サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

もう悩まなくていい! 「幸せはいつも目の前にある」ということを実感する方法

幸せというのは頑張ったり見つけたりするものじゃないと僕は思ってるよ。

もうすでにみなさんは幸せを手にしているんだよ。

 

みなさんを幸せにするものはもうすでに持ってる。

そのことに気づいてないだけだよ。

 

だからぜひ前向きに生きてほしい! 

わざわざ探しに行かなくても、もう十分魅力的だし、素敵な人間なんだよ。

 

それなのにみなさん自身は「そうじゃない」と思っている。 

 

自分はダメな人間で、自分の人生はダメな人生だと思ってる。そう思ってるから、当然顔に出る。表情が暗くなったり、イライラしていたりする。

 

そんな顔つきした人のこと、誰が愛する? みなさんのとなりにそういう顔つきをした人が来たら、みなさんはいい気分になる? ならないよね!

 

今日は残りの人生の最初の日。

今日から幸せになってください! 

昨日までの不幸な自分はもうどこかへ行ってしまったんだよ。

 

幸せな人には何をやっても、どこへ行っても、どんなことが遭っても幸せなことばかりが起こるものだよ。

 

幸せになるには「コツ」がある。

でもその内容は時代によって変化する。

 

かつて、勉強していい大学に入り、いい会社に就職して真面目に働けば幸せになれた。

問題はそのやり方は今では通用しなくなったということ。

 

そしてそのことをあまりにも多くの人が知らないということ。

 

幸せを感じられる瞬間って、「ああ、自分は(誰かから)愛されてるなぁ」ということを実感すること。

 

人に愛されたかったら人から喜ばれることを考えなければいけない。

自分の好みは二の次三の次。

まず相手。

 

魚を釣るためにはミミズとかゴカイとか魚の好きなものを餌にしないと絶対に釣れない。

いくら自分がパフェが好きだからって、パフェを餌にして魚釣りする人はいないよね。

 

 

kinarino.jp