サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自由

あいちトリエンナーレにおける『表現の不自由展・その後』をめぐる騒動で浮き彫りになった日本の闇について

もしかしたら『時計じかけのオレンジ』という映画やビートルズやストーンズの音楽に対して「やっていいことと悪いことがある」と言って怒ったおじさんがいたかもしれない。その人がどんなふうに思ってもその人の自由だよ。だけど、そのことと展示そのものを…

実際にセミリタイアしてみてわかった! 『自由な時間』はいちばん大切な資産である驚きの理由

1日の終わりにどれだけリラックスできて、「ああ、今日も幸せだったな」と思いながらぐっすり眠れるか。結局のところ幸せってそれだよね出世やモノの所有、金銭的な達成感に躍起になるのもいいけど、そのしっぺ返しとして『多大なるストレス』を抱えたら意味…

これが現代社会を賢く生きる知恵! 「シンプルに生きる」ということを実践した方がいい理由について

今の世の中はあまりにも混沌としているよね。 いったい何が正解で、何が間違っているのかもわからない。 選択肢もいっぱいあって、情報もあふれかえっている。 そんな世の中で不安な気持ちに陥ってる人も多いと思う。 そんな時こそ「ごちゃごちゃしたもの」…

私、バカでした! 学校なんてごくごく小さな世界の話だったことを知らなかったなんて…

不登校は甘え?「『弱さ』が許せない人」との接し方 ネットの注意点 という記事を読んだよ。

あいちトリエンナーレの補助金交付中止問題の本当の恐ろしさは〇〇だ!という話

あいちトリエンナーレの補助金交付中止問題に関して、「スポンサーを探せば」とか「クラウドファンディングをやれば」とかっていう声が多数あって驚く。そういう話じゃないんだよね。表現の自由を守るべき立場であるはずの政府が補助金を打ち切ったことが問…

お金と自由の両方がバランス良く得られる人生にしよう

僕はお金と自由(ストレスフリーな生活含み)の両方が絶妙のバランスの上に成り立ってる人生を送りたい。 年収がいくら高くても、仕事に追われて家族と過ごす時間がないという人生もツライ。 かと言って、自由な時間はたっぷりあるけど貧乏というのもツライ。

常識に縛られないでもっと自分流に生きたっていい!

僕は2011年に脱サラ・起業し、自由気ままな毎日をおくるようになりました。いわば、世間一般的に主流と思われてる道から外れ、アウトサイダーな道に行ったわけです。そういう立場になってあらためて思うのは、 みんないろんなものに縛られすぎなんじゃないか…

行動力のある人がいつだって自分の人生を最高なものにする!

僕は今、自由気ままな毎日をおくることができています。それはそれで良かったのですが、ときどき「そういえば、なぜオレはこんな生活をおくることができているんだったっけ?」と思うことがあります。そして、結局のところ『行動したからだ!』という当たり…

捨てることの大切さに気づいた人から幸せになってゆく件

若いころは「あれもほしい」「これもほしい」といった具合に、とにかく上を目指してガツガツ生きていました。しかし、2011年に脱サラしてからというもの、そういう生き方には限界があるなと思うようになりました。 今はその頃とはまったく正反対の価値観で生…

僕が金持ちであるより時間持ちであることを選択した理由

僕はセミリタイア生活をおくるようになって、もう何年にもなります。一般的に「セミリタイア生活」という言葉を聞いてイメージされるのは、 悠々自適に暮らすセレブ 事業で成功をおさめた成功者 __といったものでしょう。でも、僕はそういう生活をおくって…

自由になれないことで悩んでる人のために僕のフィロソフィーを語ろう

収入を得る方法は必ずしも会社勤めをするだけではありません。僕の場合は不動産投資というビジネスをやることで勤労所得以外の収入を確保しています。そのことについて書いています。

自由になることの代価があるのなら僕は喜んで払う!という話

僕はサラリーマンという安定した職業を捨てて、事業家・投資家として生きる道を選びました。それはものすごくリスキーな生き方だと思います。でもリスクなきところにリターンなしです。自由になるためにはそれなりの代償が必要だということについて書いてい…

ソローに学ぶ!お金よりも自由を選ぶことによって得られるメリット

僕は不労所得を得て生活をしている人間です。不労所得を得る方法にはいくつかありますが、僕がその中でも不動産投資をやっています。僕は27歳のときに不動産投資をやりはじめ、それからいろいろな物件を買ったり、売ったりをくり返してきました。会社を辞め…

主流から外れた生き方を選ぶのもいいんじゃない?と僕が思う理由

僕は基本的に自分のことをアウトサイダーだと思っています。でも、この国でアウトサイダーとして生きるというのは、なかなか大変なことでもあります。ご存じのとおり、この国は『輪をもって尊しとなる』的メンタリティーが支配的な国です。そんななかで、主…

同調圧力に負けるな!優先させるべきはまわりの声ではなく、自分の声

もしも僕たちの人生というものが、ただ仕事をするだけのものだったとしたら? ただ住宅ローンを払うだけのものだったとしたら?…これほど味気ないものはありません。でも、多くの人はそんな味気ない人生を歩むことには積極的だけど、エキサイティングな人生…

居心地のいい場所から離れる勇気があなたにもたらすリターンについて

『幸せな暮らし』という言葉を聞いて、あなたはどのようなことをイメージするでしょうか? こんなところでしょうか…いい大学を出る→いい会社に入るか、公務員になる→真面目に働く→30歳を過ぎたあたりに結婚する→子どもが生まれる→35歳頃に2人目の子どもが生…

40代から脱サラして人生を1からやり直そうとしている人へ

サラリーマンの最大のいいところは「給料をもらえる」ということです。 「何を言ってるんだ! そんなの当たり前のことだろう!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。 だけど、よく考えてみてください。 「会社から給料をもらうことができる」って、…

そもそも働くとはどういうことなのか?について考えてみよう

あなたの人生において本当に大切なこととは、いったい何でしょうか? 人間というのは、「孤独であること」を極端に嫌う生きものです。だから、人と違う行動をすることを何より恐れるのです。だけど、まわりに合わせて生きていると、本質を見失うことになりま…

人と違うことを怖がらないで生きた方がいいこれだけの理由

「あなたはどんな仕事をしているんですか?」と聞かれ、「アパートの大家をやっています」と答えると、10人中9人が怪訝そうな顔をします。さらに…「毎日、何をやっているんですか?」と聞かれて、「毎日? 特に何もやってないですね。好きなことしてますよ」…

これからの働き方は古代ギリシャ風にすべき!←どういうこと?

額に汗して働かなければならない。…僕たちはこの言葉を何度も言い聞かされて育ちます。そしてこの言葉通り、社会人になると馬車馬のように働くようになります。ほとんどの人はそうした生き方に何の疑問も持たず、定年まで働き続けます。 今ではもうこの言葉…

日本人で起業しようとする人が極端に少ない理由

「自由」と書かれたドアと、「安定」と書かれたドアがあったら、あなたはどちらのドアを開けますか? 僕なら迷わず、「自由」と書かれたドアの方を開けます。でも、まわりにいる人に尋ねたところ、「自由」を選ぶ人はごく少数。圧倒的に「安定」の方が人気が…

人生の岐路で選択を迫られたとき僕らはどんな道を選ぶべきか?

ある有名な詩があります。ロバート・フロストというアメリカの詩人が書いた『The road not taken(歩む者のいない道)』という詩です。ご存じでしょうか? できれば、この詩は若い人に読んでほしい詩です。選択肢がたくさんあり、これからいかようにでも変化…