サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

ボーイズ・オン・ザ・ラン

f:id:orange345:20200305085307j:plain

 

 

 

僕は少年に話しかけた

「君はデビッド・ボウイを知っているかい?」って

彼は怪訝そうな顔をした

僕は四角いボックスに取り残されている

僕たちが彼らとのあいだには断絶がある

でも、それは彼の若気の至りなのかもしれない

あるいは僕の若気の至りなのかもしれない

 

僕は走りつづける

誰かがふりむいてくれるまで

継続しつづけるよ

 

 

悲しい人生を歩んでほしくない

とくに僕に少しでも共感してくれてる人たちには

少年には可能性があるんだ

僕の価値観はもう時代おくれなのかもしれない

彼の目には

それは雨の中のゴミ・ステーションのように見えてるはずだ

それでも僕は彼に伝えたい

僕が「大切だ」と思ってることを

 

僕はあきらめない

彼がどんなに僕を否定しても

君たちが傷つく姿を見たくないから

 

 

現実はそんなに甘くはない

だけど夢を見ることは素晴らしいことだ

僕もさんざん上の世代から攻撃された

父親とも何度も衝突した

誰かに理解してもらいたくて

わざと理解されないようなことをしたこともあった

 

すべては時間が解決する

すべての傷はやがて癒される

僕は彼のなかに“かつての自分”を見ているのかもしれない

だからこんなに彼のことが

危なっかしく見えるのかもしれない

 

 

影響というものについて考えている

もしかしたら彼は僕からすでに影響を受けているのかもしれない

なぜなら僕もずいぶん浮世離れしてるから

僕もいまだに白い部屋の白いベッドの住人のままだ

14歳の頃の自分はまだ僕のなかにいる

『レッツ・ダンス』を聴きながら

鏡の前で踊っていた自分がまだ僕のなかにいる

 

 

だから否定したくない

本当は理解してあげたい

自分が愛してるものを否定される苦しみを知っているから…

 

 

 

現実はそんなに甘くはない

だけど夢を見ることは素晴らしいことだ

僕もさんざん上の世代から攻撃された

父親とも何度も衝突した

誰かに理解してもらいたくて

わざと理解されないようなことをしたこともあった

 

すべては時間が解決する

すべての傷はやがて癒される

僕は彼のなかに“かつての自分”を見ているのかもしれない

だからこんなに彼のことが

危なっかしく見えるのかもしれない

 

 

 

サカモトハルキ 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』

 

 

I LOVE YOU

f:id:orange345:20200229114121j:plain

 

 

君との幸せな日々のことを考えると

胸が苦しくなる

 

あれからいろんなことが変わってしまった

あるいは変わったのは僕自身なのかもしれない

 

僕は君をがっかりさせてしまったのかもしれない

そのことを考えるといてもたってもいられなくなる

 

君と誓い合った愛の言葉なんて

いともカンタンに消え去ってしまうもの

 

愛する人が「YES」と言ってくれればすべてがうまくいくと思っていた

だけど、それは新しい試練がはじまることを告げる合図でしかなかった

 

僕は自分の想いを君にぶつけた

ただただ理解してもらいたくて

 

でもそれは君を苦しめ、追い詰めただけだった

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

 

幸せだった頃の僕たちの夢をときどき見るんだ

そのたびに僕は現実のあまりの落差に落ち込んでしまう

 

「誰が悪い」とかっていう問題ではない

これは多くの男女におとずれる問題なのかもしれない

 

街ゆく恋人たちはそのことをまだ知らない

「この素晴らしい時間が永遠につづく」と思い込んでいる

 

でも指のあいだから“それ”はすり抜けてゆく

彼らはまだそのことを知らない

 

どうしてこんなことになってしまったのかわからない

僕は僕なりにベストを尽くしてきたと思う

 

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

取り返しのつかないことになる前に

君にもう一度、伝えておこう

「心の底から愛している」と

 

二人の目の前に本当の試練がおとずれる前に

今、掴みとっているわずかな幸せを

かみしめて暮らそう

 

それはいつ終わりを迎えるかわからない

僕にもわからないし、君にもわからない

 

だけど、君の瞳の色はもう以前のものとは違う

それだけは僕はわかる

でも僕は消えかかっている炎に手をかざすことしかできない

 

炎が消えてしまわないように

その小さなあかりをやさしく包み込むことしかできない

 

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

 

サカモトハルキ 『I LOVE YOU』

 

ノー・タイム

 

f:id:orange345:20200226080137j:plain

 

 

人生はいつもドラマチック

何もかもを忘れた頃に

あの頃を思い出させるようなこと出来事が起こる

僕が手にしたものはほとんどない

だけど、そのおかげで僕は遠くまで旅することができた

 

試験をほっぽらかした中学生のような気分

その自由と危うさの中に

生きる価値というものがあるんじゃないのか?

