サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

賢い人たちが選んだ投資法だからといって必ずしもその選択が賢いわけじゃない理由について

 

 

 

 

高学歴で、大企業に勤め、社会的地位もあり、社会人になってからも熱心に投資の勉強をする人のほとんどは次にあげる投資スタイルを選択・採用しているよね。

 

① 自分のお金を使い、

② 決して借金をせず、

③ 投資信託を買い、

④ 長期投資をやり、

⑤ 分散投資をやり、

⑥ 2030年と持ち続け、

⑦ 雪だるま(スノーボール)のように資産が膨らんでいることを祈り、

⑧ 将来、大きな売却益(キャピタルゲイン)を狙う

 

 

彼らはこのやり方がもっとも賢く、もっとも理に適っていて、もっともリスクが少なく、もっとも確実で儲かる投資法だと信じている。

いろんな本を読みあさり、勉強に勉強を重ねた結果、たどり着いたのがこのやり方…

 

僕のような不動産投資やラーメン屋や学習塾のような自分で商売をやるというやり方を彼らは好まない。

それらは銀行から借金をしなければいけないし、何よりも手間と労力がかかる。

 

彼らはそういうものを忌み嫌うんだ・・・

 

だけど僕は彼らが心酔している『キャピタルゲインを期待して長期に持ち続ける』というやり方にも弱点があると思っているよ。

 

「長いあいだ保有し続ける」というやり方がどれだけ合理的なのだろう。

僕はただ持ち続けているだけで大儲けできるほど投資の世界はカンタンなものではないと思っているよ。

 

デイ・トレーダーのように短期的売買を繰り返すやり方も危険だと思うけれど、「2030年寝かせていれば勝手にお金が増えてゆく」というやり方も危険だと思っている。

 

これが2030年持ち続けて、『その間のインカムゲインを楽しむ』というのなら良かったと思う。

僕はそのやり方を採用している。

 

ところが彼らはインカムゲインではなく、キャピタルゲインを狙うんだよね。

むしろ、インカムゲインを得るやり方は「賢くない」「儲からない」と思ってるみたい。

 

俺たちはそれよりももっと賢いやり方を知っている、と彼らは豪語する。

だから桐谷さんみたいな株主優待を楽しんでるような人たちのことを鼻で笑ったりしている。

 

僕はここに短期的な売買を繰り返す人と同じような『投機性』を感じています。

それに、桐谷さんの方がよっぽど儲かってるし、幸せそうに見える。

 

何よりも桐谷さんの方がよっぽど賢く見えるよ!