サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「あの人のことがどうしても許せない!」という怒りの感情を持たない方がいい理由

f:id:orange345:20200601174739p:plain

 

www.youtube.com

 

「許せない…」という怒りを抱えている人は多いのではないでしょうか。

そしてその怒りの感情に振り回され、そのことが悩みのタネになってるという人も結構いるはず。

 

僕もかつてはそうでした。

誰かのことを「許せない」「許さない」っていつも言ってる人間でした。

でもある時から、「そんなことをしていても怒りは一向に消えない」ということに気づきました。

 

そして、やり方を変えてみたのです。

『押してダメなら引いてみろ!』です。

 

 許せない・許さないをやめて、それを『許す』に変えてみたのです。

 人のことも許し、自分のことも許す・・・そしたらいろんなことがラクになっていきました。

人に対してイライラすることも少なくなり、自分に自信が持てるようになっていきました。

 

どんなに年収が高くても、どんなに社会的地位があっても、どんなに学歴が高くても、結構のところ『許せない』という感情を抱えたまま生きてる人の人生ってハッピーじゃないと思うんです。

 

あなたのまわりにも(もしかしたらみなさん自身も)、「あいつを許せない」「こいつを許せない」とかいつも言ってる人、いるでしょ?

そして、いつもその許せない相手のことを考えてイライラしている。

そういう人ってやっぱりあまり幸福そうじゃないですよね。

 

よく考えたら、こっちがどんなに腹を立てていたって相手はそんなこと全然知らない。

考えもしません。

こっちが勝手にイライラしてるだけのことなんです。

 

そうやっていつもイライラして怒ってばかりいるからますます人から嫌われて、まわりに人が集まって来なくなる。

評判も悪くなる。 

そりゃそうですよね。

いつもムスッとした顔ばかりしてる人のそばには誰だっていたくないですよね。

 

つまり僕は何を言いたいのかというと、そうやって怒ってばかりいたら人生損するだけだよという話です。

 

誰かのことを許せないとか言って、その人のことばかり考えて、勝手に機嫌が悪くなって・・・・

それってこっちが損するだけ。

どうせ生きるならトクをするような生き方をしませんか?

 

だから、もしも目の前に許せない相手が出てきたら半ば強制的に許す努力をするのです。

相手のためにそうするんじゃありません。

自分のためにそうするのです。

 

くだらない人間のせいで人生を棒に振るな

じゃあ、どうすればいいのか?

その人と関わらないようにすればいいんです。

 

間違いを訂正しようとか、その人に反論しようとか、その人を懲らしめてやろうとか思った時点で負けです。

その人と関わり合いを持ってしまったら必ずこちらが傷を負うことになります。

 

いちばん良い方法はその人のそばから逃げること。

その人の影響を受けない場所まで離れてしまうことです。

 

世の中にはそういう人っているんです。

人を傷つけても平気な人。自分が人を傷つけてるなんて、これっぽっちも考えたこともないような人。

 

みなさんはその人に何かカチンと来たことを言われたりされたりしたのでしょう。

だからあなたはその人のことを「許せない!」と思った。

そこまではいい。

問題はそこからです。

 

その人のことが頭から離れず、夜も眠れなくなり、ごはんも喉を通らなくなり、だんだんあなたから笑顔が消えてゆく、etc・・・

そうなっていちばん喜ぶのは相手なのです。

みなさんを傷つけた本人です。

 

損をするのはみなさんの方です。

実害を背負うのはみなさんの方です。

 

みなさんがイライラして、ストレスをいっぱい溜め込み、それが原因で病気にでもなったら・・・・そこで笑うのはその相手の方なんです。

そのことを知っておかなければなりません。

 

世の中にはそうやって「呪い」をまわりに撒き散らして不幸になってゆく人が増えることを喜ぶ人がいるものです。

意識的にやってる人もいますし、無意識的にやってる人もいます。

それはもう精神分析や心理学の領域の話になってきます。

 

そのマジックにみなさんは引っかかってはいけないのです!

 

みなさんがイライラしている間、その人はニコニコと家族団欒のひとときを過ごしたりしています。

みなさんが不眠症で悩んでいるとき、その人はぐっすりとスヤスヤ寝ています。

みなさんがごはんが喉を通らなくてどんどん痩せ細っていっているのに、その人は毎日たっぷりとおいしいごはんを食べてブクブク肥っていっています。

 

その事実に早く気づいてほしい。

悔しくないですか?

