サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

安定志向の危険性について語ろう! 安定にしがみつくことは必ずしも安定をもたらさないこれだけの理由

銀行からお金を借りて何か事業を行うこと。

それ自体は何も悪いことではないと僕は思っています。

 

日本ではすっかり「事業=悪」「借金=悪」という話になってしまっているけれど、エジソンにしろ、ロックフェラーにせよ、フォードにせよ、松下幸之助や本田宗一郎にせよ、事業家ってみんな借金したんですよ。

 

商売と借金というのは車の両輪。

商売人はむかしから銀行からお金を借りてそれを燃料にして事業を拡大してきたんです。

 

スターバックスも、アップルも、Amazonもみんなそうしてきました。

その燃料をつかってどこまで遠くまで走れるか・・・・それがビジネスの本質なんです。

 

f:id:orange345:20191205142309p:plain

  

うちの会社も銀行から多額の借金をしています。

はっきり言って、『億』を超える借金です。

びっくりでしょ! 

億を超える借金をするなんて、「バカだなぁ」ってカンジでしょ?

 

だけど、その「バカだなぁ」と思えることが僕に自由と豊かさと幸福をもたらしてくれているんです。

信じられないかもしれないけれど・・・

 

僕は個人・法人合わせて10棟(11棟だったかな?)くらいの不動産を銀行借入によって手に入れてきました。

ここ数年の不動産価格の異常な高騰のタイミングでその半分を売却し、大きな売却益を得たから今は5棟+月極めの駐車場の土地を所有しています。

 

想像してみてください! 

不動産を何棟も保有したらいったいいくらの借金をしなきゃいけないと思いますか?

軽〜く『億』を超えます。

 

それはきっとみんな驚く金額だと思います。

でも億を超える借金を平気でできるくらいにならないと、不動産賃貸業で食っていくのはむずかしいのです。

 

たぶん、そんなにたくさんの借金を抱えてる人はみなさんのまわりでもいないはずです。

せいぜい借金っていったって、住宅ローンとか、マイカーローンとかの規模だと思います。 

 

これはよく考えたらとても恐ろしいことです。

億を超える借金なんてサラリーマンで死ぬほど働いたとしても返せる額じゃありません。

サラリーマンの仕事が終わったあと、深夜コンビニでバイトしたとしても返せる額じゃない・・・

 

とても正気の沙汰とは思えないと思います。

だけど、それを平気でやっちゃうような人でなければ商売はやっていけないのです。

 

事業家になる人ってその垣根をヒョイっと越えちゃえる人なんです。

まあ、変わり者ってことです!笑

 

f:id:orange345:20191127090651p:plain



 でも、僕はこのようなたくさんの借金をしたことによってハッピーになれたんです。

今の僕には満員電車も、社内の醜悪な人間関係も、転勤も、サービス残業も、営業ノルマも、休日出勤も、くだらない接待もありません。

 

おまけに年金が破綻しようが、健康保険制度が破綻しようがあまり関係ありません。

僕の代わりにビジネスが稼いでくれるからそういったことに左右されないんです。

 

不思議だと思いませんか! 

商売人になることも、借金をすることも、日本の教育制度では『もっともやってはいけないこと』として子供たちに教育されてることです。

 

その代わり、『いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げて、税金と年金と社会保険料を払い、貯金をし、余ったお金で資産運用をしなさい!』という子供たちに教えている。

 

僕はその教えに背いたことをやってるわけなんです。

ところがそれが僕に自由と幸福をもたらしてくれた。

 

つまり僕は今の学校教育で良しとされていることの真逆のことをやっているということになるんです。

だけど、その真逆のことをやっている人間の方が自由と豊かさと幸せと安定を手にしているんです。

 

このパラドックスをいったいどう解釈したらいいんだろう?

 

僕はいつもそのことについて考えています。

でも、いまだにその謎は解明されていません。

 

 

f:id:orange345:20190929173026p:plain

 

日本人は借金=悪だと思っています。

 

僕は事業のための借金だったら大いにするべきだと思うし、事業資金のために1億円以上の借金してる人のことバカになんかしません。

「おっ、あなたも同類でしたか!」といったカンジです。

 

そもそも銀行からいっぱい借金できる時点で相当大したものです。

事業家として優れていなければそもそも銀行から億を超える借入なんかできませんからね。笑

 

僕はたくさんの大家さんや経営者と知り合いだからわかるんです。

お金持ちほど銀行を上手に利用してます。

たくさんの負債を抱えながら毎日ニコニコと暮らしています。

 

むしろ『借金=悪』『借金=危険』と考えてすべて自己資金でやってる人の方がお金で苦労していたりしています。

 

借金自体が問題じゃないんです。

儲かってるかどうかが問題なんです。

 

その事業がまわっているかどうかが問題なんです。

いちばん大切なのはキャッシュフローなんです。

 

f:id:orange345:20191126100456p:plain

世の中でいちばん重要なことは心おだやかに暮らすことだと思います。

 

そのためにはこの生き馬の目を抜くような現代社会のなかでサヴァイヴしていかなければなりません。

ただ、そこで「どうやって?」という方法論が人によって違います。

 

