サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

税金

僕の中に芽生えてきたリベラル派(左翼)の経済の考え方に対する猛烈な違和感について語ろう

緊縮財政の方がいいと考える人というのは右にもいますけども、左にもたくさんいます。 安倍政権は完全に緊縮財政路線をとっていますが、なんとそのアベ政権に反対してる立場である立憲民主党の中にもアベ政権がやっている緊縮財政路線に賛成している人もかな…

外資系IT企業大手の社員たちが「日本支社に勤めたい」と切望している驚きの理由

安倍内閣支持率、58%に上昇 という記事を読んだよ。 www.yomiuri.co.jp www.nikkei.com うん、これがまったく理解できないんですよね。 なんで?? これは嘘でも捏造でもないと思う。 みんな本気で真剣にアベ政権を支持しているんだと思う。 消費税が増税…

ほとんど知られていない! いちばん手っ取り早く年金問題を解決する驚愕の方法

年金問題に不安を感じている人も多いと思います。 そんな中、今年になって例の金融庁による2,000万円問題などが発生し、ますます不安な想いに駆られている人も多いはずです。 確かにこれだけ少子高齢化社会なっていくと、(このままでは)年金給付額が減って…

【これを見れば一発でわかる!】 不動産投資でかかる税金の種類をコンパクトにまとめてみました。

不動産投資をするうえで「税金」のことを知っておくことって非常に重要です。 いつどんなときにどんな税金がかかるのかをまったく知らない状態で不動産投資をスタートさせるのはあまりにも危険なことだと思います。 そこで今回は僕なりに不動産投資にまつわ…

なぜ自分の首を締めることに賛成するの? 消費税増税が国家的陰謀であるこれだけの理由

日本の平均年収は432万円とのこと。しかもこれ、10億も20億も稼ぐ人ひっくるめての平均の数字。ということは実際にはもっと低いということ。深刻な事態だ。さらにここに追い打ちをかけるかのように消費税増税…でもなぜか低所得者になればなるほどアベ自民を…

MMT批判にこたえる! 税金はなんのためにあるのか。税金がなかったらどうなるのかについて解説します。

www.excite.co.jp ひろゆきさんをはじめ、MMTを批判している人も多いです。 ひろゆきさんは皮肉たっぷりに「MMTがもし本当に正しいんだったら税金なんていらないじゃん。無税国家になっちゃうじゃん」というようなことを言っています。 これはMMTが新規国債…

【最新版】 金融資産からの利益が1億円以上ある超富裕層への税金がいかにおかしいかについて

僕は不動産投資もやってるけど、株式投資なんかもちょこっとやってる人間なのですが、日本の税制は株で大きく儲けを出している富裕層をものすごい優遇しています。 この株式投資からの利益にかかる税金は諸外国に比べてもかなり安くなっていると言われていま…

これをやれば万事うまくいく! 消費税を廃止したマレーシアから学ぶべきコト

立憲民主党はヒラリーと同じ過ちをおかそうとしている。庶民が求めているのは自分たちの痛みをわかってくれる政党「どっちを向いてるの?」という話消費税のことでゴタゴタしてる場合じゃないんだよ。このままでいったら支持者離れるよ…ヒラリーは結局ウォー…

私、バカでした! 勤め人よりも法人の方が有利であるということを知らずにいたなんて…

学校では生徒に「勤め人になれ」と教える。決して「事業家になれ。法人をつくれ」とは教えない。でもサラリーマンの手取りは税金や社会保険料などを差し引かれたあとの残り。その残金で勝負しなきゃいけないから飛躍する可能性が低くなる。それに対して法人…

ついに開始! このタイミングでの消費税増税が世紀の愚策として後世まで語り継がれてゆく理由について

2019年10月1日に消費税が8%から10%に増税された。 そのことについてまとめてみました。

早く気づいて! 全国の労働者諸君よ、あなたはこんな間違いをしていませんか?

『副業』が推奨されはじめている。なぜ“起業”ではなく、“副業”が推奨されるんだろう?僕はそこに政官財のおじさん連中の陰謀を感じる。要するにあくまでも国民を「サラリーマン」として縛りつけておき、源泉徴収制度の枠の中にとどめておくということ。その…

みんな騙されてる! すべては金持ち連中を儲けさせるために仕組まれた『陰謀』である驚くべき理由

消費税廃止して金持ちと大企業から取れ https://t.co/Bvtzgfx61i — 町山智浩 (@TomoMachi) September 22, 2019

財源はあります! 消費税廃止を訴えると必ずぶち当たる『財源論』について僕なりの考えを述べます。

「社会保障費を消費税で賄わなければならない」と思い込んでいる人があまりにも大勢いるよね。ウエンツ君もそんなこと言ってたな。『税と社会保障の一体改革』なんて言葉もあった。みんな財務官僚の洗脳。『国債発行』という手段はどこいったの?全部、税金…

ZIP!に出てた村尾信尚さんの消費税増税についての解説があまりにもヒドすぎてびっくりした件

今、ZIPでやってた「なぜ消費税を増税するのか?」の特集。その解説が全部、テンプレどおりで笑ってしまった!・日本の借金はヤバイ・家計に例えるとこんな状態・歳入と歳出はこんな状態・北欧諸国に比べると消費税はまだまだ低いetc…全部、財務省が言ってる…

