シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

「いい物件」が出はじめたときに果たして融資してもらえるのか問題

f:id:orange345:20181110124039j:plain

世の中が不景気になり、経済が下降線をたどり始め、銀行が貸し渋るようになってきたら、いよいよチャンスだと僕は思っている。

 

そして、そういう時以外にいわゆる『おいしい物件』をゲットできるチャンスはほとんどないと思っている。

 

そういった意味で、僕は今の経済情勢をじっと見つめています。

 

みんなが殺到してる状況ということは、まだまだ本格的に融資が閉まってないということ。

 

・・・ということは、まだまだ物件価格は高いということ。

 

問題なのは『いい物件が出はじめたとき、果たして銀行から融資してもらえるのか?』ということ。

 

実はそっちの方がはるかに重要。

 

「銀行が貸し渋るようになったらいい物件が出てくる」ってことは、逆に言えば銀行から融資を断られやすい状況だということ。

 

実績、属性、連帯保証人、物件の価値、金利…

いろんなことを考えなきゃね!