シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

人類が豊かになればなるほどアレルギー患者が増えるという説

僕もアレルギー体質で、花粉症と喘息に悩まされている。 僕のまわりでもアレルギーのことで悩んでいる人が非常に多い。 近年になってなぜこんなにアレルギー体質の人が増えたのか? それには『免疫』というカラダの機能がバランスを崩しはじめたことが原因と…

なぜ近年、アレルギーになる人がこんなに増えたのか?

清潔にしすぎるとアレルギーになりやすいという話がある。 だから急速に都市化が進み、トイレも水洗便所になり、冷暖房完備で、気密性の高い住宅がバンバン建設されはじめた近年になって爆発的にアレルギー患者が増えたという話だ。

イヤなことにばかり目を向けて生きるのはやめよう!

人生にはイヤなことがたくさん起きる。 でも、だからってそのイヤなことをずっと引きずってたらダメだ。

リフォームをするときのポイントは「それをやる価値が本当にあるのか?」の見極め

不動産投資の面白いところは『自分で投資リターンそのものを変化させることができる』ということ。 例えばリノベーション。

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。 古い世代が言うのは構わない。 若い世代からも言われる。

あれこれ言ってくる人の言うことを間に受ける必要はない

「そんなことしたら〇〇になっちゃうよ〜」 「そんなこと言ったら、みんなから〇〇って言われちゃうよ〜」 親切心ならいいんだけど、たまに『その人の正義』を押し付けてくる人がいて困る…

大切なことは足し算ではなく、引き算

若い頃は『足し算』ばかりしていた。 お金も、出世も、人脈も、あれもこれもいっぱい手に入れて、大量に抱え込めばそれが幸福に直結すると思っていた。 でもそれは間違いだった。

お金と自由の両方がバランス良く得られる人生にしよう

僕はお金と自由(ストレスフリーな生活含み)の両方が絶妙のバランスの上に成り立ってる人生を送りたい。 年収がいくら高くても、仕事に追われて家族と過ごす時間がないという人生もツライ。 かと言って、自由な時間はたっぷりあるけど貧乏というのもツライ。

不動産オーナーは「契約」というものによって守られている

お金がピンチになってきたら「買い物を控えよう」とか「外食をやめよう」とか色々な節約する方法がある。 不動産投資のスゴいところはそういう余地がないこと。

一生懸命働いても問題が解決されるわけではない

会社のために身を粉にして働けば、多少は出世するかもしれない。 多少は年収がUPするかもしれない。 しかし、人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということ。

いろんなものを抱え込みすぎて、エネルギーを分散させるな

僕は『自分の中のエネルギーをあちこち使いたくない』と思っている。 人生には考えなければならないことや、会わなければならない人、行かなければならないところがいっぱいある。 これ以上増やしてどうする?

お金を受け取る側ではなく、自らお金を生み出す側にまわれ

『自らお金を生み出す側にまわれ!』 今、求められているのは結局これだと思う。

本当の贅沢とは何だろう?

本当の贅沢とはタワマンや高級外車だろうか。 役職や社会的地位だろうか。 そういうのはもう古いんじゃない?

不動産投資においては正しい選択よりも実利が大事

「地方は人口流出が激しい。将来性がない。だから不動産投資は地方より都会でやるべき!」 まったくおっしゃる通りだと思う。 まったくもって正しい現状認識です。

人の縁(えん)は追いかけてもダメ

人と人の縁というのは互いに向かいあってはじめて成立する。 どんなにその人のことを追いかけても、その人がこちらに向かってきてくれなければ、それは『縁がなかった』ということ。

まだグローバル資本主義を続けますか?

グローバル化が進めば進むほど過当競争が激しくなり、企業はブラック化してゆく。 確かにAmazonやアップルやユニクロはものすごい利益だ。 でもそれらの企業の繁栄は本当に僕たちの幸せにつながっているのだろうか?

