サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

2018-11-07から1日間の記事一覧

上質なものを少なく・・・という考え方

『上質なものを、少なく…』 これが今、僕がもっとも大切にしている人生哲学。

僕は北海道にこだわっていたから勝つことができた

不動産投資だけで生活するのは簡単なことではない。 じゃあ、何故そんなことができるのか?といえば、意外な答えが頭に浮かぶ。 それは『北海道に限定しているから』というものだ。

不動産投資の最大の難関はいちばん最初にやって来る

不動産投資の最大の難関は最初にやってくる。 それは『銀行融資』だ。 特にアパートのような大型物件になれば、向こうも身構える。 一棟目よりも二棟目の方が厳しくなる。

「不動産投資には未来がない」ということになった場合、僕はどう考えるかについて

僕はもうこれ以上、所有不動産を売却はしない(はず)けど、『もしも売却益が出ても利益を圧縮する方法』ってないのかなぁ。ある訳ないよね…

不動産投資は「たくさん借りて、たくさん儲けて、たくさん返す」を優先させろ

「借金いくらあるの」って聞かれて正直に話すと驚かれる。人は借金というものが所得を生み出すという意味が理解できない。1億円の借金があると聞けば「1億円を返済している」という部分だけがクローズアップされ、その裏のリターンがイメージできない。それ…

消費税が10%になることは不動産投資にどう影響するのか

消費税が10%になったら不動産投資にどのような影響があるのか?という、限定的に『駆け込み需要』が発生すると思う。 1億円の建物だったら、納める消費税が800万円→1,000万円になるのだ。 そりゃ、消費税8%のうちに決済してしまいたいと思うもの。

体を鍛えれば腰痛が改善されるわけじゃない

僕は腰痛持ちなんだけど、腰痛ってスポーツを一生懸命やれば解決する問題じゃないんだって。 むしろ激しくやれば腰痛を悪化させることもあるそう…

お役人は今もむかしも質素倹約につとめる気はないらしい

先日の『西郷どん』で政府の財政危機をどうするか?と問われた西郷隆盛が「お役人自ら質素倹約につとめればいい」と言って、ひんしゅくを買う場面があった。 こういう発想は今のお役人にもない。

「やさしいだけの父親」は子どもの自立の妨げになるのかもしれない

僕も父親とはソリが合わなかったけど、それってよく考えたら『通過儀礼』だったのかもしれない。 父親になってそう強く思う。

不動産投資の成功しやすさについて僕が思うこと

僕は不動産投資で成功する確率は紙の資産へ投資する確率よりも高いと思っている。 個別株にしろ、アクティブ・ファンドにしろ、僕はミスターマーケットを相手に勝利を収める自信がない。