シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

投資

企業経営に「絶対にこれからも安泰」ということはない

むかしの「フォーチューン500」とかを見るとおもしろいね。 自動車産業って、ずっとアメリカ経済を支えてきたことがよくわかる。 GMなんかずーっと1位だもんね。 ところがベルリンの壁が崩壊した1990年代入ったあたりから、風向きが変わってきちゃった。 そ…

不動産投資は「待つ」ことや「休む」ことも大切

不動産投資において大事なことは「待つ」ことと、「休む」ことだと思う。 もちろん「攻める」ことも大事なのだが、市場というのは常に波のように動くもの。 いつでもかつでも、ただ闇雲に物件を取得すればいいというわけではない。

「貯金は安全だ」といったい誰が言った?

僕は『もしかしたら貯金がいちばん危険な投資なんじゃないか?』と思うときがある。 僕がここで言ってる貯金というのは「老後のために貯めておくお金」のことである。

投資にも「不安」が必要という話

僕は資本主義が行き着くところまで行き着いてしまったんじゃないかと最近、思っている。 だからこんなに低金利&低成長なんじゃないかと…

資本主義にはもうフロンティアがなくなってしまったのではないだろうか

僕が尊敬して止まないウォーレン・バフェット氏。 アップルの株を大量に購入したりして、相変わらず話題には事欠かない。

不動産投資の成功と頭の良さはあまり関係ない

アパート経営はいろんな人やモノの力を借りることによって成り立っている稼業だ。 ・収益物件 ・物件を紹介してくれる不動産会社 ・お金を貸してくれる銀行 ・物件を管理してくれる管理会社 ・家賃を払ってくれる入居者 ・内装業者 ・税理士 etc… だから僕み…

不動産オーナーは「契約」というものによって守られている

お金がピンチになってきたら「買い物を控えよう」とか「外食をやめよう」とか色々な節約する方法がある。 不動産投資のスゴいところはそういう余地がないこと。

不動産投資においては正しい選択よりも実利が大事

「地方は人口流出が激しい。将来性がない。だから不動産投資は地方より都会でやるべき!」 まったくおっしゃる通りだと思う。 まったくもって正しい現状認識です。

不動産投資の最大の難関はいちばん最初にやって来る

不動産投資の最大の難関は最初にやってくる。 それは『銀行融資』だ。 特にアパートのような大型物件になれば、向こうも身構える。 一棟目よりも二棟目の方が厳しくなる。

不動産投資は「たくさん借りて、たくさん儲けて、たくさん返す」を優先させろ

不動産投資において僕は「銀行から目いっぱい借りること」を大切にしている。 みんな逆のことを考える。 「なるべく多く借りない方がいい」と考える。

不動産投資の成功しやすさについて僕が思うこと

僕は不動産投資で成功する確率は紙の資産へ投資する確率よりも高いと思っている。 個別株にしろ、アクティブ・ファンドにしろ、僕はミスターマーケットを相手に勝利を収める自信がない。

なぜ「投資はいざという時に役に立つ」と考える人が少ないのか?

一生懸命働くだけではお金持ちにはなれません。いちばん喜ぶのは会社の社長です。その不安を解消するのは投資です。投資を成功させれば会社の都合に左右されることはないという話を書いています。

職業欄に「投資家」と書いて幸せに生きることは意外に簡単だと思った5つの理由

僕が普通のサラリーマンから投資家になった経緯について書いています。僕はなぜ投資によってメシを食うことに惹かれたのか?投資をすることの魅力も書いています。

お金がほしい人はレバレッジを上手に使うことが大切

僕は37歳のときにそれまで勤めていた会社を辞め、自分で事業をスタートさせました。2011年の話です。 勤め人を卒業していちばん良かったなぁと思うことは、なんと言っても、自由な時間を持てるようになったことです。社会に出て働くようになると、自分の時間…

お金の方から近づいてくるような人になるためにすべきこと

僕には二人子どもがいるのですが、二人ともなぜか足がとっても遅いです。僕は子どもの頃から足がとっても速かったのに、僕の子どもはなぜか遅い。足の遅い二人を見ていて、つくづく思うことがあります。それは、 ふたりとも「走り方」がダメ __ということ…

資産運用の勉強こそが子供たちの希望につながるという話

今は『資産』を持っている人間が有利な時代です。資産というのは、 自分がさほど労力をかけなくても、自分のもとに何らかの収益をもたらしてくれるもの __のことです。成功した経営者は、「ビジネス」という資産を持っています。親のお金持ちのお坊ちゃん…

