シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

脱サラするときに僕がどんなことを考えていたのかについて

f:id:orange345:20181127185232j:plain

「本当は脱サラしたいんだけど、世間の常識とかが気になって前に進めない・・・」

そんな悩みを抱いてる人は結構いると思う。

 

僕もかつてはそうだった。

だから、そういう人の気持ちが痛いほどよくわかる。

 

僕が脱サラ起業したのは38歳の頃の話だ。

 

38歳・・・

 

なかなかの年齢だ。

もうその頃には奥さんもいたし、子供もいた。

 

そんな状態でよく会社を辞めれたな!

_____人からもよくそう言われるし、自分でもそう思う。

 

だけど、僕はどこかの時点で腹をくくったのだ。

そして、前に一歩進んだのだ。

 

そのことによってすべてが変わった。

 

僕の人生が変わった。

僕のライフ・スタイルが変わった。

僕の精神状態が変わった。

 

ついでに僕の『フトコロ具合』も変わった。

スポンサーリンク

 

会社を辞める人は実際にはほとんどいない

あの決断がなかったら、僕は間違いなく今でも暗い顔をしてサラリーマンを続けていたことだろう。

 

時々、ため息をつきながら電車に揺られているサラリーマンの人を見る。

あれはかつての僕の姿だ!

 

間違いなく僕もあんなふうに暗い顔をして、ため息をつきながら日々を過ごしていた。

 

まさか自分が会社を辞めるなんて夢にも思っていなかった。

会社を辞めて自分で会社を興し、自由気ままに暮らす毎日がやって来るなんてまるで想像していなかった。

 

しかし、現実にその夢のような毎日がやって来た。

それもこれもすべて、あの時の僕の決断があったからこそなのだ!

 

それは決してカンタンなことではない。

若く、独身の頃ならいざ知らず、30歳を過ぎ、奥さんも子供もいる状態で会社を辞める決断をすることは並大抵のことではないだろう。

 

自分の親、義理の親、親戚、友人、知人・・・・みんなから猛反発が来ることは間違いない。

場合によっては修羅場になるくらいにモメたりすることもあるかもしれない・・・

 

さて、みなさんはそれでも前に進めるだろうか?

すべてを投げうち、何もかもを捨てて、チャレンジすることができるだろうか。

 

もしもその覚悟があるのなら、もしかしたらみなさんは成功できるかもしれない。

幸せを手に入れることができるかもしれない。

 

だが、僕のような決断をする人はそうそういない。

いや、はっきり言って誰もいないはずだ。

 

もしもそういう決断ができる人がたくさんいたのならば、日本がこんなにサラリーマンだらけの国になってるはずがない。

 

ご存知のとおり、日本は世界でもっとも自分で会社を興す人が少ない国だ。

・・・ということは逆に言えば、実際に会社を辞める人なんて誰もいないということなのだ。

 

転職はするかもしれないが、自分で起業する人となると、100人中1人いるかいないかだろう。

スポンサーリンク

 

僕は『希望のある方』を選んだ

あの時、僕は散々まわりから「アホだ」「マヌケだ」とバッシングを受けた。

でも僕は思った、

 

このままリーマンを続けていても苦労するだけだ

どうせ苦労するなら、自分の好きな道に進んで苦労しよう

 

どっちを選んでもラクじゃないことは目に見えていた。

だったら、希望のある方を選択したいと思った。

 

「もしかしたら、うまくいくかもしれない」という希望が・・・

 

リーマンを続けていても先は見えていた。

多少は出世するかもしれないけれど、それは僕の人生にとってほとんど意味をなさないことだった。

 

少なくとも、僕が夢見ていた幸せな日々はサラリーマンを続けていては手にすることはできない。

そのことだけははっきりとわかっていた。

 

だったら、一か八かやるしかない!

代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打つためにバッター・ボックスに立つしかない!

 

もしも僕がホワイト企業に勤務し、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という状態でいたらならば、話はだいぶ違っていただろう。

しかし、幸か不幸かそうではなかった。

 

だったら、やるしかない!

そう思って僕は一世一代の大勝負に出たのである。

 

その結果(途中いろいろあったけれど)、なんとかホームランを打つことに成功した。

 

それは「ランニング・ホームラン」だったかもしれないけれど、それでもホームランはホームランだ。

_____そんなこんなで僕は今、とてもハッピーな毎日を手に入れている。

 

これを読んでるサラリーマンの同志たちが、これを読んでどんなことを想うのかは僕にはわからない。

 

ただ少なくとも言えることは、あまり世間の常識とかまわりの目とかを気にしない方がいいということだ。

いちばん気にしなきゃいけないのは、自分の心である!