シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

「貯金は安全だ」といったい誰が言った?

f:id:orange345:20181111092937j:plain

僕は『もしかしたら貯金がいちばん危険な投資なんじゃないか?』と思うときがある。

 

僕がここで言ってる貯金というのは「老後のために貯めておくお金」のことである。

 

何かに投資したり、資産運用のための軍資金のことを言っているのではない。

何十年も蔵に眠らせておく兵糧のことだ。

 

なぜ僕はそんなことを考えたのか?

 

それは去年も今年も輪転機がフル稼働でまわり続け、大量の紙幣が印刷されているからだ。

 

「それによって好景気になった」という見方もある。

しかし、それは諸刃の剣だ。

 

「それによって大惨事が起こる確率がますます高まった」という見方もできる。

 

貯金をしている人はそんなこと考えたこともないように見受けられる。

貯金がこの世の中でいちばん安全なものだと思い込んでいるフシさえある。

 

これまでの日本だったらそのソリューションで何とかなったかもしれない。

しかし、これから先はそうではなくなるだろう・・・

 

 貯金が悪いんじゃないんだ。

貯金をする時期(時代)が悪いんだ!

 

ニコチン中毒の人にたばこを与えてはいけない。

与えれば、一旦は気分が良くなって高揚できるが、カラダはどんどん悪くなってゆく。

 

カラダに悪いものを『貯める』ことの恐ろしさに気づいてる人がどれだけいるだろう。

 

昔は水がワインになった。

だけど今後はワインが水になる経済状況になってゆくのではないだろうか…

 

預金金利がゼロなのに、もしもインフレ率が2%になったら自分のお金が2%目減りする。

 

もしも銀行に3,000万円貯金していたとしたらどのくらい目減りするだろう。

相当な金額が一瞬にして失われてしまうだろう・・・

 

その喪失した金額を取り戻すのに何年かかるだろう?

果たして、定年退職を迎える年齢までのあいだに取り戻せるだろうか???

 

もちろん「2%以上年収がUPしたり、投資からのリターンがそれ以上ある」という人はいいだろう。

でも、実際にそういうことができる人って、全体の何割だろう?

 

でも、もしも3%、4%、5%になっていったら、どうなるだろう…?