不動産投資これだけはやってはいけない

会社経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。大家歴20年以上。元不動産会社の営業マンでした。

不動産投資はなぜ銀行融資の際に有利なのかについて解説します。

f:id:orange345:20210115084943p:plain

 

 

 

 


銀行は不動産投資をやる人を

応援してくれるっていう話を

ちょっとしたいと思います

 

不動産投資っていうものにね

マイナスのイメージを抱く人は多いと思います

その最大の理由はですね

不動産投資というのは銀行から

多額の借金をしなければ

いけないからだと思うんですね

 

世の中にはね

いろんな投資というのがありますけども

銀行から多額の借金をして

それで資産を購入するという

投資法は極めて珍しいのではないでしょうか

 

株にしても投資信託にしても

仮想通貨にしても

金や銀にしても何でもいいんですけども

銀行からお金を借りて投資を

するなんていう投資法というのはのあまりないですよね

 

不動産投資だけと言っても

いいかもしれないですね

 

ところが不動産投資の場合はですね

自己資金っていうのはですね

むしろ一部だけでですね

ほとんどは借入金によって賄うんですね

 

日本人というのはとにかくこの借金

というのが嫌いなんですよ

個人で借金をするのも自分が会社経営してて

会社の運転資金を借りるのも嫌いだし

あと国が

政府が借金いわゆる国債を発行するのも

嫌うんですよ

 

とにかくこの借金

というのが嫌いな国民性なんですね

だから僕みたく不動産、アパートを

何棟も持ってると

余裕で何億円って借金

になるんですけども

その借入金の額を僕が口にした

途端にですね

顔色がサッと曇る人がたくさんいますね

 

白い目つきってやつですよ

その僕のやってる会社が

どれだけ黒字を出してるかとかよりもですね

僕がどれだけその事業をやったおかげで

幸せになれてるか

よりもですね

借入金の額の方が気になっちゃうんですね

人間っていうか日本人はね

 

もう事業がうまくいってる

いってないじゃなくて

借入金をたくさん抱えている

もうその時点でもアウトになっちゃうんですね

 

でもね面白いことに皮肉なことにですね

僕はその借金のおかげですねこの

自由と幸せを

手に入れることができたんですね

 

不動産投資の場合はですね

完全とまではいかないけども

それほど労力がかからないんです

家賃は不労所得ってよく言われますけれど

まあその通りだと思います

 

優秀な管理会社に

管理をお任せしてしまえばですね

あとはこちら

オーナーは大家さんはですね

ほとんど手に入らずで

あとは全部管理会社がやってくれると

 

もちろん手数料はかかりますけどね

そのおかげで

圧倒的な自由な時間を

手に入れることができるんです

 

サラリーマン時代はですね

もうほとんど365日まともに休みなんてないぐらい

馬車馬のように働いて

ましたんで

あの頃に比べると

もう信じられないような毎日を

僕は自由な毎日を送ってるんですね

 

なんでそんなことができるかって言ったら

やっぱり不動産投資っていうものの

凄さのおかげなんです

入居者の皆さん

彼らが払ってくれる家賃そのおかげで

僕は働かないでも

こうやって

家族を養っていくことができているんです

 

そんなに大金持ちわけじゃないけどね

 

この不動産投資って

当たり前の話なんですけども

不動産に投資することで

成り立っているものなんですよ

 

で、この不動産っていうもの土地や建物

これは銀行も大好きなんです

銀行は

この不動産にだったら

お金を喜んで貸してくれるんです

 

株や投資信託や仮想通貨や金といったね

いわゆる「紙の資産」と呼ばれるものには

融資したがらないんですけれども

不動産にだったら話を聞いてくれるんです

 

我々不動産オーナーアパートの大家さんというのはですね

そういう

銀行の特性っていうかな

彼らは不動産好きである

っていうものを

最大限に利用することができるんですね

 

株式投資の場合はですね

そのソフトバンクの株だろうが

トヨタの株だろうが

JTの株だろうが何でもいいですけども

あるいはAmazonやアップルや

スターバックスや

いろんな会社の株ありますよね

 

そういう株も資産ですよね

不動産も資産だけど株式だって

立派な資産価値あるものですよね

って我々は思うんですけども

銀行はですねそう思わないんですね

 

そういう株式を買うためのお金資金には

お金を出したがらないんです彼らは

だから

僕らは仕方なく株式を買う時はですね

自己資金で買わなければいけないんです

 

だから100万円の株式を買う場合

自分で100万円を貯めなければいけないんです

だから100万円を貯めたら

100万円分の株式しか

買えないんです

 

100万円のお金で

1,000万円分の株式を

購入できるわけではないんです

 

