シンプルに。自由に。

シンプルに。自由に。

元不動産会社のサラリーマン。現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中🏠 2010年12月より法人化(8期目)🏢 ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画🎬や本📕のレビュー記事などを発信中。最近、株式投資もスタート💹 奥さんと中1小4男子と猫😺と自由にのんびり暮らしてまーす。

リストラする会社が評価される風潮に対して僕が思うコト

f:id:orange345:20181119085309j:plain

最近『リストラは実はあまり効果がないのではないか?』ということが囁かれはじめている。

 

これは感情的な話じゃなくて、きちんとした立証データの話だ。

数字の話だ。

 

アメリカのカンザス大学の教授と、テキサス大学の教授の共同チームがが人員削減を行った122社を対象に綿密な調査を実施したのだ。

 

その結果は驚くべきものだった。

「長期的には効果なし」という結論になったそうなのだ!

 

これは実に興味深い話だ。

 

日本でもアメリカでも、リストラをやれば会社の経営状態は良くなるという神話がまだまだ根強い。

 

人員削減を発表した会社は投資家からの一定の評価を得て、翌日の株価は大きく跳ね上がる。

だけど投資家というのはもともと自分たちのフトコロが潤うことしか考えていない。

 

決算書の内容が良くなれば何だっていい!

_____乱暴な言い方をすれば、そういうことになる。

 

しかし、本当にそれでいいのだろうか。

スポンサーリンク

 

リストラをやらざるを得ない会社とはどういう状態の会社か?

「会社は株主のものか、否か」という議論は今回は横においておこう。

 

今回のテーマは『リストラは本当に会社の経営状態を良くするものなのか?』ということだ。

 

経営合理化について研究した教授たちは、元も子もない結論を導き出した。

 

そもそもリストラをやるような企業は、商売がうまくいってない

だから人員削減が避けられないのだ!

_____これを言われちゃったら、何も言い返せない。

 

その通りだからだ。

「そのままじゃん!」だけど、よく考えたらその通りだ。

 

会社の経営がうまくいってないから人員を削減しなければならなくなったのだ。

 

もしかしたら強力なライバルが出現し、そのライバルに負けているのかもしれない。

かつてのマーケット・シェア率がだんだん少なくなってきているのかもしれない。

 

経営者が無能なのかもしれない。

事業計画が甘かったのかもしれない。

 

実際はそのようなシリアスな問題を抱えているのにも関わらず、リストラを発表したというだけで「株価が上がった!」と大喜びする。

 

さて、それは果たして良いことなのだろうか?

スポンサーリンク

 

人員削減することによって得られるもの・失うもの

もちろん人員整理をすればすぐに人件費が下がる。

今まで放出していた分の人件費が浮くので、その分、利益が増える。

 

そんなことは誰でも知ってる。

でもそれは長期的に見た場合、社員のモチベーションを下げ、会社への忠誠心や愛着を薄れさせ、やる気も減退させる・・・

 

アメリカの教授たちもそのような研究結果を発表した。

教授らが調べたところによると、なんでもリストラをやった会社では「自己都合退職」が異様に増えたらしい。

 

そりゃ、そうだ。

平気で人員削減をやるような会社なのだ。

安心して働けるはずがない。

 

少しでもチャンスがあったら、もっと自分のことを大切に扱ってくれる会社で働きたいと思うはずだ。

 

その結果、会社にとってはもっとも大切な『優秀な人材』を失うことになる。

 

リストラを断行した代わりに失うものはあまりにも大きい。

目の前の利益に目が眩んだことによる代償もあまりにも大きい。

 

でもその反面、株価は上がる。

なんだか、おかしなことが起こっている・・・

スポンサーリンク

 

リストラが成功したかどうかは短期的にはわからない

もちろん、リストラをしたことによってV字回復した企業もいっぱいある。

僕もいろいろ頭に浮かぶ企業もある。

 

でも、そういった企業というのは短期的にはいい内容になったように見えるかもしれないけれど、長期的にはどうだろう?

これから先もずっと同じような業績をキープしていけるだろうか?

 

それに、そういったリストラによる勝ち組企業って、全体から見ればどのくらいの割合なんだろう?

 

個別事例ではなく、人員削減をやったぜーんぶの企業のその後の業績を追跡調査したら、いったいどういう結果になるだろう。

 

そもそも、リストラをやらざるを得ない経営状態になった会社なのだから・・・