シンプルに。自由に。

北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます🏠 不動産会社勤務を経て38歳で脱サラ起業し、セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログではお金、不動産投資、人生哲学、🎞映画レビューなんかを発信中。💹最近株式投資も開始。奥さん&中1小4男子(あと猫も😺います)と自由にのんびり暮らしてまーす😉

社会

いつから労働者は『団結(=ユナイト)』を嘲笑するようになってしまったのか?

今の世の中、税金面でいちばん割りを食っているのは労働者だ。 給与所得者はその「給与を受け取る」と行為と同時に、問答無用で源泉徴収されてしまう。 日本はそういう制度設計になっているのだ。

混沌とした世の中で自分を見失わないために僕らがすべきこと

世の中はあまりにも混沌としている。 いったい何が正解なのかもわからない。 そんな世の中で不安な気持ちに陥ってる人も多いと思う。

儲けのことばかり考えて、それを追求してゆくと損をする法則

「儲かるから」と言って漁獲し過ぎると、数年後に魚が獲れなくなる。 先日の『ガイアの夜明け』という番組でも魚が獲れなくなって困っている漁業関係者の特集をやっていた。

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。 古い世代が言うのは構わない。 若い世代からも言われる。

まだグローバル資本主義を続けますか?

グローバル化が進めば進むほど過当競争が激しくなり、企業はブラック化してゆく。 確かにAmazonやアップルやユニクロはものすごい利益だ。 でもそれらの企業の繁栄は本当に僕たちの幸せにつながっているのだろうか?

「みんなと足並みを揃えなきゃ・・・」の危険性について

資本主義は次から次へと甘い誘い文句でフトコロからお金を巻き上げようとする。 その罠にまんまとハマり、消費社会に毒され、「隣の芝生」を眺めて世間と足並みを揃えなければならないと思いはじめたら、危険信号!

「悪」に触れることは人間の成長にとって非常に重要なこと

僕にも子供がいるけど、子供の友人関係には口を出さないようにしたいと思っている。 それは「ほったらかす」というととは違う。 友人がワルだろうが何だろうが『悪』に触れること・接することって人生にとっては非常に重要なことだからです。

消費税が10%になることは不動産投資にどう影響するのか

消費税が10%になったら不動産投資にどのような影響があるのか?という、限定的に『駆け込み需要』が発生すると思う。 1億円の建物だったら、納める消費税が800万円→1,000万円になるのだ。 そりゃ、消費税8%のうちに決済してしまいたいと思うもの。

お役人は今もむかしも質素倹約につとめる気はないらしい

先日の『西郷どん』で政府の財政危機をどうするか?と問われた西郷隆盛が「お役人自ら質素倹約につとめればいい」と言って、ひんしゅくを買う場面があった。 こういう発想は今のお役人にもない。

競争がない世界に行きたいと思わない?不毛な闘いから脱出する方法

僕たちは競争することが当たり前だと思っています。でもよく考えてみたら、勝ったとか負けたとかって、すごく不毛なことです。僕はそのくだらなさに気づいてしまったんです。だから競争のない世界に行こうと思ったということについて書いています。

人工知能に仕事を奪われる世界を生き抜くために僕らがすべきコト

AIやロボット技術の発展は僕たちの暮らしを確かに便利なものにしてくれました。しかしそれらの科学技術は僕たちの仕事を奪おうとしています。だけどそんな機械に対して、僕たちは「人間力」で対抗できるのではないかということについて書いています。

日本はもっと商売をする人を尊重すべきだと僕が思う理由

あなたは今、いくら貯金をしていますか?この『貯金』というのは、実に奥が深い問題です。 日本は世界に冠たる経済大国ですが、この豊かさがいつまで続くかは誰にもわかりません。もしかしたら、近い将来、円の価値が下がって、インフレになってしまうかもし…

日本政府の少子化対策が一向に効果を発揮しない根本的な理由

今回は、日本の少子化問題について書いてみたいと思います。厚生労働省によれば、1899年に統計が開始されて以来、赤ちゃんの数は史上最低を記録しつづけているそうです。僕はアパートの大家業をしているので、少子化問題というのはまさに死活問題。 人口が減…

格差が招く分断に対して僕らはどう向き合えばいいのか?

一昨年、世界中で一大センセーショナルを巻き起こし、日本でもベストセラーになった『21世紀の資本』という本があります。 21世紀の資本 作者: トマ・ピケティ,山形浩生,守岡桜,森本正史 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2014/12/09 メディア: 単行本 …

日本の素晴らしい社会保障制度を維持するために僕らが考えるべきこと

AP通信にすると、このたび第45代アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプは、就任初日の20日にオバマケアによる経済的負担軽減を目指す大統領令に署名したそうです。 トランプ大統領は、オバマケアの撤廃を目指しており、これはその第一歩と言われていま…

貧困の連鎖を断ち切るために僕たちが考えるべきこと

ドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ大統領に就任しましたね。 彼のような人物がバラク・オバマの次の大統領になるなんて…。意外を通り越して、もはや「驚き」です。僕はバーニー・サンダースが民主党の大統領候補になるべきだったと思っています。たしか…

会社にしがみつかない生き方を実践するために何をすべきか?

