シンプルに。自由に。

北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます🏠 不動産会社勤務を経て38歳で脱サラ起業し、セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログではお金、不動産投資、人生哲学、🎞映画レビューなんかを発信中。💹最近株式投資も開始。奥さん&中1小4男子(あと猫も😺います)と自由にのんびり暮らしてまーす😉

地方でアパート経営をする場合の最重要事項とは何か?

不動産投資は都会でやるのと、地方でやるのとではあらゆる面で違うものだ。 そして地方でアパート経営をやり、長期にわたって安定的な賃貸経営をするうえにおいて必ずクリアしておかなければならない最重要事項がある。

「良い欲」まで否定してはいけない

借金に「いい借金・悪い借金」の2つがある。 それと同じように、僕は人間の欲にも「いい欲」と「悪い欲」の2つがあると思っている。

人から「立派じゃない」と言われても気にするな!

自分のやることを「何をやってもOK」にしておくと、いいことばっかり起きるよ。 人生は短いんだ。 思いっきりワガママに、自分勝手に生きようじゃないか!

不動産投資は「待つ」ことや「休む」ことも大切

不動産投資において大事なことは「待つ」ことと、「休む」ことだと思う。 もちろん「攻める」ことも大事なのだが、市場というのは常に波のように動くもの。 いつでもかつでも、ただ闇雲に物件を取得すればいいというわけではない。

いつから労働者は『団結(=ユナイト)』を嘲笑するようになってしまったのか?

今の世の中、税金面でいちばん割りを食っているのは労働者だ。 給与所得者はその「給与を受け取る」と行為と同時に、問答無用で源泉徴収されてしまう。 日本はそういう制度設計になっているのだ。

混沌とした世の中で自分を見失わないために僕らがすべきこと

世の中はあまりにも混沌としている。 いったい何が正解なのかもわからない。 そんな世の中で不安な気持ちに陥ってる人も多いと思う。

不動産投資の成功のコツは、まず「人と仲良く」することから

ここが不動産投資のおもしろいところでもあり、また(人によっては)すごくむずかしいところでもあるのだが、『不動産投資は人が絡む』ということを憶えておこう。 不動産投資はパソコンの前に座ってカチッとクリックすれば資産が手に入るようなものではない…

「貯金は安全だ」といったい誰が言った?

僕は『もしかしたら貯金がいちばん危険な投資なんじゃないか?』と思うときがある。 僕がここで言ってる貯金というのは「老後のために貯めておくお金」のことである。

自分の身に起こるすべての出来事は、「今の自分」にふさわしい出来事

『すべての出来事は今の自分にふさわしい出来事』と考えてみたことありますか? つまり、いいことも悪いこともひっくるめて「すべて今の自分に必要な出来事である」と・・・ 僕は最近、そんなことをよく考えている。

投資にも「不安」が必要という話

僕は資本主義が行き着くところまで行き着いてしまったんじゃないかと最近、思っている。 だからこんなに低金利&低成長なんじゃないかと…

資本主義にはもうフロンティアがなくなってしまったのではないだろうか

僕が尊敬して止まないウォーレン・バフェット氏。 アップルの株を大量に購入したりして、相変わらず話題には事欠かない。

儲けのことばかり考えて、それを追求してゆくと損をする法則

「儲かるから」と言って漁獲し過ぎると、数年後に魚が獲れなくなる。 先日の『ガイアの夜明け』という番組でも魚が獲れなくなって困っている漁業関係者の特集をやっていた。

「いい物件」が出はじめたときに果たして融資してもらえるのか問題

世の中が不景気になり、経済が下降線をたどり始め、銀行が貸し渋るようになってきたら、いよいよチャンスだと僕は思っている。 そして、そういう時以外にいわゆる『おいしい物件』をゲットできるチャンスはほとんどないと思っている。

