シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

人間関係の悩みを解決するために僕が選んだ究極の選択

 

f:id:orange345:20190108121309j:plain

人間関係に悩んでる人は大勢いるけど、そのほとんどが実は自分でそれを招いているパターンが多い。

 

みなさんをイラつかせ、疲れされ、消耗させる人・・・

なぜ、みなさんはそんな人の側から離れようとしないのだろうか?

 

問題を引き起こす原因のすぐそばに四六時中いるのだから、そりゃ、問題が起こっても当然だ。

なぜなら問題のすぐそばにいるのだから。

 

スポンサーリンク

 

苦手な相手のそばにいなければ苦しまずに済む  

僕も人一倍、人間関係には悩んできたクチだ。

だがある時、2つのことに気づいた。

 

1つは、「人は絶対に変わらない」ということ。

そしてもう1つは、「自分が嫌だなと思ってる人間のそばにずっといると、ますます苦しくなる一方だ」ということ。

 

この2つの気づきは僕の人生を根本的に変えるきっかけとなった。

それ以来、僕は自分と合わない人が目の前にあらわれたら、無理してその人と言い争ったり、その人に自分の気持ちをわかってもらおうとしなくなった。

 

そして、なるべくその人と関わらないようにして静かにフェードアウトする戦略をとった。

 

そのおかげで僕は以前よりもだいぶラクになった。

 

スポンサーリンク

 

金持ち喧嘩せず 

おそらく人間関係で悩んでいる人はこの2つのことに気づいていない人なのだと思う。

ある意味においてはすごく人間を信頼している人とも言える。

 

まだ「きっと話せばわかってくれる」「真摯に向き合えば相手は変わってくれる」と信じているのだから。

 

僕は一人っ子として育ったせいもあるのかもしれないけれど、もともと誰かと争ったり、意地を張り合ったりすることが大の苦手な性格をしている。

だからこれまでも自分と相容れない人と真正面から向き合わないように努めてきた。

 

その態度はある人に言わせれば、「情けない」「男らしくない」ということになるのかもしれない。

でも、あえて僕は人と争わない戦略を取ってきた。

 

無駄なことに労力を使いたくないのだ。

くだらないことにエネルギーを注ぎたくないのだ。

 

ムカつく相手と関わり合いになったところでまずロクなことにはならない。

 

人生は短いのだ。

時間は矢のように過ぎ去ってゆくのだ。

 

僕は金持ちではないけれど、『金持ち喧嘩せず』という言葉もある。

「相手とトコトンぶつかって理解を深めて・・・・」とか、そんなことは僕にとってどうでもいいことなのだ。

 

スポンサーリンク

 

事業家になれば好きなように生きることができる

そもそも嫌いな人間のことを分かったところでいったい僕にどんなトクがあるというのか?

 

僕はなるべくストレス・フリーに、ハッピーに生きたい!

そのために僕はわざわざ巨大なリスクを背負ってまで人と違う生き方を選んだのだ。

 

そんなリスクを背負ったのに、我慢したりとか、相手に合わしたりとか、そんなことしたくない。

一緒にいておもしろくない相手とはたとえ1秒たりとも一緒にいたくないのだ。

 

大人気ないかもしれないけれど、僕はそういう風に考えるタイプの人間だ。

だいたいにして大人らしい振る舞いができる人間だったら、脱サラ起業なんてアウトサイダーな道を選択したりなんかしないはずだ!

 

僕も事業家の端くれである。

事業家というのはどこか子どもっぽいところがあるのだ。

 

それはスティーブ・ジョブズを見ても、マーク・ザッカーバーグを見ても、ホリエモンを見ても、前澤社長を見てもわかるだろう。

事業家というのはどこか子どもっぽくて、わがままで、自分勝手なのだ。

 

ただ、その代わり自分の人生を自分でコントロールし、仕切ることができる立場にいる。

そして、圧倒的に自由だ!

 

人間関係に悩んでいる人はぜひ、僕らみたいな事業家を志してみてはどうだろうか?

それが僕の結論だ。

 

そして、それがいちばん人間関係を根本から解決し、みなさんを人間関係の悩みから解放するいちばん手っ取り早い方法だと僕は思っている。


くれぐれも、その人のことを「正してあげよう」とか「直してあげよう」なんて考えたりしたらダメですよ。

絶対に直りませんからね!