サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

変わり者、大いに結構じゃないか! 人と違うことを怖がらないで生きた方がいいこれだけの理由

f:id:orange345:20200116081541j:plain


 

「あなたはどんな仕事をしているんですか?」と聞かれ、「アパートの大家をやっています」と答えると10人中9人が怪訝そうな顔をします。

さらに、「毎日、何をやっているんですか?」と聞かれて、「毎日? 特に何もやってないですね。好きなことしてますよ」と答えるとますます怪訝そうな顔をされます。笑

もう慣れましたが、最初の頃はそのような反応をされることが嫌で嫌でしょうがありませんでした。

この国では「どこかに勤めていない。」ということは、あってはならないことなのです。

自由気ままに生きていることは「世捨て人」か、「悪いことをしているか」のどちらかだといった価値観がいまだ支配的なのです。

自由に生きるということはこの国ではあまり尊重されていません。

この国では自由に生きることよりも真面目に生きるということの方が尊重されるのです。

 

むかし、アップルのCMのキャッチコピーに、『Think Different(人と違うことを考えろ)』というものがありました。

この言葉は、「あるひとつの価値観を、ただ盲目的に信じているだけの人」に向けた強烈な異議申立の言葉です。

 

この「あるひとつの価値観をただ盲目的に信じているだけの人」というのは僕たちのまわりにもたくさんいるはずです。

学校にもいます

職場にもいます

家庭にもいます

ご近所にもいます

etc・・・

 

だけど、その人たちが必ずしも正しいというわけではありません。

 

 

それまでの価値観に魅力を感じない若者たちが出現してきている

現在は激動の時代を迎えています。

それまでよしとされてきた価値観がガラッと変わるような時代を迎えています。

 

たとえば汗水垂らして働いている人は正しいという価値観があります。

この国に暮らす多くの人びとの頭に「ガチッ!」とロックされたこの価値観も今、少しずつ揺らぎ始めています。

 

世界に目を向けても、『労働』というものにそれほど重きを置かない生き方を選択する人が確実に増えてきました。

今までのように人生のすべてを会社に捧げるような生き方をするのではなく、「プライベートも重要視しよう」という人も増えてきました。

それがいいことなのか悪いことなのかいまだに結論は出ていません。

 

しかし、「以前とは違う価値観を持った人が出現してきている」ということだけは確かです。

こういった新しい価値観を持った若い層の出現は経済界をも揺るがしています。

 

今、全世界的に物が売れなくなってきています。

新しい商品は次から次へと開発されるのですが、その商品自体を買おうとする人が少なくなってきているのです。

 

大量生産・大量消費の時代は確実に終焉を迎えつつあります。

若い人はもう、昔の価値観を押しつけられることにうんざりしているのです。

「モノを買え」「モノを買え」といくら企業側が騒いだところで若者たちはふり返りません。

もう彼らは物質主義に染まった生き方に魅力を感じていないのです。

高度情報化社会が到来したことにより、若者たちは物質主義の社会が人間を幸福にしないという真実を知ってしまったのです。

だから彼らは大きな買い物をしたがらないのです。

焦ったのはおじさん達の方です。

家? 

車? 

そんなもん欲しくねーよ!

そんな若者が出現するなんておじさんたちは想定していませんでした。

今の若者たちは何よりも「自由」を求めています。

「自分らしく生きること」を求めています。

「好きなことをやること」を求めています。

「物」とか「社会的ステータス」とか「肩書き」といったようなものには今の若者たちは魅力を感じていません。

僕はそのような若者たちが出現してきたことを大変うれしく思っています。

今の若者たちの価値観やアイデンティティと僕の価値観やアイデンティティはぴったり一致します。

そのおかげで僕のようなタイプの人間もやっと変わり者扱いされずに済むのではないかとひそかに期待しています。

 

 

 

「となりの人と同じ生き方」ではなく、「となりの人と違う生き方」をしよう!

僕はもう人間の幸福を「職業」とか「モノ」で測る時代は終わったと思っています。

これからさきのキーワードは「自分が幸せだと感じる生き方をする」ということだと僕は思います。

 

そういう生き方は決して簡単なことではありません。

なかなか、「これ!」といったようなものを見つけられず、苦労することも多いと思います。

僕の場合は『不動産』というものを見つけました。

しかし、それはいろいろ回り道をして頭をいろんなところにぶつけた結果、見つけたものです。

だからみなさんもいろいろと回り道をして頭をいろんなところにぶつけてみましょう!

