サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

考え方

多くの人がいまだに気づいていない! 過去や未来よりも現在を大事にした方がいい理由

過去にどんなにツライことが遭ったとしても、今が良ければ全てクリアになってしまうもの。今がハッピーな人は「あの時、大変な目に遭ったおかげで助かった。それが今につながってる」って言うもの。過去に何が起きたが重要なんじゃない。今、どうするかが重…

もう悩まなくていい! 「幸せはいつも目の前にある」ということを実感する方法

幸せというのは頑張ったり見つけたりするものじゃないと僕は思ってるよ。 もうすでにみなさんは幸せを手にしているんだよ。 みなさんを幸せにするものはもうすでに持ってる。 そのことに気づいてないだけだよ。

このままじゃマズいよ…! 日本はもっと寛容な社会になった方が理由を語ります。

日本がこんなに不寛容な社会になってしまった背景にあるのは、極端な失敗に対する恐れだと思う。明らかにチャレンジしない人が増えた。人生のすべての指針はズバリ「ココからこぼれ落ちないこと」その結果、自分が失敗することも他人が失敗することも「許さ…

これだけは知っておくべき! 本当の幸せとはどういう状態のことをいうのかについて僕の思うコト。

人間の幸福って「こういう状態になれば」といったような外側の部分では決まらないと思うよ。 若い頃は気づかなかったんだけどね。笑 なんというか、問題は中身というか、『コンテンツ』だよね!

実は損してるかも!? 「継続は力なり」という言葉をこんなふうに間違って解釈していませんか?

よく『継続は力なり』って言葉が使われるけどさ、これ、すべてに当てはまるものと思わないほうがいいよ。 ケース・バイ・ケースだと思ったほうがいい。

ほとんどの人が気づいていない! 良いことも悪いことも実は〇〇が引き寄せているということを解説

『すべての出来事は今の自分にふさわしい出来事』と考えてみたことありますか? つまり、いいことも悪いこともひっくるめて「すべて今の自分に必要な出来事である」と・・・

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。 古い世代が言うのは構わない。 若い世代からも言われる。

あれこれ言ってくる人の言うことを間に受ける必要はない

「そんなことしたら〇〇になっちゃうよ〜」 「そんなこと言ったら、みんなから〇〇って言われちゃうよ〜」 親切心ならいいんだけど、たまに『その人の正義』を押し付けてくる人がいて困る…

一生懸命働いても問題が解決されるわけではない

会社のために身を粉にして働けば、多少は出世するかもしれない。 多少は年収がUPするかもしれない。 しかし、人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということ。

いろんなものを抱え込みすぎて、エネルギーを分散させるな

僕は『自分の中のエネルギーをあちこち使いたくない』と思っている。 人生には考えなければならないことや、会わなければならない人、行かなければならないところがいっぱいある。 これ以上増やしてどうする?

本当の贅沢とは何だろう?

本当の贅沢とはタワマンや高級外車だろうか。 役職や社会的地位だろうか。 そういうのはもう古いんじゃない?

人の縁(えん)は追いかけてもダメ

人と人の縁というのは互いに向かいあってはじめて成立する。 どんなにその人のことを追いかけても、その人がこちらに向かってきてくれなければ、それは『縁がなかった』ということ。

まだグローバル資本主義を続けますか?

グローバル主義を唱える人というのはホリエモンとか竹中平蔵といった人たち。弱肉強食と自己責任規制を撤廃して国の垣根を超えて利益を追求していいという考え方トランプはその流れに待ったをかけた。だから当選した労働者を見方につけたアベさんは逆のこと…

僕は北海道にこだわっていたから勝つことができた

不動産投資だけで生活するのは簡単なことではない。 じゃあ、何故そんなことができるのか?といえば、意外な答えが頭に浮かぶ。 それは『北海道に限定しているから』というものだ。

「やさしいだけの父親」は子どもの自立の妨げになるのかもしれない

僕も父親とはソリが合わなかったけど、それってよく考えたら『通過儀礼』だったのかもしれない。 父親になってそう強く思う。

失敗から学ぶ癖を身につけておけば人生はそれほど怖くないという話

失敗や挫折の経験は確かに辛いです。でもそれらは同時に自分を磨く大切なものでもあります。逆にうまくいってない時ほど慢心に陥り、良くないことが起こったりする。逆境の中で学ぶことの大切さについて書いています。

