不動産投資これだけはやってはいけない

会社経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。大家歴20年以上。元不動産会社の営業マンでした。

投資を否定的にとらえてはいけない理由

僕は不動産投資と株式投資の両方をやっているのですが、投資というものをやっていたおかげで助かったと思えることがたくさんありました。

まあ、メインは不動産投資の方で、不動産投資は投資というよりも「ビジネス」なのですが・・

 

だから僕は「やってきて良かった」と心の底から思っています。

 

でも、すべての人が僕みたいに投資というものを前向きにとらえているわけではありません。

なかには「投資が大嫌い人」というのもいます。

 

そして、投資をやってる人のことを悪く言ったり、白い目で見たりする人もいます。

義理の両親(つまり奥さんのご両親)もどちらかと言えばそっちのタイプの人たちです。

 

続きを読む

法定耐用年数が終了した木造の古い不動産をスムーズに売却する方法

f:id:orange345:20210119094400p:plain

 


法定耐用年数が終了した木造の古い不動産をスムーズに売却する方法

 

 

木造の古い物件

特に法定耐用年数を超えているようなですね

古い木造のアパートとかね

そういうのを売却する時に苦労するんじゃないの?

という話をしたいと思います

 

続きを読む

退去時の費用負担でモメないために不動産オーナーがすべきこと。

f:id:orange345:20210110204635p:plain

 

 


退去時の費用負担でモメないために不動産オーナーがすべきこと。

 

今回は退去に関するお話ですね

退去の負担を

どちらが負担するのか

よく揉めるケースですzね

 

続きを読む

【最重要事項】なぜ不動産投資の物件探しに立地条件が重要なのかについて

f:id:orange345:20210104100625p:plain


 

 


【最重要事項】なぜ不動産投資の物件探しに立地条件が重要なのかについて

 

 

立地にはですね

徹底的にこだわれと

アパートを探す時にはね

立地には十分に注意しましょう

という話をしたいと思います

 

続きを読む

【知らない人が多い】「儲かるアパート」とはこういうアパートのことを言います。

「不動産投資はそんなにむずかしくないし、そんなに敷居の高いものでもない」。

僕は基本的にはそう思っています。

しかしこれ、まったく人に理解されません。

 

どうやら世の中の人は不動産投資というのはとんでもなく難しいものであり、複雑で、敷居が高く、とてもじゃないけど一般人が手を出すべきじゃない特殊な投資法だと思い込んでいるようです。

 

ついでに言うと、不動産投資は世の中にある投資法の中で最も危険な投資法だと言われ、忌み嫌われてもいます。

資産運用をすでにやってる人と話をしても、「不動産投資をやってます」なんて言おうものなら大変です。

その瞬間、フッとその人の顔色が変わる。

 

目は口ほどに物を言うもの。

その目は明らかに「こいつ、そんな危ない投資やってんだ」と語っています。

 

不動産投資は最近ブームになってると言われています。

だけど、それはごく一部のあいだの人たちによる熱狂に過ぎません。

株式投資や投資信託、仮想通貨といったいわゆる「紙の資産」への投資の方が圧倒的に人気があります。

 

僕は実際に自分でやっていてつくづく思うんですが、不動産投資ほど誤解されてる投資法はないと思っています。

 

アパートの大家さんになるのには実は特別な資格はいらないのです。

銀行から融資してもらう際には学歴も問われないのです。

そんなに身構える必要なんか全然ないのになぜか不動産投資は他の投資法よりも(必要以上に)身構えられてしまっているのです。

 

続きを読む

【保証人か、保証会社か?】家賃保証会社のメリットとデメリットを解説します。

 

 

 

f:id:orange345:20201224171334j:plain

 

 

今日は保証会社の話をしたいと思います

一言で言うとですね

保証会社は非常に素晴らしいシステム
制度なんで

ぜひ大家さんはですね

最大限に利用しましょうという話なんですね

 

続きを読む

【不動産オーナーになりたいというヒト必見!】本には書かれていない大家さんが備えておくべき資質とは?

f:id:orange345:20201222174424j:plain

 


【不動産オーナーになりたいというヒト必見!】本には書かれていない大家さんが備えておくべき資質とは?

