サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

何の疑問も抱かずに社会に溶け込んでゆくのはいいことか?

f:id:orange345:20181109080221j:plain

『好きなことをして自由に生きたい』と言うと、「地に足が着いてない」「夢見がちだ」と言われて煙たがられる。

 

古い世代が言うのは構わない。

若い世代からも言われる。

 

若者はどんどんコンサバティブになってきている…

僕はそのことが大変気になっている。

 

若者たちにはもっと無茶苦茶あばれてほしい!

大人たちを困らせるほどに・・・

 

でも、これは僕たちの責任だ。

僕たちが若者のお手本になれなかったせいだ。

 

『いい大学に行っていい会社に就職して定年まで真面目に勤めれば幸せな人生を送れる』

という考え方はオワコンと言うけれど、僕には全然そんな風には感じられない。

 

むしろその価値観は以前にも増して勢力を伸ばしつつある。

 

就職戦線異状なし。

 

みんな何の疑問も抱かずに社会に飛び出し、溶け込んでゆく。

さて、それは果たしていいことなのかな?

 

僕がどこに行っても浮いちゃうのは、きっと僕が『This is 日本人的価値観』の外にいる人間だからだと思う。

 

僕がまわりに対して違和感を感じているように、まわりも僕に対して違和感を感じている。

 

でも、大波は間違いなくやって来ると僕は見ている。

 

『寄らば大樹の陰』でその大変化の波を乗り越えられるだろうか…

 

 

 

マージョリー・キナン・ローリングスはこんな言葉を残しています。

 

 

大切なのは自分が望んだように生きること。

そして、それを続けること。

お金があっても不幸な人生をおくるより、ずっと満足できるはず。

 

 

 

子鹿物語 (こども世界名作童話)

子鹿物語 (こども世界名作童話)

  • 作者: マージョリー・キナンローリングス,まだらめ三保,村井香葉
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1989/01/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る