僕は格差を生みだす今の社会は問題が多いと思っています。だけど、その社会をただ憂い、呪っているだけではちっとも人生は良くなりません。大切なことは、 どうサヴァイヴしてゆくか? __ということ。僕はもう政治に期待するのはやめました。政府に期待す…

会社をすぐ辞める若者に脱サラの先輩として言っておきたいコト

いつの時代もそうですが、『若者』というのは「若い」ということだけで攻撃の対象となります。僕も若い頃(驚くべきことに、僕はもう40歳を超えてしまったのです!)、散々おじさんたちに攻撃されました。今、思い返してもはらわたが煮えくりかえるようです…

僕たちが子どもたちに見せてあげるべき明るい社会とは?

あなたは感じているでしょうか? 今、世界が大きく変わろうとしているということを…。今までの価値観は通用しなくなり、今までと同じやり方をしていたのでは、いろいろなことが機能しなくなりつつあります。しかし、そんな変化に富んだ時代において、学校は…

本当の敵は自分自身だった!? 誰かと競い合うより大切なこと

「自己承認欲求」は、僕らを突き動かすひとつの原動力です。誰だって、認めてほしい、褒められたい、「すごい!」って言ってほしい…って思っています。僕はその欲求を持つこと自体は間違っていないと思っています。『何の欲求も持たずに、ただ時間をつぶすだ…

雇用不安の原因とは何か?を考えることが社会を安定させる件

今となっては信じられないことですが、かつて日本の会社には「終身雇用」と「年功序列」という二本柱がありました。終身雇用制度があったおかげで、真面目に働いてさえいれば、とりあえず定年まで平穏無事に過ごすことができました。年功序列制度があったお…

家族の幸せより仕事を優先させる生き方について僕が思うこと

仕事をしてお金を得ることは、とても重要なことです。僕たちは自給自足の生活をおくるわけにはいきません。だから、何らかの職業に就く必要があります。仕事をして、報酬を得るわけです。 だけど、その仕事が人生のすべてになってしまってる人がたくさんいま…

生きる意味を見つけるために自分探しの旅に出ようとしている君へ

「自分探し」してますか? いきなり何だ? と思われたかもしれませんが、僕はこの「自分探し」こそ人生を切り開くうえで最も重要なことだと思っています。「自分探し」は人間が成長する過程において、必要不可欠なものです。これなくして、人間の成長はあり…

大切なことは仕事以外の時間で何をしたかだ!という話

「あなたはどんな人ですか?」…と質問されたら、あなたは何と答えますか? 日本人の多くは「あなたはどんな人ですか?」という質問に対して自分の職業を答えるそうです。それだけ、仕事に毒されてしまっているのです。言うまでもないことですが、仕事はあな…

仕事で働きすぎることは一つもいいことがないという話

公務員だった僕の父は、よく僕に言っていました。「働くことはいいことだ。一生懸命働ければ、いつかきっと報われる。」と。父はその言葉を信じて疑いませんでした。それは「真面目であること」が何よりも重要視される、公務員ならではのものの考え方でした…

会社に期待しないことは悪いことじゃないこれだけの理由

小津安二郎の映画などには、よく会社で働く人の場面が出てきます。そういったシーンを見ていると、むかしの日本における会社と社員の関係はとても幸福な関係であったことがよくわかります。高度経済成長という時代背景をバックに日本は長いあいだ、会社と社…

モノや便利さとひきかえに僕らが失ったものについて

僕は以前、幸せというのは「ひととおりのモノがそろっている状態のこと」だと思っていました。マイホーム、クルマ、生活家電、携帯電話、パソコン、衣服、家具、etc…。貧乏生活をするのは嫌だったし、いろんなモノを購入できる生活が豊かさの象徴であるかの…

逃げることも大事なこと。←これ、全労働者が知っておくべきこと

「会社を辞めたい」と思っているサラリーマンの方はたくさんいます。だけど、実際に会社を辞めるという選択をする人はあまり多くはいません。なぜ、少ないか? もちろんそこには金銭的な理由であるとか、年齢的な理由というものもあるでしょう。しかし、なか…

人生には引きこもる時期があってもいいと僕が思う理由

毎年、シュウカツがニュースになります。「3年で会社を辞める若者」も話題に上ります。今、多くの若者たちがジレンマを抱えています。『社会に出て働く』ということが、いまひとつ納得できていないのです。もう40歳をゆうに超えたおっさんになっちゃったけど…

社会に出て揉まれること。←これ、将来のために絶対必要なこと

僕は37歳のときに脱サラして、起業しました。まあ、我ながら、自分の人生をふり返ってみても、好き勝手やってきた人生だったなぁ…と思います。よく言えば「自分に正直」、悪い言えば「わがまま」といったところでしょうか…。僕は基本的には、人間はわがまま…