サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

パパさんママさん必見! 僕たちが子供に教えるべき『本当の教育』とはどのようなことであるのかついて。

「子どもの将来を思って良かれと思ってやってることが実は子供の将来を奪うことにつながっているかもしれないよ」という話をしたいと思います。

本当の勉強というのは社会に出てからはじまると僕は思っています。

 

不動産のこと

税金のこと

会社のこと

お金のこと

経済のこと

投資のこと

ビジネスのこと

社会人としてのマナー

etc・・・

 

学校で学んだことよりも社会に出てから学んだことのほうが僕の人生にとって間違いないなく役に立っています。 

どれもこれも学校では教えてくれないことばかりです。

でもその学校では教えてくれない「学び」がいちばん重要なのです。

 

僕は学校時代は落ちこぼれで勉強にも身が入らなかったけど、社会に出てからはちょっと違いました。

社会に出てから僕は勉強することがが好きになりました。 

だからいっぱい本を読んだよ。 

 

「社会がこんなふうになっているんだ」「人間はこんなふうになっているんだ」ということを学ぶことはとてもエキサイティングでした。

無我夢中でこの世の中がどうなっているのか?ということを探求しました。

 

今にして思えば、それが今につながっているような気がします。 

 

 

f:id:orange345:20191218152227p:plain

 

僕は今、「勉強ができない・・・」ということで悩んでいる若い人たちに言いたい。

 

学生時代、勉強ができなかったからといってそれで人生の負け組になるわけじゃないよ

本当の勝負は社会に出てからはじまるんだよ

 

ということを伝えたい。

 

ところが日本はいまだに学歴社会です。

いまだに『成功者になるためには高い学歴が必要だ』という固定観念に縛られてる人がたくさんいます。

 

いやむしろ、僕の目には以前よりもそのような考えをする人は増えてるような気がします。

それはとても危ういことです。 

 

もしも学歴が高い人から順に商売がうまくいくというのならば、行列のできるラーメン屋の店主は高学歴じゃなきゃいけません。

でも、そうなってないですよね。

別に東大卒のヤツがつくったスープだからといって特別なものが出来上がるわけじゃありません。

 

商売の世界はそのようなことにはなってないのです。

残念ながら、東京大学を出たヤツつくるラーメンの方が札幌大学を出たヤツがつくるよりもうまい!なんてことはないのです。

 

まあ、よく考えたら当たり前の話なんですけどね。笑

この当たり前の話が理解できてない人がたくさんにいるのです。

 

でも、逆に言えばそうやって勘違いしてくれてる人が多ければ多いほど助かるのかもしれませんね。

彼らが不毛なことにエネルギーを注いでいてくれた方がレッド・オーシャンにならないで済むのかもしれません。

 

彼らが血眼になって学歴とか資格とかといったものを追い求めてくれるおかげで助かってる部分は確かにたくさんあります。

彼らが自分たちの過ちに気づいてこちらに参入してきたら、それはそれで厄介なことになります。

だから、これでいいのかもしれませんね。笑

 

f:id:orange345:20191218152307p:plain

 

自慢じゃありませんが、僕はものすごく勉強ができなかったんです。笑

笑っちゃうくらいにできませんでした。

いわゆる「落ちこぼれ」ってやつです。

  

そのことで僕はものすごく悩みましたし、苦労しました。

日本は今も昔も「学歴社会」ですよ。

やっぱり勉強ができたヤツから順に「いい想い」ができるシステムになっています。 

 

そいつがどんなに能力のないヤツであっても、そいつがどんなに人間的に問題のあるヤツであっても「勉強ができる」というただ一点だけで全部チャラになっちゃうところがあります。

 

それを良しとする人も中にはいるけど、僕はそういう社会ってすごく怖い社会だと思っています。

滑稽でもありますよね。

司馬遼太郎さんもそんなことを言ってますよね。

 

動物の世界には勉強なんてありません。

「学力」なんて人間が勝手につくり出したものです。

 

それなのに、その一部分が秀でてるヤツだけが就職においても、結婚においても、お金においても「いい想い」ができるのです。

それってすごく滑稽なことであるし、すごく恐ろしいことだと僕は思うのです。

 

f:id:orange345:20191218152757p:plain

 

 

僕には2人の子どもがいます。

僕はいつも家にいるので、子どもたちはいつも首を傾げています。

「パパはいつも家にいていったい何をやっているの?」という質問を何度されたかわかりません。

その度に僕は答えに窮してしまいます。

さて、僕はいつも何をやっているんでしょうか?笑

会社にもいかず、朝から晩まで猫みたいにのんびり過ごしています。

よく考えたら、これってすごく奇妙なことですよね?

 

でも僕は思うんです。

どうしてゆっくりのんびり過ごしちゃいけなんだろう?って。

僕は妻や子どもたちとゆっくり過ごす時間が欲しかったのです。

そのためにこんな変わった道を歩むことになりました。

そのことはちっとも後悔していません。

だって毎日幸せだから!