上質なものを少なく・・・という考え方

『上質なものを、少なく…』 これが今、僕がもっとも大切にしている人生哲学。

僕は北海道にこだわっていたから勝つことができた

不動産投資だけで生活するのは簡単なことではない。 じゃあ、何故そんなことができるのか?といえば、意外な答えが頭に浮かぶ。 それは『北海道に限定しているから』というものだ。

不動産投資の最大の難関はいちばん最初にやって来る

不動産投資の最大の難関は最初にやってくる。 それは『銀行融資』だ。 特にアパートのような大型物件になれば、向こうも身構える。 一棟目よりも二棟目の方が厳しくなる。

「不動産投資には未来がない」ということになった場合、僕はどう考えるかについて

僕はもうこれ以上、所有不動産を売却はしない(はず)けど、『もしも売却益が出ても利益を圧縮する方法』ってないのかなぁ。ある訳ないよね…

不動産投資は「たくさん借りて、たくさん儲けて、たくさん返す」を優先させろ

不動産投資において僕は「銀行から目いっぱい借りること」を大切にしている。 みんな逆のことを考える。 「なるべく多く借りない方がいい」と考える。

消費税が10%になることは不動産投資にどう影響するのか

消費税が10%になったら不動産投資にどのような影響があるのか?という、限定的に『駆け込み需要』が発生すると思う。 1億円の建物だったら、納める消費税が800万円→1,000万円になるのだ。 そりゃ、消費税8%のうちに決済してしまいたいと思うもの。

体を鍛えれば腰痛が改善されるわけじゃない

僕は腰痛持ちなんだけど、腰痛ってスポーツを一生懸命やれば解決する問題じゃないんだって。 むしろ激しくやれば腰痛を悪化させることもあるそう…

お役人は今もむかしも質素倹約につとめる気はないらしい

先日の『西郷どん』で政府の財政危機をどうするか?と問われた西郷隆盛が「お役人自ら質素倹約につとめればいい」と言って、ひんしゅくを買う場面があった。 こういう発想は今のお役人にもない。

「やさしいだけの父親」は子どもの自立の妨げになるのかもしれない

僕も父親とはソリが合わなかったけど、それってよく考えたら『通過儀礼』だったのかもしれない。 父親になってそう強く思う。

不動産投資の成功しやすさについて僕が思うこと

僕は不動産投資で成功する確率は紙の資産へ投資する確率よりも高いと思っている。 個別株にしろ、アクティブ・ファンドにしろ、僕はミスターマーケットを相手に勝利を収める自信がない。

映画『(500)日のサマー』の感想〜ヒロインの女の子はなぜ「サマー」という名前だったのか?その名前が意味するものとは何か?

以前僕は『ブルー・バレンタイン』という夫婦の愛を描いた素晴らしい映画を紹介しました。 ちょうど同じような時期に公開された、これまた素晴らしい恋愛映画があるので今回はその話をしたいと思います。 それは『(500)日のサマー』という映画です。 主演…

新機能「リアルタイム翻訳」が追加されたGoogle翻訳で僕が心から感動した8つのコト!

前回に引き続き旅行に関係する記事を書いてみようと思います。ハワイなんかに行った際にやっぱりいちばん困るのは「言葉の問題」ですよね。今の若い人たちは結構英語が得意な人が多くて、「え? 別に苦労してないッスけど?」って人も多いと思うけど、僕みた…

国民健康保険オンリーは危険すぎる!海外旅行には「海外旅行傷害保険」が必須だと思った10の理由

ハワイに家族旅行に行き、食中毒になりました。その際にアメリカの病院に行った時に感じた海外旅行傷害保険の大切さについて書いています。またアメリカと日本の医療サービスの違いなどについても書いています。

あなたはいくつわかる?北海道のおもしろ方言と訛り41コを道民の僕が解説してみた!【永久保存版】

僕は生まれも育ちも北海道。もうかれこれ40年以上道民です。北海道の方言はユニークなものがいっぱいあります。そんなおもしろい方言や言い回しを道民歴40年以上の僕が解説します。