シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

不動産投資

『不動産投資』をはじめるべきタイミング・はじめてはいけないタイミング

今、いたるところで『不動産投資が熱い!』という話を耳にする。 本や雑誌、テレビでもいつも不動産投資の特集が組まれ、ネットでもその話題で持ちきりである。 リーマン・ショックの引き金をひいたのは、元はと言えばアメリカの住宅バブルの崩壊だった。 サ…

不動産投資について多くの人が誤解しているコト

不動産投資というと、「怖い」というイメージがすっかり定着してしまった感がある。 でも本当に怖いのは不動産投資そのものではなく、自分で何をやっているのかわからないまま進んでしまうことだと僕は思っている。 確かに不動産は高額だ。 何千万円も、下手…

融資において、積算価格で判断する銀行は果たして正しいのか問題

銀行は積算価格を気にする。 だから古い物件などへは融資したがらない。 その物件が「リーシングが比較的容易で、空室になってもすぐ決まる物件かどうか」よりも、土地の評価額がいくら? 建物の評価額がいくら?という方を優先する。 でも僕に言わせれば、…

物件探しをするときの最重要アイテム、『登記簿謄本』から見えてくるコト

収益物件を探す際に『登記簿謄本』を隈なくチェックするのは基本のキだ! まさか怠ってる人、いないだろうね…

地方でアパート経営をする場合の最重要事項とは何か?

不動産投資は都会でやるのと、地方でやるのとではあらゆる面で違うものだ。 そして地方でアパート経営をやり、長期にわたって安定的な賃貸経営をするうえにおいて必ずクリアしておかなければならない最重要事項がある。

不動産投資は「待つ」ことや「休む」ことも大切

不動産投資において大事なことは「待つ」ことと、「休む」ことだと思う。 もちろん「攻める」ことも大事なのだが、市場というのは常に波のように動くもの。 いつでもかつでも、ただ闇雲に物件を取得すればいいというわけではない。

不動産投資の成功のコツは、まず「人と仲良く」することから

ここが不動産投資のおもしろいところでもあり、また(人によっては)すごくむずかしいところでもあるのだが、『不動産投資は人が絡む』ということを憶えておこう。 不動産投資はパソコンの前に座ってカチッとクリックすれば資産が手に入るようなものではない…

「いい物件」が出はじめたときに果たして融資してもらえるのか問題

世の中が不景気になり、経済が下降線をたどり始め、銀行が貸し渋るようになってきたら、いよいよチャンスだと僕は思っている。 そして、そういう時以外にいわゆる『おいしい物件』をゲットできるチャンスはほとんどないと思っている。

不動産投資の成功と頭の良さはあまり関係ない

アパート経営はいろんな人やモノの力を借りることによって成り立っている稼業だ。 ・収益物件 ・物件を紹介してくれる不動産会社 ・お金を貸してくれる銀行 ・物件を管理してくれる管理会社 ・家賃を払ってくれる入居者 ・内装業者 ・税理士 etc… だから僕み…

リフォームをするときのポイントは「それをやる価値が本当にあるのか?」の見極め

不動産投資の面白いところは『自分で投資リターンそのものを変化させることができる』ということ。 例えばリノベーション。

不動産オーナーは「契約」というものによって守られている

お金がピンチになってきたら「買い物を控えよう」とか「外食をやめよう」とか色々な節約する方法がある。 不動産投資のスゴいところはそういう余地がないこと。

不動産投資においては正しい選択よりも実利が大事

「地方は人口流出が激しい。将来性がない。だから不動産投資は地方より都会でやるべき!」 まったくおっしゃる通りだと思う。 まったくもって正しい現状認識です。

僕は北海道にこだわっていたから勝つことができた

不動産投資だけで生活するのは簡単なことではない。 じゃあ、何故そんなことができるのか?といえば、意外な答えが頭に浮かぶ。 それは『北海道に限定しているから』というものだ。

不動産投資の最大の難関はいちばん最初にやって来る

不動産投資の最大の難関は最初にやってくる。 それは『銀行融資』だ。 特にアパートのような大型物件になれば、向こうも身構える。 一棟目よりも二棟目の方が厳しくなる。