僕はもう毎日会社に行かなくてもいいんです。

よくよく考えたら、これってすごく幸せなことですよね。

多少世間から訝しげな目をされたとしても、やっぱりそういうことができるってすごく贅沢なことだと思います。

もしかしたら僕は日本にいるパパの中でいちばん自由な時間があるパパさんかもしれません。

 

それと引き換えに「変わり者扱い」されるのなら僕は喜んで変わり者になりますよ!笑

 

f:id:orange345:20191218154203p:plain

 

子どもの友だちなんかを見ていると、ほとんど塾に通っています。

まだ小学生なのに…

 

親たちもみんな一生懸命。

真剣そのものです。

僕は彼らに聞いたことがあるんです。

「どうしてそんなにいっぱい子どもに習い事をさせるの?」と。


ほとんどの親は「子どもの将来のため」と答えます。

僕はその答えにものすごい違和感を感じてしまうのです。

 

子どもの毎日を忙しく、慌ただしくさせることが本当に子どもの将来につながるのだろうかと思ってしまうんです。

 

とにかく早く

とにかく効率よく

とにかく大量に

etc・・・


今の時代はことあるごとに「生産性」という言葉を持ち出して、それを金科玉条のように扱っていますよね。

でも僕は思うんです。

 

生産性って何のために必要なんだろう?って。

生産性をUPさせた先に一体どんな世界が待っているんだろう?って。

 

僕は商売人なのでよく経済に関する書物を読みます。

「生産性」というのは支配者層のための言葉なのです。

決して働く人のための言葉じゃない。

もともとは産業革命時のマンチェスターの工場労働時代に生まれた言葉です。


労働者が商品を効率よく大量に作って喜ぶのは工場主であり、雇用主であり、経営者です。

生産性が上がって喜ぶのは彼らの方なのです。

決して労働者の方じゃない。

何かがおかしいと思いませんか?

彼らは僕らが一生懸命働けば働くほど儲かるシステムを構築しています。

それなのに、僕たちよりも少ない税金しか収めていないのです。

 

何かがおかしい・・・

 

f:id:orange345:20191218154550p:plain

 

僕は勉強することはとっても大事なことだと思っています。

バカなままでいたら頭のいい連中に騙されて終わりです。

 

だけどその「勉強」ってやつが果たして今、親たちが必死になって子どもたちにさせようさせようとしているものなのかというと、それははなはだ疑問です。

 

いちばん重要なことは勉強の中身です。

「何を子どもたちに教えるのか?」ということです。

なぜ減価償却は自分のフトコロを痛めることなく損金として落とすことができるのか

なぜケイマン諸島で租税回避することは合法的に許されているのか

なぜ森友学園は10億の不動産を1億円で購入することができたのか

なぜマンチェスターの工場主たちは労働者の10分の1程度の労働時間で労働者の200倍近い収入を得ることができたのか

 

それらのことを知ることはすべて『この世はいったいどういう仕組みで成り立っているのか』ということについて学びになります。


「一生懸命勉強させなければ将来ヤバイことになるよ」という不安を日本中の親たちに植え付けることによっていちばんトクをするのは誰か。

「いい会社に就職すれば福利厚生もしっかりしている」と考える労働者が社会に大量に放出されることをいちばん喜んでいるのは誰か。

 

学校時代、落ちこぼれだった僕が自由気ままな毎日を送っているのに僕よりもはるかに優秀だった人が長時間労働のせいでうつ病になったりしていているのはなぜか。

 

そういったことに一つ一つ答えていけるような人間に育てあげること。

それが本当の意味での「教育」というものなのではないでしょうか?


そのためには『時間』が必要です!

じっくり腰を据えて、空想にふけったり、自然と戯れたり、本や映画、音楽なんかに触れる時間。

そういう時間をたっぷり持つことができた子どもの方が将来社会に出てから大成功を収めたりするものです。

 

 

 

 

 

僕は「教育なんかいらない」という極端な思想を持っているわけではありません。

それどころから、僕は『今ほど教育が重要な時代はない!』と思っています。

僕の暮らしている街にある有名な大金持ちの大家さんがいます。

その人の総資産額を聞いたらみなさん多分ぶったまげると思います。

 

その人はあまりにも黒字がかさんでしまうために税金対策のために仕方なく毎年大規模修繕工事をしたり、新規物件を取得したり、新築のアパートを建てたりしています。

そうやって無理やりにでも経費を作り出さないと、莫大な税金を払うことになってしまうんです。

みなさん想像できますか?

税金対策のために工事をしたり、物件を買ったりする人が世の中にはいるのですよ!

決済は全部キャッシュ。

もちろん無借金経営です。

ちなみにその人の学歴は高校中退です。

その大家さんは会うたびにいつもニコニコしていて実に幸せそうです。

僕はその人に会うたびにいつも「教育とはいったい何なんだろうな?」と考え込んでしまいます。

 

子どもたちを本当の意味で幸せにする「教育」とはいったいどのようなものなのでしょうか?

僕はこの大家さんと話をするたびにいつもそのことを考えてしまいます。

 

 

 

今上天皇の教育係だった小泉信三はこんな有名な言葉を残しています。

 

 

すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる。

 

 

 

すべての教育は「洗脳」である?21世紀の脱・学校論? (光文社新書)

すべての教育は「洗脳」である?21世紀の脱・学校論? (光文社新書)