サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

駆け引きしないで生きた方が幸せになれるよ! 損得勘定で生きると損する理由を教えます。

僕は駆け引きするのが好きではありません。

常に誠実でありたいと思っているし、誤魔化したり、出し抜いたりするのもあまり好きではありません。

カマをかけたりするのも嫌です。

 

そのことで損をすることもあるでしょう。

しかし、長期的に見れば駆け引きをしないほうがいいと思っています。

 

損得勘定だけで生きると、どうしても自分に正直に生きられなくなってしまいます。

 

本当はAの方向に行きたい、Aをやりたいと思っている

だけどAの方に行けば損をするのが目に見えている

だからBを選択する 

 

僕はそういう生き方はしたくないのです。

 

続きを読む

株価は絶好調なときがいちばんキケン! 投資で勝ちやすい時期を誰でもカンタンに見つける方法

多くの個人投資家は投資に関する本をたくさん読んだりして勉強してるはずなのですが、なぜかその本に書かれてることと逆の行動をしてしまうところがあります。

 

ウォーレン・バフェットの本でも散々、「売られすぎてる株を買え」「高値づかみをするな」と書かれてるはずなのですが、どういうわけか相場が上がると浮き足立ち、買いに走る人がいっぱいいます。

これは不動産投資の場合も同じです。

 

僕はこのブログの中でもツイッターでも散々、不動産価格が高いときに買ってはいけないと繰り返し述べてきました。

ところがそんな僕の声は彼らの耳には届きません。

多くの人が表面利回り4%しかないような高い価格の物件を購入しています。

 

続きを読む

「知識だけの人」にはなるな! 実践に移さなければ人生を変えることはできない驚きの理由

頭でっかちになることだけは本当に注意した方がいいです。

たくさん知識を入れることは大事なことだけど、その膨大な知識が足かせになって『行動に移せない…』なんてことになったら本末転倒です。

 

極端な言い方をすると、多少『おバカ』のほうがいい場合もあります。

 

いちばん大切なことは本や映画などで仕入れた知識を実践してみるという姿勢。

これは投資においても、ダイエットにもおいても、恋愛においても、仕事においても、ありとあらゆることに言えることです。

 

「ゴタゴタ御託を並べるだけで結局、何にもやらない」という人が増えています。

それは本当に注意した方がいい。

 

続きを読む

厳しくなってきた今こそ考える! 不動産投資ローンで銀行の審査落ちをしないために注意しておくべきこと。

世間的には「不動産投資は危険だ」と言われますが、少なくとも銀行はそのようには思っていないみたいです。

 

銀行は不動産への購入資金だったら話を聞いてくれます。

でも投資信託の購入資金だったら門前払いです。

 

この違いはいったい何なのでしょうか。

  

なぜ銀行は不動産にだったらお金を貸してもいいと考えるのに投資信託をはじめとする紙の資産にだったらお金を貸してもいいと考えないのか。

それは銀行は「不動産のほうが紙の資産より危なくない(リスクが低い)」と考えているからです。

 

世間一般で思われていることとまったく逆です。

世間では株式投資よりも不動産投資の方がキケンだと思われています。

 

続きを読む

「みんなやってるから」という理由だけで流行ってる投資に飛びつくことがいかにキケンなことであるかについて 

投資をやる人にとっていちばん重要なことは『自制心』かもしれません。

 

人間はついつい行列に並んでしまうところがあります。

それでうまくいくことがあるのかもしれませんが、流行りに飛びついて失敗している人もたくさんいます。

 

たとえば、2000年頃に起きた「ITバブル」を思い出してください。

あのとき『なんとかドットコム』という会社名というだけで株価が上がるという異常事態が起こりました。

あの狂乱パーティーに参加した人たちはその後のITバブルの崩壊で大きな損失を抱えることになりました。

 

当時、「時代遅れだ」「過去の人だ」と散々笑われたウォーレン・バフェットはその狂乱に一切参加することはありませんでした。

どちらが賢明だったかは歴史が証明しています。

 

続きを読む

生きづらさを感じている人へ! 世の中を広い視野で見ることが人生の救いになる意外な理由について

『出る杭は打たれる』って本当にあると思います。

僕は脱サラ起業するというすごく特殊な道を選択した人間だから、それをすごくリアルに感じています。

 

こういう道を選んだ以上、ある程度は覚悟していたことなんだけれど、やっぱり時々しんどく感じることがあります。 

 

東京のような大都会ならいろんな人がいるからあんまり目立たないのかもしれないけれど、北海道の地方都市ではあんまりいないからますます目立ちます。

そして、特殊な道を選んだ人はそれだけで『変わり者』という扱いになっちゃいます。

 

でも僕は思うのですが、日本人って「普通こうだよね」「普通はこんなことやらないよね」っていう枠にとらわれ過ぎているような気がする。

目に見えない『呪縛』みたいなものにみんな縛られ過ぎてるような気がする。

 

もっと自由でいいと思うし、もっと多様でいいと思います。

 

続きを読む

政治の基本は『経世済民』であることを忘れている人たちへ! 日本が貧困化している原因は何なのかについて考えてみた。

 

 

 

まず、日本人の「借金は悪いものだ」という思い込みを取っ払うことからはじめないと話になりません。

 

僕も不動産投資の会社を何年もやってるから骨身に沁みているのですが、「借金=悪」という価値観は間違っています。

借金はきちんと適切にコントロールさえしていれば何も恐れることはありません。

 

続きを読む

安定志向の危険性について語ろう! 安定にしがみつくことは必ずしも安定をもたらさないこれだけの理由

銀行からお金を借りて何か事業を行うこと。

それ自体は何も悪いことではないと僕は思っています。

 

