サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

映画『ライフ・オブ・パイ』レビュー

 

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (字幕版)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

続きを読む

Take me out

f:id:orange345:20200120062005j:plain

 

 

僕の記憶の片隅にあるのは

学校で女の子が僕の手を引いて

僕をどこかへ連れ出してくれたこと

そのコが誰だかわからない

クラスメートだったのかもわからない

顔も名前も思い出せない

でも、それは夢なんかじゃない

彼女の手のぬくもりをしっかりと憶えているから

それが僕の出発的だった

それは僕にとって『希望』の象徴だった

誰か

僕をここから連れ出してくれないか

人生ってやつにからめとられて

にっちもさっちもいかない状況なんだ…

 

 

 

僕の記憶の片隅にある“希望”は

僕に生きる勇気を与えてくれる

彼女に手を引かれて

僕はとても嬉しかった

きっとこの世界の片隅には

そんなささやかな“希望”すら与らえれず

暗闇のなかでうずくまってる人がたくさんいる

誰かが救いの手を差し伸べるのを

待ってる人たちがたくさんいる

毎晩、祈りながら過ごしてる子供たちがたくさんいる

「誰か迎えに来て」

「誰かここから連れ出して」

「誰かわたしを救い出して」

と・・・

 

 

だから僕は生きている

だから僕は頑張っている

誰かを救う存在になりたいんだ

僕には“希望”の記憶があるから…

 

 

 

僕の手を引いた少女とはその後

何の発展もなかった

だって顔も名前も憶えてないくらいなんだから

でもすごく嬉しかったことだけは憶えてる

二人は走った

誰もいない場所を目指して

教師やクラスメートたちの目の届かない場所

それは二人にとって特別な場所

僕は今、深夜のコンビニに立ち尽くしている

わずかばかりの生活費を稼ぐために

なぜこんな人生を歩むようになったのかわからない

でもここが僕の居場所なんだ

ここが1日のうちの大半を過ごす“場所”なんだ…

 

 

 

僕の記憶の片隅にある“希望”は

僕に生きる勇気を与えてくれる

彼女に手を引かれて

僕はとても嬉しかった

きっとこの世界の片隅には

そんなささやかな“希望”すら与らえれず

暗闇のなかでうずくまってる人がたくさんいる

誰かが救いの手を差し伸べるのを

待ってる人たちがたくさんいる

毎晩、祈りながら過ごしてる子供たちがたくさんいる

「誰か迎えに来て」

「誰かここから連れ出して」

「誰かわたしを救い出して」

と・・・

 

 

だから僕は生きている

だから僕は頑張っている

誰かを救う存在になりたいんだ

僕には“希望”の記憶があるから… 

 

 

 

僕の家族の話はしたくないんだ

「問題を抱えている」とだけ言っておくよ

子供の頃はそんなに酷くなかったんだ

だけど、だんだん酷くなっていった…

現実ってやつは厳しいってことに気づいたとき

僕はその現実から抜け出せない状態におちいっていた

どうにかしなきゃいけないことはわかってる

だけど、どうしたらいいのかわからない

疲れ果ててベッドに転がり込んで

目をとじるとき思い出すのは

誰かに手を引かれたあの記憶なんだ

学校時代の思い出はすべて忘れてしまった

だけど、その記憶だけは僕のアタマに残ってる

 

 

 

僕の記憶の片隅にある“希望”は

僕に生きる勇気を与えてくれる

彼女に手を引かれて

僕はとても嬉しかった

きっとこの世界の片隅には

そんなささやかな“希望”すら与らえれず

暗闇のなかでうずくまってる人がたくさんいる

誰かが救いの手を差し伸べるのを

待ってる人たちがたくさんいる

毎晩、祈りながら過ごしてる子供たちがたくさんいる

「誰か迎えに来て」

「誰かここから連れ出して」

「誰かわたしを救い出して」

と・・・

 

 

だから僕は生きている

だから僕は頑張っている

誰かを救う存在になりたいんだ

僕には“希望”の記憶があるから…

 

 

 

そのコの手はとても美しかった

細くて、とても白かった

顔は思い出せないけど

彼女の手だけは不思議に憶えているんだ

考えてみたら

僕はずっと彼女を追いかけていたような気がする

そして、もう一度僕の手を引いて

どこかへ連れ出してくれるのを待ち望んでいる

誰か僕をこの暗闇から救い出してくれ

夢でも構わない

誰かが僕を見つけてくれるのを待っているんだ

 