おじさん達が押し付ける価値観に反抗するんですからそれなりに苦労することは覚悟しておきましょう。

だけどその苦労が報われるときがきっとやってきます。

それまでは歯を食いしばって頑張りましょう。

人生は短いのです。

時間を無駄にしてはいけません。

 

Think Different(人と違うことを考えろ)

 

 

そうです。

これからは、「となりの人と同じ生き方をする」のではなく、「となりの人と違う生き方をする」ことがますます重要になってゆくのです。

 

 

人生は矢のように過ぎ去ってゆく 

人間関係に悩んでる人は大勢いるけど、そのほとんどが実は自分で悩みを招いているパターンが多いもの。

みなさんをイラつかせ、疲れされ、消耗させる人・・・なぜ、みなさんはそんな人の側から離れようとしないのだろうか。

 

問題を引き起こす原因のすぐそばに四六時中いるのだから、そりゃ、問題が起こっても当然です。

なぜなら問題のすぐそばにいるのですから。笑

 

僕も人一倍、人間関係には悩んできたクチです。

だけどある時、2つのことに気づいたのです。

 

1つは、「人は絶対に変わらない」ということ。

そしてもう1つは、「自分が嫌だなと思ってる人間のそばにずっといるとますます苦しくなる」ということ。

 

この2つの気づきは僕の人生を根本的に変えるきっかけとなりました。 

それ以来、僕は自分と合わない人が目の前にあらわれたら無理してその人と言い争ったり、その人に自分の気持ちをわかってもらおうとしなくなりました。

そして、なるべくその人と関わらないようにして静かにフェードアウトする戦略をとった。

そのおかげで僕は以前よりもだいぶラクに生きられるようになりました。

 

おそらく人間関係で悩んでいる人はこの2つのことに気づいていないんだと思います。

ある意味においてはそういう人はすごくやさしくて、思いやるがあって、あたたかい人なんだと思います。

 

僕みたいに冷酷にドライになれない。

でも逆に言えば、冷酷にドライになれないから、悩みを抱えてしまうのです。

まだ「きっと話せばわかってくれる」「真摯に向き合えば相手は変わってくれる」と信じている。

 

でも、人間ってなかなか自分の思い通りにはならないものなのです。

 

僕は一人っ子として育ったせいもあるのかもしれないけれど、もともと誰かと争ったり、意地を張り合ったりすることが大の苦手な性格をしています。

だからこれまでも自分と相容れない人と真正面から向き合わないように努めてきました。 

その態度はある人に言わせれば、「情けない」「男らしくない」ということになるのかもしれません。

でもあえて僕は人と争わない戦略を取ってきました。

 

無駄なことに労力を使いたくない

くだらないことにエネルギーを注ぎたくない

ムカつく相手と関わり合いになったところでまずロクなことにはならない 

人生は短い

時間は矢のように過ぎ去ってゆく

 

 

まとめ 

『金持ち喧嘩せず』という言葉があります。

「相手とトコトンぶつかって理解を深めて・・・・」とかそんなことは僕にとってどうでもいいことだったのです。

 

そもそも嫌いな人間のことを分かったところでいったい僕にどんなトクがあるのでしょう?

 

僕はなるべくストレス・フリーに生きたいのです。 

そのために僕はわざわざ巨大なリスクを背負ってまで人と違う生き方を選んだのです。

 

せっかく、そんなリスクを背負ったのに我慢したりとか相手に合わしたりとかそんなことしたくない。

一緒にいておもしろくない相手とはたとえ1秒たりとも一緒にいたくない。

 

大人気ないかもしれないけれど、僕はそういう風に考えるタイプの人間なのです。

だいたいにして大人らしい振る舞いができる人間だったら脱サラ起業なんてアウトサイダーな道を選択したりなんかしないって。笑

 

僕も事業家の端くれです。

事業家というのはどこか子どもっぽいところがあるものです。。 

それはスティーブ・ジョブズを見ても、マーク・ザッカーバーグを見ても、ホリエモンを見ても、前澤社長を見てもわかるでしょ。笑

 

事業家というのはもともと、わがままで自分勝手な生きものなんです。 

ただその代わり自分の人生を自分でコントロールし、仕切ることができる立場にいる。

そして圧倒的に自由!

 

人間関係に悩んでいる人はぜひ、僕らみたいな事業家を志してみてはどうでしょう。

それが僕の結論です。 

そして、それがいちばん人間関係を根本から解決し、みなさんを人間関係の悩みから解放するいちばん手っ取り早い方法だと僕は思っています。


くれぐれも、ムカつく相手のことを「正してあげよう」とか「直してあげよう」なんて考えたらダメです。

絶対に直りませんからね!笑