 

 

「ここが僕の居場所なんだ」

そう胸を張って言える場所を探し求めている

君へ電話することが人生のすべてだったあの頃のように

余計な雑音のない世界に行きたいんだ

君といっしょに見た星空を憶えているかい?

あれからいくつもの傷を負ったけど

それはすべて必要なことだったんだと今なら思える

 

僕は君を探しつづけている

僕が探してる場所に君がいないことは知っているけど

もう一度だけ

限りある時間を力強く生きてみたくなったんだ

 

君がいないからこそ

君が僕の元を去ってしまったからこそ

 

 

 

僕は誰のことも信じられない人間だった

だから自分のことも信じられなかった

僕が何も得られなかったのは

閉ざされた世界の中だけに生きていたから

それが自分を守るためだったとはいえ

僕は大きな過ちをおかした

 

僕は何も理解していなかった

いくら扉を閉じても

また別の扉が開くだけだってことをわかっていなかった

だから君の顔を真正面から見ることができなかった

それは自分と向き合うのが怖かったからだ

 

 

「ここが僕の居場所なんだ」

そう胸を張って言える場所を探し求めている

君へ電話することが人生のすべてだったあの頃のように

余計な雑音のない世界に行きたいんだ

君といっしょに見た星空を憶えているかい?

あれからいくつもの傷を負ったけど

それはすべて必要なことだったんだと今なら思える

 

 

僕は君を探しつづけている

僕が探してる場所に君がいないことは知っているけど

もう一度だけ

限りある時間を力強く生きてみたくなったんだ

 

君がいないからこそ

君が僕の元を去ってしまったからこそ

 

 

 

 

 

サカモトハルキ 『ノー・タイム』

僕の記憶の片隅にいる恋人

 

f:id:orange345:20200225085001j:plain

 

 

二人は汽車に乗って

湖のほとりにやってきた

そこにあるベンチに腰かけて

ぎこちない会話をした

僕は思った

「どうして午前中に出かけてしまったんだろう」

「夕方の方がロマンティックだったのに」

それでも彼女はとても魅力的だった

僕は自分のすべてを呪った

「僕にはとても受け止められない」と思った

それくらい彼女はまぶしかった

 

でも、恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

それから二人はしばらく歩いた

僕の頭は混乱していた

もうすぐ帰りの汽車の時間が迫っていたけど

街には戻りたくなかった

このまま彼女を連れ去って

どこかへ逃げ出したい気分だった

彼女との出会いに運命を感じていた

だけど、彼女は浮かない顔をしていた

 

でも、恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

街に戻ってから

二人の関係はそれ以上、発展しなかった

彼女の心がまったく見えなくなっていた

僕を欲しているのか

それとも僕を避けているのか

まるでわからなかった

だから僕は部屋に閉じこもって

ドアーズを聴いた

ボブ・ディランも聴いた

となりの家に住む奇妙な爺さんとも仲良くなった

やがて僕はそっちの世界に興味を惹かれていった

そして、恋をするのに疲れていった

 

恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

 

僕は夜中に何度も目を覚ました

彼女が僕を呼ぶ声が聞こえたからだ

だけど、彼女はどこにもいなかった

その頃、彼女は新しい恋を見つけていた

僕ひとりだけがその暗い部屋に取り残されていた

僕は窓を開けてみた

でも空は見えなかった

まだ世が明けていないのだ

星も見えなかった

それを『運命』と呼ぶにはあまりにも残酷すぎた

 

恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

 

僕は彼女と歩いたあの湖に行ってみた

汽車に乗って

たったひとりで

そして、二人で座ったベンチにひとりで腰をおろしてみた

そこには腕時計が置かれていた

残念ながら時計の針は止まっていた

僕は思わず辺りを見回してみた

彼女がそこにいるような気配がしたからだ

でもそこには誰もいなかった

しばらくそのベンチに座って

何かが起こるのを待ってみた

だけど、いくら待っても何も起こらなかった

ただ時間だけが残酷に過ぎてゆくだけだった

 

恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

 

思い出は色褪せない

彼女と会うことはもうないかもしれないけど

僕の記憶の片隅にはいつも彼女がいる

彼女は秘密を抱えていた

「あなたにそれを知られるのが怖い」

と彼女はよく言っていた

それがいったいどんな秘密なのか

彼女はついに一度も口にしなかった

今にして思えば

僕はそれを知らなくて良かったんだと思う

知ったところで僕にはどうすることもできなかったと思う

僕は彼女を失ってしまった

運命の歯車は狂ってしまった

それはもう取り返しのつかないことなんだ

 

 

恋はいつもねじれてしまうもの

コンピューター・プログラミングのようにはいかないのさ

 

 

 

サカモトハルキ 『僕の記憶の片隅にいる恋人』

アイ・アム・ア・エイリアン

 

f:id:orange345:20200207080703j:plain

 

 

ある日、ひとりの不思議な男に出会った

彼は言った

「お前の手に入れたものはすべてニセモノだ」

「お前はステキな記憶を脳の中に埋め込まれただけなのだ」

「本当のお前は空っぽだ」

僕は驚いてしまった

なぜなら、それは僕がいつも思っていたことだからだ

この世はすべてイリュージョンなのではないか?

すべては御伽話の一部に過ぎず

本当の自分は空想の世界にひたっている

ただの冴えない男なのではないか?

 

 

もちろん、あなたもその一人…

 

 

不吉なメロディだ

いったいどこから聴こえてくるんだ

夢から醒めても

それ自体が夢かもしれない

いったいどこからどこまでが現実なのか分からない

君には分かるのか?

 

もしかしたら

この世界そのものが存在しないかもしれないのに…

 

 

 

彼は僕に何かを手渡した

よく見たらそれは一本のナイフだった

とても鋭いナイフだ

とてもキケンなナイフ…

「俺はずっとこの地上をさまよってきた」

「誰かの愛を求めていた」

と男は語り出した

「そして、わかったんだ。

この世に“愛”などないってことに」

僕は涙が出て止まらなかった

この宇宙の中で

自分だけが生きてるような気がした

本当にそうなのかもしれない

 

もちろん、あなたもその一人…

 

 

 

不吉なメロディだ

いったいどこから聴こえてくるんだ

夢から醒めても

それ自体が夢かもしれない

いったいどこからどこまでが現実なのか分からない

君には分かるのか?

 

もしかしたら

この世界そのものが存在しないかもしれないのに…

 

 

 

サカモトハルキ 『アイ・アム・ア・エイリアン』

初恋

 

f:id:orange345:20200206082026j:plain

 

 

僕の記憶の中で

ピンクの服を着て踊る彼女はとっても魅力的

彼女の美しい髪に触れてみたいけど

僕はただ黙って一緒に歩くことしかできない

彼女のファイルが保管されてるキャビネットをこっそり開けたんだ

その瞬間、僕は恋に落ちていた

空気が止まるのを感じた

 

 

我が人生、最良のとき

誰もが体験する苦々しい初恋の記憶

我が人生、最良のとき

ほんの一瞬だけでも彼女は僕のことを受け止めてくれた

我が人生、最良のとき

彼女は今、どこにいるのだろう?

 

 

 

目を閉じると

暗闇の中から彼女の声が聴こえるんだ

数年後に彼女とすれ違うときに受けるショックなんて

そのときの僕は想像もしていない

夢みたいな話だけど

彼女は僕の横をいっしょに歩いてくれた

その瞳には悲しみが宿っていた

その傷は僕とはまったく関係ないところで受けた傷だった

彼女の“個人的な”傷だ…

 

 

 

我が人生、最良のとき

誰もが体験する苦々しい初恋の記憶

我が人生、最良のとき

ほんの一瞬だけでも彼女は僕のことを受け止めてくれた

我が人生、最良のとき

彼女は今、どこにいるのだろう?

 

 

 

あの駅はまだあるのだろうか?

あのバス停はまだあるのだろうか?

