サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

仕事

意外な事実! 「ドジな人が嫌い」という頑張り屋さんの心の奥底にひそんでいるヒミツについて

なんか世の中的に何でもバリバリ・テキパキとできる人が偉いみたいな風潮が漂ってるけど、僕はそれちょっと危険だと思っています。 ちょっとドジで、ポンコツぐらいの人の方が愛嬌があっていいような気がするんですよね。

【竹中平蔵に騙されるな!】 誰でも今すぐできる・90歳まで働かなくても済む究極の選択とは?

『財源がヤバイ→税金・社会保険料をもっと上げなアカン』結局これも(先の2,000万円問題も)、『恐怖を煽って国民をコントロールしよう』というお役人さんの炎上商法なんじゃないの?減税して、財政支出して、デフレから脱却すればいいんだよ。太郎ちゃん、…

AIやロボット技術がますます発展してゆくこれからの時代においてもっとも重要なスキルとは?

職場で「好かれる人」「評価される人」になるための4つのヒント という記事を読んだよ。

早く気づいて! 全国の労働者諸君よ、あなたはこんな間違いをしていませんか?

『副業』が推奨されはじめている。なぜ“起業”ではなく、“副業”が推奨されるんだろう?僕はそこに政官財のおじさん連中の陰謀を感じる。要するにあくまでも国民を「サラリーマン」として縛りつけておき、源泉徴収制度の枠の中にとどめておくということ。その…

真面目に働くだけではいつまで経っても本当の安定は得られない理由を述べます。

残念ながら、「会社のために真面目に働く」という方法論では根本的なお金の問題を解決できない。お金の問題を根本的に解決するためには① ビジネスを持つ② 資産を持つ③ その両方を持つこのいずれかを選択しなければならない。「仕事」とか「職業」だけでは本…

早く気づいて! 他人を金持ちにするために自分の労働力を使う不毛さから卒業する方法

暗い顔をして電車に乗ってるサラリーマンのおじさんがたくさんいる。彼らは根本的なお金の問題を解決しようとせず、働く→家に帰る→翌朝会社に向かう、を繰り返している。彼らは『(自分ではなく)他人を金持ちにするサイクル』の中にいる。それでは一向に自…

実はあんまり良くない制度!? 『同一労働同一賃金』が中小零細企業を苦しめる驚くべき理由

急に「同一労働同一賃金」と言われたところで、中小企業の経営者にはピンとこないかもしれない。 名前から受ける印象はたいそう良さげに見えるけど、中身を見てみたらなかなか大変なことになるような気がする。

経験者は語る! セミリタイアを成功させるうえで決して忘れないでほしいコト

セミリタイアが流行ってるけど、不動産投資にこだわらない方がいい。僕がはじめた頃と不動産を取り巻く状況が何もかも違い過ぎる。今ではいわゆる“いい物件”を取得するのは相当むずかしいはず。違うことを考えた方がいいと思う。僕の場合はたまたま時代が良…

自由に生きたいと願うリーマン必見! よい人生を送るためには不動産投資が最適な理由

僕はサラリーマンをしていた頃、何かに急き立てられるように忙しい日々をおくっていたんだよね。そして、そういう生き方に何も疑問を持っていなかった。 社会に出たらみんなそうやって朝から晩まで忙しく働くものだと思っていたし、それ以外の生き方があるな…

実際に達成した張本人が解説! 『経済的自由』を手に入れるためにクリアしておかなければならないこと。

僕が法人成りをしたのは2010年の12月のこと。 あれから約9年くらいの年月が過ぎた。 9年法人を経営してきてつくづく思うのは『この世の中にはラクして稼ぐっていうものはない』ということです。 くれぐれもそれだけは言っておきます。

一生懸命働いても問題が解決されるわけではない

会社のために身を粉にして働けば、多少は出世するかもしれない。 多少は年収がUPするかもしれない。 しかし、人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということ。

お金を受け取る側ではなく、自らお金を生み出す側にまわれ

『自らお金を生み出す側にまわれ!』 今、求められているのは結局これだと思う。

「もう少しゆっくり働きたい」と願うことについてあなたはどう思いますか?

過労死はうつ病、自殺などが問題になっています。その全てが仕事に原因があるわけではないと思いますが、でも働きすぎは明らかに人間に悪影響を及ぼします。もう少しスローな働き方をしてもいいのではないかということについて書いています。

売上を上げることだけに邁進するのは本当に正しいのか?問題

僕も事業をやってメシを食ってる人間ですが、過剰なまでに売り上げ至上主義に傾倒することは危険なことなのではないかということについて書いています。

起業するなら社会に出て揉まれてからにした方がいいという話

就活に代表されるような「就職」関連の話題はよく取り上げられますが、『起業』についての話題はほとんど取り上げられません。 それだけ、ニーズがないということなのでしょう。とくに若者のあいだでは「起業」なんていうのはまったく人気がなく、日本政策金…

会社に雇われる意味ってナニ?について今こそ改めて考えよう

2016年9月、電通に入社した新入社員の髙橋まつりさん(当時24歳)の自殺を受けて、労働基準監督署はこれを「過労による自殺労災」と認定しました。 電通といえば、学生のあいだで特に人気のある大企業の一つで、電通に入社することはある種のステータスのよ…