不動産投資の成功と頭の良さはあまり関係ない

アパート経営はいろんな人やモノの力を借りることによって成り立っている稼業だ。 ・収益物件 ・物件を紹介してくれる不動産会社 ・お金を貸してくれる銀行 ・物件を管理してくれる管理会社 ・家賃を払ってくれる入居者 ・内装業者 ・税理士 etc… だから僕み…

「ひとつのこと」にこだわり過ぎるのは必ずしもいいことじゃない

「これしかない!」と思うことには十分すぎるほど注意した方がいい。 それは恋愛、仕事、投資、人間関係、趣味、価値観… あらゆることに置き換えることができる。

イヤなことにばかり目を向けて生きるのはやめよう!

人生にはイヤなことがたくさん起きる。 でも、だからってそのイヤなことをずっと引きずってたらダメだ。

リフォームをするときのポイントは「それをやる価値が本当にあるのか?」の見極め

不動産投資の面白いところは『自分で投資リターンそのものを変化させることができる』ということ。 例えばリノベーション。

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。 古い世代が言うのは構わない。 若い世代からも言われる。

あれこれ言ってくる人の言うことを間に受ける必要はない

「そんなことしたら〇〇になっちゃうよ〜」 「そんなこと言ったら、みんなから〇〇って言われちゃうよ〜」 親切心ならいいんだけど、たまに『その人の正義』を押し付けてくる人がいて困る…

大切なことは足し算ではなく、引き算

若い頃は『足し算』ばかりしていた。 お金も、出世も、人脈も、あれもこれもいっぱい手に入れて、大量に抱え込めばそれが幸福に直結すると思っていた。 でもそれは間違いだった。

お金と自由の両方がバランス良く得られる人生にしよう

僕はお金と自由(ストレスフリーな生活含み)の両方が絶妙のバランスの上に成り立ってる人生を送りたい。 年収がいくら高くても、仕事に追われて家族と過ごす時間がないという人生もツライ。 かと言って、自由な時間はたっぷりあるけど貧乏というのもツライ。

成功も失敗も知らない人生ほどつまらないものはない

よく「成功した人生」とか「失敗した人生」とか言うけどさ、その分け方って違うように思う。 人生を成功・失敗に分けるのではなくて、 「成功も失敗も知ってる人生」か 「成功も失敗も知らない人生」か で分けた方がいいんじゃない?

不動産オーナーは「契約」というものによって守られている

お金がピンチになってきたら「買い物を控えよう」とか「外食をやめよう」とか色々な節約する方法がある。 不動産投資のスゴいところはそういう余地がないこと。

一生懸命働いても問題が解決されるわけではない

会社のために身を粉にして働けば、多少は出世するかもしれない。 多少は年収がUPするかもしれない。 しかし、人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということ。

いろんなものを抱え込みすぎて、エネルギーを分散させるな

僕は『自分の中のエネルギーをあちこち使いたくない』と思っている。 人生には考えなければならないことや、会わなければならない人、行かなければならないところがいっぱいある。 これ以上増やしてどうする?

人生の岐路に立たされたときに選択すべきコト

人生で「やる」か「やらない」かの選択を迫られたとき、『やる』の方を選ぶようにしよう! そうしたら何かが起こる。

お金を受け取る側ではなく、自らお金を生み出す側にまわれ

『自らお金を生み出す側にまわれ!』 今、求められているのは結局これだと思う。

本当の贅沢とは何だろう?

本当の贅沢とはタワマンや高級外車だろうか。 役職や社会的地位だろうか。 そういうのはもう古いんじゃない?

不動産投資においては正しい選択よりも実利が大事

「地方は人口流出が激しい。将来性がない。だから不動産投資は地方より都会でやるべき!」 まったくおっしゃる通りだと思う。 まったくもって正しい現状認識です。

人の縁(えん)は追いかけてもダメ

人と人の縁というのは互いに向かいあってはじめて成立する。 どんなにその人のことを追いかけても、その人がこちらに向かってきてくれなければ、それは『縁がなかった』ということ。