サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

志を高く持つこと。←結局はこれが人生の救いになるという話

僕は夢を追いかけている人が好きです。

たぶん自分自身が夢追い人タイプの人間だからでしょう。

 

しかし、ご存じのとおり夢というのはすべての人が叶えられるわけではありません。

そこはどうしても夢が叶えられる人・夢を叶えられない人の2種類に分けられてしまいます。

実に残酷な話です。

でも僕はもしも夢を叶えることができなかった人がいたとしても「オレは精いっぱいやった!」という達成感のようなものがあったならば何も落胆する必要はないと思います。

 

堂々と「オレ、チャレンジしてみたけど、うまくいかなかったよ!」と胸を張って言っていいと思います。

確かに夢を実現させることができなかったという現実は重く本人の肩にのしかかると思います。

相当悔しい想いもすることでしょう。

それでも少なくともチャレンジだけはしてみたのです。

僕はそれだけでも、大したものだと思っています。

精いっぱいやってみたけどダメだった・・・・そこに到達できるのってかなりスゴイことだと思うのです。

やれるとこまでトコトンやってみた。

そして、全力を尽くした挙句、結果がダメだった。

そういうことなら本人としてもきっとあきらめもつくのではないでしょうか?

だけど失敗することを恐れて何も挑戦しなかったとしたらきっと僕なら一生後悔すると思います。

「チャレンジしていればもしかしたら夢が実現できたかもしれない…」という想いを抱えながら生きるなんてこんなに苦しいことはありません。

目次

 

『成りあがり』はもう、今の若者たちには響かないのか?

f:id:orange345:20191121075748p:plain

最近、夢を追う若者が少なくなっているという話をよく聞きます。

高校生のなりたい職業の第一位が「公務員」だそうです。

笑いごとではないのですが、僕はこのアンケートを見てちょっと吹き出してしまいました!

僕は矢沢永吉さんの『成りあがり』を読んで感動したクチです。

でも「意地でも何かを手に入れてやる!」というハングリー精神みたいなものはもう流行らないみたいです。

 

 

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

 

 

僕は常日頃から『若者はもっともっと冒険すべきだ』と思っています。

若いんだからどんどんいろんなことにチャレンジしていっぱい失敗してほしいのです。

だって「失敗ができる」ということが若者の唯一の特権なのですから。

社会人になってしまったらなかなか失敗はできなくなってしまいます。

そのせっかくある特権を自ら放棄してしまってどうするんですか。

実にもったいないことだと思います。

でもこのような若者が増えたのは僕ら大人の責任です。

そのことは僕らは厳粛に受け止めなければいけません。

 

僕らが彼らに「夢を追うことは、悪いことなんだ」「何かにチャレンジすることはよくないこと何だ」と思わせてしまっているのです。

僕たち大人がそういう社会をつくりあげてしまったのです。

誰だって失敗するのは嫌です。

できることならリスクも負いたくありません。

挫折を味わうのも嫌だし、傷つきたくもありません。

その気持ちは、痛いほどよくわかります。

でもその「恐怖」に打ち勝ってほしいのです。

そこを乗り越えてほしいのです。

その先にはきっと素晴らしいものがあるはずです。

恐怖を乗り越え、リスクをおかして前に進んだ者だけが見ることができる景色というものがあるはずです。

どうせ死ぬなら、その景色を一度でも見てからでも遅くないのではないでしょうか?

 

 

 

若者たちが志を失ったらこの国は崩壊する

f:id:orange345:20191204154113p:plain

僕は38歳のときに脱サラ起業しました。

何億円もの借金をして不動産投資をやりました。

 

確かにこれはとっても恐ろしいことです。

ある人に言わせれば「とんでもなくこと」です。

でもそれをやったおかげで僕は自由と幸せを手に入れることができました。

今の僕には満員電車もなければ退屈な会議もありません。

営業ノルマもなければ社内の人間関係の悩みもありません。

もしも僕が何も行動しなかったならば僕は自由と幸せを手に入れることができませんでした。

相変わらずスーツとネクタイをして、ため息をつき、暗い顔をしながらサラリーマンをやっていたことでしょう。

僕は勇気をふりしぼって一歩前に進んだおかげでリターンを得ることができたのです。

リスクをおかしたおかげでいろんなものを得ることができたのです。

 

もしも僕が「安全第一主義者」だったら今のようなハッピーな毎日はおくれていなかったでしょう。

「だって、おっかないんだもん。」というこころの声にどうか惑わされないでください。

世間の常識なんかクソ喰らえです。

「安定」や「保証」なんて犬にでもくれてやりましょう。

失敗することを恐れて何も挑戦しない道を選ぶくらいなら、死んだ方がマシです。

少なくとも僕はそう考える人間です。

昨今、ベンチャーをバカにする風潮がこの国を覆っています。

何を言ってるんですか!