 

その人は自分の言ったひと言が原因でみなさんが悩んでるなんてことはこれっぽっちも思っていません。

そもそも自分が言ったことすら憶えていません。

 

みなさんだけがずーっと憶えている。

そして、事あるごとにその言葉を思い出してマンダラのように頭の中でそれを繰り返している。

それで勝手に怒っている・・

 

その結果、まわりからの評判も落としている。

「いつも怒っていて不機嫌なヤツだ」と思われてる。

 

人生を損しているのです。

その悪循環を断ち切らなければいけません。

 

そのくだらない人間のせいで人生はぶち壊されていいんですか?と僕は問いたい。

 

自分をもっと大切にしてあげよう

人間っていうのは自分勝手な生き物なんです。

みんな自分のことしか考えてない。

 

「相手を思いやって」とか「相手に優しくして」とかいろいろ言うけれど、相手のことよりまず自分なんです。

『自分のことを差し置いて誰かのために…』ってそりゃ映画や本、偉人の伝記の中には登場するかもしれないけれど、まずは自分です。 

自分が満たされて初めて、相手のことを考えることができる。

 

だからみなさんも、誰かのことを考えるんじゃなくてまず自分のことを考えるようにしましょう。

その許せない相手のことを考えるのではなく、まず自分のことについて考えるのです。

 

自分を可愛がってあげてください。

自分をもっと大切にしてあげてください。

 

みんな自分のことしか考えてないんです。

だから、みなさんだって自分のことを優先的に考えればいいんです。

許せない人間に時間を割く必要はないんです。

許せない人間のことを考える必要はないんです。

 

それは時間の無駄以外の何ものでもありません。

 

ましてやその許せない人間のせいで自分の大切な人生をめちゃくちゃにされて損をするなんて絶対に嫌です。

僕はたとえ1分でも、嫌いな人のために自分の大切な時間を捧げるのなんて御免です。

 

人はいつか必ず死ぬんです。

100歳まで生きる人もいるけれど、だいたい平均するとみんな80歳くらいで死んでしまう。 

そう考えると生きてるあいだの時間って本当に少ないことがわかる。

 

そのわずかしかない時間をよりによって嫌いな人のために使うなんてあまりにもバカげているということに早く気づいてください。

 

みなさんがやるべきことはただ一つ。

その相手を『許してあげる』のです。

「許せない」「許さない」と言っていつまでも相手に粘着するのではなく、一刻も早くその相手を許してあげて相手から離れましょう。

 

『許す』という行為は相手のためにするんじゃないんです。

自分のためにするんです。

自分を守るためにするんです。

自分の人生を良いものにするためにするんです。

 

相手を懲らしめようなんて考えちゃダメですよ。

相手にお灸を据えようなんて思っちゃダメですよ。

絶対にそれは不毛な消耗戦になるだけですからね。

 

みなさんが相手を罰しなくても、必ずそういう人というのは何らかの形で痛い目を見る。

いわゆる『天罰が下る』ってやつです。

 

『因果応報』って言葉、知ってますか?

僕はこれまでの人生経験の中で「この世の中には確かに因果応報はある」ということを嫌というくらい目の当たりにしてきましたよ。

 

だから放っておきましょう。

放っておけばそのうち自滅していきますから。

 

みなさんがどんなにその人を恨んでも相手はそのことに気がついてもいません。

自分が何をしたか、自分が何を言ったかなんてことを憶えてもいない。

 

だいたいにおいて、自分がしたことや自分が言ったことをきちんと憶えているような繊細は人は人を傷つけるようなことを平気で言ったりやったりしませんて。

人を傷つける言葉を平気で口にできる人というのは往々にして自分が何を言ったのか憶えていないものなんです。

 

それどころか悪びれる素振りも見せず、下手したら「自分はいい人だ」と自分で思っていたりするんです。

驚くべきことに。

 

みなさんがどんなにイライラしてもそのことは相手には届いていません。

みなさんがどんなに夜寝ずに相手のことを悶々と考えていたとしも相手はその間、鼻ちょうちんを出して寝ています。

 

だから無駄なことにエネルギーを注ぐのはもうやめましょう。

 

どうせロクな人間じゃないんですから。

相手にするほどの人間じゃないんですから。

 

いちばん良くないのはそのロクな人間じゃない人のことをいつまでもいつまでネチネチネチネチ考えて自分の心と体を壊しちゃうこと。

不眠症に悩んだり、うつ病になったり、自分まで攻撃的になっちゃったり・・・

あるいはその許せない相手のストレスが原因で何らの病気になっちゃう人もいます。

 

病気になって病院にかかればそれだけ医療費がかさみます。

入院したり、手術したりすれば高額な医療費を払わなければならなくなります。

 

つまり、「許せない」「許せない」と言ってそのくだらない人間にいつまでもこだわっていると、その人に嫌な想いをさせられた上にお金まで損をすることになるのです。

二重の苦しみを味わうことになるんです。

 

唯一の対抗策は「相手を許す」という強さを獲得すること。

 

その人間のために心や体がボロボロになるなんて・・・あまりにも癪だと思いませんか?

