サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

競争に勝つことばかりを考えて生きることになぜ僕は嫌気がさしたのか?

負けず嫌いであることは悪いことはありませんが、度が過ぎると、身を滅ぼす場合があるので注意しなくてはなりません。

誇大妄想と自己嫌悪は、コインの裏表のようなものなのです。

今日はどちらの面がオモテになるかわかりません。

 

新聞やテレビのニュースでも、学校や会社、そして家庭のなかでも、そこで語られていることは『ランキング』のことばかりです。

こうしたランキングにばかりに気を取られていると、いつの間にかありとあらゆることに順番をつけて考えるような人間になっていきます。

そしてランキングが上位のものだけを称賛し、ランキングが下位のものは蔑むといった世にも恐ろしい人格が形成されてゆくのです。


そういう人間ばかりが増えていってしまったら、いったいこの世の中はどうなってしまうのでしょうか?

 

僕もかつては「NO.1にならなきゃ病」に苦しんでいた

f:id:orange345:20191214062001p:plain

 

僕もかつて、『なんでも一番にならなきゃ気が済まない病』にかかって苦しんだことがあります。

サラリーマンをしていた頃の話です。

営業成績で1位になることだけを生きがいにしていた時期がありました。

この僕がですよ!

僕はむかしはバリバリの営業マンだったのです。

朝から晩まで営業成績のトップを目指してガツガツ働いてました。

「2位や3位なんてもってのほか」「1位じゃなきゃ意味がない!」

そんなふうに思うようになります。

だけど、1位をキープし続けるというのは並大抵のことではありません。

今日、勝者になれたからといって、明日もなれるとは限りません。

それでも2位や3位に落ちるのはイヤだから、必死にがんばるしかありません。

そうやってとにかく、がんばって、がんばって、がんばって、がんばり続ける・・・・その結果、僕は完全に燃え尽きてしまったのです。

僕は原因不明の激しいめまいに襲われるようになりました。

病院に駆け込んでいろいろ調べてもらったら、精神的ストレスが原因であることがわかりました。

自律神経失調症と診断されました。

無理がたたったのです。

がんばり過ぎたのです。

でも、その程度で済んで良かったと思っています。

もっとひどいことになっていた可能性だってあったのですから。

 

 

 

勝つことよりも目を向けなきゃならないもっと大切なこと

f:id:orange345:20191212060523p:plain

 

常にNo.1を目指す生き方は、とてもしんどい生き方です。

僕はもう二度とあんなしんどい想いはしたくないと思っています。

「勝たなきゃ、勝たなきゃ」と思う気持ち。

これはある種の病気です。

 

この病気にかかると日常の出来事すべて「これは勝ちに直結するものなのだろうか?」とか「これをやればNo.1になれるだろうかか?」というふうに考えるようになります。

そして、そうじゃないものはすべて無意味で、無価値なもののように思えてきます。

 

とてもじゃないけど、子どもの成長をゆっくり見守ったり、四季折々の自然の美しさなんかに目を配る余裕なんてありません。

頭の中にあるのはいつも仕事のことや、競い合うライバルのこと。

おかしくなって当然ですよね?

僕はせっかく愛する家族が目の前にいるのに、眉間にしわを寄せて、怖い顔ばかりしていました。

だから、強制終了がかかったんだと思います。

激しいめまいという症状を伴って・・・

もう、やめな。そんなふうに生きてたって、ちっともハッピーじゃないだろ?って。

家族との楽しい時間を犠牲にしてまで競争に勝って、いったい何になる?って。

 

僕はようやく自分の異常さに気づくのでした。

 

競争からイチ抜けしたら気がラクになった!

f:id:orange345:20191227205312p:plain



 

1位になろうが、2位になろうが、関係ない

自分らしく、幸せに暮らせればそれでいい

 

 

僕はそう思いました。

だから僕はその競争からイチ抜けすることにしたのです。

 

僕は37歳の時に脱サラし、起業しました。

組織から飛び出して、孤独になるのは不安だったけれど、これでもう不毛な争いをしなくてもいいという安堵感の方が優っていました。

人間はいつもいつも勝ち続けることなんてできません。

現実というのはとても厳しいものです。

その現実の厳しさに直面した時、人は深く傷つきます。


それまでのハイテンションが反転して、今度は一気に自分を激しく責めるようになったりするのです。

男気あふれるマッチョな人ほど実はとっても繊細で、弱い心を抱えていたりするって知ってますか?

「オレはすごいんだ!」と大声を出す人ほど内心は不安でいっぱいだったりするって知ってますか?

僕は競争が嫌いです。

できることなら、競争みたいなところからはなるべく離れていたい。

そう思いながら毎日を過ごしています。

 

 

 

f:id:orange345:20191218152757p:plain

 

僕はもともとガツガツして生きるのが苦手なタイプで、どっちかって言うと「家でのんびりして暮らしたい」と考えるタイプの人間なんです。 

もちろん結婚して子供も生まれたりなんかしたらある程度お金もかかります。

だから独身の頃のような気ままな暮らしというのはできなくなるでしょう。

 

だけど、だからと言って出世を目指して朝から晩まで仕事漬け・・・・という生き方も嫌だなと思えてきました。

 

そういうぼくみたいなタイプの人にうってつけなのが不動産投資です。

僕はそういう生き方がしたくて不動産投資をはじめたようなものなんです。

 

貧乏も困る

だけど目の色を変えてゴールドを追い求め、カラダやココロを壊してしまうのも困る

 『ほどほど』がいいんじゃねぇの?という発想です。

 

そして、その『ほどほど』を実現するためにはどうすればいいかってことを必死に探して探してやっと見つけたのが不動産投資だったのです。

 

ガツガツして生きるのも疲れる

かといってダラダラして生きるのも人間がダメになってしまう

その中間ぐらいのちょうどいい場所で自由気ままに暮らしたい!

 

そのような生き方を求めているのは僕だけじゃないような気がします。

みんなもうグローバル資本主義的なガツガツした生き方にほとほと嫌気がさしてきてるような気がします。

 

もうちょっとスローに生きたい

もう少しペースを落としたい

もういい加減に落ち着きたい

etc・・・

 

そんなふうに思ってるんじゃないでしょうか。 

最初はみんな「グローバリゼーション」を諸手を挙げて歓迎していました。

でもそこには待っていたのは圧倒的な格差社会でした。 

結局、大企業の内部留保をふくらませただけでした。

 

スティーブ・ジョブズは禅の世界に心酔していました。

物質世界と正反対の世界に身を置いていた人物が物質世界の最高峰の製品をつくったのは最高に興味深い出来事です。

 

お金の重要性に気づいているのならなおさら整った心を大切にした方がいいと思います。

ざわついた心でいると判断を誤ります。 

経済的に成功するためにも整った心が必要だと思います。

 

 

 

 

僕の大好きなバンド、THE BOOMの『いつもと違う場所で』という歌のなかにこんなフレーズがあります。

 

「ホメラレモセズ クニモサレヌモノ」になりたいと賢治は言った

ボクは誉められるために人を蹴落として生きてた

たどり着いたのは銀河系の果て

誉めてくれる人はそこには誰一人いなかった

 

いつもと違う場所で

いつもと違う場所で