シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます🏠 不動産会社勤務を経て38歳で脱サラ起業し、セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログではお金、不動産投資、人生哲学、🎞映画レビューなんかを発信中。💹最近株式投資も開始。奥さん&中1小4男子(あと猫も😺います)と自由にのんびり暮らしてまーす😉

不動産投資の成功と頭の良さはあまり関係ない

f:id:orange345:20181110102335j:plain

アパート経営はいろんな人やモノの力を借りることによって成り立っている稼業だ。

 

・収益物件

・物件を紹介してくれる不動産会社

・お金を貸してくれる銀行

・物件を管理してくれる管理会社

・家賃を払ってくれる入居者

・内装業者

・税理士

etc…

 

だから僕みたいな頭の悪い人間でもできるんだ。

 

そこに必ずしも膨大な知識とか、学力というものが必要とされるわけじゃない。

 

僕の知ってる億万長者の大家さんは中学しか出ていない・・・

 

このあたりのことを誤解している人があまりにも多過ぎる。

 

『不動産投資で成功するためには不動産について、投資について何もかも知っておかなければならない』

と誤解しているんだ。

 

はっきり言って、不動産投資で成功するために宅建の免許はいらない。

それよりもコミュニケーション能力の高さの方がよっぽど重要だ!

 

加えて、アパートの大家さんというは何もしなくてもいい世にも珍しい存在だ。

このあたりが『不労所得稼業』と呼ばれるゆえんでもある。

 

実際、僕は普段何も仕事らしい仕事をしていない。

僕以外の人やモノがいろいろやってくれる。

 

・収益物件

・物件を紹介してくれる不動産会社

・お金を貸してくれる銀行

・物件を管理してくれる管理会社

・家賃を払ってくれる入居者

・内装業者

・税理士

etc…

 

僕は彼らの様子を遠くから眺め、意思決定をするだけでいい。

 

頭のいい人たちというのは、このような『誰か第三者に任せる』ということができない。

 

頭のいい人たちの最大の問題は、その『頭の良さ』だ。

その頭の良さゆえに「自分」というソリューションを使うしかなくなるんだ。

 

頭のいい人たちというのは勉強熱心だし、何でも自分一人でやろうとする。

その結果、考えて考えて考えて・・・・結局、行動ができない!とパターンに陥る人が多い。

 

誰よりも詳しい知識を身につけているがゆえに、その膨大な知識が足を引っ張り、思い切った行動が取れない。

 

行動よりも『理屈』の方が先行してしまうんだ。