サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生哲学

悪いことは環境や状況が生み出すのではなく、自分の中の〇〇が生み出すという話

本当の知恵とは学歴や資格のことではなく、『人生は自分の心が創っている』という法則に気づくことだと僕は思ってるよ。 現在の自分はこれまで何を考えてきたかの結果。 だから未来の自分はこれから何を考えるかによって変わってゆくってカンジかな。

多くの人がいまだに気づいていない! 過去や未来よりも現在を大事にした方がいい理由

過去にどんなにツライことが遭ったとしても、今が良ければ全てクリアになってしまうもの。今がハッピーな人は「あの時、大変な目に遭ったおかげで助かった。それが今につながってる」って言うもの。過去に何が起きたが重要なんじゃない。今、どうするかが重…

地獄のような現実を引き寄せるのは、〇〇というような考え方をしているからだ!という話

天国や地獄って死んでから訪れるものじゃないんだよね。 生きてるうちから天国を味わってる人もいれば、生きてるうちから地獄を味わってる人もいるんだ。 その人の顔つきを見ればそれはすぐわかるよ。

気づいてますか? 勝てる分野を探してそこで勝負した方が100倍うまくいく驚きの理由とは?

僕は不動産投資でメシを食ってるけど、なぜそれを選んだのかといえばそれが勝てる分野だと思ったからなんだよね。いちばんうまくやれるという確信があったから。人にはそれぞれ「自分に合った道」ってものがある。ラーメンをつくることがうまいやつは寿司屋…

えっ、知らないの!? 試練や困難は神様から与えられた人生を飛躍させるチャンス! その理由とは?

器用貧乏って言葉あるよね。割となんでもできちゃう人って要注意。『そこそこ・普通・平均的』という場所は居心地がいい。でもそれは罠なんだよね。そこから上昇できないまま人生が終わってしまう可能性がある…だから劣等感とか欲求不満ってめっちゃいいこと…

あなたも知らず知らずのうちにやってる! 初めて明かす人間が不効率なことを選択してしまう心理の正体

「製薬会社でいちばん何にお金を使ってると思う?」って聞かれたら、みなさんはなんと答えるだろう。 ほとんどの人が「そりゃ、研究開発費に決まってるでしょ!」と答えると思う。 でもこれが実は違うというお話・・・

実際にセミリタイアしてみてわかった! 『自由な時間』はいちばん大切な資産である驚きの理由

1日の終わりにどれだけリラックスできて、「ああ、今日も幸せだったな」と思いながらぐっすり眠れるか。結局のところ幸せってそれだよね出世やモノの所有、金銭的な達成感に躍起になるのもいいけど、そのしっぺ返しとして『多大なるストレス』を抱えたら意味…

私、バカでした! 勤め人よりも法人の方が有利であるということを知らずにいたなんて…

学校では生徒に「勤め人になれ」と教える。決して「事業家になれ。法人をつくれ」とは教えない。でもサラリーマンの手取りは税金や社会保険料などを差し引かれたあとの残り。その残金で勝負しなきゃいけないから飛躍する可能性が低くなる。それに対して法人…

もう悩まなくていい! 「幸せはいつも目の前にある」ということを実感する方法

幸せというのは頑張ったり見つけたりするものじゃないと僕は思ってるよ。 もうすでにみなさんは幸せを手にしているんだよ。 みなさんを幸せにするものはもうすでに持ってる。 そのことに気づいてないだけだよ。

人生を豊かに幸せに生きてる人の多くが「フィジカル」をとても重視している。その理由とは?

お金の悩み、仕事の悩み、人間関係の悩み、将来の悩み、、、、 みんないろんな悩みを抱えていると思うけどさ、人生の先輩として何か言えるとしたら『とにかく身体を動かせ!』ということだね。笑

自分の人生を飛躍させるためにはときには人間関係で悩むことも必要です。その理由とは?

人間関係に悩んでる人はぜひ「緊張感や刺激があってかえってOK」と考えてみよう。 僕はこれを燃料にして脱サラするエネルギーに変えたよ。

だから幸せになれる! 僕がいつまでも夢を追いかけ続ける側でいた方がいいと思ってる驚きの理由

自分のやることを「何をやってもOK」にしておくと、いいことばっかり起きるよ。 人生は短いんだ。 思いっきりワガママに、自分勝手に生きようじゃないか。

これが現代社会を賢く生きる知恵! 「シンプルに生きる」ということを実践した方がいい理由について

今の世の中はあまりにも混沌としているよね。 いったい何が正解で、何が間違っているのかもわからない。 選択肢もいっぱいあって、情報もあふれかえっている。 そんな世の中で不安な気持ちに陥ってる人も多いと思う。 そんな時こそ「ごちゃごちゃしたもの」…

これだけは知っておくべき! 本当の幸せとはどういう状態のことをいうのかについて僕の思うコト。

人間の幸福って「こういう状態になれば」といったような外側の部分では決まらないと思うよ。 若い頃は気づかなかったんだけどね。笑 なんというか、問題は中身というか、『コンテンツ』だよね!

