サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

僕が「お金だけあっても幸せにはなれない」と思うにいたった経緯について。

f:id:orange345:20200614122517p:plain

 

www.youtube.com

 

僕は会社の経営者です。

だけど僕はお金に対してそれほど執着していません。

 

実は僕が会社を設立したのはお金を儲けるためではないんです。

僕は自由を得るために会社をつくったんです! 

 

会社を設立したとき、会社を大きくしていこうとか、どんどん儲けてやろうといった野心は僕のなかでそれほどありませんでした。

信じられないかもしれませんが、世の中にはそんなおかしな会社もあり、経営者もいるのです。

 

お金とういのは、そりゃあるに越したことはありません。

とくにこの高度資本主義社会で生きてゆくうえでお金はなくてはならないものです。

それは重々承知しています。

 

だから僕はお金を得ようとして頑張ることやそれに向かって努力をすることはちっとも悪いことではないと思っています。

でも、あまりにも度が過ぎてしまうと無理がたたって危険な領域に足を踏み入れることになってしまいます。

 

人間の欲望には際限がありません。

「もっともっと!」とどんどん深入りしていってしまうのが人間の性というもの。

 

僕はこれまで生きてきたなかでお金に目が眩んで、身の丈に合わない規模にまで事業を大きくしてしまい、人生をダメにしてしまった人をたくさん見てきました。

どこかに線引きが必要なのです。

そうしなければ際限なく貪り続けてしまうものなのです。

人間ってやつは・・

 

欲がまったくない人間というのも困ったものです。

しかし、欲望に憑りつかれて自分を見失ってしまうというのも困ったものです。

 

僕はたくさんの金の亡者たちと出会ってきました。

高級外車を乗りまわし、大邸宅に住んでいる人もいます。

でも、その代償として常にプレッシャーに押しつぶされそうなっていて、いつもイライラ・・

 

僕はそういう人たちを客観的に見ているうちに、『そうか。お金がたくさんあっても人間は幸せにはなれないんだな』ということを学びました。

彼らは反面教師として僕にとっても大切なことを教えてくれたのです。

 

目の前にある「いま」を充実させる

幸せになりたいと思っているのならば、『いま』に目を向ける必要があります。

過去でも、未来でもなく、現在です!

いま、持っているもの

いま、目の前にいる人

いま、聞こえるもの

いま、感じること

いま、というこの時間

etc・・

 

もっとも悲しいことは、「いま」という存在を忘れて生きてることです。

僕も「いま」を忘れて生きていた時期があります。

 

あの頃の僕はとっても不幸でした。

あの頃の僕は過去と未来のことばかり考えていたような気がします。

過去を悔やみ、未来に不安を抱き、「いま」をないがしろにしていました。

 

その頃の僕は、「いま」を輝かせることに対して、まるで無頓着でした。

まるで、「いま」というものがないかのように生きていました。

 

未来を少しでも良いものにしたかったらいまを大切に生きましょう。

未来というのは「いま」の積み重ねの果てにあるのです。

 

「いま」と未来はつながっています。

「いま」を輝かせることができないのに輝かしい未来がやってくるはずがありません。

 

目の前にいる妻がおいしいご飯を作ってくれた。

目の前にいる子どもたちが楽しそうに僕に話しかけてくれた。

家の庭に色とりどりの美しいバラの花が咲いた。

etc・・

 

みんなこれ、「いま」起こっていることです。

僕たちは「いま」にもっと目を向けなくてはいけないのです。

「いま」を精いっぱい生きなければならないのです。

 

子どもたちはどんどん大きくなっていきます。

バラの花はいつまでも咲いてはいません。

時は矢のように過ぎ去っていきます。

物事というのは、すべてが移り変わってゆくものなのです。

 

すべてが過ぎ去ってしまったあとに「あのときがいちばん良かったなぁ」と後悔しても遅いのです。

 

どうしてあの素晴らしい時間をもっと楽しまなかったのだろう? 

どうしてあの瞬間をもっと思う存分、味合わなかったのだろう? 

どうして、あの瞬間にもっと幸せを感じなかったんだろう? 

etc・・・

 

生きているとそんなふうに思う場面がたくさんあるのです。

「いま」の自分に、「いま」の生活に、「いま」の奥さんに、「いま」の子どもたちに満足できる人が最も豊かな人です。

 

年収とか、職業とか、肩書とか、家の大きさとか、車のグレード、etc・・・

そんなものは実は些細なことなのです。

「いま」に満足できている人は最強です。

本当の幸せというのはお金じゃないんです。

「いま」をどれだけハッピーに過ごせるかということだったのです。

 

お金だけあっても幸せになれない

お金が欲しいと人はよく言います。

でも僕はお金がいくらあっても人は幸せにはなれないと思っています。

 

お金がいくらあっても解決できない悩みもあります。

お金がいくらあっても達成できない夢もあります。

お金がいくらあっても他者からの承認も得られません。

お金がいくらあっても心の平安はやってきません。

 

これが40数年間生きてきた僕がたどり着いた結論です。

この感覚がピンとこない人もたくさんいると思います。

僕だって若い頃はわかりませんでした。

 

僕は『お金があればすべてが解決するんだ』と思い込んでいました。

でも、だんだん年をとるにつれて「お金だけあってもダメなんだ」ということにだんだん気づいていきました。

 

ときどきテレビなんかで大金持ちセレブの暮らしぶりが紹介されたりなんかしていますよね。

そのセンスの悪さに思わず笑ってしまったりしませんか? 

