シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

物件探しをするときの最重要アイテム、『登記簿謄本』から見えてくるコト

f:id:orange345:20181115075935j:plain

収益物件を探す際に『登記簿謄本』を隈なくチェックするのは基本のキだ!

 

まさか怠ってる人、いないだろうね…

 

  • 個人or法人?
  • 物件の所有期間は?
  • 抵当権の額から推察する借金の額は?
  • 相続が理由で売りに?
  • ノンバンク使ってる?
  • 差し押さえられてない?

 

いろんなことが見えてくる。

 

もしも登記簿謄本を見て、所有期間が異様に短かかった場合、「もしかして、あまり良くない物件かも…」と思った方がいいかも。

 

だって、そんなにいい物件だったら1年で売りに出したりなんかしないもんね…

 

もしかして、いい物件じゃねぇんじゃねーの?

何かトラブルあるんじゃねーの?

瑕疵があるんじゃねーの?

って勘ぐっちゃうよね。

 

所有期間が短いのに売りに出てきた物件が『警戒』されるのは逆の立場になったとき(自分が売主になったとき)も同じ。

 

だから短い所有期間で売りに出そうとするときは要注意だ!

 

やっぱり買う方の立場になったら「なんでそんなに早く手放すの?」って疑問に思うはずだ。

相手を納得させるくらいのきちんとした理由がなきゃいけない。

 

もしも納得させられなかった場合、購入を見送られるか、思いっきり買い叩かれちゃう危険がある。

 

だから、物件を取得するときが最大の勝負!

焦っておかしな物件をつかまないように注意しなくてはならない。

 

ある程度は長く保有できる物件を買わなきゃね。