サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

若い頃、孤独だった人ほどうまくいく人が多いのはなぜか?

あなたは、一人で過ごす時間というものを大切にしていますか? 

一人でいるのって、好きですか? 

僕はむかしから、『ひとり時間』というものを何よりも大切にしてきました。

それは、「孤独」とか、「ひとりぼっち」というのとは若干、ニュアンスが違います。

 

積極的に、あえて、ひとりになるのです。

一人になって、いろんなことを考えるのです。

僕はそうやって人生を切り開いてきました。

その結果が今につながっていると思っています。

 

もしも僕が一人で過ごす時間を大切にしてこなかったとしたら、今のこの幸せは間違いなく実現できなかったでしょう。

もしも僕が、「誰かと一緒にいなきゃ、不安で不安でたまらない…!」というタイプだったら、僕の人生はきっとロクなものにはなっていなかったと思います。

目次

いちばん大切にしなきゃいけないのは『考える時間』

最近、このブログを読んでくれている方からメールをいただくようになりました。

そのほとんどが、「どうやって、その自由と幸せを手に入れたのですか…?」という内容のものです。

その質問に、僕はいつも『友だちは、なるべく少なくしましょう!』…と、返事を書くようにしています。

これは冗談でも何でもありません。

僕は夢を追いかけている人は極力、友だちが少ない方がいいと思っています。

とくに、夢を追いかけはじめたばかりのまだ若い人は絶対、友だちと過ごす時間を極力、少なくした方がいいと思っています。

その方がきっと、いろんな意味でいいのです! 

 

あなたの人生を、「実りあるもの」にしてくれるはずです。

言うまでもないことですが、「友だちを作ることは良くない」と言っているわけではありません。

友だちというのは、非常に重要な存在です。

なんといっても、僕のフェイバリット・ムービーのひとつは『スタンド・バイ・ミー』ですから…

 

友だちがいても全然構わないわけです。

ただし、その友だちというのは腹を割って何でも話し合える、「本当の友だち」にしぼるべきです。

どうでもいい、と言えば語弊があるのですが、自分をさらけ出せなかったり、相手に合わせなきゃいけないようなストレスの溜まるだけの友だちづきあいなら、しない方がいいのではないでしょうか?

 

…というか、そんな友だちづきあい、しなきゃいけませんか? 

時間の無駄だと思いませんか? 

いちばん良くないのはみんなで集まって、誰かの悪口や、愚痴を言い合うような関係です。

そんなの友だちでもなんでもありません。

 

そんなことのために、あなたの貴重な時間をつかう必要がどこにあるのでしょうか? 

人生は短いのです。あなたには考えなきゃいけないことが山ほどあるはずです。

いちばん大切にしなきゃいけないのは、『考える時間』です。

ひとりになって人生のこと、自分のこと、社会のことを考える時間です。

そう考えると、誰かの悪口や、その人の愚痴を聞いて過ごす時間は、「なんて無駄な時間だろう…」と思えてきませんか? 

 

そう思えたのなら、ラッキー。

あなたには脈があります。

あなたは将来、何かを成し遂げるかもしれません。

幸せを手に入れるかもしれません。

 

 

「ぼっち」は、決して恥ずかしいことではない 

友だちと過ごす時間は、確かに楽しいものかもしれません。

だけど、ひとりきりで過ごす時間も大切にしてほしいのです。

 

そして、「人生をより良いものにしたい!」という思いを抱いている人はぜひ、この『ひとりで過ごす時間』というものを大切にしてほしいと僕は思っています。

ひとりで過ごす時間というのはとてもとても貴重な時間です。

最近では「ぼっち」という言葉があり、ひとりで過ごすことは「カッコ悪いこと」「恥ずかしいこと」と捉える風潮があります。

そんな風潮に惑わされてはいけません!

孤独は、何も恥ずかしいことではありません。

その孤独のなかにこそ、人生をより良いものにするための大切な要素が含まれているのです。

それは、貴重な財産です。

友だちと過ごす時間が多くなればなるほどその貴重な財産を得られません。

 

 

SNSは、余計に孤独感が増すツール 

LINE、facebook、Twitter、メール、電話、etc…

直接、誰かと会わなくても、今の時代は「誰かとつながれるツール」がいっぱいあります。

それらも、「ひとりで過ごす時間」を阻害しているものです。

物理的に誰かと一緒にいなくても、ケータイを通じてつながるということはそれは孤独とはいえません。

そういったものも一切、シャットダウンして、完全に孤独な状態をつくり上げてほしいのです。

「既読スルー」や「いいね!がついたか、つかないか」を気にするなんて、ナンセンスもいいところです! 

そんなことを気にして、いったい人生にどんな意味があるのでしょう? 

そこからいったい何が生まれるのでしょう? 

何を得られるのでしょう? 