 

 

彼女はもうそこにはいない

僕もそこにはいない

お互い

ずいぶん違う人生を歩んできてしまった

 

 

それでも記憶の中の彼女は

とびきりキュートに微笑みかけてくれる

僕はそのたびにドキドキしてしまって

心臓が止まりそうになる

おそらく

もう二度と逢うことはない少女

だけど人生最期の瞬間に思い出すのは

きっと彼女と歩いたほんの数分間の記憶だろう

僕にはそれがわかる

 

 

 

我が人生、最良のとき

誰もが体験する苦々しい初恋の記憶

我が人生、最良のとき

ほんの一瞬だけでも彼女は僕のことを受け止めてくれた

我が人生、最良のとき

彼女は今、どこにいるのだろう?

 

 

 

サカモトハルキ 『初恋』

 

レジスタンス

 

f:id:orange345:20200205082334j:plain



 

 

俺たちは負けるだろう

だけど、それがどうしたっていうんだ?

連中は俺たちが大人しく従順であることを望んでいる

その術中にハマってはいけない

 

 

部屋に閉じこもってたって

人生は何も良くはならない

動き出せ

その有り余るエネルギーを使え

騙されるな

これ以上、自分のプライドを傷つけるな

 

 

権力者のケツを舐めるような

カッコ悪い生き方はするな

その行為はお前の心を傷つける

だから立ち上がれ

自分を救済するために

 

 

抵抗しよう

徹底的に

負けてもいい

絶対にあきらめるな

無抵抗になることを

彼らは望んでいる

世の中の人に知らしめるんだ

『少なくとも抵抗した人間がいた』ということを

この国のためではなく

未来の子供たちのためでもなく

自分のために

抵抗しよう!

 

 

「デモなんかしたって何も変わらない」と言ってる連中がいる

彼らは自分たちが有しているさまざまな権利が

過去の抵抗者たちの手によって得られてることに気付いていない

権力者たちはレジスタンスを嫌う

だから徹底的にレジスタンスになってやろう

もう一度言う

彼らは俺たちが大人しくなることを望んでいる

ロボットのように

ただ黙って思い通りに動いてくれることを望んでいる

 

 

お前は“統計の一部”なのか?

お前は“ドローン”なのか?

お前は何のために生まれてきたんだ?

その暗い部屋に閉じこもって

何か良いことがあるのか?

傷つくことを恐れて

闘うことを避けて

その結果、何を得た?

もう一度だけ訊く

お前は“統計の一部”なのか?

それでいいのか?

 

 

その有り余るエネルギーを

思う存分、発揮してみないか?

俺たちのところへ来いよ!

誰も君のことを拒まないよ

だって君の力を必要としているからね

 

 

 

権力者のケツを舐めるような

カッコ悪い生き方はするな

その行為はお前の心を傷つける

だから立ち上がれ

自分を救済するために

 

 

抵抗しよう

徹底的に

負けてもいい

絶対にあきらめるな

無抵抗になることを

彼らは望んでいる

世の中の人に知らしめるんだ

『少なくとも抵抗した人間がいた』ということを

この国のためではなく

未来の子供たちのためでもなく

自分のために

抵抗しよう!

 

 

 

 

サカモトハルキ 『レジスタンス』

 

リッチ・ガール

 

f:id:orange345:20200203093954j:plain

 

 

 

ベルが鳴ったと同時によだれを垂らす犬みたいに飼い慣らされて

本当は愛してもいない男と一緒になった哀れな女の子たち

階段の下にうずくまって

電話をかけても誰も電話に出てくれない

みんな自分の人生を生きることに忙しいんだ

お前はいろんなものを見過ぎたのかもしれない

だけど肝心かなめのことを知らないまま

人生を生きてきてしまった

玉の輿に乗ることばかりを考えてると

こういう目に遭うんだ

外見だけはいくらでも取り繕うことはできる

でも自分の心だけはいくら着飾っても無駄さ

 

 

いい加減に気づけよ

自分が加担してる相手がいったいどんな人間なのか

よく見てみろよ

それが現実

それが本当の姿

それがお前が選んだの本当の正体

でも、それを選んだのはお前自身

早く気づけば

傷口はこれ以上大きくならないよ!