どういうわけだかそういう超大金持ちの人たちって趣味やセンスが似ていますよね。

ひと言で言って、みな救いようがないほど恐ろしくダサい・・

 

でも彼らは大金持ちです。

でも僕は思うのです。

果たして彼らは幸せだろうか、と。

 

20年前の僕だったら、間違いなく「これこそが究極の幸せだ!」と思ったことでしょう。

でも今の僕は違います。

今の僕は大邸宅なんかには住みたくないし、高級外車なんか乗りまわしたくない。

大理石でできた玄関エントランスなんて何の魅力も感じません。

 

これは負け惜しみでもひがみでもなく、本当に心の底からそう思っているのです。

とくに彼らのゴテゴテに着飾った暮らしぶりと救いようながないほどのセンスの悪さをみると、「オレは絶対にこんな暮らし、ごめんだね」と思ってしまいます。

 

なぜ僕がそう思うようになったのか。

その理由はもちろん、僕が『金、金』ばかり言っている連中が大っ嫌いだからです! 

でもそれだけではありません。

それだけだったら、それは単なる『個人的な好み』や『価値観』の話になってしまいます。

 

でも僕はもうちょっと現実的な話としてお金持ちの人生というのはそれほどハッピーではないのではないかと思うのです。

とくに超がつくほどの大金持ちクラスになるとそれはもう大変などころの騒ぎではない。

ものすごいストレスとプレッシャーでいっぱいの苦しい人生を歩むことになるのではないでしょうか。

 

「大金持ちになりたい」と言う人はたぶん大金持ちの方々が普段どんな想いをして生きているのか知らない人なのではないでしょうか。

僕は不動産業界にいますので、これまでにたくさんのお金持ちの方々と接してきました。

不動産業界には普通ではお目にかかれないような大金持ちの方々が生息しています。

この業界に長らくいればどうしたってそういう方々と接することになります。


お金持ちにも2種類あります。

 

① 普通のお金持ち

② 億万長者クラスのお金持ち

 

僕は普通のお金持ちはとてもハッピーだと思っています。

でも、億万長者クラスの超リッチなお金持ちの方々は僕の目にはお世辞にも幸せな人生をおくっているようには見えませんでした。

 

さまざまなプレッシャーに押しつぶされそうになり、いろいろな人の目にさらされ、大きな責任を背負い、いろんなしがらみのなかでがんじがらめ、etc・・・

そして、その呪縛から一生抜け出すことのできないのです。

 

彼らはものすごく不自由な人生をおくっています。

あり余るほどのお金を持っていながら耐え難い苦痛を味わっている人もいます。

まるでその苦しさと引き換えにお金という対価をもらっているような・・

 

『フォックス・キャッチャー』という映画をご存じでしょうか。

あの映画は超大金持ちの人が抱える苦しみ、虚無感、絶望、苦しみがよく描かれる傑作だと思います。

とてもおもしろく、また考えさせられる映画なのでぜひ一度ご覧になってください。

 

武装して生きるのはツライよ

不動産業界にいると大金持ちの人たちが没落してゆく姿もたくさん目撃します。

諸行無常

 

どんな大金を稼いでも、どんなに大金持ちになっても、その状態が半永久的に続くわけではありません。

その人の才覚や商才などによって全財産を失うハメになる可能性があるのです。

 

よく二代目や三代目の代になって会社がダメになったりすることってありますよね。

あれなんかは典型的です。

今、大金持ちだからといってそれにあぐらをかいているとカンタンに足元をすくわれてしまいます。

 

だから大金持ちの人たちはつねにそのプレッシャーや恐怖と闘っていかなければいけないのです。

それはきっと、ものすごいストレスだと思います。

僕ら一般庶民にはわからない苦しみです。

 

僕はときどき、セレブたちのあの豪華絢爛な暮らしぶりは実はその尋常じゃない精神状態の反動なのではないかと思うときすらあります。

高級外車や、大理石でできたエントランスなんかはプレッシャーや恐怖を打ち消し、精神の暗部を隠すための『武装』なのではないか、と・・

まるでバリケードをつくるみたいにうず高く物品を積み上げ、それに守ってもらおうという防御本能なのではないか、と・・

 

あの浮世離れしたゴージャスな生活ぶりは実はそういった自信のなさを隠すためにやっているのではないでしょうか。

それはちょうどゴミ屋敷に暮らす人の心理とよく似ています。

 

それが「ゴミ」であれ、それが「豪華な物」であれ・・・どちらも、『レリゴー(Let It Go)』ではいられないという点では一緒です。

「ありのまま」ではいられないのです。

『ありのままでいられない』ということは心のどこかに自分に(自分の人生に)自信が持てないということでもあります。

 

それはセレブな暮らしをする人も、ゴミ屋敷に住む人も、厚化粧をするおばさんも、派手な格好をするヤンキーも、etc・・・基本的にはみんな一緒です。

 

なぜ武装するの? 

なぜ着飾るの? 

なぜ虚勢を張るの? 

 

それは根底に「ありのままでいられない」という想いがあるからではないでしょうか。

彼らはナチュラルでいられない人たちなのです。

素の自分をさらけ出して生きられない人たちなのです。

だから彼らは今日も明日も何らかのカタチで武装しなきゃいけないのです。

 

彼らにとっては毎日は戦場です。

それは相当しんどい生き方だと思います。

僕みたいな一般庶民にはわからない苦しみです。

 

僕は『ほどほど』がいちばんいいと思っています。

あり余るほどのお金なんて、いまの僕には必要ないのです。

 

いまのままで十分、幸せだから。
 

www.youtube.com