サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

いい借金と悪い借金をきちんと把握しておくことが幸せにつながる理由

f:id:orange345:20200621092442p:plain

 

 

www.youtube.com

 

 

僕は不動産投資をすることで生計を立てています。

だから当然のことながら借金もいっぱいしています。

 

日本は「借金といえば住宅ローンぐらいしかない」という人が大多数を占める国です。

そうした国民性のなかで僕みたいに住宅ローン以外に何億円もの借金をして生きる生き方を選択するということ・・・・それは相当の勇気がいることです。

 

僕はときどき人から「そんなに借金をして怖くないですか」といったようなことを訊かれることがあります。

もちろん借金することは怖いことです。

僕は金融(リース)の仕事をしてたこともあるので借金の恐ろしさについては誰よりもよく知っているつもりです。

 

借金というものは取扱いに注意しなければ制御不能のバケモノに変貌する可能性を秘めています。

だけど借金をすることが全部悪いことだという考えも極端なような気がします。

なぜなら借金には良い借金と悪い借金があるからです。

 

 

多くの人の頭のなかには「借金をすること=悪いこと」という刷り込みがあります。

ところがおもしろいことに借金をすることが悪いことだと言う人自身が実は借金まみれになっていたりします。

 

住宅ローン

マイカーローン

教育ローン

クレジットカードの分割払い

etc・・

 

実はこれ、すべて借金です。

本人たちがどう思っているかは別にして・・

 

自分たちの借金のことは棚に上げて人の借金のことを悪く言うのです。

そして、「危険だ、危険だ」と大騒ぎをはじめます。

それって何だかとってもおかしな話だと思うのですが。

 

なぜ彼らは自分たちの借金のことは棚に上げて僕のような事業のための借金をする人間のことを悪く言うのでしょうか。

それは彼らが『生活に密着した借金は借金ではない。』と思い込んでいるからです。

 

彼らの頭のなかには自分たちが住んだり、家族で楽しんだり、子どものために銀行やカード会社から借りたお金というのは借金ではないという思い込みがあります。

それは生活に必要なお金であり、その生活に必要なお金を借りることは借金とは言えないというわけです。

 

もちろん冷静になって考えてみればそれらも間違いなく借金であるわけですが、彼らにはそのような感覚はあまりありません。

それがあまりにも普段の生活に密着しているものだから、ついつい「借金をしている」という意識が希薄になってしまっているのかもしれません。

 

ビジネスのための借金はOK

たとえば自宅用に4000万円の住宅ローンを組んで、マンションを購入した家族がいたとします。

彼らは毎月の支払いを自分の給料の中からねん出します。

 

それに対してビジネス(事業)をするために4000万円の借金をした会社経営者がいたとします。

彼らは毎月の支払いをビジネスで得た利益のなかからねん出します。

 

「何を当たり前のことを言っているんだ」とお思いになった方もいらっしゃるかしれませんが、この二つの違いをきちんと把握しておくことは非常に重要なことなのです。

借金の額は4000万円ですが、この二つはまったく違うものです。

 

僕は確かに借金をしています。

僕は不動産投資をしているので商売道具であるアパートを購入するためにはどうしても銀行からお金を借りる必要があります。

 

しかし、僕はその借金の支払いを自分の給料の中から支払っているわけではありません。

僕の借金は事業を行うためのものなので事業で得た利益(僕の場合は家賃収入)の中から支払っています。

その借金返済に関しては、『僕のフトコロ』は少しも痛んでいません。

 

一方において僕は会社から役員報酬をもらっています。

そのなかからは不動産投資の借入金の返済には1銭も使っていません。

 

しかし、住宅ローンやマイカーローンを抱えている人の多くはその借金を自分のフトコロの中から捻出しなければなりません。

フトコロを痛めるかたちで借金を返済しているわけです。

 

じゃあ、僕の借金はいったい誰が払ってくれているのでしょうか?

その答えはアパートに入居してくれている入居者さんのみなさんが払ってくれているのです!