 

 

 

お前は両親から可愛がられ

目隠しをしたまま育てられ

学ばなければならないことを学ばずに今日まで生きてきてしまった

そして、部屋に大量に積み上げられた大量のおもちゃは

人生にとって実は何の意味もないということを気付きはじめてる

バイオリンとお紅茶の世界しか知らないようなお嬢さん

現実はそんなに甘くない

どんなに自分に賛同してくれる人を求めても

その賛同者の多くも似たり寄ったりの人生を送ってる人たちだから

今じゃパパもすっかりアテにならない

ご主人にすがりつけば話は早いんだけど

頭の中は大豪邸と高級外車のことだけ

 

 

いい加減に気づけよ

自分が加担してる相手がいったいどんな人間なのか

よく見てみろよ

それが現実

それが本当の姿

それがお前が選んだの本当の正体

でも、それを選んだのはお前自身

早く気づけば

傷口はこれ以上大きくならないよ!

 

 

 

おお、どうして彼女はこうなってしまったんだろう

むかしはあんなに美しく

学校じゅうの人気者だったのに

今じゃ

すっかり睡眠薬のお世話になってる

今なら俺の気持ちがわかるかな?

今なら・・・

 

 

 

いい加減に気づけよ

自分が加担してる相手がいったいどんな人間なのか

よく見てみろよ

それが現実

それが本当の姿

それがお前が選んだの本当の正体

でも、それを選んだのはお前自身

早く気づけば

傷口はこれ以上大きくならないよ!

 

 

 

サカモトハルキ 『リッチ・ガール』

Open The Door

 

f:id:orange345:20200201102307j:plain

 

 

 

真っ赤に染まった空

あの人の悲しい心のような

真っ赤なあの空を見てごらん

この川が干上がったとき

あの人が人々を導いて

新しい土地を目指して旅立っていった

 

 

 

処刑台へと続く路(みち)

慈悲に満ちたあの子供たちの瞳を見てごらん

この路に落ちた血のひとつひとつが

やがて世界を構築してゆくんだ

この物語はラスコーの洞窟の時代から語り継がれてきたもの

ブラックアウトが起こっても関係ない

僕と君の“心”の中で語り合うもの

 

 

 

彼女が僕を呼ぶ声が聴こえる

「この扉を開きなさい」と…

それは名声や財宝よりも重要なこと

あの子たちを救い出すんだ

君の力が必要だ

一緒に助けに行こう

みんな僕たちが助けに来るのを待っている

そうだろ?

 

 

 

僕に光を授けてくれ

その光でこの暗闇に満ちた世界を照らし出そう

裸足のまま石畳の上を歩く

あの女神を追いかけて

僕たちも“約束の地”へ行こう

ヴェルサーチのスーツを着たあの連中の高笑いを聴け

あいつらは何もわかっていない

“人生は自分だけのためにあるわけじゃない”ということが…

 

 

 

自由への階段をのぼっていこう

邪悪な者たちの甘いささやきに耳を貸すな

彼女がやって来る!

僕たちを救いにやって来る!

今度は僕たちが彼らを救い出すんだ

そうすれば

たとえ全財産を失ったとしても

大きな贈り物を手にすることができるだろう

 

 

 

彼女が僕を呼ぶ声が聴こえる

「この扉を開きなさい」と…

それは名声や財宝よりも重要なこと

あの子たちを救い出すんだ

君の力が必要だ

一緒に助けに行こう

みんな僕たちが助けに来るのを待っている

そうだろ?

 

 

 

たいまつをかざそう

そして、間違ったことを実行しようとしている人たちに

教えてあげよう

「それは何の意味もないことだ」って

「それは全員を不幸にするだけだ」って

彼らはそれを“正義”だと言う

だから教えてあげてほしい

『この世の中で正義がいちばん危険なのだ』ということを…

 

 

 

彼女が僕を呼ぶ声が聴こえる

「この扉を開きなさい」と…

それは名声や財宝よりも重要なこと

あの子たちを救い出すんだ

君の力が必要だ

一緒に助けに行こう

みんな僕たちが助けに来るのを待っている

そうだろ?

 

 

 

 

サカモトハルキ 『Open The Door』

 

 

ジョニー・キャッシュ

 

f:id:orange345:20200130082649j:plain

 

 

お前には“権力”がある

俺には“ジョニー・キャッシュ”がある

今日も元気に満員電車に揺られてるのかい?

レスポールとテレキャスターの違いもわからないままの人生って

いったいどんなものだい?

 

 

俺はクソみたいな仕事で食いつないでいる

別れた女房にもカネを送らなきゃいけない

お前に俺の気持ちがわかるかい?

