シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

地方でアパート経営をする場合の最重要事項とは何か?

f:id:orange345:20181113082407j:plain

不動産投資は都会でやるのと、地方でやるのとではあらゆる面で違うものだ。

 

そして地方でアパート経営をやり、長期にわたって安定的な賃貸経営をするうえにおいて必ずクリアしておかなければならない最重要事項がある。

 

これはもうこのブログの中でも散々、繰り返し繰り返し述べていることでもある。

 

だけど、ほとんどの人が見落としている問題だ。

 

いちばん重要なことを見落とし、2番目・3番目・4番目のことばかり気にしている。

「それも需要だけど、もっと重要なことがあるんだよ!」と僕は言いたい。

 

それなのに、なぜかあまり重要視されていないように僕の目には見える・・・

 

それは、

 

全戸分の駐車スペース

全戸分の駐車スペース

全戸分の駐車スペース

全戸分の駐車スペース

 

だ!

 

地方でアパート経営をやるうえにおいて、はっきり言ってそれがいちばん重要なことだと思う。

 

この『全戸分の駐車スペースがある・なし問題』というのは入居率にダイレクトに影響を及ぼす。

決して見過ごしてはいけない問題なのだ。

 

それなのに巷に溢れている不動産投資に関する本や雑誌では、この駐車場問題はほとんどクローズ・アップされない。

 

まずは空室が埋まらなかったら、話にならないじゃないか!

 

_____不動産投資に関する僕の意見は昔から変わっていない。

 

まずは空室を埋めるのだ。

話はそれからだ。

 

ROIだろうが

イールド・ギャップだろうが

キャップレートだろうが

フリーレントだろうが

公示地価だろうが

 

そんな用語を気にするよりももっともっと重要なことがある。

 

それが『空室を埋める』ことだ!

空室が埋まらなかったら、話にならない。

 

細々したことは空室が埋まってからの話。

 

そして空室を埋めるうえにおいて鍵になるのが、『駐車スペース』なのである!

 

都会の人は地方の事情みたいなものは知らないと思う。

そんなふうになってるなんて、想像もできないと思う。

 

だが、地方の社会人のほとんどはクルマ通勤をしているのだ。

そのことは見落としてはならない問題だ。

 

そのニーズを満たしてない物件は入居率が悪い!

 

ただそれだけのことなのだ。

何も難しくない。

 

結局のところ、それが最大の空室対策だったりする。

地方においては・・・

 

僕は不動産会社で働いていましたから、その辺のお客さんのニーズというものをよく理解している。

駐車場のある・なしは非常に重要だ。

 

 逆に言えばお客さんのニーズを満たし、満足させてあげさえすれば、安定的な賃貸経営ができるということだ。