仕事ばかりの人生を後悔しないためのマインドセット

いくら医療が発達してきたとはいえ、僕たちの一生というのはせいぜい80年前後。 しかも、多くの人はその80年という時間のほとんどを『仕事』に費やします。そう考えてみると、家族と一緒に過ごす時間とか、余暇を楽しむ時間とか、自分の趣味の時間というのは…

逃げることの大切さをすべての会社員は忘れてはいけない

2016年話題になったドラマといえば、なんと言っても『逃げるは恥だが役に立つ』。僕もハマりました。 ところで、この「逃げるは恥だが役に立つ」という言葉。ちょっと気になったんでググってみました。どうやらハンガリーのことわざらしく、 恥ずかしい逃げ…

Amazonで買える!役に立つオススメのビジネスグッズ19選

脱サラ・起業して、自分の会社をつくり、一応オフィス・スペースも自宅に設けました。サラリーマンをしていた頃もそうでしたが、このビジネス・仕事をするうえで欠かせないのが『役に立つビジネスグッズ』です。今はむかしと比べものにならないほど、ユニー…

脱サラ起業者を応援してくれるオススメのサポート・ツール

僕は2011年に脱サラ・起業しました。だから、独立開業する人の気持ちがよくわかります。はっきり言って「会社」という後ろ盾がなくなるのは、とっても恐ろしいことです。誰も助けてくれないし、誰も守ってくれません。1から10まで何もかも全部自分で処理しな…

個人事業主や会社の会計を支援してくれるサービスまとめ

個人だろうが、法人だろうが関係なく、事業をやる人にとって最も大事なことといえばなんと言っても『税金』です。この税金の取扱いいかんによっては、商売の結果が全然違ってきます。しかも、税金というのは非常にわかりづらいシステムになっています。 だか…

転職するなら売り手市場の今! オススメの転職支援サイト5選

電通に勤めていた東大卒の女性社員が自殺したことが大きな話題になっています。何も自殺するまで会社のために働く必要ないのに…。僕はある一つの会社に恩義を感じて、忠誠を誓って働くなんて時代はもうとっくに終わったと思っています。いまの時代、会社を辞…

楽天に出店するまでの流れと楽天にお店を出すメリットまとめ

脱サラして独立開業・起業を志している人も大勢いらっしゃるでしょう。インターネットの普及に伴い、「ネット起業」をする人も増えてきました。その中でも、『ネットショップをやってみたい!』という声もたくさんあります。しかし、いきなり自分ひとりでネ…

「地方移住したいけど仕事がない…」という人のための支援サービス

『里山資本主義』という本がベストセラーになったりして、今、なにかと『地方』が注目を集めています。 しかし、いくら地方で暮らしたい、仕事をしたいと思ってもいったい何からはじめたらいいのか困ってしまいますよね? でも、ご安心を! 「地域おこし協力…

フリーランスで働きたいエンジニアのためのおしゃれな就職サービス

サラリーマンとして、組織のなかで生きるか フリーランスになって、自由に独立した存在として生きるか さて、あなたはどちらの生き方を選びますか? フリーランス志向の方は是非、今回ご紹介する「ギークスジョブ」というサイトを利用してみてほしいと思いま…

「地元に戻って就職したい」という人は必ずチェックすべき転職サービス

「地元に戻りたい」「移住したい」という声はよく耳にします。でも、そのほとんどが「だけど、仕事がない」という悩みを同時に抱えていたりします。__そんなニーズを受けて、近年。急成長している転職エージェントがあります。 それが『ワークポート』です…

会社にしがみつかない生き方を実践するために何をすべきか?

www.nikkei.com こんな一生に一度あるかないかの大型台風の最中に従業員に出社させる日本。日本人は真面目?勤勉は美徳?ふざけるなと言いたい。それから従業員を危険な目に合わせてまで働かせてこの低成長率?このGDP?「もはやデフレじゃない」というのな…

会社をすぐ辞める若者に脱サラの先輩として言っておきたいコト

いつの時代もそうですが、『若者』というのは「若い」ということだけで攻撃の対象となります。僕も若い頃(驚くべきことに、僕はもう40歳を超えてしまったのです!)、散々おじさんたちに攻撃されました。今、思い返してもはらわたが煮えくりかえるようです…

知っておいてほしい!「安定志向も危険だよ。」という話

「安定」ばかりを追い求めて、リスクを避けてばかりいると、かえってリスクに遭遇する確率が高くなります。特に今みたいな激動の時代においては、安定思考だけでは危険です。僕は『自由』というものを何よりも愛し、尊重する人間です。でも社会というのは、…

真面目な働き者ではいつまでたってもお金持ちにはなれない!

今回の記事では「出世したりして年収が増えることと、お金持ちになることは根本的に違う」という話をしたいと思います。銀行マンや税理士、ファイナンシャル・プランナーと呼ばれる人たちは間違いなく『お金のプロ』です。彼らはとても頭のいい人たちです。…