これは驚愕! 世間一般に思われてる安定した人生を送る方法が本当はまったく安定していない理由

親や先生は子供たちをお金の面で不幸にすることばかり教えている。日本の税制は明らかに勤労所得者に不利、事業者(経営者)に有利になっている。にも関わらず、子供たちに「勤め人になれ。商売人になるなんてバカなことを夢見るな」と教える。そして子供た…

これは盲点だった! あなたのその悩みは自分を〇〇しすぎることが原因なんじゃない?という話

また失敗するんじゃないかまた笑われるんじゃないかまた恥をかくんじゃないかそうやって常に自分自身への監視の目をゆるめないでずっと自分を見張りつづけるのはもうやめよう。自分を自由にさせてあげて。放牧してあげよう。本当は思いきって何でもできる。…

早く気づいて! 他人を金持ちにするために自分の労働力を使う不毛さから卒業する方法

暗い顔をして電車に乗ってるサラリーマンのおじさんがたくさんいる。彼らは根本的なお金の問題を解決しようとせず、働く→家に帰る→翌朝会社に向かう、を繰り返している。彼らは『(自分ではなく)他人を金持ちにするサイクル』の中にいる。それでは一向に自…

その発想はなかった! 人生の前半は「負け」で折り返したほうがいい理由をご存じですか?

僕は不動産会社の営業マン時代、ほぼ休みなしだったんだけど、それは会社がブラック企業だったとかそういうことではない。 とにかく忙しかったんだ。

どうせ苦労するならこっちの方がいい! 僕が脱サラ起業する道を選んだ理由を正直に話します。

ドナルド・トランプは4回破産している。ウォルト・ディズニーも2度会社を潰している。だけど、向こうはセカンド・チャンスがある敗者復活があるこの土壌が起業者精神を芽生えさせ、GoogleやAmazon、アップルなどを誕生させた。日本は「借金=悪」と考える。…

不動産投資が「のんびり生きたい」と望む人にとってもっとも最適な選択である理由

はっきり言って、僕が実践している晴耕雨読な生き方は中途半端な生き方だよ。矛盾した生き方だ。

自由に生きたいと願うリーマン必見! よい人生を送るためには不動産投資が最適な理由

僕はサラリーマンをしていた頃、何かに急き立てられるように忙しい日々をおくっていたんだよね。そして、そういう生き方に何も疑問を持っていなかった。 社会に出たらみんなそうやって朝から晩まで忙しく働くものだと思っていたし、それ以外の生き方があるな…

何かを得ようと思ったら、〇〇を受け入れなければならないという話

不動産投資に興味のある人は「何か」を捨てなきゃいけない。東京都内で利回り20%以上の築浅のアパートなんて出てこない。出てきたとしてもすぐに売れちゃう。地方、再建築不可、全空物件、築古、三点ユニット、etc…だけど利回り20%とかね!すべて思い通りに…

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。 古い世代が言うのは構わない。 若い世代からも言われる。

大切なことは足し算ではなく、引き算

若い頃は『足し算』ばかりしていた。 お金も、出世も、人脈も、あれもこれもいっぱい手に入れて、大量に抱え込めばそれが幸福に直結すると思っていた。 でもそれは間違いだった。

いろんなものを抱え込みすぎて、エネルギーを分散させるな

僕は『自分の中のエネルギーをあちこち使いたくない』と思っている。 人生には考えなければならないことや、会わなければならない人、行かなければならないところがいっぱいある。 これ以上増やしてどうする?

本当の贅沢とは何だろう?

本当の贅沢とはタワマンや高級外車だろうか。 役職や社会的地位だろうか。 そういうのはもう古いんじゃない?

好きに生きるということはラクに生きるということではない件

好きなことをして生きるということは決してラクに生きるということではありません。時にはリスクを承知で飛び込んでいかなければならないことがある、ということを書いています。

仕事ばかりの人生を後悔しないためのマインドセット

いくら医療が発達してきたとはいえ、僕たちの一生というのはせいぜい80年前後。 しかも、多くの人はその80年という時間のほとんどを『仕事』に費やします。そう考えてみると、家族と一緒に過ごす時間とか、余暇を楽しむ時間とか、自分の趣味の時間というのは…

腐らないで頑張る。←これを意識すれば自分を変えることができる理由

今日は大晦日ですね。今年、最後の記事です。 みなさん今年一年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします!今年最後の記事ということで、少しポジティブなことを書いてみようと思います。 目次 僕は悩み多きサラリーマンだった 自分を磨く…

生きる態度によって人生は大きく変わるという話

人生というのはキャンバスのようなもの。僕たちはそのキャンバスに、思い思いの絵を描くのです。 その絵がどれほど素晴らしい絵になるかは誰にもわかりません。でも、描き続けているかぎり、「良くなるかもしれない」という可能性だけはいつまでも失われませ…