これからは誰もが会社に頼らないでお金を稼げるようにならなければいけない

変化の激しい今のような時代を賢く生き抜くためには会社や国家に依存しているだけではダメです。積極的に投資をして、会社が倒産したり、リストラされてしても大丈夫な状態にしておくことが重要ということについて書いています。

お金を循環させることに努めればどんどん豊かになる理由

節約をすることはいいことだと僕は基本的には思っています。しかし、その節約をすることが、単に「ケチな生き方をする」ということならば、僕はそれはちょっと違うのではないか?という意見を持っています。人間誰しも「見返りがほしい」と思っています。ど…

本当に賢いお金の使い方とはどのようなものか?について

僕はお金持ちと貧乏な人の両陣営からよく誤解をされます。それは僕が「投資」という手段をつかって生活をしているのにもかかわらず、「シンプルライフ」の素晴らしさを説いているせいです。投資と、シンプルライフ。この二つは一般的には「相反するもの」と…

「貯金する人は負ける」という言葉が正しいと僕が思う理由

日銀がマイナス金利を導入することを発表しました。これにより「貯金」というものを金科玉条のように捉えていた人は、根本的に考え方を改めなきゃいけないことになるかもしれません。僕は以前から、貯金だけに頼ることは危険なことだと思ってきました。「い…

「投資をしない」という選択にもリスクがあるという話

「アパート経営でメシを喰っています。」と言うと、必ずと言っていいほどこんなことを言われます。何億円も借金しなきゃいけないんですよね? 空室が発生したら、収入は0円になってしまうんですよね? よく、そんな危険なことできますよね? 僕には恐ろしく…

投資で失敗して自己破産しないために知っておくべきコト

塾で講師の仕事をしている僕の友人がある日、こんなことを言っていました。「頑張ればがんばった分、成績が伸びるというのは嘘ではないが、本当でもない」。そのことは塾講師なら誰もが知っていることである、と。だけど、本当のことを言ってしまったら、本…

僕が不労所得生活者になってはじめてわかったコト

これはよく言われていることですが、日本人には『お金を増やす』という概念があまりありません。日本人はどちらかといえば、『お金というのは貯めるもの』と考える傾向あります。これは日本独特の文化的側面が背景にあります。それは一面においてはとてもい…

給与以外の収入にサラリーマン全員がもっと注目すべき理由

これからはもう国や会社などはアテになどできません。どうにかして「自分でお金を稼ぎ出す方法」を見つけ出さなきゃいけない世の中になってきました。一流企業に勤めるサラリーマンの方は「これで安泰だ」と思っているかもしれません。しかし、どんな大企業…

収入を得る方法には2種類あることをあなたは知ってますか?

収入を増やすという言葉を聞いて、多くの日本人は『出世して、年収を増やす』ということをイメージします。要するに『仕事を一生懸命がんばることでお金を得る』ということです。これに対して、アメリカ人は収入を増やすという言葉を聞くと、『投資をして、…

労働から得たお金はいいお金? 投資から得たお金は悪いお金?

「不動産投資をやっています」と言うと、いまだに怪訝な顔をされることがあります。どうも、日本人は「投資」というものをマイナスのイメージで受け取る傾向があります。『それが日本人のいいところだ』という意見もあります。たしかに、勤勉さは日本人のい…

キャリアアップのための資格を取る意味について僕が思うこと

「キャリアアップ」という言葉がもてはやされています。みんな少しでもいい資格を取ろうと思って、必死になってスクールに通ったり、通信教育を受けたりしています。その資格を取れば、出世をするにも、転職をするにも有利になるというわけです。僕は基本的…

これを知ればあっという間にお金に恵まれるようになる!貧乏な人の4つの習慣

「お金がない!」という言葉をすぐ口にする人には共通したある特徴があります。彼らは知らず知らずのうちに「お金持ちになる人」とはかけ離れた習慣を身につけ、それを実践しています。だけど、彼らはそのことに気づいていません。もしもあなたが「お金持ち…

お金持ちの人はみんな投資をすることによってお金持ちになった

投資をするなんてとんでもない!…この言葉は投資を一度もやったことのない人と話をすると、よく出る言葉です。その人の頭のなかには、『投資は危険だ』という刷り込みがしっかりとされているのです。いったい彼らはどこでそのような刷り込みをされたのでしょ…

ビジネスのための借金だったら別に後ろめたさを感じる必要なくね?

僕はアパート経営をすることで生計を立てています。だから、当然のことながら、借金もいっぱいしています。日本は一生のうちで大きな借金といえば、「住宅ローンぐらいしかない」という人が大多数を占める国です。そうした国民性のなかで、僕みたいに住宅ロ…