シリアスな状況に追い込まれると

激しい発作の症状に襲われる男の気持ちが…

笑いが止まらなくなるんだ

 

 

 

冷凍食品を電子レンジに放り込んで

真っ暗な部屋のなかでスマホを開いている

そんな連中が社会に大量に放出されている

いったいどうしてこうなった?

いったい誰がこんな社会にした?

今じゃ

映画も2倍速で観る時代になっちまった

 

 

 

あの真っ黒に日焼けしたツーブロック野郎を見てみろよ

冷静に考えてみろよ

あんなゴリラみたいな男がカッコいいか?

本当にそう思っているのか?

たまたま裕福な家に生まれたってだけで

その後の人生も薔薇色

そんな社会は何かおかしいと思わないかい?

 

 

 

冷凍食品を電子レンジに放り込んで

真っ暗な部屋のなかでスマホを開いている

そんな連中が社会に大量に放出されている

いったいどうしてこうなった?

いったい誰がこんな社会にした?

今じゃ

映画も2倍速で観る時代になっちまった

 

 

 

ギターをさわったこともない最高学府を出たお坊っちゃまくんたちが

政治家の不正を隠蔽することに必死になってる姿を見てみろよ

いざとなったらママが助けてくれるんだろうさ

ずっとそうやって生きてきたからね

 

 

なんだって?

あれで年収1500万円だって?

女にもモテモテだって?

俺にはチンパンジーにしか見えないけどな

あの勝ち誇った顔を見てみろよ

あのキラッとひかる銀ぶちメガネを見てみろよ

完全に“変態”じゃねぇか!

 

 

 

冷凍食品を電子レンジに放り込んで

真っ暗な部屋のなかでスマホを開いている

そんな連中が社会に大量に放出されている

いったいどうしてこうなった?

いったい誰がこんな社会にした?

今じゃ

映画も2倍速で観る時代になっちまった

 

 

 

お前には“権力”がある

俺には“ジョニー・キャッシュ”がある

 

お前には“権力”がある

俺には“ジョニー・キャッシュ”がある

 

 

 

 

サカモトハルキ 『ジョニー・キャッシュ』

逃避行

f:id:orange345:20200129091310j:plain

 

 

門番は俺に言った

「ここから先へは入れないぜ」

俺はポケットからハーモニカを取り出して

「彼女にこいつを聴かせてやりたいんだ」と言った

彼は剣を地面に突き刺してため息をついた

 

 

どこかで車と車がぶつかる音が聞こえた

俺の顔には笑みが消えていた

早く彼女を救い出さなければ・・・

彼女は囚われの身なんだ

あまりにも魅力的すぎて

それゆえに過酷な運命を引き受けるハメになってしまった

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

政治家はいつも嘘ばかりついている

酒とクスリで頭がぶっ飛んでしまっているんだ

宇宙から“マザー・シップ”がやってくるのを待ってる人は大勢いる

でもそれがノアの方舟かどうかは誰にもわからない

 

 

 

どんなに瞑想しても答えにはたどり着けない

俺は悪魔が差し出したグラスでワインを飲んだ

だからこの門を開けてくれ

お前にはあの娘の叫び声が聞こえないのか?

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

昔の世代はアテにはならない

本当の愛は自分で見つけにいかなければならない

俺たちもいずれ若者からパージされてしまうのだろう

だけど門だけは閉じないでおこう

 

 

トランプのような模様の軍服を来た兵隊さんたち

石畳の上を整列して歩いてくる

「恐ろしい時代になったものだ」と

誰かが俺の耳元でささやいた

 

 

俺は鶏小屋に忍びこんで

卵を2、3コ失敬して

彼女が眠る城へと急いだ

俺と彼女とテレパシーで交信していた

それは5Gよりも速い

それはイーロン・マスクのインチキを暴露する

 

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

俺には大陸が見える

そこで暮らす原住民たちの姿が見える

それなのに俺たちは『国境』などにこだわって

兄弟同士で殺し合っている

だから俺はハーモニカを奏でる

彼女のステキな笑顔をこの目でもう一度見たいんだ

 

 

俺はオートバイにまたがって

彼女を後ろに乗せて

誰も追いつけないところまで行こうと思ってる

そこで宇宙船が待っていてくれるんだ

それに乗って地球をオサラバするんだ

 

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

サカモトハルキ 『逃避行』

自由を選べ、少女たちよ!