 

不動産投資はちょっとしたブームになっていて、ビジネス雑誌などでもしょっちゅう特集記事が組まれています。

だけど僕はそういう記事を読んでいつも違和感を感じています。

何か肝心なことが抜け落ちているような気がしているのです。

 

その「肝心なこと」とはいったい何でしょうか。

長いあいだ僕もそれがわかりませんでした。

だけど最近になってようやくそれが何であるかがわかってきました。

 

そこに抜け落ちていたのは『大家さんとして資質』です。

 

不動産投資に関する本にはノウハウなんかはよく書かれています。

でも実際に自分がやっていて思うのはそういうテクニック的な話よりももっと重要な話があるんじゃないかということです。

それが大家さん(オーナー)の資質に関わる部分です。

 

本当はそっちの方が大事だったりします。

ところがどの特集記事を読んでも大家さんの資質の部分についてはあまり触れられていません。

 

続きを読む

【本当は教えたくない】「むしろサラリーマンこそ不動産投資をやるべき!」と僕が思ってる理由

「サラリーマンだから不動産投資なんかできっこない」と言う人がいます。

でも僕は逆に「サラリーマンだからこそ不動産投資をやるべきだ」「サラリーマンの方が不動産投資を有利に進めることができる」と思っています。

 

どうも世間では不動産投資というのは多額の自己資金を用意しなければいけないものと思われてるフシがあります。

それはまったくの誤解です。

 

不動産投資というものは他の投資法に比べて圧倒的に少ない自己資金でできる投資法なのです。

株式投資や投資信託や仮想通貨の方がよっぽど「自分のお金」を使わなきゃいけないのです。

 

もちろん、「自己資金がまったくゼロでもいい」というわけにはいきません。

オーバーローンやフルローンがいかに恐ろしいものであるか・・・だいたい想像できるでしょう。

僕もたくさんそれで失敗した人を見てきました。

 

でも不動産投資の魅力のひとつは自分のお金ではなく他人のお金を使って投資をすることができる点にあります。

他人のお金とは言うまでもないことですが、銀行のお金のことです。

つまり融資のことです。

 

でも借金は日本人が最も忌み嫌う行為の筆頭に挙げられるもの。

ここを乗り越えなければ不動産投資を成功させることはできません。

 

日本人のこの借金というものに対するアレルギーはちょっと異常の息に達してます。

確かに不動産投資は大きな借金をする必要があります。

でもそれは逆に言うと大きな自己資金を必要としないということでもあるのです。

 

それはメリットと呼んでもいいのではないでしょうか。

そして、きちんと考えたうえで適切に処理をすれば借金を抱えることは世間で思われているほど恐ろしいものではないと僕は思っています。

 

続きを読む

【キャピタルゲインで生活するむずかしさについて】売却狙いで失敗する人が多い理由は〇〇だ

世界一の投資家であるウォーレン・バフェットの名言に『わたしは永遠に株を保有し続けることを好む』というものがあります。

この「永遠」という部分がいちばん重要です。

 

考えてもみてほしい。

株にしろ、投資信託にしろ、不動産にしろ、仮想通貨にしろ、投資をする人というのは自分がその資産に惚れ込み、「これだ!」と思ったからそれにお金を注ぎ込んだはず。

で、あるならばなぜそれをカンタンに手放す必要があるでしょう?

 

バフェットはキャピタルゲインを目的に投資するスタイルを好みません。

頻繁に売ったり買ったりする投資スタイルは好きではないのです。

 

僕も基本的にはそのようなスタンスで不動産投資や株式投資をやっています。

続きを読む

【不動産を売却したときの税金について解説】「不動産売却の5年ルール」とは何かについて。

f:id:orange345:20201217104314p:plain

 


【不動産を売却したときの税金について解説】“5年”という保有期間に着目しろ

 

 

今回はですね不動産投資の

売却する時期についての話を

ちょっとしたいと思います

 