 

そう、僕の借金は僕が払ってるわけではないのです。

入居者の皆さんが僕の代わりに払ってくれているのです。

 

銀行はその人に支払い能力があると判断すれば喜んでお金を貸します。

銀行は人にお金を貸すことで儲けています。

 

銀行の立場に立ってみると毎月の返済が「どこからねん出されたのか」なんてことはあまり関係ありません。

彼らにしてみれば毎月きちんと滞りなく支払ってくれればそれでいいのです。

 

多くの人は35年といった長期に渡りずっと住宅ローンを払い続けます。

もちろんその返済額のなかには金利も含まれています。

だから銀行は僕らが黙って35年間住宅ローンを払ってくれることを望んでいます。

 

その借金をどんな方法で返済してゆくのかなんてことは銀行の人にとってはどうでもいいことなのです。

あなたがしかるべき条件を満たしていれば銀行はきっと喜んであなたにお金を貸してくれます。

だけどその借金を返すのはあなた自身です。

事業をやる人のようにそのビジネスからの儲けで借金を返済するわけではないのです。

 

何らかの借金をするときには必ずそのことを十分に理解しておくようにしましょう!

多くの人は僕のように何億円もの借金をしている人のことを「危険だ!」と言います。

借金の額だけを聞いて驚きます。

その借金を実際に払っているのは誰なのかなんてことには考えは及びません。

 

それに対して、自分のフトコロを痛めるかたちで支払わなきゃならない住宅ローンなどの借金のことは『良い借金だ』と思い込んでいます。

それって逆じゃないかなと僕なんかは思うのですが・・

 

あなたはどう思いますか? 

 

自分で払わない借金

カンタンに言ってしまえば借金には「いい借金」と「悪い借金」があるということです。
ビジネス、事業、商売といった自分のフトコロにキャッシュをもたらしてくれるような借金は「いい借金」です。
 
反対に家や車、教育資金、ショッピング、そしてギャンブルなど自分のフトコロからキャッシュが出てゆくような借金は「悪い借金」です。
 
ここを混同して考えている人があまりにも大勢います。
 
『借金1億円あります』と目の前にいる人がポツリともらしたとき、99%の人は眉間にしわを寄せることでしょう。
でもいちばん重要なことは借金の額ではないんです。
借金の中身なのです。
何を目的に1億円もの借金をしたのかということです。
 
「いい借金」の特徴としてはもう1つ、『自分に代わってだれかがその借金を返してくれている』というものがあります。
ソフトバンクという会社はものすごい額の借金をしていますが、あの膨大な借金を孫正義という一人の人物が払っているわけではありません。
 
じゃあ、だれが払っているのか? 
ソフトバンクという会社が払っているのです。
もう少し具体的にいうとソフトバンクという会社がやっているビジネスが払っているのです。
 
そしてソフトバンクの主な収入源はわれわれが毎月払っているスマホ代やネット回線費用です。
ソフトバンクの借金はわれわれが払っているのです。
 
ぼくがやってるアパート経営も同じです。
ぼくが抱えている借金の額はとてもじゃないけどぼく一人の力では返せない額です。
 
じゃあ、だれが払っているのか? 
ビジネスが払っているんです!
もっと具体的にいうと、アパートに入居してくれてる入居者のみなさんが払ってくれているんです。
 
このような自分のフトコロにキャッシュをもたらしてくれるための借金と家や車、ショッピングやギャンブルなどの借金はまったく違うものだということをわかってもらえるでしょうか。
 
そういった借金は全部自分が払わなければならない借金です。
働き、税金や社会保険料を引かれたあとの手取りのなかから払わなければならない借金です。
もしもその人が働けなくなったら代わりに借金を払ってくれる人はだれもいません。
 
『借金』という言葉を耳にしたときにザワッとくるかもしれませんが、もう一歩踏み込んでみましょう。
「それは何のための借金なのか?」ということを確認しましょう。
 
そして、借金というものを自分に有利に働かせるのです。
その先に豊かさ・自由・幸せなどがあるのです。