サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

大変とは「大きく変わる」ということ! 悪いことが起きても捉え方ですべて変わる理由を説明します。

環境が悪い

あいつが悪い

親が悪い

会社が悪い

上司が悪い

まわりが悪い

etc…

 

 

そうやって自分以外のヒトやモノのせいにしてばかりいる人、いっぱいいます。

でも、たいがいその人に問題があるケースがほとんどです。

 

おぼえておいてほしい。

自分が変わればすべてが変わるんです!

 

もしもイヤなことが起こってほしくないんだったら自分を変えればいい。

 

人のせいにしない

何かのせいにしない

 

そういう姿勢ってすごく大事だと僕は思っています。

 

みなさんのまわりでも「オレは悪くない」「私のせいでこうなったわけじゃない」という思考回路の人がいっぱいいると思います。 

そういう人たちを反面教師にしてしまいましょう。

 

その人たちをよくよく観察してみればわかるはずです。

たいがい、その人に問題があるケースがほとんどだと思います。

 

そう、自分には何の非も落ち度もなく何の理由もなく不幸になる人なんてほとんどいないんです。

人生がうまくいってない人には何らかの理由があるものなんです。

 

だからその理由を変えてやれば、そのほかのことも自然とうまくいくようになるのです。

 

僕たちは誰かを変えることはできないけど、自分を変えることだけはできるんです。

世の中は混沌としていて、何が正解か分からず、不安な気持ちにおちいってる人も多いと思います。 

そんな時こそ「ごちゃごちゃしたもの」から離れてみるって姿勢が重要です。

 

f:id:orange345:20191126093854p:plain

 

 

人間は不安におちいると、ついついそのポッカリ空いた空洞を埋めようとします。

その結果、ヒトやモノを必要以上に詰め込み、挙げ句の果てにそれによって窒息してしまいそうになっている。

 

そういう人って結構たくさんいます。

 

整理整頓し、掃除をし、持ち物を減らしてみましょう。

それらのことは自分の意識でできること。

誰かの力に頼らなくても、自分でコントロールできること。

 

そして、それこそがこの混沌とした世の中に対する、唯一の対抗手段なんです。

 

混沌とした世の中で『自分』を見失わないようにするためには何かを増やすことではなく、何かを減らすことが重要。

いろんなものを抱え込みすぎているから、収集がつかなくなって混乱するんです・・・

 

時には孤独にどっぷり浸かってみよう。

人脈を増やすのではなく、人脈を減らしてみよう。

スケジュール帳に予定をたくさん入れてる人がハッピーになれるとは限らないのです。

 

いちばんの贅沢は誰に邪魔されることなく、自分の好きなことができる時間を所有することじゃないかと僕は思っています。

時間こそがもっとも大切な財産。

 

しかも、ただ単に時間があるだけではなく、『上質な時間』を過ごすこと。

自分の好きなことをやって、心とカラダをリフレッシュし、ストレスから解放されること。

 

そういう充実した状態って、『混沌』とまるで正反対の状態です。

 

 

f:id:orange345:20191126093938p:plain

 

 

例えば誰かにフラれたとします。

僕も過去に何度かフラれた経験があるからそのツラさがよくわかります。

 

でもその時、どんなことを考えるかによってその人の人生って変わってくるんです。

 

「あの野郎、許せねぇ!」とか言って、いつまでも自分をフった相手を恨んで生きる人もいます。

中にはストーカーになって相手に嫌がらせする人もいます。 

 

でも僕はそういう風には考えませんでした。

フラれるたびに「どこがいけなかったんだろう?」と分析して、「よし、次はもっといい男になってなろう!」と考えました。 

そして自分を磨き、男としてどんどん魅力的になっていこうと頑張りました。

 

その結果、うちの嫁さんのような素敵な女性と結婚し、最高に素敵な子どもを2人も授かることができたんだと思ってます。

その時、何を思うかで人生は変わるということです。

 

自分で責めてばかりいたり、相手を責めてばかりいる人のところへはまた同じような悪い事が引き寄せられてきます。

「お前、まだわかってないのか?」といった具合に神様がその人の元へ「悪いこと」を送りつづけるんだと思います。

 

『ほら、学びなさい。』って・・・

 

その神様からのありがたい『教え』に気づかず、また同じことを繰り返す人のところにはまた神様は「さらに悪いこと」を送るのです。

人生がうまくいってない人はいい加減その法則に気づかなければいけません。

 

自分の人生を振り返ってみたとき、良い方向へシフトする前には必ず『大変なこと』があった。

 

そうだよ。

大変って「大きく変わる」という意味でもあるんだよ!

