サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

会社にしがみつかない生き方を実践するために何をすべきか?

 

www.nikkei.com

 

 

僕は格差を生みだす今の社会は問題が多いと思っています。

だけど、その社会をただ憂い、呪っているだけではちっとも人生は良くなりません。

大切なことはどうサヴァイヴしてゆくか?ということ。

僕はもう政治に期待するのはやめました。

政府に期待するのはやめました。

無意味な期待をしているあいだに僕たちはどんどん年を取ってゆくのです。

自分のことは自分で守らなければならない。

僕は本当の格差社会はこれからやってくると思っています。

  • 情報の格差
  • 教育の格差
  • コミュニケーション能力の格差
  • 容姿の格差
  • 恋愛の格差
  • etc


でも、その危機感を持っている人はあまりにも少ないような気がします。

もうとっくに時代は変わっているのに、相変わらず古い価値観にしがみつき、その小さな箱から出ようとしない__。

多くの人は気づいていないことがたくさんある。

目次

スポンサーリンク

 

あなたの期待は外れるかもしれない

f:id:orange345:20191012174453p:plain



 

  • 最後は政治家が何とかしてくれるはずだ
  • いざとなったら、政府が何とかしてくれるはずだ

 

それは驚くべき信仰心です! 

あなたが信じている存在があなたを苦しめている張本人かもしれないのです。

彼らは僕らよりもはるかに頭のいい人たちです。

彼らに騙されないようにするためには、こちらが彼らより賢くならなければいけません。

団塊の世代が大量に引退し、労働生産人口も極端に減っています。

となると、当然のことながら税収は減り、国の借金は増えます。

年金と社会保険の制度は破綻に向かってゆっくりと歩を進め、にっちもさっちもいかない状況になりつつあります。

国も地方ももう今までと同じようなサービスは提供できなくなるかもしれません。

何しろ、財源がないのです。

お金がないのです。

アベノミクスという名の花はいつまでも咲いてはいません。

失業率が減ったのは、非正規社員等が増大したせいです。

 

「時代は変わる」ということを意識しよう

f:id:orange345:20191012174546p:plain



このように古い価値観にしがみついて生きていると、不安は増大していきます。

でも、そうした古い価値観に囚われない生き方をすれば、不安からは解放されます。


たとえば、ヒカキンやイケダハヤトさんのような存在は、10年前では考えられなったことです。

彼らは「古い価値観」から遠く離れていますよね? 

だけど、たくさん稼いで、今の時代を上手にサヴァイヴしています。

ヒカキンのやってることはオジサンたちから見れば、「とんでもないこと」のように映ることでしょう。

だけど、もしかしたらああいう稼ぎ方がこれからの時代のスタンダードになるかもしれないのです。

60年代の日本で最も栄えていたのは『繊維産業』だったそうです。

想像できますか?

絹とか綿とかが日本の経済を引っ張っていたのですよ!

もしもあの頃にタイムスリップして、

  • そのうちインターネットというものが発明されて、googleという会社やAppleという会社が世界一の会社になるよ

 

なんて言ったら、完全に奇人変人扱いでしょう。

つまり、僕は何を言っているのか?

ボブ・ディランが言ってる通りです。 

 

時代は変わるのです。


大企業に就職することができたら、あなたの親は喜ぶかもしれません。

だけど、だからと言ってそれであなたが幸せになれるわけじゃない。

スポンサーリンク

 

なぜ、みんな「小さな箱」から外へ出ようとしないのか?

f:id:orange345:20191005180418p:plain



  • 格差を生みだすループ

 

そこに絡みとられてしまってはいけません!

最初からそんなものに参加しなければ、格差を感じることもなく、格差で悩む必要もありません。

僕は37歳の時にサラリーマンの世界からドロップ・アウトして、商売人として生きる道を選びました。

もちろん、それは簡単なことではありませんでした。

でも今は「やって良かった!」と心の底から思っています。

自分の人生を全部、自分で仕切ることができます。

それは圧倒的な自由です。

確かに責任はすべて自分にのし掛かってきます。

だけど、「すべてのことを自分でコントロールすることができる」という安心感。

 

それは何ものにも代えがたいものがあります。

そうした自由を獲得していることに僕自身はとても満足しています。

 

  • みんなもやればいいのに

 

単純に僕はそう思うのですが、多くの人はやろうとはしません。

みんな小さな箱から外へ出ようとせず、相変わらず、会社だとか、政府だとかの都合ですべてが決まってしまうような世界に生きています。

僕よりもはるかに勉強ができるはずなのに、多くの人たちはそんな簡単で単純なことに未だに気づいていないのです。

それは僕に言わせれば、大変、驚くべきことです!