一言で言うとですね

個人名義で物件を所有している方はですね

5年を超えてから

売却した方がいいですよ

という話なんですね

続きを読む

【収益物件を探す時期で失敗しない方法】これを知らずにいたらあなたは間違いなく損をする。

f:id:orange345:20201214194158j:plain

 


【収益物件を探す時期で失敗しない方法】これを知らずにいたらあなたは間違いなく損をする。

 

  

どんな投資も上がったり下がったりの循環を繰り返している。

ずっと上がりっぱなしというものもないし、ずっと下がりっぱなしというものもない。

 

株式投資にしろ、投資信託にしろ、 FX 投資にしろ、仮想通貨にしろ、金や銀などへの投資にしろ、『投資』と名のつくものなら全てこの波を繰り返している。

僕がやっている不動産投資という投資法もまったく一緒だ。

 

投資はその時の景気によって左右される。

日経平均株価が高い時というのはやはり景気が良い時期だ。

反対に日経平均株価が低い時というのは景気が悪い時期と言える。

 

過去を振り返ってみても、バブル期の日経平均株価は3万円を超えている。

リーマンショック後の日経平均株価は8,000円を割り込んだこともある。

今は2万2,000円付近を行ったり来たりしている・・・

 

続きを読む

【不動産投資の経費はどこまで大丈夫?】気をつけるポイントはココです!

不動産投資を成功させるためには税金をコントロールする術を身につける必要があります。

節税対策をおろそかにしているとせっかくアパートが満室になり、大きな家賃収入を得てもそのほとんどが税金として持っていかれた・・なんてことにもなりかねません。

 

また、アパート経営を長期間安定的に運営していくためには物件を修理するための修繕費や部屋のリフォームにかけるお金なんかをプールしておく必要があります。

そうしなければ突破的な工事が発生した途端、一気に資金ショートしてしまうからです。

 

そのためにもきちんと税金をコントロールし、口座になるべく多くのお金を積んでおく必要があるのです。

 

続きを読む

原状回復のルールはどうなっているのかについて。

 

不動産投資をやる人は退居時になるべく借家人とモメないように注意しておかなければならない。

なんでもかんでも「原状回復しろ!」と借家人に対して言えない時代になってきてることを把握しておかなければならない。

 

基本的には通常使用の範囲であれば、大家さんは借家人に原状回復を請求することはできない。

当然、契約時に敷金を預かっていたならば大家さんはそれを借家人に返還しなければならない。

このことを勘違いしている大家さんもいまだにたくさんいる。

 

もしも部屋を明け渡した状態と明らかにかけ離れているような状態で退居する場合はこの限りではない。

壁に穴を開けたとか、洗面台を破損したとか、風呂桶にヒビを入れたといったような経年劣化とは言えないようなケースは借家人に原状回復を請求してもいいだろう。

 

しかし、そのような使い方をする人はほとんどいないのが現実だ。

僕も長年、不動産賃貸の営業マンをしていたが、ほとんどのケースが自然損耗・経年劣化だ。

大家さんはそのことをしっかりと認識しておくべきだし、借家人は大家さんに言われるがままに請求された額を安易に払うべきではない。

 

続きを読む

不動産投資の物件探しで初心者の人がついついやってしまいがちなミスとは?【要注意】

 

f:id:orange345:20201219091958j:plain

 

 


不動産投資の物件探しで初心者の人がついついやってしまいがちなミスとは?【要注意】

 

不動産投資をやりたいと思ってる人は物件選びには細心の注意を払う必要があります。

焦って、よく深く考えないまま飛びついてしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

たとえ新しくて、グレードが高くて、高属性の人が好みそうな物件を紹介されたとしても、じっくり考えて答えを出さなければいけません。

「なるべく新しい物件を・・」という気持ちはよくわかります。

だけど、その物件がみなさんにきっちり安定的にキャッシュフローをもたらしてくれるかどうかはわからないのです。

 

社宅サービスを通して部屋を探すような転勤族の人たち。

彼らが好みそうな〇〇建託のようなアパートが必ずしも儲かるとは限らないということです。

 

続きを読む