サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

これ、意外と知らない人多い! 不動産投資を成功させるために必要な大家さんの『資質』とは何か?

今回は僕が思う「アパートの大家に必要とされる資質」について書いてみたいと思います。

こういった資質を持っていないと、アパートの大家として長年やっていくのはしんどいでしょう。

不動産投資が今、大人気です。

ビジネス雑誌などではいつも特集が組まれています。

僕も不動産投資でメシを食ってる人間なので、よくそういう特集記事に目を通します。

ただそこには「不動産投資のノウハウ」的なものはよく書かれていますが、アパートの大家さんそのものについての具体的な記述がないように思われます。


アパートの大家さんとは、いったいどんな人なのか?

どんな人がアパートの大家さんに向いていて、どんな人が向いていないのか?

今回はそんな雑誌には決して載らないような「アパートの大家さん」の本質に迫る記事を書いてみようと思います。

目次

 

大家さんは世の中の動きに敏感である必要がある

不動産価格は経済の動きに連動しています。

だから、株価が下がれば不動産価格も下がり、株価が上がれば不動産価格も上がる傾向にあります。

すべてが全てピタッと比例してわけではありませんが、おおむねそのような傾向があります。

だからアパートの大家さんはこのような経済的な動きにも敏感でなければいけません。

この辺りの経済動向を把握してるか・していないかで不動産投資の成功・失敗が決まると言っても過言ではありません。

どの商売にも当てはまる『商売の鉄則』をお教えします。

それは『安く買って、高く売れ!』というものです。

「そんなもん、とっくに知ってるよ!」「そんなの当たり前だろ!」と思われた方もたくさんいらっしゃるかもしれません。

でもこの商売の鉄則をきちんと理解している人は非常に少ないような気がします。

だから、

  • 不動産価格が高騰している時に物件を購入する
  • 不動産価格が暴落している時に物件を売却する

 

という摩訶不思議な行動を取る人がたくさんいるのです。

 

 

 

身の回りの「情報」にも敏感になっておこう 

言うまでもないことですが、アパート経営も商売です。

僕らアパートの大家は、商売人なのです。

商売人である以上、経済に強くなきゃいけません。

トレンドを読み、経済動向を見ながら、賢くアパート経営をしなければいけません。

この「経済動向を読む目」というのは何も株価が上がったとか下がったとかといった大きなトピックの話ではありません。


みなさんが暮らしている街の変化やみなさんが購入しようとしている物件の地域の情報なんかも非常に重要です。

どんなに小さな情報であってもそれがアパートの入居率に影響を及ぼすかもしれないからです。

みなさんが購入を検討しているアパートの周辺に「大学が建築される予定だ」という情報をあなたがゲットしていればそれは好材料になります。

それだけアパートに入居してくれる人の確率が高くなるわけですから。

しかし、その反対にみなさんが購入を検討している物件の近くにある大学が「近々、違う場所に移るらしい」というウワサをあなたがゲットしたならば、その物件の購入は控えた方がいいかもしれません。

僕が言ってるのはそういうことです。

 

 

 

大家さんには情報収集能力が必要

小さなローカルなニュースやトピックスであっても不動産投資をやるうえにおいては非常に重要なことになるのです。

その他にも、

  • 物件の近くにスーパーはあるのか? 
  • 交通アクセスはどうか? 
  • 物件のまわりの治安はどうか? 
  • 騒音や臭いを出すような店舗は周辺にないか? 
  • etc・・・

 

そういったさまざまな情報を収集し、自分のなかにインプットする必要があります。

そして、そうやってかき集めたさまざまな情報をテーブルに並べ、よくよく吟味するのです。

そういうことをめんどくさがらないで出来るかどうかも大家さんの適性には関係しています。

逆に、どんなに頭が良くても情報収集能力がない人は失敗する恐れがあります。

「紙の資産」とFXや株式などはある程度、頭の良さで勝負できる側面があります。

でも、不動産投資に限っていえばどちらかといえば「足で稼ぐ」的な側面が強い傾向にあります。

泥臭いというか、身体を動かす、というか…

 

 

大家さんになる人には、コミュニケーション能力が必要

不動産投資というのは最初から最後まで「人と関わり合いを持つ投資スタイル」です。

それだけにコミュニケーション・スキルは非常に重要な要素となります。

ただし「コミュニケーション・スキル」といっても営業トークのうまいトップ・セールスマンのよ うな口八丁手八丁のことではありません。

むしろその逆です!

