サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

ストーカーになっても何もいいことはない! 「他人は変えられない」という認識を持つことの重要性について考えてみた。

僕たちは無意味なこと・無駄なことに膨大なエネルギーを注いでしまうという妙な癖を持っています。

その最たるものが、他人を変えようとすることです。

人は何とかして誰かを変えようとします。

そして、そこに膨大なエネルギーを注ぎ込みます。

 

はっきり言って、これは消耗以外の何ものでもありません。

人というのは、そうそう変わるものではないいや、ほとんどの場合、変わらないという事実を知る前の話です。

でも、人というのはこちらがどんなに躍起になったとしてもそう簡単に変わるものではないということは事実です。

考えてみれば、それは不思議なことでもなんでもありません。

人間だって自然の一部です。

自然を完璧にコントロールすることなんてできやしません。

 

だって、自然はロボットやコンピューターではないのですから。

それなのに多くの人たちは「人間も自然の一部である」という小学生でもわかるような当たり前のことをついつい忘れてしまっています。

そして、思い悩み、苦しみ、場合によっては心の病になったり、自ら死を選ぶ人さえ…

今回は、そんな「他人を変えようとすることがいかに無意味なことであるか」ということについて書いてみたいと思います。

目次

 

他人はこちらの思ったとおりには動いてくれない、ということをまず認識する

人間関係に悩んでいる人はたくさんいます。

学校にしろ、職場にしろ、その他の集まりにしろ、人と人が集まればそこにはどうしても『問題』が生じてきます。

 

だって、生まれも育ちも好みも価値観もイデオロギーも趣味もまったく異なる人たちがひとつのところに集うわけです。

そりゃ、ギスギスがあって当然です。

そこはもう割り切るしかありません。

だから人間関係の悩みを抱えていて当然だし、そのこと自体を悩む必要はまったくありません。

 

僕たちが気にしなきゃいけないのはむしろ人間関係の悩みそのものではなく、それへと「対処法」の方です。


そして、僕の目から見ると、多くの人がその対処法を誤っているがために余計に大変な事態を招いてしまっているように見えます。

 

でも、大丈夫。

対処法さえしっかりマスターすれば、人間関係の悩みはだいぶ解消されるはずです。

ところで、人はなぜ、他人を変えよう、変えよう、と頑張るのでしょうか? 

そのことを考えることが対処法につながります。

「あの人のココを変えてほしい」

「もっと違う言い方をしてほしい」

「もう少し笑顔で接して欲しい」

etc…

 

その裏には『人への期待』があります。

「あの人ならきっとわかってくれるはず」

「あの人ならきっと何かやってくれるはず」

etc…

 

そんな「あの人なら、きっと…」という期待があるのです。

その期待が僕たちを他人を変えることに躍起にさせます。

もしも期待がなかったらきっとあなたもそんなに他人を変えることに必死にならないのではないでしょうか? 

一生懸命になるということはそれだけ「こちらが一生懸命になれば、わかってくれるのではないか?」という期待が根底にあるのです。

だけどほとんどの場合、その期待はものの見事に打ち砕かれます。

それはもうご存じの通りですよね? 

 

他人を変えるということは容易なことではないのです。

こちらがどんなに一生懸命になったところで100%それに応えてくれるわけではありません。

いや、それどころか、こちらが一生懸命になればなるほど、関係は悪化し、深刻なシチュエーションを招くことさえあるのです。

それはなぜか? 

なぜ、人はこちらの思った通りに動いてくれないのか? 

 

それはやっぱり、『人間はロボットやコンピューターではない』という先ほどの話につながるのです。

そういうものなのです。

もともと、こちらの思い通りにならないものなのです。

どんなにあなたが怒っても。

どんなにあなたが祈っても。

 

そればっかりはもう、どうしようもないことなのです。

でもそのことをしっかりと腹の底まで認識している人ってこの世の中でどれくらいいるでしょうか? 

たぶん、そういう人って、非常に少ないのではないでしょうか? 

 

それが、人間関係で思い悩む人がこんなにたくさんいる理由です。

 

 

人間も自然の一部なので、こちらで100%コントロールすることはできない

相手がアメーバであろうが、野生のライオンであろうが、犬であろうが、猫であろうが、etc…

こちらで100%コントロールすることなんてできません。

 

この世はコンピューター・プログラミングの世界ではないのです。

そのことに早く気づいちゃいましょう。

 

その方がきっと生きるのがラクになりますよ!