 

 

f:id:orange345:20191121075748p:plain

 

『すべての出来事は今の自分にふさわしい出来事』と考えてみたことありますか?

つまり、いいことも悪いこともひっくるめて「すべて今の自分に必要な出来事である」と・・・

 

僕は最近そんなことをよく考えています。

 

仕事で悩んでる人(僕もかつて大いに悩んでいた)は、もしかしたら「その悩みが今のその人に必要なこと」なのかもしれないのです。 

必要だからそのことが起こったということです。

 

それが今のその人にぴったりの丁度いいことだから、それが起こったということです。

 

自分の人生をふり返ってみても、悪いことが起きるときというのは必ず『自分の状態も悪いとき』だったりします。

ネガティブ思考に陥っていたり、暗い顔をしていたり、イライラしていたり、etc…

そして、まさしくそんな「今の自分」にピッタリに合うような現象がその時々の現実に起こったりする。

 

結局自分次第なんです。

もしかしたら全部自分が引き寄せていることなのかも・・・

 

だから、もしもイヤなことが起こってほしくないんだったら「今の自分」を変えればいいだけ。

そうすればすべてが解決する。

自分が変わればすべてが変わる。

 

そして僕たちは誰かを変えることはできないけど、自分のことだけは変えることできるんです!

 

 

f:id:orange345:20191212201856p:plain

 

「これしかない!」と思うことには十分すぎるほど注意した方がいいよね。

それは恋愛、仕事、投資、人間関係、趣味、価値観、etc・・・・あらゆることに当てはまること。

 

「この人しかいない」

「この仕事こそが正しいんだ」

「これをやってるからオレは大丈夫だ」

 

そう思いはじめたら、危険信号だよ!

 

僕たちは常に変化している。

新しいものを取り入れ、古いものを捨てて生きてる。

新陳代謝こそが自然なことだと僕は思っている。

 

それなのに『ひとつのこと』にこだわり、「それこそが」とか「それしか」と思うことはきわめて不自然なこと。

 

ちなみに他の情報を一切遮断して、「ひとつのことだけ」に集中させる手法って『洗脳』でよく使われる手口だよ・・・

 

宗教にしろ、政治にしろ、誰かをマインド・コントロールしようとする人は、いったん相手の頭を真っ白にする。

そこへ『あるひとつ教え(考え)』を植付けてゆくんだ。

 

そのためにはその人を「これしかないんだ!」という視野狭窄におとしいれる必要がある。

だから十分に注意しなきゃいけないんだ。

 

日本人は『終始一貫』という言葉が好きだよね。

「ひとつのことを最後までやり遂げる」ということを異常なくらいに重視するところがある。

 

そのやり方でうまくいくこともあるだろう。

だけど、たいがいどこかでそのやり方は行き詰る・・・

 

典型的な例が太平洋戦争に突っ込んでいったときの日本だよ。

あのとき、日本じゅうが「ひとつのこと」に向かって突き進んでいった。

その結果、あんな悲惨な結末を迎えることになってしまった。

 

世界を違った角度から眺めてみることってすごく重要なことだよね。

 

映画『いまを生きる』でも、キーティング先生は机の上に登って、生徒たちに「普段とは違う角度から世界を見ること」の重要性を説いている。

その視点はすごく重要なことだと僕は思う。

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目につとめあげることは素晴らしいことだと思うよ。

でも、人生はそれだけじゃない。

 

そこから見える世界だけが世界じゃない。

ちょっとだけ視点を変えてみれば、そこにはまったく違う光景が広がってるはずなんだ。

 

だけど、多くの人はその違った光景を目にすることなく年老いていき、やがて死を迎えることになる。

実にもったいない話だと思わないかい?

 

サラリーマンだけが仕事じゃないし、株式投資だけが投資じゃない。

選択肢は無数にあるんだ。

 

「ひとつのこと」にこだわりすぎると他のことが目に入らなくなっちゃうよ!

 

 

www.lifehacker.jp

 

 

thinking.shiawasehp.net