僕の場合は不動産投資というものを発見し、それを実践することでサヴァイヴしてきました。

『借金』という武器を手に入れて、それを上手に利用することによってここまできました。

銀行から億を超える借金をして、不動産賃貸業というビジネスをはじめたのです。

 

それはものすごくリスキーなことでした。

でも、『チャンス』ってそのリスクのなかに転がっているんです。

 

飛躍するためにはどこかでリスクを背負いこまなきゃいけないんです。

何のリスクも背負わないで飛躍することはできないんです。

 

僕はずっと「安定」にしがみつくことがいちばん安全だと思っていました。

それがこの厳しい現代社会を生き延びるいちばん賢い方法だと思っていました。

 

でもそれは大きな間違いでした。

 

これからは「本当の安定」を手に入れるのはますます難しい時代に突入してゆくと思います。

グローバル化の波が日本にも押し寄せ、すっかり世の中が変わってしまったからです。

 

だけど実社会でも、Twitterを見ていてもそのことに気づいていない人がほとんどです・・・

 

f:id:orange345:20191111092126p:plain

 

OECDのランキングを見れば、日本は世界の先進国の中で突出して起業する人の割合が少ないことがわかります。

それだけサラリーマンとして生きる人が多いということです。

 

でも、それは逆に言えばチャンスでもあります!

 

まだバレてない

まだ気づいていない

今ならまだブルーオーシャン

今ならまだ間に合う

 

たとえば税制ひとつ取ってみてもそうです。

事業をやる人に特別な恩恵を与えているということを多くの人は知りません。

株式の配当が個人の場合は約20%の税金がかかるのに、法人の場合は益金不参入として法人税の対象にならないことを多くの人は知りません。

 

なぜ知らないのか?

親や学校の先生が教えないからです。

社会が教えないからです。

 

彼らが子供たちに教えていることと言えば、『いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めて、老後は年金をもらって人生を終えろ』ということだけです。

 

それが『安定だ』というのです。

それが『まっとうな生き方だ』というのです。

 

子供たちは大人たちからそのように洗脳され、無防備なまま社会に放り込まれます。

そして、40歳を過ぎたあたりから悩みはじめるのです。

「何かがおかしいぞ…」と。

 

僕は幸か不幸かそっちの道には進みませんでした。

たくさんの人が選ぶ道とは違う道を選びました。

そのことによって僕は救われました。

 

 

f:id:orange345:20191127082335p:plain
 

 

昨日と今日と明日が永遠に同じというループから抜け出すためにはそこから飛び出して行動するしかありません。

そのままそこに立ち尽くしていたら大嵐が来たときに巻き込まれてしまいます。 

ブルってる連中を横目に、『陣地』を取りにいきましょう。 

 

BOOWYの代表曲に『Dreamin'』というものがある。

そこにはこんな歌詞が登場する。

 

 

右へならえでおちつき 一日を選べない

人形ともちがわない

そんなやつらは好きじゃない

I'm only Dreamin

 

 

多感な思春期の頃に植えつけれたものって一生抜けないものだと思います。

BOOWYに影響されてこういった感覚を持つことができたおかげで僕は今につながってると思っています。

もしも今、こういうことを歌うアーティストがいたら「サラリーマンをDisってる」とかって言われちゃうのかもしれませんが。笑

 

 

BOØWY ソングス

BOØWY ソングス

 
BOΦWY THE BEST

BOΦWY THE BEST "STORY"

  

自分の会社の決算書を見るたびにいつも思うことがあります。

僕は莫大な借金を背負っています。

でもその借金をしたおかげで会社は黒字になり、家族を養うことができて、その余剰金で株を買ったりできている。

月を追うごとに借金は返済されていき、なおかつ繰上返済もできるくらいです。

 

すべては借金をしたおかげなのです!

 

不思議に思われるかもしれませんが、借金は怖いものでもなんでもないのです。

目の前の投資がきちんとしたものであればまったく恐れる必要はありません。 

 

通常、マイナスのものはプラスにはなりません。

でも商売の世界では借金をしたのに借金が減ってゆくという不思議なことが起こるのです。

むしろ借金をするからこそ借金を減らすことができると言ってもいいかもしれません。

 

これは会社経営でも国家財政でも一緒です。

僕たちはあまりにも「借金=悪」と洗脳されすぎています。

 

誰かの負債は誰かの資産になるんです。

借金をするからこそお金が生まれるんです。 

何もしなかったら、何も生まれないんです。

 

今、多くの国民が生活が苦しくなってきてるのは政府が借金をしなくなってきたせいです。

政府は「プライマリーバランスの黒字化」とか「財政再建」とかって言って、財政支出を減らす方向に舵を切っています。

 

政府が財政支出を減らすと民間にお金がまわってきません。

「カネは天下のまわりもの」とはよく言ったものです。

 

それどころか、政府は民間から「増税」というかたちで厳しく年貢を取り立てるようになってきています。

庶民の暮らしが苦しくなるのも当たり前です。

 

ここでもキーワードとなるのは『借金』という言葉です。

借金は決して悪いものじゃないのです。

むしろ、富を生み出す源泉になりうるものなのです。

 

 

 

 

 

はい、社会人1日目、満員電車スタートです。辞めたい

— てつ@マネー&ライフハック (@money_upper) March 31, 2019