こんなに頑張ってるのにどうしてうまくいかないの?という時の対処法

頑張ってもうまくいかない時、自信喪失してしまいます。そんな時、どのような考え方をすれば自信を取り戻し、元気になれるのかということについて書いています。ヒントは頑張らなくても幸せになれるということ。

人生に行き詰まりを感じたら心がトキめく方に行けば救われる法則

人は不安になったり自信を喪失したりすると、誰かからの評価が気になり出します。だけど一番重要なことは「誰か」目線ではなく、「自分」目線ではないかということについて書いています。

苦しい時にこそ自分を認めて愛してあげよう!という話

頑張っているのに結果が出ない時、気が滅入ってしまいます。でもそんなダメな自分のことも愛してあげて、認めてあげることによって前向きに生きることができるようになります。そのことについて書いています。

思い込みの効果を過小評価しない方がいいこれだけの理由

思い込みの効果は絶大です。その効果を良い方向に使えば人生は驚くほど楽しく、エキサイティングなものになります。自分を信じて、ネガティブな思い込みを捨てる大切さについて書いています。

頑張ってるのに結果が出ない時にこそ考えてほしいコト

人生がなかなかうまくいかない時、ダメなことが続く時ってよくありますよね。そんな時、ついつい悪いことばかりを考えてしまいます。でもそんな時こそ「良いこと」に目を向けることが大切なんだということについて書いています。

自然の中に身を置くメリットを過小評価しないほうがいい理由

コンピューターやテクノロジーは確かに便利なものですが、あまりにも過剰にこれらに囲まれるとだんだん人間らしく考えることができなくなっていきます。そんな時は自然と接すると心が落ち着きますということについて書いています。

すぐ誰かと比較してしまう癖を「どうにかしたい!」と思ってる人へ

最近「どうすれば幸せになれますか?」という質問を受けることがよくあります。 その時に僕はいつも、 他人と比べないようにすれば、幸せになれますよ。 …と答えるようにしています。 比較というものを甘く見てはいけません。誰かと自分を比べた時点で、すで…

生きる態度によって人生は大きく変わるという話

人生というのはキャンバスのようなもの。僕たちはそのキャンバスに、思い思いの絵を描くのです。 その絵がどれほど素晴らしい絵になるかは誰にもわかりません。でも、描き続けているかぎり、「良くなるかもしれない」という可能性だけはいつまでも失われませ…

平凡であることはパワーだ!『君の名は。』を見て思ったコト

僕の今の状態を『成功』と呼べるのかどうかはわかりませんが、まあ、毎日幸せに暮らしていることはだけは確かです。この幸せは、僕が脱サラして起業したからこそ実現できたことです。僕にとっては、あの決断は人生を左右するような大きな決断でした。でも、…

常識に縛られないでもっと自分流に生きたっていい!

僕は2011年に脱サラ・起業し、自由気ままな毎日をおくるようになりました。いわば、世間一般的に主流と思われてる道から外れ、アウトサイダーな道に行ったわけです。そういう立場になってあらためて思うのは、 みんないろんなものに縛られすぎなんじゃないか…

自分が口にするコトバが人生に大きな影響を及ぼすという話

「お金も、自由も、幸せも、すべて自分が普段、話す言葉によって決まる」と僕が言ったら、皆さんはどう思うでしょうか? いよいよ頭がおかしくなったと思うかもしれませんね。 でもこれって、あながち間違いではないと僕は思っています。やっぱり、お金持ち…

競争に勝つことばかりを考えて生きることになぜ僕は嫌気がさしたのか?

負けず嫌いであることは悪いことはありませんが、度が過ぎると、身を滅ぼす場合があるので注意しなくてはなりません。誇大妄想と自己嫌悪は、コインの裏表のようなものなのです。 今日はどちらの面がオモテになるかわかりません。新聞やテレビのニュースでも…

古い価値観を捨てて新しい価値観を受け入れる柔軟性が君を救う

本当の意味で自由になるためには、ときには自分がそれまで信じてきたものを手放さなければならないことがあります。それはとても大変なことですが、人生にはそれをやらなければならない瞬間というものがあります。そのとき、パッと手を放すことができる人と…

後悔ばかりの辛い人生にしないために気をつけておくべきコト

夢を追いかけることはいいことだ __と多くの人が言ってます。だけど僕に言わせれば、実際に夢を追いかけ続けている人はほとんどいません。とくに僕みたいに40歳をゆうに超えてからも夢を追いかけ続ける人というのは、ほとんど奇人・変人です。自分では単調…