 

 

僕の記憶の片隅にある“希望”は

僕に生きる勇気を与えてくれる

彼女に手を引かれて

僕はとても嬉しかった

きっとこの世界の片隅には

そんなささやかな“希望”すら与らえれず

暗闇のなかでうずくまってる人がたくさんいる

誰かが救いの手を差し伸べるのを

待ってる人たちがたくさんいる

毎晩、祈りながら過ごしてる子供たちがたくさんいる

「誰か迎えに来て」

「誰かここから連れ出して」

「誰かわたしを救い出して」

と・・・

 

 

だから僕は生きている

だから僕は頑張っている

誰かを救う存在になりたいんだ

僕には“希望”の記憶があるから…

 

 

 

サカモトハルキ 『Take me out』

映画『早春』レビュー

 

早春

早春

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

続きを読む

“願望”に投資するな! キャピタルゲイン(値上がり益)を重視した投資スタイルは苦悩することが多いのはなぜか?

f:id:orange345:20200118070204j:plain

 

投資に興味がある人で「長期投資」という言葉にグッと来るタイプの人こそ不動産投資が向いているんだけど、なぜか長期投資が好きな人のあいだでは不動産投資は人気がない・・・・

 

どういうわけか、安定志向・長期志向の人は不動産投資が大嫌いです。

キケンだと思われてるみたい。

不動産投資は世界の経済情勢の影響を受けにくく、資産が一気に半分になったり目減りしたりすることもほとんどないのに・・・

 

不動産投資は資産が一気に変動しない代わりに、株価の変動しだいで『一気に大儲け!』というような一攫千金もありません。

インカムゲインをもらいながらゆっくりのんびり資産を形成してゆくスタイルです。

 

いい物件なら30年・40年・50年間、安定的に家賃が得られます。

建物はたしかに古くなってゆくけれど、きちんとメンテナンスをしていって騙し騙しやっていれば長期間にわたってキャッシュフローを得続けることは可能です。

 

こういうのを長期投資というのではないでしょうか?

 

続きを読む

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』レビュー

 

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション[AmazonDVDコレクション]

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション[AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: DVD
 

 

続きを読む

僕の行進曲(マーチ)

f:id:orange345:20200118062451j:plain

 

 

 

それでも人生はつづいてゆく

どこへ向かってゆくかわからないけど

好奇心と探究心だけは持ちつづけよう

そのふたつがあれば大丈夫

ただ給料をもらうだけのために生きてる連中を見てみなよ

彼らを反面教師にするんだ

泣き叫ぼうが

トイレに籠ろうが

未来は勝手にやってくる

だったらこちらから迎えに行ってやろう

 

 

時間を止めることはできない

さあ、旅に出よう

予測不可能だから

人生はおもしろい

 

 

あの娘はまだベッドで寝ている

彼女にサヨナラを言おう

「僕は先へ進むことにするよ」

と、置き手紙を残して

本当の自分を見つけに行こう

 

 

人生というのは謎に満ちているんだ

だから素晴らしいのさ

自分という存在に悩んでいるからこそ

人は自分を磨くことができる

 

 

「時代錯誤だ」と笑われても

僕は気にしないよ

ビジネス書ばかり読むような男にはなりたくないんだ

コスト・パフォーマンスのことばかり気にするような

人生はまっぴらごめんだ

だから僕は先へ進むよ

 

 

 

それでも人生はつづいてゆく

時間を止めることはできない

人生というのは謎に満ちている 

 

 

僕はまだ何も成し遂げていない

どこにも到達していない

だけど、それでいいんだ

だからこそ生きる意味があるのさ

 

 

僕はまだ何者にもなれてない

まだ自分自身と折り合いがついていない

だけど、それでいいんだ

だからこそ死なずに済んでいるのさ

 

 

もし良かったら

君もいっしょに来ないかい?

僕がこれから行こうとしている場所は

きっと君も気にいると思う

それとも『次の25日』を待ちわびるような人生の方がいい?