騙されてませんか? 「財政健全化のために消費税増税が必要だ」というのが政府のプロパガンダである理由を解説

ここの「使命」のところに『財政健全化』と明記されてる。エリート中のエリートである財務官僚は「そこに書いてあるから」というそれだけの理由で使命感と正義感に駆られて消費税増税をやっている。国民の事情なんかは眼中にない。真面目な人ってだから怖い…

ウソでしょ!? お金持ちがひた隠しにしておきたかった税金にまつわる不都合な真実

日本の税金(社会保険料も含む)にはいろいろとおかしなところがあるんだよね。 そんな税金にまつわるトリビア(不都合な真実ともいう)をまとめてみました。 ぜひ参考にしてみてください。

消費税が10%になることは不動産投資にどう影響するのか

消費税が10%になったら不動産投資にどのような影響があるのか?という、限定的に『駆け込み需要』が発生すると思う。 1億円の建物だったら、納める消費税が800万円→1,000万円になるのだ。 そりゃ、消費税8%のうちに決済してしまいたいと思うもの。

お役人は今もむかしも質素倹約につとめる気はないらしい

先日の『西郷どん』で政府の財政危機をどうするか?と問われた西郷隆盛が「お役人自ら質素倹約につとめればいい」と言って、ひんしゅくを買う場面があった。 こういう発想は今のお役人にもない。

日本の素晴らしい社会保障制度を維持するために僕らが考えるべきこと

AP通信にすると、このたび第45代アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプは、就任初日の20日にオバマケアによる経済的負担軽減を目指す大統領令に署名したそうです。 トランプ大統領は、オバマケアの撤廃を目指しており、これはその第一歩と言われていま…

生前贈与を生命保険を使ってやるメリットと注意点

相続財産が多ければ多いほど相続税も多く払わなければなりません。でも、財産を減らしてしまえば、相続税をたくさん払う必要はなくなります。そして、相続財産を減らすいちばん手っ取り早い方法が、『贈与』なのです。相続するときにいちばんやっかいなのは…

住宅取得資金の贈与の非課税枠を使うにはどうすればいいの?

政府の税制改正により、結婚や子育てに関する贈与も以前に比べるとだいぶ無税で贈与できる金額が増えました。だけど結婚や子育てにかかる費用よりもはるかに高額になるのが、なんといっても『マイホーム』にかかるお金です。 そしてこのたびに税制改正により…

出産祝い金にも贈与税ってかかるの?非課税にできないの?

新たに加わった生前贈与の非課税制度のなかで、もっとも注目を集めているのが結婚&子育て資金に関する贈与の非課税制度です。 今までは、結婚するときや出産するときに関係なく、大きな金額を贈与した場合は贈与税が課税されていました。しかし、平成27年度…

教育資金の贈与をする時の条件と信託する方法

いつの時代もおじいちゃん・おばあちゃんにとって、孫の存在は可愛いものです。そんなかわいい孫の教育資金のためなら、いくらでも拠出してもいい!と考えるおじいちゃん・おばあちゃんも多いはず。でも今まではその教育資金への贈与にも贈与税が課せられて…

夫婦間の贈与で何を気をつけておかなければならないのか?

贈与税はなかなか頭の痛い問題ではありますが、結婚生活が20年以上経過している夫婦だったら、無税で多額のお金を贈与できるスバラシイ制度があります! それが「贈与税の配偶者控除」と呼ばれている制度です。これは婚姻期間が20年以上経過している夫婦限定…

お金の扱いが上手い人とお金の扱いが下手な人の違い

僕はこれまでたくさんの「この人、スゲェな…」と思えるお金持ちの方々と出会ってきました。また、それと同じくらい数の貧乏な方々にも会ってきました。彼らを分けているのは、家柄でも学歴でもありません。『情報』です。 何を知っているのか? …ということ…

生前贈与は110万まで非課税←実はここに落とし穴あり!

相続税というものはそもそも財産のある人に課せられる税金ですよね? だから、相続財産をなくしたり、減らしたりしてしまえば相続税は納める必要はなくなるわけです。財産を減らすためには、夫婦や子や孫に財産を移転してしまえばいいわけです。その移転のこ…

贈与税がかからない方法として注目したい相続時精算課税制度

平成15年に贈与税に関する税制改正があり、相続時精算課税制度というものが導入されました。これは生前贈与のひとつのやり方で、贈与する財産が2,500万円までだったら無税で贈与できるよ!というものです。これにより、子や孫に自分のお金や財産を一気に贈与…

生前贈与のメリットとデメリットについて調べてみた

生前贈与について考えるとき、誰もが「なるべく非課税枠を増やしたい!」と考えるものです。贈与税というのは、お金を贈与した方じゃなくて、お金を受け取った方に課せられます。だから、お父さんとか、お爺ちゃんはなるべく子どもや孫に迷惑をかけたくない…

政府が発表した贈与税に関するの5つの特例措置について

税金にはいろいろ頭を悩まされるものですが、なかでも贈与税や相続税といったようなものにはとくに注意が必要です。普段あまりなじみがない税金なので、「こんなはずではなかった…」とか「知らなかった…」ということがよくあるのです。高齢化社会を迎え、い…

個人事業主や会社の会計を支援してくれるサービスまとめ

個人だろうが、法人だろうが関係なく、事業をやる人にとって最も大事なことといえばなんと言っても『税金』です。この税金の取扱いいかんによっては、商売の結果が全然違ってきます。しかも、税金というのは非常にわかりづらいシステムになっています。 だか…