続きを読む

脱サラするときに僕がどんなことを考えていたのかについて

f:id:orange345:20181127185232j:plain

「本当は脱サラしたいんだけど、世間の常識とかが気になって前に進めない・・・」

そんな悩みを抱いてる人は結構いると思う。

 

僕もかつてはそうだった。

だから、そういう人の気持ちが痛いほどよくわかる。

 

僕が脱サラ起業したのは38歳の頃の話だ。

 

38歳・・・

 

なかなかの年齢だ。

もうその頃には奥さんもいたし、子供もいた。

 

そんな状態でよく会社を辞めれたな!

_____人からもよくそう言われるし、自分でもそう思う。

 

だけど、僕はどこかの時点で腹をくくったのだ。

そして、前に一歩進んだのだ。

 

そのことによってすべてが変わった。

 

僕の人生が変わった。

僕のライフ・スタイルが変わった。

僕の精神状態が変わった。

 

ついでに僕の『フトコロ具合』も変わった。

続きを読む

『アリとキリギリス』の話には続きがあった!?

f:id:orange345:20181126164531j:plain

日銀の黒田総裁は「日本をもっとインフレにしよう」と目論んでいる。

安倍首相を基本的にはこの考えに賛成だ。

 

物価が上がることがあらかじめわかっていれば、『今のうちに買っておこう』と考える人が増えるだろうと彼らは考えている。

 

だがご存じのとおり、彼らのその目論見はものの見事に外れている。

誰もモノを買おうなんて思っていないのだ。

 

いや、むしろ企業も個人もおカネを貯め込むことに躍起になっている・・・

続きを読む

不動産投資について多くの人が誤解しているコト

f:id:orange345:20181124160427j:plain

不動産投資というと、「怖い」というイメージがすっかり定着してしまった感がある。

 

でも本当に怖いのは不動産投資そのものではなく、自分で何をやっているのかわからないまま進んでしまうことだと僕は思っている。

 

確かに不動産は高額だ。

何千万円も、下手をしたら何億円も銀行から借金をしなければならない。

だから不安になる人の気持ちもよくわかる。

 

しかし実際に何年前から不動産投資をやってる僕に言わせれば、不動産投資というのはきちんとした物件さえ取得してしまえば全然怖くないものだ。

 

その物件選びさえ間違いなければ、むしろ他のどの投資法よりも安全で、安定的にインカムゲインを得ることができる。

 

僕が言ってるきちんとした物件というのは、空室になってもなるべく期間を空けずに部屋が決まるような物件だ。

 

お客さんのニーズを満たし、部屋探しをしている人から魅力的だと思われるような物件。

それさえ取得してしまえば、あとはこっちのものだ。

続きを読む

自分も他人も客観的に分析できる目を持とう!

f:id:orange345:20181123114009j:plain

結局のところ、「人生がうまくいってない」という人は、その人が悪いというよりはむしろ、その人の『考え方がちょっとだけズレてるだけ』なのだ。

 

最近僕はそんなふうに思うようになった。

 

だから「何かうまくいかない」「何かがおかしい」と感じている人は、自分の中のどこの部分がズレているのかをチェックしてみるといい。

すると必ずズレてる個所が見つかる。

 

家電製品の修理と一緒だ。

どこかにおかしな個所があるから、故障が起きているのだ。

 

心理的用語を使うと、こういうのを『認知の歪みを矯正する』というらしい。

 

もちろん、人の心と冷蔵庫や洗濯機はまったく別ものだ。

だけど、うまくいってない人というのはどこかにこの認知の歪みがある。

スポンサーリンク

 

続きを読む