サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

自由になることと引き換えに差し出さなければならないものがあるなら僕は喜んで差し出すという話

f:id:orange345:20170326155306j:plain

 

僕は毎日自由気ままに生きています。

うちの会社で所有している不動産が僕の代わりに24時間365日働いてくれるので、僕は生活費を稼ぐために外に働きに出る必要がないのです。

僕は少しずつそのようなシステムを構築していきました。

そういうシステムを構築するためには「なんらかの代償を支払う必要がある」と僕は思っています。


でも僕は喜んでその代償を支払おうと思いました。

なぜなら『自由』というのはそれくらいの代償を払う価値があるものだと思ったからです。

まわりからは散々「バカだ」「マヌケだ」と言われました。

でも僕は積極的にその代償を払いました。

その結果何が起きたのか?

圧倒的な『自由』が僕の元に転がり込んできたのです。

 

目次

キミは『給料がない世界』が想像つくだろうか?

サラリーマンや公務員といったいわゆる「勤め人」として一生を終える人がほとんどです。

彼らはもちろんそのような生き方に何ら疑問を持っていません。

彼らはハナっから『自由』なんてものは求めていないのです。

大多数の人は自由よりも安定を選びます。

そして一生勤め人のまま生きてゆく。

それが彼らの望む『人生』なのです。

彼らはなぜ会社勤めをやめるという選択肢をとらないのか? 

それは経済的なリスクを抱えるのがイヤだからです。

毎月25日に自分の口座に振り込まれる「給料」というものを失ってしまうのが死ぬほど怖いからです。

『給料がない世界』は彼らはうまくイメージすることができません。

それは想像の範疇を超えた世界なのです。

でも彼らが考えていることは果たして本当に正しいのでしょうか? 

もしも大きな『勘違い』だったら?

自由になるチャンスはいくらでもあったのに・・・

 

 

「投資=危険」という価値観はどこで刷り込まれたのか?

僕のまわりにいる人のほとんどはいわゆる『勤め人』の方々です。

親も親戚も、友人も、みんな会社なり、官庁なりに所属しています。

自分で商売をやっている人も中にはいますが、圧倒的にマイノリティーです。

勤め人の方々と話をすると、僕はいつも「自分がいかに特殊なことをやってメシを喰っているのか」ということを痛感します。

彼らに言わせれば、僕がやっている投資というものは「この上なく危険極まりないもの」という位置づけになるそうです。

僕はそのこの上なく危険極まりないものをやってる、この上なく危険極まりない人物というわけです。

 

彼らの頭の中にあるのはどこかで植え付けられたある一つの思い込みです。

その思い込みとは『投資=危険』というものです。

 

もしかしたら自分を救ってくれるかもしれないものなのに、彼らはそんなことこれっぽっちも考えません。

そのアレルギー反応はちょっと驚くべきものがあります。

 

 

 

古い価値観にしがみつくことこそが危険なのではないか?

投資をやってメシを喰っている人間から一つ言わせてください。

投資そのものは危険ではありません。

危険なのは「おかしな投資」に手を出す人間の方です。

投資にはリスクは伴います。

でもそれもこちらがきちん管理し、賢く運用すれば何も恐れることはありません。

僕は投資によって自由を手に入れたのです。

決して一生懸命働いたから自由を手に入れることができたのではありません。

これは非常に重要なことです。

あなたが本気で自由になりたいのなら、投資をすることを恐れてはいけません。

サラリーマンのままでいたら、いつまで経っても自由にはなれないのです。

少し前までは「真面目に働いてさえいればどうにかなった」という幸福な時代がありました。

でも今はもう会社も政府もたくさんの人を守るだけの余裕がなくなってしまいました。

年金もあてにならないし、健康保険だってどうなるかわかりません。

『勤め人』だって十分にリスキーな生き方なのです。

僕に言わせれば、会社や政府がなんとかしてくれるはずだという楽観主義。

それはもしかしたら『投資』よりも危険なことかもしれません。 

 

時代は大きく変わった

いつまでも誰かに頼り切ってばかりいたら、これからはとてもじゃないけど生きていけません。

時代は変わったのです。

いい加減、目を覚ますべきなのではないでしょうか?

本当の意味で自立すべきなのです。

今、いちばん最大の問題は多くの人が「自分のケツは自分でふくものだ」という原理原則を忘れてしまっていることだと僕は思っています。

商売にはそれは通用しません。

ビジネスの世界は全部、自己責任です。

何もしないでお金は手に入らない。

リスクを背負わないで自由は手に入らない。

何かを得るためには何らかの代価を払わなきゃいけないのです。

 

 

まとめ

アメリカの南北戦争のとき、奴隷解放宣言されたのにもかかわらず外に飛び出していこうとしなかった人たちがたくさんいたといいます。

理由は「このまま大人しくしていさえすれば、とりあえずメシだけは食えるから」だそうです。

僕ならリスクを背負ってでも自由を求めて外に飛び出してゆくけどな!

 

僕は38歳のときに脱サラしました。

年齢的にあれがギリギリでした。

 

いろんなものを持ち過ると人間って身動きが取れなくなるのです。

人生が固定化されてしまう。

そうなると、もうそこから抜け出せなくなります。

「はい、あなたの人生はこれで終わり」といった具合にあとは年老いてゆくだけです。

 

安定した職業、役職、高い年収、ステータス、素敵な家と素敵な庭、カーポートのアウディ、etc…

そういったものは実は諸刃の剣です。

 

それは「安定」の象徴である代わりに「人生はそれ以上動かない」という象徴でもある。

それらを全部捨てて新しい人生をスタートできるおっさんってまずいないのです。

 

そうか!

そうなのか!

やっとわかったよ。

 

人は別に自由なんて求めてないんです。

仕事でどんなにストレス抱えてても「それを根本的に解決しよう」とは思わないのです。

 

じゃあ仕方ないね・・・

その人が本気になって「なんとかしよう」と思わないことにはどうすることもできないもんね。

 

 

「安定した職業」とか「福利厚生がしっかりした会社」とか、そんなことを言ってる場合じゃない事態が進行していることになぜ気づかないんだろう?

税理士や公認会計士、弁護士といった「難しい」と言われてる仕事さえもAIに取って代わられようとしているのに・・・