「不動産投資には未来がない」ということになった場合、僕はどう考えるかについて

僕はもうこれ以上、所有不動産を売却はしない(はず)けど、『もしも売却益が出ても利益を圧縮する方法』ってないのかなぁ。ある訳ないよね…

不動産投資は「たくさん借りて、たくさん儲けて、たくさん返す」を優先させろ

不動産投資において僕は「銀行から目いっぱい借りること」を大切にしている。 みんな逆のことを考える。 「なるべく多く借りない方がいい」と考える。

消費税が10%になることは不動産投資にどう影響するのか

消費税が10%になったら不動産投資にどのような影響があるのか?という、限定的に『駆け込み需要』が発生すると思う。 1億円の建物だったら、納める消費税が800万円→1,000万円になるのだ。 そりゃ、消費税8%のうちに決済してしまいたいと思うもの。

不動産投資の成功しやすさについて僕が思うこと

僕は不動産投資で成功する確率は紙の資産へ投資する確率よりも高いと思っている。 個別株にしろ、アクティブ・ファンドにしろ、僕はミスターマーケットを相手に勝利を収める自信がない。

サラリーマンこそ不動産投資をやるべきだと僕が思う4つの理由

今、不動産投資には追い風が吹いています。マイナス金利政策の影響もあり、今不動産投資はブームになっています。そんな時代の中で不動産投資でメシを食っている僕が不動産投資のメリットとデメリットを書きました。

アパートの大家の仕事を円滑にすすめるために必要な資質とは?

アパートの大家さんとして長期間にわたってやっていくにはどのような資質を持っておくべきなのかということについて書いています。

不動産投資に興味のある人向け!アパート経営をサポートしてくれるサービス特集

アパートの大家をやろうと思っても自分一人だけだと何かと不安なものです。今は様々な不動産投資をやろうとする人をサポートするサービスがあります。そのサービスを紹介しています。

不動産投資をフルローンでやってはいけないと僕が警告する理由

今は銀行が不動産に対する審査が緩くなっている時期です。低金利でも借りられます。だけどだからこそ気をつけなければならないのです。特に手残りが少ないフルローンで組むのは大変危険、ということについて書いています。

日銀のマイナス金利政策のせいで不動産投資界隈がヤバいことになってる件

ドナルド・トランプ大統領が先日、「日本は為替を操作している」と発言してちょっとした話題になりましたね。 この「為替」というものに大きく影響を及ぼしているのが今回の記事のテーマ、『日本のマイナス金利政策』です。実は僕はドナルド・トランプと同じ…

昨今の不動産価格の異常な高さを見て僕が思うこと

不動産投資物件の値段が高騰し続いています。さながら、バブルの様相を呈してきました。警戒が必要です。今は物件取得に動くべき時期ではないのかもしれません。 安く買って、高く売る …いつの時代も商売の基本はこれです。高く商品を仕入れてしまったら、商…

首都圏だったらアパートじゃなくてマンションに投資しよう!

日本経済新聞などによると、ここ最近、賃貸アパートの空室がどんどん目立つようになってきているそうです。 首都圏の場合は、アパートの空室率は30%を超えているとも言われ、東京23区よりも神奈川県の空室率が特に高くなっているそうです。ある調査機関によ…

うちの会社で所有してる5つの物件大公開!

うちの会社は現在5棟74部屋の物件を所有しています。その5つの物件から家賃収入を得ることによって、僕は生活をしているわけです。その5つの物件を具体的に書くことはできないのですが、サクッと「こんな物件ですよ!」という程度に紹介したいと思います。は…

競争に勝つことばかりを考えて生きることになぜ僕は嫌気がさしたのか?

負けず嫌いであることは悪いことはありませんが、度が過ぎると、身を滅ぼす場合があるので注意しなくてはなりません。誇大妄想と自己嫌悪は、コインの裏表のようなものなのです。 今日はどちらの面がオモテになるかわかりません。新聞やテレビのニュースでも…

アパートの修繕工事の見積もりが簡単に取れるサービス特集

不動産投資はただ物件を取得すれば「はい、終わり」というわけではありません。長期にわたって安定した賃貸経営を行うためには、アパートの大家さんはきちんと自分の物件をメンテナンスしなければなりません。アパートの大家が手をかけなきゃいけないのは室…

初心者の人にこそ読んでほしい!僕が不動産投資を始めたきっかけ

僕は不動産投資でメシを喰っています。いわゆる「専業大家」です。サラリーマンをしながらアパート経営もやっているという「兼業大家」ではありません。「それで飯が食えるの…?」と疑問に思われる方もたくさんいらっしゃるでしょう。でもできるんです! た…

不動産投資と株式投資などを比較すると見えてくるもの

最近、とくに投資関連のトピックがにぎわいを見せていますよね? 今はもう以前のように「ただ真面目に勤めていれば、それだけで会社が面倒を見てくれた」という時代ではありません。だから、自分の身は自分で守らにゃいかん!とばかりに、みんな投資に目が向…