少なくとも、「どうして思い通りにならないんだ!」と怒ったり、嘆いたりするよりは、はるかに生きやすくなるはずです。

誰かが変わることを期待したり、自分の思った通りに動いてくれないことにイライラしながら生きるのはとてつもなく疲れる生き方です。

それはまったくもって無意味で、不毛なことです。

諦めちゃった方がいいケースもあるのです。

労力を注ぐ場所は、他にもたくさんあるはずです。

「他人を変えること」に労力を注ぐことはあまり賢いやり方ではありません。

たとえ、好きな人が自分のことを好きになってくれなかったとしてもそこはもう諦めるしかありません。

たとえ、同じ職場にまったく気の合わない人がいたとしてもそこはもう諦めるしかありません。

親、親戚、友人、知人、子ども、ご近所さん、etc…ありとあらゆる場面で遭遇する、そんな『他人』の方々。

 

その他人の方々をあなたは変えることはできません。

残念ながら…

でもそのことに気づくことは、決してネガティブなことではありません。

むしろ、とってもいいことなのです。

思い通りにならないものを思い通りにしようとするからいろいろと問題が生じるのです。

僕はある時から他人を変えることにエネルギーを注ぐことを一切やめにすることにしました。

他人に期待することを一切やめにすることにしました。

他人には何も期待もしないし、何も求めないようにしてみたのです。

そしたら、ずいぶん生きることがラクになりましたよ。

そして、こんな風につくづく思いました

 

ああ、オレはずいぶん、無駄なことに労力を注いできたんだな

 

と。 

 

 

他人を変えることはできないけれど、自分を変えることはできる

でもこの世の中で唯一、自分の力で変えることができるものがあります。

それは自分自身です。

他人を変えることはどんなに頑張ってもできません。

 

しかし、自分を変えることなら頑張ればできます。

どうせ心血を注ぐのならば他人を変えるのではなく、自分を変えることに心血を注いでみてはどうでしょうか? 

 

その方がきっとあなたの人生は良い方向へ向かうはず。

きっとあなたの毎日は輝くはず。

そして、自分を変えることは他人を変えることよりもはるかに簡単なのです。

 

「彼女が振り向いてくれない」

「あの人が変わってくれない」

「子どもが言うことを聞いてくれない」

「クラスメートがいじめをやめてくれない」

etc・・・

他人を変えるというのはなかなか大変です。

でも自分を変えることは今すぐにでもできます。

タバコをやめる

人に会ったらきちんと挨拶をする

野菜を中心にした食事に切り替える

部屋を片づける

本を読む

映画を観る

美容室に行って髪をカットしてもらう

新しい服を買う

今までと違う態度で人に接してみる

そして(いちばん大事なこと)、相手を許してみる

etc…

これまでの自分を変える方法はいくらでもあるのではないでしょうか? 

 

 

f:id:orange345:20191126093938p:plain

 

サラリーマンをやっていた頃、僕は人間関係で悩んでばかりいました。

まわりと折り合いがつかずいつもイライラしてばかりいました。

そして、その折り合いのつかない相手をなんとか「変えよう」「変えよう」とばかりしていました。

脱サラして、セミリタイア生活をおくるようになり、人間関係の悩みから解放されたとき、僕はつくづく思いました。

 

ああ、オレはずいぶん無駄なことに労力を注いでいたんだなー

と。

「他人を変える」なんて、この世の中でいちばん難しいことに挑戦していたのですから、まったくもって愚かというか、アホというか…

そんなことに一生懸命になるよりもさっさと自分を変えて、自分の人生を良くすることに着手していれば良かったのに。

そしたら僕はもっと早くセミリタイアできたかもしれません。

でも遠まわりすることで学ぶこともたくさんあるのでそれはそれでいいのですが。

この文章を読んでくれている読者の方はどうか僕と同じ過ちをくり返さないでほしいと思います。

はっきり言って他人を変えることなんてできませんから。

そんなことにあなたの大切な労力を注ぐ必要はありません。

もっと大事なことに使いましょう。

その方がきっとあなたの人生は良い方向へ転がるはずです。

 

f:id:orange345:20191126100456p:plain

 

人と人の縁というのは互いに向かいあってはじめて成立します。

どんなにその人のことを追いかけても、その人がこちらに向かってきてくれなければ、それは『縁がなかった』ということです。

諦めるしかない。

 

縁がないのにずっと追いかけたり、無理やり(あるいは力づくで)何とかしようとしてもダメなんです。

 

縁がある人はこちらが何もしなくても自然にこちらのゾーンに入ってきてくれるもの。

 だからいい縁にめぐり合いたければ、普段から自分を磨いておくのがいちばんいい。

そうすれば縁のある人と必ず出会えます。

 

相手を追いかけてもまずロクな縁にはならない。

追いかけるより、自分を磨け!ってことです。