サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

社会に出たら学歴は関係ない! 『学歴』のことで悩みたくない人は投資ビジネスの世界へ行こうという話

僕はこれまでたくさんのお金持ちの方々と出会ってきました。

「がっつり儲けている人たち」です。

 

不思議に思われるかもしれませんが、そういう人たちは必ずしも学歴が高いわけではありません。

大学のレベルもたいしたことなく、なかには高校しか出ていない人もいます。

 

彼らの多くはとくにこれといった資格を持っているわけでもなく、なにか試験に合格していまの地位を築き上げたというわけでもありません。

僕は彼らを見ていて、「勉強すること」と「お金持ちになること」とのあいだには本当に関連性があるのだろうかといつも考え込んでしまいます。

 

多くの人たちは子供たちに「勉強しろ。勉強しないと、大人になったときに苦労するぞ!」と言います。

また社会人になっても、「いろいろな資格を取っておかないと、これからますます不利になるよ!」なんて言われたりします。

本当にそうなのでしょうか?

知り合いの大家さんと話していたときにとても印象に残る話をその大家さんがしていました。

その大家さんはまだ20代の若い頃から次から次へと投資物件を購入していました。

僕は「すごいですね。よくそんな勇気がありましたね」と言うと、その大家さんは笑いながらこう答えました。

 

そうなんだよ! 

もうバカとしか言いようがないよねー。

でもそのおかげでこうして悠々自適な毎日をおくれているのだから世の中わかんないもんだよねー。

 

 

僕はこの言葉の中にすべての答えがあるように思えるのです。

 

勉強ができる・できないということは収入と直結していない

f:id:orange345:20191218152227p:plain

勉強好きの人はたしかに頭は良くなるかもしれません。

しかし頭が良すぎることにより行動に移せない人がたくさんいます。

あまりにも膨大な知識を頭に入れすぎてバカになりきれないのです。

投資やビジネスは、どこかでバカにならなければできないところがあります。

「えいやっ!!!」とひと勝負するときに膨大な知識が邪魔になるときがあります。

「非合理的だよ」「裏付けがないよ」「予測がつかないよ」etc・・・・

そんなこんながあなたの足をいちいち引っぱるのです。

 

テストの点数の高さやむずかしい資格の取得が収入に直結しているわけではありません。

お金を得るためには『お金を得るための行動』をしなければいけないのです。

 

残念ながら勉強はその「お金を得るための行動」とは言えません。

みなさんは知識を増やしたいんじゃないですよね? 

収入を増やしたいんですよね? 

また、お金持ちの方は決断も早いのが特徴的です。

良いビジネスチャンスが目の前にやってきたら一目散に「それを奪取しよう」と考えます。

一方、頭のいい人は決断が遅いのが特徴です。

せっかくのビジネスチャンスが目の前に転がり込んできても、「うーん、どうかな~?」と腕を組んで考え込むだけで一向に行動に移そうとしません。

そうやって考え込んでいるうちに誰かがスルスルスルっとやってきて、ヒョイっとそのチャンスを持っていってしまうのです。

これが世の常なのです。 

 

 

 

本当にできる人というの資格なんかに頼らなくても実績を上げることができる

f:id:orange345:20191218154203p:plain

資格取得に躍起になるのも貧乏な人の特徴です。

「資格を活かして、活躍を…」と目論んでいるのでしょうがそれはお門違いです。

本当に実力のある人は資格なんかなくたって営業成績は常にトップです。

ほかの営業マンがカリカリ勉強しているあいだに営業戦略を立てたり、顧客に電話をしたり、新規開拓をしたりするからますます成績はアップしていきます。

企業側だって「資格がたくさんある能力のない人」よりも「資格はないけど、会社に貢献してくれる人」の方を大切にしたいと思っています。

膨大な時間とお金を費やし、死ぬほど勉強して、やっと取得した資格や、合格した試験が実はあまり意味がないものだとしたら・・・・あなたはどう思いますか? 

本当のお金持ちはそんなことにお金と時間をかけたりしません。

ビジネスをやるうえでもしも本当にある資格が必要になったら「その資格を持っている人を雇う」という方法を採用します。

自分でわざわざ勉強するなんてというまわりくどい方法はとらないのです。

勉強することは大切なことだと思います。

しかし、勉強さえしていればそれでいいんだと考えるのは危険なことです。

同じバカなら、『チャレンジする、バカ』になりましょう。

決して『勉強バカ』にだけはならないように。

 

f:id:orange345:20191220132844p:plain

 

このブログを読んでる若い人で自分の学歴について悩んでいる人も多いかもしれません。

そんな学歴コンプレックスを抱いてる人にぜひともお伝えしておきたいことがあります。

それはみなさんのまわりにいる大人たちが何と言おうと、投資やビジネスの世界では学歴は一切関係からあんまりシリアスに考えるな!ということです。

 

もちろん勉強は大切だと思います。

僕は40歳をゆうに超えているけど、毎日いろいろなタイプの本を読んで勉強しています。

ただ僕がここで言ってる勉強と世間で言われている勉強とのあいだには大きな乖離があるのです。

 

僕が言ってる勉強というのはいわゆる『学力』のことを指してるわけではありません。

学力がたとえダメだったとしてもその他の勉強を頑張ればいくらでも逆転サヨナラ満塁ホームランを打つことができます。

 

たとえば『お金』についての勉強。

『ビジネス』についての勉強。

あるいはパンをつくったり、ラーメンをつくったりすることの勉強。

もしかしたら、その人はドミニク・サブロンみたいな超有名ベーカリー屋さんになるかもしれません。

 

僕が言ってる『勉強』とはそういうことです。

それは学力とは明らかに違います。

 

僕の場合、『不動産』ということについて学びました。

あと、『投資』ということも学んだかもしれません。

『会社経営』ということも学んだかもしれません。

 

それらのことはすべて学力とはまったく違う分野の学びでした。

「微積分ができる/できない」なんてことは一切関係ない世界の学びでした。

 

自慢じゃないけど僕は学生時代、落ちこぼれでした。

あれでよく大学に合格できたと思います。

三流大学でしたけどね。笑

 

でも今の僕を見てくれたまえ。

毎日とてもハッピーに暮らしてるじゃないか。 

僕は不動産オーナーとして毎日自由にストレス・フリーな暮らしをしています。

 

今の僕は営業ノルマも満員電車もサービス残業も社内のクソみたいな人間関係とも無縁です。

それがどれほど幸福なことか、会社でツライ毎日を送っている真っ最中のビジネス・パーソンの方ならわかってもらえると思います。

 

僕もつい10年ほど前までみなさんと同じように会社のために身を粉にして働いていました。

だからみなさんのツラさが身にしみてわかるのです。

 

人生とは本当に何が起こるかわからないものですね。

はっきり言って僕は逆転サヨナラ満塁ホームランを打つことができたと思っています。

 

具体的にはリスクをおかし、勇気を振りしぼって『不動産投資』をやったおかげで僕は人生というバッター・ボックスでホームランを打つことができたと思っています。 

ただそこには『学力』というものは一切、関与していないのです。

 

不動産に関して死ぬほど勉強したし、実際に不動産会社に就職して修行もした。

それは不動産投資の成功にとても影響していると思います。

でもいわゆる「学力」というものはほとんど影響していないのです。

 

そこがとても不思議なことです!