しかも、そこでは自分の本音をぶつけることもできません。

腹を割って話すこともできません。

 

それって、より一層、孤独感が増しませんか…?

 

 

自分を磨いている人は、まず、オーラが違う 

「ひとりきりでいる」ということは、決してネガティブなことではありません。

むしろ、とってもポジティブなことです。

 

それは、外界をシャット・アウトして、自分の殻に閉じこもる、ということではありません。

孤独に浸り、いろいろと思考することで、自分を磨く…という行為なのです。

自分を磨き、人間力を高めた人というのは、オーラが違います。

雰囲気が違います。

 

会う人会う人に、「この人、すごいな」「人格者だな」と思わせる何かを持ちます。

そういう人が不幸な人生を歩むはずがないのです。

きっちりと自分を磨き、世の中のことが見えているので、人生の選択も間違うこともありません。

ご存じのとおり、人生というのは選択の連続です。

その選択さえ間違わなければ、僕たちの人生はそれほどひどいものにはならないでしょう…

僕が言っているのは、『内省』ということなのかもしれません。

人は、内省することによって磨かれます。

ひとまわりも、ふたまわりも大きな存在になれます。

 

そのことは、決してネガティブことではないはずです。

 

 

『内省』こそが、人生を切り開くカギ 

僕の人生をふり返ってみても、僕はずっとこの『内省』をくり返してきたような気がします。

僕の場合、勉強も、スポーツもダメなタイプの人間だったので、人一倍、悩みました。

自分には何の取り柄もない…というコンプレックスは僕に「考えるチャンス」を与えてくれました。

もしも僕が何かの才能にあふれ、何をやってもうまくいくタイプの人間だったら、僕は内省することはなかったと思います。

 

孤独に浸かり、じっくりと考えることがなかったとします。

しかし、幸か不幸か、僕はそういうタイプではなかった…

だから僕の場合、「狙った」というよりは、偶然、一人きりの時間を過ごさざるを得なかったということになるかもしれませんが…

でも、そのことは僕にとって、非常にいいことでした。

そして、それは僕の人生に良い結果をもたらしてくれました。

 

 

先輩たちの知恵がたくさん詰まった『本』をもっとたくさん読もう!

ひとりきりになって、いろいろなことを思い悩むと、どうしても読書量が増えます。

本というのは、人生の先輩方がいろいろと思い悩み、その悩みを通じて得た、学び、気づき、知識なんかがじっしり詰まっているものです。

言ってみれば、それは『虎の巻』のようなものなのです。

人生に思い悩んでいる人というのは「その状態から抜け出したい!」という想いがあるので、必然的にその虎の巻に手が伸びます。

当然、本を読めば、それだけいろいろな学びを得ることができます。

僕は学校の勉強はできなかったけれど、本からたくさんのことを学びました。

そして、その学びの経験を通じて、僕は自分なりの道をひとつひとつ発見していきました。

そうやって、たどり着いたのが、『不動産投資』というもので僕はその不動産投資を利用することによって、今のこの自由と幸せを獲得することに成功したのです。

それやこれやを考えてみると、「ひとりきりになる」「孤独になる」ということは、全然ネガティブなことではない、ということがわかります。

だから僕には、孤独な人を「ぼっち」と言ってからかう今の風潮が理解できません。

そんなくだらないことで人をからかってる暇があったら、本でも読んだら…と素直に思ってしまいます。

Facebookの友だちの数がいくら増えたって、幸せになれるわけではないのです。

特に若い人は、まず、そのことに気づかなければいけません。 

 

ひとりきりで過ごす時間は、『さなぎ』の期間

人生を謳歌し、ハッピーな毎日をおくっていると自然に人が集まってきます。

こちらが何もアプローチしなくても、勝手に人がやってくるようになります。

 

もうそうなると、「淋しい」とか、「オレはぼっちかもしれません…」なんて悩みはどこかへ吹き飛んでいってしまいます。

無理して誰かにつながる必要もありません。

だから、若い人にはぜひ、「一人きりの時間」というものを大切してもらいたい、と僕は思っています。

その時間は何よりも代えがたい重要な時間です。

美しく、立派な蝶として羽ばたく前の『さなぎ』の期間です。

その大事な大事な時間を、どうか、くだらないことで無駄にしないでほしいと僕は心の底から思っています! 

 

人生の先輩として…

 

 

 

姜尚中さんはこんな言葉を残しています。

 

 

人間が30~40歳しか生きられないというなら、快・不快で、幸せが測れるかもしれない。

しかし多くの人は70~80歳まで生きようとしています。

その人生の長さから考えると、やっぱり人格と結びつかない幸せはあり得ないのではないかと思っています。

 

 

 

悩む力 (集英社新書)

悩む力 (集英社新書)

 

 

 

 

▼ 孤独になることに関してこちらでも記事にしていますので、ぜひ見ていってくださ~い♪ 

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com