シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

製薬会社がいちばんお金をかけているのが薬の研究開発費ではない理由

f:id:orange345:20181115081136j:plain

「製薬会社でいちばん何にお金を使ってると思う?」って聞かれたら、みなさんはなんと答えるだろう。

 

ほとんどの人が「そりゃ、研究開発費に決まってるでしょ!」と答えると思う。

でもこれが実は違うというお話・・・

 

じゃあ、何にお金を注ぎ込んでいるかと言うと、『マーケティング』なんだってさ!

 

中でも特に「MR」と呼ばれる人たちの営業活動に製薬会社は莫大な費用をかけているとの話だ。

 

なんでそんなコトになっているのかというと、こういう流れらしい。

 

製薬会社は自分のところの薬を売りたい

医者は各社の薬なんていちいち覚えられない

厳しいノルマを課せられたMRの人が営業活動を頑張る

会社も薬の開発費よりもマーケティングに力を入れる。

 

どうやらそういうことになってらしい…

 

もちろん、製薬会社も「おかしなことになってる」ということは百も承知だ。

 

だって薬をつくる会社なんだから、本来であればいい薬を開発することにお金も労力もかけるべきじゃないか!

 

ところがそれができない。

なぜか?

 

その理由は「他もやってるから」という元も子もない理由らしい。

 

これは『プロスペクト理論』と呼ばれているもの。

人間は「小さな損でも、自分だけ損するのは嫌だ」と考える傾向がある。

 

なんと人間は、 「みんなと同じ失敗をして、大きな損をする方がずっとマシだ」って考えているんだって…

 

でも、これ、製薬会社の話だけに止まらないんじゃない?

いろんなことに当てはまるような気がする。

 

もしかしたら、多くの人が「みんながやってるから」という理由でやってくること、あるんじゃないかな。

心の中では自分のやってることに不信感を抱いていて、不効率なことをやっていることを知っている。

 

それなのにやめられない・・・

 

「リスクを取るくらいだったら、みんなと同じことしていたい」って考える人多いんじゃないかな?

 

もしかしたら、『いい大学に行って、いい会社に就職して・・・』っていう日本的価値観そのものがそうなのかもしれないね。