サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

投資しない生き方を選んだ人についてまわるデメリットについて解説します。

f:id:orange345:20170326173128j:plain

 

「不動産投資でメシを喰っています」と言うと、必ずと言っていいほどこんなことを言われます。

 

何億円も借金しなきゃいけないんですよね? 

空室が発生したら収入は0円になってしまうんですよね? 

よく、そんな危険なことできますよね? 

僕には恐ろしくてそんな怖いことできませんね

etc…

 


とくに勤め人の方によくそんなことを言われます。

「勤め人」とは会社勤めをしているサラリーマンとか公務員の方々のことです。

要するに働いて給料をもらうことで生活している方々です。

 

彼らは僕たち商売人とは根本的に違います。

ものの考え方が違いますし、価値観も違います。

ライフ・スタイルも違いますし、将来のビジョンも違います。

 

だから彼らと僕らのあいだにはどうしても「目に見えない溝」のようなものが存在してしまうのです。

どちらが正しいとかどちらが間違ってるのか僕はそのようなジャッジできる立場にはありません。

ただ一つ言えることは僕はサラリーマンの経験があるのに対して彼らは商売の経験がないということです。

 

つまり僕はサラリーマンの世界も商売の世界も両方知っているけど、彼らはサラリーマンの世界しか知らないということです。

だから僕の場合、両方のメリットとデメリットを把握しているのに対して彼らは片方のメリットとデメリットしか把握していません。

だから僕の目には彼らはいささか「偏ったものの見方」をしているように映ります。

だけど、そのことは彼ら自身はちっとも自覚していません…。

目次

勤め人は安定しているというのは本当なのか? 

確かに不動産投資をやっていてアパートの全室が空室になってしまったりなんかしたらその日から収入は0円になってします。

僕たちアパートの大家は常にその危険性と隣り合わせに生活しているのです。

 

だけど「ある日を境に収入が0円になるかもしれない」という危険性をはらんでいるのは何も不動産投資にかぎった話ではありません。

どんなに大企業に勤めるサラリーマンだって比較的安定していると言われてる公務員だってそのリスクを背負っています。

 

しかし、彼らはそのリスクの存在に気づいていません。

あるいは知っていたとしても「まさか自分の身には起こらないだろう」とタカをくくっています。

 

彼らは本気で信じているのです。

真面目に働いてさえいれば65歳の定年を迎えるまで会社は自分に給料を払い続けてくれるはずだ、と。

 

彼らの頭の中には「リストラされるかもしれない」とか「会社が倒産するかもしれない」といった考えはありません。

公務員の人なんかの場合、なおさらそういう考えには及びません。

 

確かに公務員の人の場合、民間企業のように「会社そのものがなくなる」という心配はないかもしれません。

だけど、だからといって公務員の人たちが「ある日、収入がゼロになるかもしれない」というリスクを抱えていないのかといえば、そんなことはありません。

いちばん恐ろしいのは、『健康問題』です。

勤め人であることの最大のリスクは、健康を害すること

ある日突然、病気になるリスクはどんな人も抱えています。

そして、それは誰にも予測不可能なことなのです。

いちばん恐ろしいのはそのような健康問題を抱えて今までのように働けなくなることです。

 

たとえば癌になったり、心筋梗塞になったり、糖尿病になったり、etc・・・

その他にもたくさんの病気がありますよね? 

そのような病気になってしまったらもちろん働けなくなります。

 

なるほど、日本は医療が発達していますからしばらく入院すればすぐに復帰できるかもしれません。

医療保険にも入っているでしょうから手術にかかったお金や入院費用などは保険でカバーできるかもしれません。

 

それに病気になったからといってすぐさま会社からクビを切られるということもないでしょう。

休業扱いとなり、その間の給料は保証されます。

 

しかし、もしもその病気が簡単に治らなかった場合はどうなるでしょう? 

入院も長期間におよび、ずっと会社は休みっぱなし・・・

いくら日本の会社が社員の面倒をみる「家族体質」であったとしても何年も何年も仕事をしない人間に給料を払い続けるわけにはいきません。

 

バブルの頃ならいざ知らず今はそんな余裕のある会社はほとんどありません。

 

もしも病気が治らず、会社からの給料もストップしてしまったら生活はどうなるのでしょうか? 

家族はどうなるのでしょうか? 

住宅ローンの支払いはどうなるのでしょうか? 

子どもの教育費はどうなるのでしょうか? 

奥さんだって急に働きに出るといっても旦那さんと同じぐらいの給料をもらえる職に就けるなんてことはまず不可能です。

 

暗い話をしてしまって申し訳ありません。

だけど、そういったことが「絶対に起こり得ないことだ」とも言い切れないのではないでしょうか? 

 

現にそういう目に遭っている人がこの国にはたくさんいるのです。

その事実に目をそらすべきではありません。それは決して他人事ではないのです。

「投資をやらない」という選択をした場合にもリスクはある

それから「病気」というのは何も身体の病気だけではありません。

心の病気になる人もいます。

こちらの場合は手術すれば治るという類のものではありませんから身体の病気よりも余計に厄介です。

 

ご存じのとおりうつ病の患者数は年々増加傾向にあります。

それに心の病は何もうつ病だけではありません。

統合失調症をはじめさまざまなものがあります。

 

ここ数年、家の近所にもメンタル・クリニックがたくさんできました。

ひどい場合には入院を余儀なくされる場合もあります。

 

いずれにせよ、心の病気になった場合も今までのようには働けなくなります。

こちらの場合もいつまでも会社が給料を保証してくれるわけではありません。

 

こうして考えてみると収入が途絶えるというリスクはやっぱりサラリーマンや公務員にもあると言わざるをえないでしょう。

確かに不動産投資も投資です。

投資である以上、当然のことながらリスクはあります。

 

だけど、「投資をやらない」という選択をした場合にもリスクはあるのです。

リスクがあるという点ではどちらも同じなのです。 

 

たとえ動けなくなっても収入が入ってくる仕組みとは?

僕が不動産投資をやろうと思った最大の理由は不動産投資をやれば不労所得が得られるからです。

不労所得とは読んで字のごとく「実際に働かなくても収入が得られる」ということです。

 

たとえ僕が病気になっても、入院しても、(極端な話、死んだとしても)、僕が購入したアパートは存在し続けます。

僕が入院したからといって建物が崩壊するなんてことはありません。

そこにアパートがあり、入居者がい続けるかぎり、「家賃」というかたちで収入を得ることができます。

僕が入院しても、死んでも、「家賃」は入ってくるのです。

僕がその家賃収入を受け取れなくても僕の家族がその家賃収入を受けとります。

僕はある日、この仕組みの凄さに気がつきました。

だから僕は不動産投資をやろうと思ったのです。

 

確かに不動産投資にもリスクはあります。

すべてがバラ色なわけではありません。

 

だけど、「もしも僕が動けなくなったり、死んでしまったとしても家族に迷惑がかかることはない」というメリットがあることは事実なのです。

 

このメリットは勤め人をして勤労所得を得ているだけの人には享受できないものなのです。

危険をおかして、リスクを背負って、何千万円も何億円もの借金をした人でなければ享受できないものなのです。

そして、僕は「そっちの方がいい!」と判断したのです。

 

僕の選択は間違っていなかった。

今では心の底からそう思っています。

 

だけどそのことは多くの人からはなかなか理解されません。

投資はデメリットばかりではないのです。