読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

住宅ローンの金利の上昇に備える!僕が思ういちばん賢い「借り換え」法

住宅ローンは今、史上空前の低金利となっています。しかしだからと言って今、安易に住宅ローンを組むのは危険だということについて書いています。今後金利は上がって行くかもしれないのです。

不動産投資をフルローンでやってはいけないと僕が警告する理由

今は銀行が不動産に対する審査が緩くなっている時期です。低金利でも借りられます。だけどだからこそ気をつけなければならないのです。特に手残りが少ないフルローンで組むのは大変危険、ということについて書いています。

アパートローンの審査基準とクリアすべき3つのポイント

不動産投資を成功させるためのノウハウはいろいろあります。このサイトでもその辺りのノウハウについてはたくさん紹介しています。ただ、いくらノウハウだけを集めてもどうしようもありません。何はさておき、実際に物件を取得できなきゃ話にならないわけで…

不動産投資は普通のサラリーマンでもできるのか?

僕はごくごく普通のサラリーマンをしていました。年収にして400万円そこそこ。そんな僕でも不動産投資はできたのです! そして、そういうところからスタートして、徐々に物件の数を増やしていくこともできました。その物件たちからの家賃収入で僕や僕の家族…

「不動産投資は早く始めた方がいい!」と僕が豪語する理由

僕は不動産投資をはじめるならば、「早ければ早いほどいい」と思っています。不動産投資というのは、株とかFXのような短期間保有して、買ったり売ったりをくり返すような投資法とは違います。相手は不動産で、取り扱う金額も高額になります。そんなに右から…

不動産投資ローンを申し込む際に知っておくべき3つの注意点

マイホームを取得する際には、自己資金は2~3割用意しておいた方がいい、とよく言われます。では、不動産投資の場合はどうなのでしょうか? 不動産投資の場合も、2~3割の自己資金を用意したうえで銀行に融資の申し込みをした方がいいのでしょうか? もちろん…

アパートの大規模修繕工事をやる際に注意しておかなければならない3つのこと

物件選びをしていると、ときどき「磨けば光る」という物件に出会うことがあります。アパート経営における「磨く」ということは『大規模修繕工事をする』ということを意味しています。建物の外も、部屋の内部もひっくるめて手をかけ、そのアパートをよみがえ…

欲しい物件が大幅な手直しが必要だった場合の考え方について

たとえば、不動産投資をやろうと思って、物件を探し、仮にいい物件が見つかったとします。しかし、その物件が『修繕工事が必要な物件だった…』というケースはよくあることです。修繕工事の箇所はいろいろあります。外壁塗装のときもあるし、屋根の板金のとき…

不動産投資は「自己資金なし」でもやっていいのか・悪いのか?

「住宅ローンを組むときには、最低でも2割くらいの自己資金が必要」とよく言われます。では、不動産投資の場合はどうなのでしょうか? 収益を生んでくれそうな不動産投資物件を購入する際には、自己資金というものは必要なのでしょうか? それとも、『自己資…

担保評価が低い物件の時の融資はどうすれば通過できるのか?

不動産投資を成功させるためには、まず何よりも先に『いい物件』を見つける必要があります。いい物件を見つけることができなければ、話にならないわけです。世の中には星の数ほどの大家さんがいます。不動産投資をやる、ということは、その大家さんたちと競…

銀行の審査が通らないような人は「いい物件」を所得できない件

不動産投資(アパート経営)をやるうえで、最も大切なことは『銀行借入』です。元も子もないことを言ってしまうようですが、銀行からお金を借りなければ物件を取得することができません。物件を取得することができなければ、不動産投資は成り立ちません。だ…

ビジネスのための借金だったら別に後ろめたさを感じる必要なくね?

僕はアパート経営をすることで生計を立てています。だから、当然のことながら、借金もいっぱいしています。日本は一生のうちで大きな借金といえば、「住宅ローンぐらいしかない」という人が大多数を占める国です。そうした国民性のなかで、僕みたいに住宅ロ…

銀行員の言うことがすべて正しいとは限らないという話

不動産投資をやろうとする人が最も気になることは、「果たして、銀行から融資してもらえるだろうか?」ということです。銀行からお金を借りなければ、僕たちは物件を取得することができません。そういった意味において、不動産投資をやる人間にとって銀行の…

人のアドバイスは聞かない方がいい。←とくにお金に関しては

僕は小さい頃から平均的な人間でした。勉強、スポーツ、芸術、etc…とくに何かに秀でていたわけでもなく、まったくダメといういわけでもありませんでした。 友だちがたくさんいたわけでもなかったし、まったくの一人ぼっちというわけでもありませんでした。女…

法人にすれば個人保証なしで銀行からお金を借りることができる場合もある

個人と法人は別人格です。法人名義でお金を借りるということは、その借金を払う義務が生じるのは、あくまでも法人です。個人は(会社の社長は)借金を払う義務はありません。これが会社をつくるメリットのひとつです。 会社を設立したのは紛れもなく僕(個人…

銀行借入を成功させるために絶対やってはいけないこと

商売をする人間にとって、資金調達ほど大切なものはありません。僕たちは、パリス・ヒルトンじゃありません。「パパに頼めば、いくらでもお金を融通してもらえる」というわけにはいかないのです。だから、どうしても商売をする人間というのは、銀行を頼りに…

個人と法人とでは銀行の信用度が全然違うという話

銀行からお金を借りる際に、最も重要なことは『信用』です。いくら立派な事業計画を練っても、いくら商売に対する熱意や情熱があっても、この信用がなければダメです。銀行は僕たちに信用を求めています。彼らは誰でもかれでもお金を貸すわけにはいかないの…

なぜ僕は何億円という借金を背負ってるのに平気でいられるのか?

不動産投資をやるためには、何はさておいても『物件』を手に入れなければなりません。しかし、この物件というやつはカンタンに手に入れられるようなものではありません。なぜなら、何千万円も、何億円もするからです。そんな大金、普通の人は持っていません…

他のビジネスなら断るのに不動産にだけは銀行が融資するのはなぜか?

アパート経営に限らず、どんなビジネスをやるうえにおいても、最も大切なことは『資金調達』です。これは商売をやっている人なら誰もが納得してくれるはずです。資金調達こそが最も重要なことであり、最大の難関でもあるのです。 資金調達というのは、簡単に…