そういう人生も悪くないかもしれない

でも僕は先へ進むよ

 

 

 

それでも人生はつづいてゆく

時間を止めることはできない

人生というのは謎に満ちている 

 

 

 

サカモトハルキ 『僕の行進曲(マーチ)』

 

 

 

Just a man in love

f:id:orange345:20200117062629j:plain

 

 

 

君は今ごろ僕のことを笑っているかもね

君の前ではずっと道化を演じてきたからね

僕の中にあるシリアスな部分を

君に見せるのが怖かったからね

僕にとって君は“高嶺の花”

君はお金持ちのお嬢さんだし、

僕は“まだ何者にもなってない男”だ

最初から釣り合わないことはわかってたよ

 

 

 

僕がもっといろんな意味でいい男だったら良かったのに

君を夢中にさせるくらいの魅力があったら良かったのに

だけど実際の僕は半地下の家に暮らす

“まだ何者にもなってない男”

僕にできることはただ一つ

君のことを想って

その想いをタイプライターに込めることぐらい

いつか僕の言葉が君のもとに届くことを夢見て…

 

 

 

君を失ってから

僕の人生はぽっかり穴があいてしまった

僕が望んでいたのは

“ほんのささやかな幸せ”だったけれど

それすらも僕の指先からすり落ちていってしまった

僕は広い世界に一人ぼっちに取り残されて

君との素敵な思い出にひたってるんだ

 

 

 

 

雨の音が聴こえてきた

コーヒーを飲んで気持ちを落ち着かせよう

そういえば君と何度もコーヒーショップに行ったよね

そこで他愛もない話を何時間もした

店内にはいつもトム・ウェイツが流れていた

今じゃそのお店にタイプライターを持ち込んで

僕は自分の内から湧き出てくる言葉を綴ってる

 

  

 

僕のことをはもう忘れてくれないか

僕の言ったことや

僕のしたことすべてを

あの頃の自分を思い出すたびに

心がブルーになってしまうんだ

でもほんの一瞬だけでもいいんだ

(僕のことは思い出さなくても構わない)

『そういえば私、誰かにすごく愛されたことがあるような気がする』

と、ふと思ってくれるだけでいい

君が人生につまずいたときに…

 

 

 

 

君を失ってから

僕の人生はぽっかり穴があいてしまった

僕が望んでいたのは

“ほんのささやかな幸せ”だったけれど

それすらも僕の指先からすり落ちていってしまった

僕は広い世界に一人ぼっちに取り残されて

君との素敵な思い出にひたってるんだ

 

 

 

 

サカモトハルキ 『Just a man in love』

映画『ボーダーライン 』レビュー

 

ボーダーライン(字幕版)

ボーダーライン(字幕版)

  • 発売日: 2016/08/09
  • メディア: Prime Video
 

 

続きを読む

業績良し&高配当株! タイヤ世界シェアNo.1の【ブリヂストン(5108)】の株を選んだ理由について語ろう。

f:id:orange345:20200116054725j:plain

 

 

 

  

2020年1月6日、ブリヂストン(5108)の株を100株購入しました。

購入したときの株価は4,009円でした。

 

ちょうどその日は大発会の日。

東京株式市場は米軍のイランの司令官殺害による中東情勢の緊張のせいで日経平均株価は一時500円を超えた日でした。

 

ブリヂストンの株には以前から目をつけていました。

ちょうど「4,000に近づいたら買おう」とタイミングを見計っていたところでした。

 

そこで今回はなぜ僕はブリヂストンの株を購入したのかについてまとめてみました。

 

続きを読む

大人はわかってくれない。

f:id:orange345:20200116051840j:plain

 

 

僕が公園のベンチで猫とたわむれていたら

老人が話しかけてきた

「ジョニー・キャッシュはインディアンの洞窟で何をしようとしていたんだ?」

って

僕は答えた

「きっとUFOを呼ぼうとしていたんですよ」

人生にはさまざまな困難がおとずれるもの

それはもうクリント・イーストウッドの44マグナムのように

ピッタリとくっついてるものなんだ

 

でも、誰かに恋をしていれば

絶望を乗り越えることができる

 

 

 

街角で写真を撮っていたら

子供が話しかけてきた

「『未知の遭遇』のお父さんはどこへ行っちゃったの?」

って

僕は答えた

「現実から逃げてごらん。そして、海へ向かって走ってごらん。そしたらわかるよ」

人間にはどこか欠陥があるもの

完璧な人間なんてどこにもいない

それはまるでデビッド・ボウイの右目と左目の色が違うように

 

 