松下幸之助だって、本田総一郎だって、トーマス・エジソンだって、スティーブ・ジョブスだって、みんなベンチャーからスタートしたのですよ!

 

 

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

 

 

もしも、若者たちが志を失い、僕たちのまわりが公務員だらけになってしまったらどうなると思います?

その国は崩壊しますよ。

 

f:id:orange345:20191205142309p:plain

 

ギャンブルが原因ならちょっとアレだけど、僕はビジネスにチャレンジして失敗して自己破産したのであれば単純に「この人、スゲェな」と思いますけどね。 

調べればわかるけど自己破産したって特段何かが変わるわけではないのです。

 

賃貸だったら部屋を追い出されるわけでもない

自己破産を理由に仕事も解雇されない

 

だからどんどんチャレンジすればいいんです。

 

ドナルド・トランプは破産していますよ。

与沢翼さんも。

でも、どちらも今や大金持ちです。

 

僕の知り合いの超リッチな大家さんは自己破産してブラックリストに載った経歴がある人もいますよ。

自己破産は終わりじゃないのです。

 

僕はもしも失敗して自己破産して財産全部持っていかれたとしても、そこからもう一回復活する自信があります。 

たとえ財産を全部没収されても、アタマの中にある『ノウハウ』だけは一生消えません。

 

家族と一緒にボロアパート2LDK暮らしを始めるのも何だかワクワクするし。

そこからもう一回スタートするのも面白そうです。

 

無謀も困るけど、過剰にビビりすぎる人生もつまらないと思っています。

もしもオレが女性だったら(という言い方は良くないらしいのだが)、スケールのでっかい男を好きになると思います。

 

「給料さえもらえれば」とか「なるべく安全第一で…」なんてチマチマしたことばかり言ってる男は魅力ない。

「成功して億万長者になってやる!」っていう豪快な男を好きになると思います。

 

 

www.zabihasa.com

 

 

 

 

f:id:orange345:20191211063345p:plain

 

 

矢沢永吉はインタビューのなかでこんな話をしている。

 

 

自分の中にあるいちばんの敵は“自分の欲”だよ。

でもそれは同時に“自分のいちばんの味方”でもある。

 

 

借金に「いい借金・悪い借金」の2つがあるのと同じように人間の欲にも「いい欲と悪い欲」の二種類があると僕は思っています。

 

「とにかく禁欲生活を!」というのも極端すぎます。 

「あれが欲しい」「夢を叶えたい」という自分の中から湧き上がってくる欲を否定して我慢を重ねても大して幸せにはなれないと思います。

 

「いい欲」は否定すべきじゃないというのが僕の意見です。

それは人生を切り開いてゆく原動力になることは間違いありません。

 

欲がまったくない人間で大成したやつなんでいないんじゃないかな。

やっぱり何かことを成そうという人は何らかの「いい欲」というものを持っているものです。

 

ただし『悪い欲』は身を滅ぼすので要注意です。 

人を騙したり、人を満足させないままこちらだけトクをしようなどと企むような考えはすべて「悪い欲」の仕業です。

そういう欲に絡めとられ、人生を棒にする人が多いのもこれまた事実。

 

そのような悪い欲には十分に注意しましょう。

そういう悪い欲は誰かを苦しめることになるし、めぐりめぐって自分をも苦しめることになります。

 

いい欲というのはだいたい『自分もハッピー&まわりもハッピー』になるもの。

だから簡単に見分けがつくはずです。

 



昔むかし、『若者たち』という歌が流行りました。それは、こんな歌詞でした…

 

君の行く道は はてしなく遠い
だのに なぜ歯をくいしばり
君は行くのか そんなにしてまで

君の行く道は 希望へとつづく
空に また陽が昇るとき
若者はまた 歩きはじめる

空に また陽が昇るとき
若者はまた 歩きはじめる

 

フジテレビ開局50周年記念DVD 若者たち

フジテレビ開局50周年記念DVD 若者たち

 

 

…人生はたったの80年しかありません。死の床についてから、後悔しても、もう遅いのです。