 

ストレスというのは心と体を悪くするいちばんの天敵です。

僕は脱サラして事業家となり、ストレスフリーな生活を送るようになってからの方が心も体も健康になりました。

サラリーマンをしていた頃の方が健康診断の数値は悪かったですよ。

 

だから、みなさんもなるべくストレスのかからない人生を送るようにしましょう。

そうすれば心も体も健康になります。

健康になれば病院に行かなくても良くなります。

病院に行かないようになれば大幅な医療費が節約できます。

自由に使えるお金があなたの元に貯まります。

 

これは喜ばしきことだと思いませんか?

 その喜ばしきことを単純にやればいいんです。

 

シンプル・イズ・ベスト。

この世はとても複雑に見えて、実はとってもシンプルなんです。

 

うまくいくような法則にのっとって行動すれば物事というのはたいがいうまくいくもの。

みなさんをいじめたり、傷つけるようなことを平気で言ったりする人は意外に病気になったりするものです。

 

いつも人の悪口を言ったり、人を傷つけるようなことを言ってる人って病気がちな人が多いんです。 

つまり、人にストレスを与える人というのは自分にもストレスを与えているということです。

 

ストレスは副交感神経に影響を及ぼします。

副交感神経がおかしくなれば免疫力は低下する。

免疫力が低下すれば病気になりやすくなります。

 

だから見てみてください。

 

いつも人の悪口を言ってる人

いつもネガティブなことばかり口にしている人

いつもイライラしてムスッとした顔をしている人

etc・・・

 

結構な確率で何らかの持病を持っていたりしますから。

それは自分で蒔いた種なんです。

自分で蒔いた種のせいで成長したものは自分で刈り取らなきゃいけないんです。

 

この世は因果応報ですからね。

 

だからみなさんも気をつけなきゃいけないんです。

いつまでも許せない相手のことばかり考えているとみなさんの副交感神経までおかしくなってゆくのです。

 

そうすると病気がちになります。

本来であれば払う必要のなかった医療費まで払わなきゃならないことになります。 

実にバカバカしいことです。

 

『共依存』には気をつけろ

「許せない」というイライラした波動を出しているからみなさんのまわりにはあなたが「許せない」と感じるようなタイプの人が寄ってくるんです。

もしもみなさんがいろんなことを許せる人になったら、みなさんのまわりにはみなさんをイラつかせる人は集まってきません。

 

もしも目の前に現れたとしてもみなさんはその人のことを気にもしないし、その人から影響を受けなくなります。

だから僕は『早く許せる人間になってください』と申し上げているのです。

 

いつもニコニコしてる人はいいことが起こったから笑顔になれたのではありません。

いつもニコニコしているから次から次へといいことが起こるのです。

そのことはみなさんのまわりにいるいつもムスッとしている人をよく観察していればわかるはずです。

 

そういう人のまわりには必ず同じようにいつも不機嫌な人、いつも人の悪口を言ってる人、攻撃的な人が集まってきているはずです。

そういうものなのです。

 

さらに、そういう人の近くには必ずそういう人たちに攻撃されやすい人、悪口を言いやすい人なんかもいたりする。

なぜかいじめられっ子はいつもいじめっ子のそばにいるものです。

いじめっ子のそばにいて、「私はいじめられてばかりいる」と訴えるのです。

 

いじめられるのがそんなに嫌だったらいじめっ子のそばから離れればいいのに。

あーだこーだ言いながらいつまでもグズグズしてそこから動こうとしない。

 

いわゆる『共依存』の関係になっちゃってる・・

 

そんなに許せないんだったら関係を切っちゃえばいいのに。

いつまでも相手のことをグチグチ言いながら関係を切ろうとしない。

つまり、人を許せない人というのはこういういささか「いびつな関係性」ではあるけれどやっぱり誰かと繋がっていたいのです。

 

相手のことを「許せない」「許せない」と言いながらずっと関係性を継続しようとしている。

心身ともに傷ついている人はそんな自分で掘った落とし穴に自ら落ちてしまっているようなものなのです。

 

相手を許すということはその人との関係を断ち切るということでもあります。

良好な関係であろうと悪い関係であろうと関係は関係です。

その状態から抜け出さない限り(つまり相手を許すということをしない限り)、みなさんの悩みは消えないでしょう。

 

でも相手のことを許し、あなたを苦しめる存在と縁を切ることができたらみなさんはきっと自分のことも許せるようになる。

自分のことを許せるようになると突然、人生が輝き出す。

 

僕も体験しました。

すべては自分が撒いた種のせいだったのです。

自分のことを責めてばかりいるから人のことも責めてしまうのです。

 

「あいつを許せない」「こいつを許せない」と、いつまでも誰かにこだわっている人ほど自分に自信がない人が多い。

だって本当に自分に自信があって自分のことを心の底から愛していたらそんなくだらない奴のことなんか相手にしないはずですもんね。

 

相手にしてる時点で、『同じレベル』ということになっちゃう。

だから早くみなさんも人を許せる人間になってください。

 

もう一度言います。

人を許すということは、「相手」のためではなく、「自分」のためにする行為なのです。  

 

www.youtube.com