日本ではすっかり「事業=悪」「借金=悪」という話になってしまっているけれど、エジソンにしろ、ロックフェラーにせよ、フォードにせよ、松下幸之助や本田宗一郎にせよ、事業家ってみんな借金したんですよ。

 

商売と借金というのは車の両輪。

商売人はむかしから銀行からお金を借りてそれを燃料にして事業を拡大してきたんです。

 

スターバックスも、アップルも、Amazonもみんなそうしてきました。

その燃料をつかってどこまで遠くまで走れるか・・・・それがビジネスの本質なんです。

 

続きを読む

「自分はダメな人間だ…」という心理状態におちいった人にぜひ読んでもらいたい僕が人生を逆転させた話

もしも、みなさんが今、「人生がうまくいってないな・・・」と感じているのだとしたら、ぜひどうしてそのような事態になったのか冷静に分析してみてほしい。

きっとそこには何らかの理由のようなものがあるはずです。

 

わざわざ自分をツライ想いをするようなシチュエーションに自分を追い込んじゃったりしていないか・・・

 

やっぱり足の遅い人が陸上部に入ったって活躍できない。

ずっと経理をやってきた人がいきなり営業の部署に回されたって成績は伸びない。

 

どんなに頑張ったってその分野に長けている人には叶わない。

これはもう仕方のないことだと思います。

 

いくら「あきらめるな!」とか「10000回やってダメだったとしても、10001回目はうまくいくかもしれない」と言われたとしても、ダメなものはダメですよね。

 

続きを読む

不動産投資における『レバレッジ』の効果をサラリーマンの勤労所得と比較してわかりやすく解説します。

 

 

 

不動産投資の場合、銀行のお金というレバレッジを利用することができます。

これを利用できるところが不動産投資の最大の魅力のひとつです。 

 

エジソンや松下幸之助さんといった偉人に名を連ねる事業家たちもこのレバレッジを利用することによって事業を大きくしていきました。

彼らが偉人になれたのはレバレッジのおかげだと言ってもいいくらいです。

 

不動産投資も立派な事業です。

不動産賃貸業という立派なビジネスです。

 

それは投資ではありません。

だから市場の動きと運命を共にするということもありません。

こちら側でコントロールすることができます。

 

続きを読む

「悪いことが続いたあとに良いことがある」という状態をつくり出すためにやらなければいけないこと。

日々生きてると、人生にはイヤなことってたくさん起こります。

でもだからってそのイヤなことをずーっと引きずってても何もいいことはありません。

そこにばかり焦点を当ててたら、他のことが目に入らなくなってしまいます。

 

登山をしてても山道にはゴミはいっぱい落ちてるもの。

でもそんなことにばかりに気をとられていたらせっかくの登山が楽しめません。

落ちてるゴミのことに気を取られるよりまわりの美しい景色のことに目を向けましょう。

 

人生も同じです。

生きてゆくなかで遭遇したイヤな出来事のことばかり考えてずっとそれにとらわれて生きるのはもうやめましょう。

 

続きを読む

信じるか信じないかはあなたしだい! 我が国の財政赤字がまったく問題ない理由をわかりやすく解説します。

 

 

zuuonline.com

 

 

実は今の世代が前の世代のときの政府の借金を返しているわけではないんです。

だから僕らの世代の借金を僕らの子供や孫が払うわけではないのです。

 

これは多くの人が誤解していることです。

 

続きを読む

投資で大きく稼ぐためには「大きなスケール」で物事を考えるクセを身につけた方がいい理由

不動産投資において僕は「銀行から目いっぱい借りること」を大切にしています。

もちろん、いい物件が出てきた場合はに限る話ですが。

 

みんな逆のことを考えます。

「なるべく多く借りない方がいい」と考えます。 

だけど、それは住宅ローンの発想なのです。

 

不動産投資ローンの場合は「たくさん借りて、たくさん儲けて、そしてたくさん返す」という発想を持った方がいいと思います。

 

商売に借金はつきものです。

もしもその商売が「いい商売」ならば自分のお金ではなく、人のお金(銀行)を使ってやった方が賢いです。

 

続きを読む

要注意! 不動産投資は今、はじめてもいいタイミングなのかどうかということについて語ります。

今、いたるところで『不動産投資が熱い!』というような話を耳にします。

本や雑誌、テレビでもしょっちゅう不動産投資の特集が組まれています。

ネットでも不動産投資の話題で持ちきりです。

 

ついこないだ、かぼちゃの馬車だとかレオパ、スルガ銀行の問題が起こったばかりだというのに・・・

人間というのはどうしてこうも同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。

 

リーマン・ショックの引き金をひいたのは元はと言えばアメリカの住宅バブルの崩壊でした。

『サブプライム・ローン』というのは金融とか、インターネットとか、通貨とか、国債とかの話ではなかったんです。 

不動産の話だったんです。

 

続きを読む

不動産投資のローン返済期間はなるべく長い方がいい!と僕が豪語するのにはこんな理由があった。

賃貸経営でいちばん大事なことは長期にわたって安定的にキャッシュフローを得ることだと僕は思っています。

そのためには銀行融資の借入期間はなるべく長くしてもらう必要があります。

20年とか、25年とかね。

 

僕は「商売やってるんだから借金は早く返す必要はない」という考えです。

住宅ローンとかだったら早く返した方がいいという話になるかもしれないけれど、商売をやってる人は『長期間にわたってビジネスが安定すること』を最優先にすべきだと思います。

 

続きを読む