サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

人の顔色を伺う人生に疲れた人へ! 自分の機嫌を取ることを優先すると人間関係の悩みから解放される。


人の顔色を伺う人生に疲れた人へ! 自分の機嫌を取ることを優先すると人間関係の悩みから解放されるのはなぜか?

 

 

『人間関係』と言ったときに多くの人は「自分と他人とのあいだの人間関係」のことを思い浮かべると思います。

しかし、人間関係というのは自分と他人のあいだだけのことではありません。

『自分と自分のあいだ』にも人間関係というのはあるのです。

 

僕たちはついつい他人のことにばかり気を取られてしまい、自分のことを蔑ろにしてしまいます。

でもいちばん大切にしなければいけないのは「自分」なのです。

他人のことは二の次でいいのです。

 

意外に思われるかもしれませんが、人間関係の悩みを抱えている人の多くはすごく真面目で人の気を遣うタイプの人が多いもの。

自分のことは後回し。

いつも自分以外の人のことを優先させてしまうタイプです。

 

自分の意見は極力言わないようにしてる人

いつも人に合わせてしまう人

人間関係の悩みを抱えるタイプの人というのはこういうタイプが多い。

 

 

 

逆に普段から自分のことしか考えてないような自分勝手で自分本位のタイプの人は人間関係の悩みで苦しむ人は少ないのです。

図々しく、わがままで、ナルシストで、身勝手で、空気が読めなくて、etc・・・

 

確かにこういうタイプの人って、人のことなんか気にしていませんよね。

 

極端なことを言えば、「人のことなんかどうでもいい」「自分のことが何よりも大切だ」と考える人たちがこのタイプ。

 

それは確かに社会的にはあまり好ましくないことのように思われがち。

場合によっては「失礼なやつ」「無神経なやつ」「無責任なやつ」「デリカシーのないやつ」に見えるかもしれません。

もちろん人からも嫌われるでしょう。

 

しかし、少なくとも人間関係のことで悩み、にっちもさっちもいかない状態よりはマシという考え方もあります。

さて、果たしてどちらの方がいいのでしょうか。

 

自分のことより人のことを優先させ、人の機嫌ばかりとって生きる人生・・・それは相当しんどい人生なのではないでしょうか。

人間関係の悩みというのは厄介なものです。

いったんそれにハマってしまうとなかなかそこから抜け出すことができないものです。

 

僕もこれまで何度も人間関係に悩まされ、その悩みから抜け出せずに苦労してきた経験があります。

だからその辛さがよくわかります。

ある意味、僕が不動産投資というものをはじめたのも脱サラ起業しようと思ったのも、元をたどればその根底にこの問題があったからとも言えます。

つまり、『わずらわしい人間関係から自由になりたい!』という衝動が僕を突き動かしたということです。

 

 

そう考えてみると僕が人間関係の問題を抱え、そのことで散々悩み、苦しんだことは結果的に良かったとも言えます。

それがなかったら、今こうしてこんなふうに自由にストレスフリーな生活を送れていなかったかもしれません。

 

意外に思われるかもしれませんが、以前の僕は完全に「自分のことより人のことタイプ」の人間でした。

「人がいい」と言えば聞こえはいいですが、ただ単に小心者で、自分の意見を言えない気弱なタイプだったとも言えます。

当時の僕は自分に自信が持てず、いつもオドオドしていました。

 

そして人から、「無神経なやつ」「無責任なやつ」「気を使えないやつ」「空気が読めないやつ」と思われるのを何よりも恐れていました。

すべてが『他人基準』でした。

人の顔色をうかがい、それに合わせるだけの人生。

 

でもそれではうまくいかなかったのです。

人間関係の問題はそのやり方では解決されなかったのです。

解決されるどころかますます深刻化していきました。

 

その経験から僕はある重要な教訓を得ました。

それは、「人のことより自分のことを優先させた方がいい」ということ!

