シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

「ひとつのこと」にこだわり過ぎるのは必ずしもいいことじゃない

f:id:orange345:20181110101406j:plain

「これしかない!」と思うことには十分すぎるほど注意した方がいい。

 

それは恋愛、仕事、投資、人間関係、趣味、価値観…

あらゆることに置き換えることができる。

 

「この人しかいない」

「この仕事こそが正しいんだ」

「これをやってるからオレは大丈夫だ」

 

そう思いはじめたら、危険信号だよ…

 

僕たちは常に変化している。

新しいものを取り入れ、古いものをどんどん捨てて生きてる。

 

それなのに『ひとつのこと』にこだわり、「これこそが」とか「これしか」と思うことは不自然なこと。

 

視野が狭くなるということはそれだけ可能性の芽をつぶしていることなんだ。

 

ちなみに他の情報を一切遮断して、「ひとつのことだけ」に集中させる手法って『洗脳』でよく使われる手口だよ…

 

日本人は終始一貫という言葉が好きで、ひとつのことを最後までやり遂げることを重視するところがある。

 

成果がまったく出てないのに、ただ単に「ひとつのことをやり続けている」というだけで何かスゴイことをやっているかのように錯覚するところがある。

 

でも可能性って他にもいっぱいある。

 

サラリーマンだけが仕事じゃないし、不動産投資だけが投資じゃない。

選択肢は無数にある。

 

「ひとつのこと」にこだわりすぎると他のことが目に入らなくなっちゃうよ!

 

それはつまり、チャンスを逸しているということでもあるんだよ。