サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

悩んでる人はやってみて! すぐ誰かと比較してしまう癖を「どうにかしたい」と思ってる人へ送る新提言

f:id:orange345:20200123203341j:plain

 

最近「どうすれば幸せになれますか?」という質問を受けることがよくあります。

その時に僕はいつも「他人と比べないようにすれば幸せになれますよ」と答えるようにしています。

比較というものを甘く見てはいけません。

誰かと自分を比べた時点ですでに苦しみはスタートしています。

もしも本気で幸せになりたいと願っているのなら、悪いことは言いません。

直ちに「比較」という無意味な行為をやめるようにしましょう!

比較というものは猛烈な負のパワーを放っています。

そういった負のパワーを四六時中浴びていたらエネルギーが全部、吸い取られていってしまいますよ。

目次

 

誰かと比較すること自体が「自信のなさ」のあらわれ

比較するというのはきわめて非論理的な考えなのです。

でも僕たちの悩みのほとんどはこの非論理的な考えが出発的になっています。

僕も以前、さまざま非論理的な考えのせいで、地獄を見た経験があります。

以前の僕は『比較の王様』でした。

ありとあらゆるものと自分を比較して、一層、苦しむ。

そんなバカみたいなことを繰り返していました。

なぜ僕は他人と自分を比べてばかりいたのでしょうか?

今ならその理由がわかります。

自分に自信がなかったからです。

それが理由です。

比較の裏には「自信のなさ」が隠れています。

人と比べようとする心理の根底には「不安」が横たわっています。

もしも本当に自分に自信があり、何の不安もなく毎日を過ごしていたらわざわざ誰かと自分を比較する必要なんてありません。

何かが満たされていないから比較してしまうのです。

比較して「自分が有利な位置にいる」ということを確かめ、安心したいのです。

自分と他人を比べてばかりいる人というのは根本的なところで自信がない人なのです。

不安に苛まれている人なのです。

それがエスカレートしてゆくと「自分には何の価値もない」「自分はダメな人間なんだ

」などと思い込むようになります。

極端な場合、社会に適応できなくなり、家から一歩も外に出られない引きこもり状態になってしまうこともあります。

僕にも一時期、そういう時期がありました。

 

あなたは単なる『数字』のことで延々と悩んでいる

でも考えてみたら、この「自分と他人を比較する」という行為ってなんだかおかしな行為だと思いませんか?

そもそもの話、正確に何かと何かを比べることなんてできるのでしょうか?

また、たとえ比べることができたとしてもそこで導き出されて結論は果たして本当に正しいものなのでしょうか?

たとえば、学歴にコンプレックスを抱いている人がいたとします。

その人は誰かと自分を比較して「自分は勉強ができない」ということをものすごく悩んでいます。

でもじゃあ、勉強ができて、高学歴な人というのはそれだけで人生がすべてがうまくいくか?というと、そうではありません。

もしも、勉強ができれば必ず幸せになれるというのであれば、みんな死に物狂いで勉強するでしょう。

でも現実はそうなっていないのです。

たとえば東大合格者を何人も輩出している有名学習塾があったとします。

そういった学習塾で子供たちに教えている塾講師の先生たちってものすごい高学歴だったりします。

彼らは大金持ちでしょうか?

彼らは超ハッピーな人生をおくっているでしょうか?

知っていますか? 

塾講師という仕事の過酷さを・・・

商才と学才は違うものなのです。

学校の成績が良いとか悪いというのはそれは単なる『数字』でしかないのです。

数字で幸福度が測れるのであればこんなにラクなことはなかったでしょう。

でも実際は違うのです。

 

蝶とモグラもまったく違う生き物。あなたと誰かもまったく違う生き物

フィンランドやスウェーデン、ノルウェーといった北欧諸国で暮らす人々の生活満足度は非常に高いといいます。

国民一人当たりの所得という物差しで測ればたしかに日本の方に軍配が上がります。

 

でもその比較自体が無意味なことなのです。

それぞれはまったく違うものなのです。

 

蝶とモグラを比べますか?

そして、蝶とモグラを比べることに一体どんな意味があるでしょう?


比較すること自体がおかしいのです。

蝶とモグラが違うようにあなたと誰かもまったく違うのです。

まったく違うものを比較してどうなるのでしょうか?


自分の人生を生きることだけに集中しましょう!

他人と比べて、落ち込んだり、イライラしたりするなんて人生の無駄以外の何ものでもないことに早く気づきましょう!

 

世の中にはいろんな人がいる。

そして、それぞれがいろんなことを考えて生きている。

僕だっていろんなことを考えて生きている。

 

そうすると当然、意見の食い違いや考え方の違いといったものが表面化してきたりもする。

それがエスカレートしてゆくと、『衝突』というところにまで発展してゆく場合もある。

 

僕はそれは仕方がないことだと思っています。

人が生きている限りそこは避けて通ることができないのではないでしょうか。

 

ただ僕はそういう争いごとにはなるべく巻き込まれたくないと考えるタイプの人間です。

勝負に勝ったときの充実感や達成感よりも争ってるあいだずっと抱えなきゃいけないストレスのほうが僕は嫌です。

僕はそういう性格をしているんです。

 

だから僕は争いごとが起こりそうな場面に遭遇したらなるべく喧嘩しないように努めています。

余計なことにパワーを使いたくないのです。 

 

たとえその相手を負かしたとしても僕にはそれほどのリターンはありません。

対人間に勝ってもほとんど何も得られないのです。

 

それよりも自分自身に勝ったほうがたくさんのことが得られます!

 

僕は事業をやってる人間です。

商売人です。

やらなきゃいけないことが山ほどあるんです。 

誰かと喧嘩してる場合じゃない。

 

くだらない相手に関わってるほど暇じゃないんです。

一銭のトクにもならないようなことはなるべくしないほうがいい。

そういうふうに考えないと商売人なんてやってられません。 

 

 

まとめ

どうせエネルギーを注ぐんだったら見返りのあるものに注ぐべきです。

自分がハッピーになれるものに注ぐべきです。

 

どんなにこちらが正しくても、相手がこちらに恨みを持ったり、反感を抱いたりした時点で僕の負け。

いちばん賢いのはそもそも戦わないことです。

 

戦いそのものから逃げること。

戦いに勝てばいいというわけじゃないのです。

 

誰かとぶつかりそうになったらさっと身を引くのです。

身を引いて、相手を立ててやる。

そしてその場から静かに立ち去る。

 

これで万事うまくいきます。

これで無駄なエネルギーを消耗しなくて済みます。

これは賢く生きるうえでとても大事なことだと思うよ。

 

不動産賃貸業なんて商売をやってるといろんな人と遭遇する事になります。

その都度、目くじらをたてていたらとてもじゃないけど身体が持ちません。

 

僕は滞納などのトラブルが発生して話し合ってもラチがあかないようなら「お金はいいから出ていってくれ」と言うタイプ。

下手したらこちらが引っ越し費用を出してあげることもある。

 

とにかく余計なことにエネルギーを注がない。

多少、金銭的に損をしたとしても「そのお金でストレスを購入した」と思えばいい。

そして、さっさと次の募集をかけてそっちのほうに労力を注ぐ。

 

みなさんもそんなふうにして生きてみると多少はラクに生きられるようになるかも。