ところがですね不動産投資の場合は違うんです

ある程度の自己資金というのは必要ですけども

例えば100万円の

自己資金を貯めたらですね

もしかしたら銀行さんさえOKしてくれれば

それに対して1千万円の

不動産を購入することもできるんです

手に入れることができるんです

 

銀行が融資してくれればね

株式の場合は

100万円は100万円の株式

不動産の場合は

100万円で1000万円の不動産

同じ資産でもですね

銀行ってものを利用することによって

大きな資産を手に入れることが

できるかもしれない

 

そのためには審査っていうのをね

銀行の審査というのを通らなければいけないんですけども

 

簡単に言うと1,000万円の不動産を手に入れるために

必ずしも1000万円を貯めなくてもいいですよ

という話なんです

 

さて皆さんここでよくよく冷静になって考えてください

1千万円っていうお金

これを借りる時間と1000万円というお金

これを貯める時間さて、どっちが早いでしょうか?

もちろん1000万円を借りたほうが

早いですよね

 

下手したら一週間審査

いろんなひっくるめて一か月もあれば

もしかしたら1000万円

2000万円、3000万円って

お金が振り込まれてくるかも

しれないですね

 

でも2000万円、3000万円

5000万円、1億なんて

お金はそう簡単には貯めることできないですよ

人間ってのはエリートサラリーマンとか

お医者さんとかねそういう人たちだったら話は別かもしれないけれど

僕らみたいな

一般のサラリーマンはですね

5000万円、6,000万円

8,000万円なんてお金を

貯めることはまず不可能ですね

 

でもね5000万円、6,000万円

8000万円のお金を

借りることはできるかもしれないんです

不動産投資というのをやればね

 

貯める・借りるどちらも動くお金は一緒です

後はその人はどう考えるかの話です

中にはね株式投資をやる場合でも

銀行からお金を借りれば

いいんじゃないか

という人もいるかもしれないです

そういう人に

ぜひやってみてほしいことがあるんです

 

ぜひ銀行の融資担当のところに行ってですね

「株式を手に入れたいので

3千万円貸してください」って

言ってみてください

 

もしかしたら不動産投資に3千万円

5000万円貸すんだったら

株式投資にだって3,000万円

5,000万円貸すんじゃないかと

思ってる人もいるかもしれないですね

ぜひやってみてください

 

門前払いが関の山だと思いますところがですね

 

対象がこれ、不動産になった場合

土地や建物になって場合は

話がちょっと変わってくるんです

3千万円のマイホームを買いたいって

言った場合はですね

門前払いではないです

話は聞いてくれます審査もしてくれるでしょう

最終的には

お断りされることもあるかもしれないけど

でも門前払いではないです

 

不動産の場合はどっちも投資ですよね

どっちも資産ですよね

それなのに不動産は銀行

大好きなんです対象が不動産になった途端

ガラッと態度は変わるんです

銀行はね銀行っていうのは

そういうところなんですね

 

で僕ら

不動産投資家、アパートのオーナーってのは

そういう銀行の特性を利用するんですね

僕はそういうレバレッジっていうんですけども

 

自分の自己資金は

そんなに・・ゼロっていうわけにいかないと思いますけど

自己資金まったくゼロってわけにはいかないけど

そんなにたくさん用意しなくても

大きな物件を買うことが

手に入れることができるんですね

 

レバレッジというんです

このレバレッジを利用したおかげで

僕は今こうして自由と幸せを

手に入れることができてるんです

精神的な安らぎとかね

そういうものを手に入れることができてる

 

だからレバレッジさまさまなんですね

僕の命の恩人といってもいいです

 

だから僕は

借金っていうものを悪く考えないんです

なぜなら命の恩人だからね

レバレッジ借金というものはですね

なんていうんですかね幸せにしてくれる

自由にしてくれるストレスフリーにしてくれる

そういうありがたい存在存在というかありがたいものなんですね

 

しかもその僕が借りた

銀行の借入金ありますよね

それを実質払ってくれてるのは僕じゃなくて
入居者の皆さんなんです

なぜなら僕は

入居者の皆さんから頂く家賃から

借入金を払いますんで実質的にはですね

その入居者さんが払ってる

みたいなもんなんです

 

僕が払ってるわけじゃない

と言ってもいい

なぜならその家賃っていうのは

僕が汗水垂らして働いて得た

お金ではないからです

 

サラリーマンの給料とは違うんですね

あるいはご商売されてる

ラーメン屋さんとかね

ご商売されて一生懸命働いて得る

売上金とも違うんです家賃というのは

働かなくても 入居者さんが

払ってくれるんですということで

 

銀行っていうのは

不動産投資家を

アパートの大家を応援してくれるよという

話をちょっとさせていただきました