でも、誰かに恋をしていれば

絶望を乗り越えることができる

 

 

  

君がピンチになったとき

いつでも僕を呼んでくれ

すぐに駆けつけるから

ナンディ族よりも速く走ることができる

君を助けるためなら

 

 

 

僕が場末のバーのカウンターで飲んでいたら

男が話しかけてきた

「メリー・ポピンズはあのお父さんを助けるために空からやってきたのか?」

って

僕は答えた

「でも、こんなに人と人とがいがみ合ってる今の地球にはきっと来てくれないよ」

コスパばかり優先してしまうと

本当の幸福にはたどり着けない

でも『イージー・ライダー』で銃で撃たれる主人公ではなく

主人公を銃で撃つ側の人間だらけの世の中になってしまった

 

 

でも、誰かに恋をしていれば

絶望を乗り越えることができる

 

 

  

君がピンチになったとき

いつでも僕を呼んでくれ

すぐに駆けつけるから

ナンディ族よりも速く走ることができる

君を助けるためなら

 

 

 

サカモトハルキ 『大人はわかってくれない。』

 

「卵をひとつのカゴに盛るな」には気をつけろ! 分散投資の罠に気づかない人があまりにも多い件について。

f:id:orange345:20200115145142j:plain



『紙の資産』の中だけでいくら分散したところでそれはリスクをヘッジしたことにはならないですよね。

よくよく考えてほしい。

 

全世界にバランスよくたくさん分散された投資信託を買っても、それは全然リスク・ヘッジになってない。

だって、それはただ単に分散しただけだから。

ただ単に同じ資産の中で「分けた」だけだから。

 

100メートル・ハードルも、やり投げも、砲丸投げも、棒高跳びも、etc・・・みんな『陸上』というひとつ競技スポーツのなかの話。

でも世の中には陸上のほかにもいろんなスポーツがあります。

バスケもあるし、水泳もあるし、野球も、柔道も、サッカーもある、etc・・・

 

もっと言えば、スポーツじゃなくてもいい。

音楽でもいいし、美術でもいい。

 

続きを読む

映画『ラッキー』レビュー

 

ラッキー(字幕版)

ラッキー(字幕版)

  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: Prime Video
 

 

続きを読む

ブルーな瞳の少女

f:id:orange345:20200115082446j:plain

 

 

彼女の瞳はブルーだった

僕は一発で魅了されてしまった

あの娘は僕の人生の扉を開けるきっかけだった

いま、どこで何をしているのかわからないけど

 

 

君は僕のことを憶えているかな

たとえ夢の中だけしか会ってないとしても

湖のほとりを歩いたよね

朽ち果てたベンチに座って少し話をしたよね

そして汽車に乗って家に帰った

憶えているかい?

 

 

彼女のすべてが愛おしかった

彼女とほんの一瞬でも同じ時間を過ごせたこと

それが僕の人生に大きな影響を及ぼした

君はそんなこと知らないだろうね

 

 

ときどき彼女の声が聴こえるんだ

(世界は愛に飢えている)

ときどき彼女のブルーの瞳を思い出すんだ

(憂鬱の特効薬は“恋”をすることだって知ってる?)

ときどき彼女が僕に語った言葉の意味を考えるんだ

夢から醒めてはじめてわかることってある

でも夢の中にいるときにはわからない…

 

 

 

 

君のために詩を書いたんだ

それをあのベンチにくくりつけた

針金でグルグル巻きにしてね

そのとき書いた僕の言葉は

いまでもこの世界のどこかへ漂っている

彼女はその場所へ行かなかったから

 

 

 

彼女のすべてが愛おしかった

彼女とほんの一瞬でも同じ時間を過ごせたこと

それが僕の人生に大きな影響を及ぼした

君はそんなこと知らないだろうね

 

 

ときどき彼女の声が聴こえるんだ

(世界は愛に飢えている)

ときどき彼女のブルーの瞳を思い出すんだ

(憂鬱の特効薬は“恋”をすることだって知ってる?)

ときどき彼女が僕に語った言葉の意味を考えるんだ

夢から醒めてはじめてわかることってある

でも夢の中にいるときにはわからない…

 

 

 

サカモトハルキ 『ブルーな瞳の少女』

映画『フルメタル・ジャケット』レビュー

 

フルメタル・ジャケット (字幕版)

フルメタル・ジャケット (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

続きを読む