 

f:id:orange345:20200128054659j:plain

 

 

 

親に言われるがままの人生を歩むのはどんな気分だい?

そのおかげでBMWを乗り回せるようになったかもしれないけどね

お前の暮らす高層マンションのエレベーターを清掃する人をよく見てみろ

彼女のヘッドホンから漏れ聴こえてくるボブ・ディランの歌にこそ

お前の探し求めてるものが隠れている

 

 

 

結局のところ、お前は『おカネ』と結婚したに過ぎない

夜中にふと目覚めることがあるだろう

そして、自分のとなりで“いびき”をかいて寝ている

ジャバ・ダ・ハットみたいな男をマジマジと見ることもあるだろう

これからが本番さ

これからお前は『人生の本当の姿』ってやつを見ることになる

嫌というくらいにね

あのとき俺と再会したときに気づくべきだったんだ

「何を選択するかによって人生はまったく違ったものになる」ってことに・・・

 

 

 

俺は“自由”を選んだ

俺は“時間”を選んだ

それは俺にとってとても重要なことだった

お前にとって“安定”や“社会的地位”が重要であることと同じくらい

俺にとってそれは重要なことだった

俺たちはもう交わることはない

お互い別の道を歩んでゆくんだ

 

 

 

お前の息子が学校で有名な悪ガキだってことは知っている

街ではお前の家族は『名家』ってことになってるけど

まったくとんでもない名家だね・・・

お前の選んだ男がいい大学を出ていようが

そんなことはどうでもいいことなんだ

お前のまわりにいる香水くさい連中がたまらなくムカつくだけだ

 

 

 

そのうちお前もわかるよ

現実はそんなに甘くないんだ

エルビス・プレスリーの『監獄ロック』の歌詞の意味に気づくときが来るだろう

おそらく今のお前らみたいな階級にいる連中は

“エルビス・プレスリー”が誰かも知らないと思うけど

 

 

 

俺は“自由”を選んだ

俺は“時間”を選んだ

それは俺にとってとても重要なことだった

お前にとって“安定”や“社会的地位”が重要であることと同じくらい

俺にとってそれは重要なことだった

俺たちはもう交わることはない

お互い別の道を歩んでゆくんだ

 

 

 

どんなに人生をやりなおそうと思っても

時間を止めることは誰にもできないんだ

自分の深層心理に訊いてみなよ

きっと「本当は良くない」って答えるはずだよ

お前のストレスはそこから発せられてるんだ

 

 

 

『間違った地図』を渡されて

『間違った旅』を続けてきた

心にポッカリあいた穴は

150インチの大画面テレビでは埋められないもの

だけどお前はまだ気づいていない

自分が払わなければ代償のことがわかっていない

それはパパやママも助けてくれないことなんだ

自分で背負わなければならないことなんだ・・・

 

 

 

俺は“自由”を選んだ

俺は“時間”を選んだ

それは俺にとってとても重要なことだった

お前にとって“安定”や“社会的地位”が重要であることと同じくらい

俺にとってそれは重要なことだった

俺たちはもう交わることはない

お互い別の道を歩んでゆくんだ

 

 

 

 

サカモトハルキ 『自由を選べ、少女たちよ!』

君がたとえ魔女だとしても僕は君を愛す

 

f:id:orange345:20200127081734j:plain

 

 

 

君へ

君を裏切ることなんてとてもできない

君は僕に生きる喜びを教えてくれた人

絶望の淵から僕を救い出してくれた人

それは僕の人生の中でいちばん素晴らしい出来事

 

 

君へ

君との出会いが真夏の夜の夢だったとしても

僕はそれでも構わない

僕の記憶の中に

君との思い出がぎっしりと詰まっているから

その思い出とともに生きていれば

何も恐れることはない

 

 

君へ

 

君が僕の前にあらわれたのには

何か意味があるんだと思う

君が悪魔だとしても、天使だとしても

そのことにはあまり意味がない

それは“いちばん大切なこと”ではない

 

 

君へ

君は僕に『僕というひとりの人間』について教えてくれた人

その美しい笑顔で

僕の抱えていたすべての問題を解決してくれた人

 

君が隠し持っているその魔法を使って…

僕はその秘密を知らないフリをして生きていこう

 

 

 