僕なんかは人見知りだし、口下手だし、いまだに人と会って喋ることがそれほど得意ではありません。

お酒も飲めないので「飲ミュニケーション」も苦手です。

どちらかというと大勢の人と一緒にいるよりも家族と一緒にいた方が落ち着くといったタイプの地味な人間です。

だけど、不動産の世界で生きてゆくためにはある程度、人と話せるようにならなければなりません。

『コミュ障』というあまり宜しくないコトバが流行っていますが、不動産投資をやっていくためにはコミュ障ではいけないのです。

「紙の資産」への投資とか、ネットの世界で稼ぐということであればそれでもいいかもしれませんが。

画面とにらめっこしていればいいわけですから。

不動産投資というのはいちばんスタートの段階から最後の「出口」にいたるまで人と関わり合いを持つ投資スタイルなのです。
だから、割り切るしかないのです。

 

 

 

コミュ障であると、損をすることになる理由

「収益物件を探す」といった段階でも不動産屋さんとよくよく打ち合わせをして、コミュニケーションをとらなければ話は前に進んでいきません。

その物件に関することだけではなく、その街やその地域の動向や歴史といったものを聞き出すことも物件選びには大切なことだからです。

ところが、コミュ障だったりなんかして、聞かなきゃいけないことも聞きそびれたりなんかしたら、大変なことになります。

僕も以前、不動産会社に勤めていたのでわかるのですが、基本的に不動産会社の人間というのは「必要なこと」「聞かれたこと」以外は喋りません。

 

もちろんその物件について「伝えておかなきゃいけないこと」なんかはきちんと伝えようとします。

だけど、その他のことに関しては、あまりベラベラと喋らないものなのです。

だから購入者が何も聞かず黙っていたらそれで話は終わってしまうのです。

何千万円もの借金を抱えるのに、それはあまりに恐ろしいことだと思いませんか? 

小さな判断材料しか与えられていないのに「それだけで判断しろ!」と言われているようなものです。

もちろん、不動産屋さんだって、何かを質問されても即答できないこともあります。

その時はこちらから、

  • ○○について調べておいてください
  • そして、電話をください
  • そのうえで、判断しますから

 

と伝えればいいんです。

黙ってて、何も聞かないことがいちばん良くないのです。

何も聞かないでおいて、後々になって「聞いてない」「こんなはずじゃなかった」と言われても、不動産屋さんも困ってしまいます…。

 

まとめ

物件を保有しているあいだも、さまざまな人と関わり合いになることになります。

  • 管理会社の担当者さん
  • リフォーム会社さん
  • 設備屋さん
  • そして何と言っても自分の物件に入居していただいている入居者の皆さん

 

アパートの大家はたくさんの人たちと関わり合いになる仕事です。

大家さんに求められる能力というのはそのようなさまざまな人たちと円滑にかつ良好な関係を築くことができる能力です。

それを「コミュニケーション能力」と呼ぶならそうなのかもしれません。

 

間違いなく、大家さんにはコミュニケーション能力が必要なのです。

もしも「人と関わることが大の苦手だ」という人は、あまり不動産投資には向いてないかもしれません。

 

「人と関わるのが苦手だ」「人間が嫌いだ」などと言っていたらとてもじゃないけど大家業は勤まらないのです。

 

ドイツの詩人、ゲーテはこんな言葉を残しています。

 

人間の最大の罪は不機嫌である。

 

ゲーテ格言集(新潮文庫)

ゲーテ格言集(新潮文庫)