サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

映画

映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』レビュー

// ラブ&マーシー 終わらないメロディー(字幕版) 発売日: 2016/01/29 メディア: Prime Video

映画『そこのみにて光輝く』レビュー

// そこのみにて光輝く 発売日: 2015/02/14 メディア: Prime Video

映画『ライフ・オブ・パイ』レビュー

// ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video

映画『早春』レビュー

// 早春 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』レビュー

// ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション[AmazonDVDコレクション] 出版社/メーカー: パラマウント 発売日: 2018/03/20 メディア: DVD

映画『紙の月』レビュー

紙の月 発売日: 2015/06/02 メディア: Prime Video

映画『ボーダーライン 』レビュー

// ボーダーライン(字幕版) 発売日: 2016/08/09 メディア: Prime Video

映画『ラッキー』レビュー

// ラッキー(字幕版) 発売日: 2018/12/05 メディア: Prime Video

映画『フルメタル・ジャケット』レビュー

// フルメタル・ジャケット (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レビュー

// ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (字幕版) 発売日: 2019/12/25 メディア: Prime Video

映画『天国と地獄』レビュー

// 天国と地獄 発売日: 2015/04/22 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る

映画『ウィンターズ・ボーン』レビュー

// ウィンターズ・ボーン(字幕版) 発売日: 2017/06/20 メディア: Prime Video

映画『かもめ食堂』を観て思ったこと

// かもめ食堂 発売日: 2016/06/29 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (1件) を見る かもめ食堂 [DVD] 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2006/09/27 メディア: DVD 購入: 18人 クリック: 381回 この商品を含むブログ (1254件) を見る

映画『セッション』を観て思ったこと

セッション(字幕版) 発売日: 2015/10/21 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (1件) を見る セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2015/10/21 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (30件) を見る

映画『南瓜とマヨネーズ』を観て思ったこと

// 南瓜とマヨネーズ 発売日: 2018/05/02 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (1件) を見る 南瓜とマヨネーズ (フィールコミックスGOLD) 作者: 魚喃キリコ 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2004/03/08 メディア: コミック 購入: 7人 クリック: 26…

映画『search/サーチ』を観て思ったこと

Search/サーチ (字幕版) 発売日: 2019/02/13 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る search/サーチ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2019/03/06 メディア: Blu-ray この商品…

映画『3-4x10月』を観て思ったこと

3-4x10月 [Blu-ray] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2017/09/27 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る

映画『パッチ・アダムス』を観て思ったこと

パッチ・アダムス [Blu-ray] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/08/24 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video…

映画『ヒメアノ〜ル』を観て思ったこと

// ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet 発売日: 2016/11/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (6件) を見る ヒメアノ~ル コミック 1-6巻セット (ヤングマガジンコミックス) 作者: 古谷実 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/…

映画『犬ヶ島』を観て思ったこと

犬ヶ島 (字幕版) 発売日: 2018/07/20 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (2件) を見る 犬ヶ島 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2019/01/23 メディア: Blu-ray…

映画『コーヒー&シガレッツ』を観て思ったこと(レビュー)

// コーヒー&シガレッツ [DVD] 出版社/メーカー: 角川映画 発売日: 2010/04/16 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 21回 この商品を含むブログ (33件) を見る コーヒー&シガレッツ(字幕版) メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る

映画『フィールド・オブ・ドリームス』を観て思ったこと

// フィールド・オブ・ドリームス (字幕版) 発売日: 2014/01/02 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る フィールド・オブ・ドリームス [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2013/11/06 メディア: Blu-ray この商品を含…

映画『ロスト・イン・トランスレーション』を観て思ったこと

ロスト・イン・トランスレーション [DVD] 出版社/メーカー: 東北新社 発売日: 2004/12/03 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 114回 この商品を含むブログ (593件) を見る ロスト・イン・トランスレーション [DVD] 出版社/メーカー: アーティストフィルム 発…

映画『ラブ・アクチュアリー』を観て思ったこと

// ラブ・アクチュアリー [AmazonDVDコレクション] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2019/03/22 メディア: DVD この商品を含むブログを見る ラブ・アクチュアリー [Blu-ray] 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/04/24 メディア: Blu-ray …

映画『(500)日のサマー』の感想〜ヒロインの女の子はなぜ「サマー」という名前だったのか?その名前が意味するものとは何か?

以前僕は『ブルー・バレンタイン』という夫婦の愛を描いた素晴らしい映画を紹介しました。 www.nonbiri-happy.com ちょうど同じような時期に公開された、これまた素晴らしい恋愛映画があるので今回はその話をしたいと思います。 それは『(500)日のサマー』…

映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の感想〜「ストレンジャー」とは誰のことを指しているのか?「パラダイス」とは何のことを指しているのか?

今回は1984年に公開され、世界中に一大センセーションを巻き起こしたジム・ジャームッシュ監督の『ストレンジャー・ザン・パラダイス』という映画を取り上げたいと思います。知ってる人は知ってると思うけど、これはものスゴイ映画です。ヴィム・ヴェンダー…

映画『桐島、部活やめるってよ』の感想〜なぜ野球部のキャプテンはスカウトが来ないとわかっているのに野球をやめようとしなかったのか?

僕が今まで観てきた邦画の中で最も好きな作品『桐島、部活やめるってよ』について僕なりの感想を述べています。結果よりも「何かに熱中すること」の方が大事なのではないかということを書いています。

映画『ブルー・バレンタイン』の感想〜「この映画はくれぐれもご主人や奥さんと一緒に観ないように!」と僕が警告する理由とは?

昨日、僕は韓国映画『あなた、その川を渡らないで』という作品を紹介しました。 同じく「夫婦の愛」を扱った映画で、もう一本素晴らしい作品があります。それは『ブルー・バレンタイン』という映画です。こちらも夫婦が主役。でも、この二つの作品は何から何…

映画『あなた、その川を渡らないで』の感想〜「この映画はぜひご夫婦そろって観るべき!」と僕が思った理由とは?

韓国で低予算のドキュメンタリー映画でありながら異例の大ヒットを記録した作品、『あなた、その川を渡らないで』という作品について書いています。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の感想〜すべての夢追い人に向けられた涙もののメッセージとは何か?

「好きな映画は?」と聞かれたときに、真っ先に頭に浮かぶのがこの映画です。もうあまりにも好きすぎてしまっているので、そのことについてどう書いたらいいのかさっぱりわかりません。ストーリー、脚本、キャスト、音楽、美術、セリフ、そして「バック・ト…