君へ

僕の中にいる悪魔が

君への想いを邪魔しようとするときがある

そんなときはいつも

君と出会った日のことを思い出すことにしているんだ

君の涙は

僕の心を傷つける

君の笑顔は

僕の心を癒す

だから僕は命をかけて君を守る

君を“生贄”にしようとしている

狂ったウイッチクラフトたちから

 

 

 

なぜなら君は

僕に生きる喜びを教えてくれた人だから

絶望の淵から僕を救い出してくれた人だから

それは僕の人生の中でいちばん素晴らしい出来事だから

 

だから僕は君を裏切ることなんてできない…

 

 

 

サカモトハルキ 『君がたとえ魔女だとしても僕は君を愛す』

 

f:id:orange345:20200125060055j:plain

 

 

 

あなたと過ごした日々は本当に素晴らしかった

完璧なブルーマウンテンの豆で挽いたコーヒーのように

ほんのわずかな時間だったかもしれないけれど

あなたと話したすべての会話は

僕のアタマの中に記憶された

 

 

あなたと過ごした日々は本当に素晴らしかった

だけど僕たちの関係は通り雨のようなもの

いつまでもここにとどまっているわけにはいかないんだ

これ以上、罪を深くする必要はない

お互いのために・・・

 

 

あのほんのわずかな時間の中で

僕とあなたは確実に生きていた

そして、深く愛し合っていた

あれが全部、嘘だったなんて言わないでくれ

僕は『カモメのジョナサン』にはなりたくない

“まぼろし”よりも“リアル”の方が大事なんだ

 

 

あなたと過ごした日々は本当に素晴らしかった

だけど、もしかしたらあれはすべて夢だったのかもしれない

あなたは僕がつくり出した空想の産物なのかもしれない

あのオートバイ事故を起こしたときの衝撃で

僕のアタマがおかしくなっただけなのかもしれない

 

 

あなたと過ごした日々は本当に素晴らしかった

もしもあなたが本当に存在しないのだとしたら

僕の中のあなたの記憶も嘘だというのだろうか?

あなたとのキスも、あなたのぬくもりも・・・

でも、それを知ったところでどうなる?

 

 

 

あのほんのわずかな時間の中で

僕とあなたは確実に生きていた

そして、深く愛し合っていた

あれが全部、嘘だったなんて言わないでくれ

僕は『カモメのジョナサン』にはなりたくない

“まぼろし”よりも“リアル”の方が大事なんだ

 

 

 

 

 

サカモトハルキ 『罪』

求道者(Investhigator)

 

f:id:orange345:20200124055424j:plain

 

 

 

俺は歩いた

血まみれの石だたみの道路の上を

インディアンの洞窟にも入ったこともある

“答え”が見つかるんじゃないかと思って

苦しみが癒されるんじゃないかと思って

 

 

書庫にこもっておびただしい数の書物を読んだ

傷ついた人の家のドアをノックして歩いた

君を失った悲しみから逃れるために

自分の心に宿った“怒り”を鎮めるために

 

 

俺も求道者のひとり

だけど、まだ何ひとつ問題を解決できないでいる

俺はいまだに傷を癒せていない

“真理”なんて知ったところで

それにどんな意味があるだろう

君のいない世界に

何の意味がある?

 

 

俺は欲望を否定して生きてみた

炎の中をくぐり抜ける儀式にも参加してみたこともある

生まれ変われるんじゃないかと思って

自分を高められるんじゃないかと思って

 

 

俺は悪魔に貢ぎ物をおくり

天使をたぶらかした

そして、本当の自分を隠すために

アルバを着て町中を歩いてみた

すべては君のために

すべては君のために

 

 

俺も求道者のひとり

だけど、まだ何ひとつ問題を解決できないでいる

俺はいまだに傷を癒せていない

“真理”なんて知ったところで

それにどんな意味があるだろう

君のいない世界に

何の意味がある?

 

 

 

俺は信じている

「いつか報われる日が来る」と

俺が遭遇してきたすべての出来事が

すべて意味があったことに気づく日が来る、と

だから俺は今日も歩いている

血まみれの石だたみの上を

君のことを想って・・・

 

 

俺も求道者のひとり

だけど、まだ何ひとつ問題を解決できないでいる

俺はいまだに傷を癒せていない

“真理”なんて知ったところで

それにどんな意味があるだろう

君のいない世界に

何の意味がある?

 

 

サカモトハルキ 『求道者(Investhigator)』