 

人間関係の悩みは人生にダイレクトに影響を与えます。

人間関係がうまくいってない時期というのは仕事にしろ、恋愛にしろ、いろんなことも同時にうまくいかなくものなのです。

まるで引っ張られるみたいに・・・

 

どんなに優秀な人でも人間関係の悩みがきっかけで仕事を辞めざるを得なかったり、うつ病になったりする人もいるのです。

もしもそうなれば人生そのものが狂ってしまいます。

だから僕はある日、意識して人のことより自分のことを優先させる人間になることにしたのです。

 

わがままに

無神経に

無責任に

自分勝手に

etc・・・

 

嫌なものは「イヤ!」とはっきり言い、行きたくないものにはどんなに誘われても行かないように努めました。

一緒にいて気分のいい人とだけ付き合うようにし、一緒にいて気分の悪くなる相手とは極力会わないようにしました。

 

もちろんそのせいで僕から離れていった人も大勢いました。

ぞくに言う『人脈』とか『交友関係』というやつは明らかに以前よりも少なくなってしまいました。 

でもその代わり、ストレスは圧倒的に軽減されました。

 

肩の荷が降り、身も心もリフレッシュされました。

「どっちがいいか?」と訊かれたら僕は断然こっちの方がいいと思います。

「もっと早くこうしていれば良かった」と思ったくらいです。

 

そして(これがいちばん重要なことなのですが)、そういうふうに変えてから人生のいろんなことが嘘みたいにうまくまわるようになっていったのです。

仕事も、恋愛も、なぜか急にうまくいくようになっていきました。

 

「なんか最近いいことあった?」「最近イキイキしてるね」と会う人会う人に言われ流ようになりました。

まるで憑き物が取れたように・・・

 

そうなのです。

自分を変えればすべてが変わるのです。

人間関係には自分と自分の人間関係も含まれているのです。

でも僕たちはついつい他人との関係のことばかり気をつられて、自分との関係のことを疎かにしてしまう。

 

『自分と他人の人間関係を考える前に自分と自分の人間関係を考えた方がいいよ』ということです。

僕はそのことを学んだ。  

 

もしもみなさんが今、人間関係で悩んでいるのだとしたら一度そのことを考えてみてほしい。

人の機嫌をとることよりも自分の機嫌をとることの方を優先させてほしい。 

 

もう一人の自分が「嫌だ」と言うことはなるべくやらないようにする。

もう一人の自分が「行きたくない」と言うものには極力行かないようにする。

そうすれば、きっと人生が好転します。

突然、いろんなことがうまくいくようになります。

 

自分のことより人のことタイプの人って、真面目な人なんだと思います。

真面目だから子どもの頃に親た学校の先生から言われたことを大人になってからも守ろうとするのです。

 

わがままを言ってはいけない

自分のことより人のことを考えろ

人から嫌われないようにしろ

その場の空気を読め

etc・・・

 

でもその教えは本当に正しかったのでしょう。

幸せな人生を生きるうえでそれは本当に役に立つアドバイスだったのでしょうか。

 

僕にはそうは思いません。

少なくとも僕の場合は気使い屋で、引っ込み思案で、自己主張がまったくできなかった頃より、ワガママに自分勝手になってからの方が100倍ハッピーになれましたよ。

 

 

機嫌をとるべき相手は自分以外の誰かではなく、『僕自身』だったのです。

不機嫌を撒き散らすような人間には好きなだけ不機嫌でいさせてあげればいい。

僕は自分の機嫌のことだけを考えていれば良かったのです。

 

最近の僕は「この人とはなんか合わないな」「この人といるとなぜか居心地悪いな」と思えるような人が目の前にあらわれたらソッコーでその人から距離を置くように心がけています。

そうした方が僕にとっても相手にとってもメリットが大きくなるからです。

 

これはこれまでの数々の対人関係の失敗から学んだノウハウです。

幸いなことに僕は勤め人を卒業しているので嫌な人と顔を合わせなくても生きてゆくことができます。

その自由さも起業の魅力でした。

 

自分で事業をやればすべてのことは自分で仕切ることができます。

合わない人と一緒に仕事をする必要もありませんし、ムカつく相手の顔を見ずに済みます。

 

でもサラリーマンをしていた頃はもちろんそういうわけにはいきませんでした。

なんせこちらがどんなに「距離を置きたい」と思ったとしても相手は同じ会社の中にいたりします。

どうしたって会わなきゃいけないし、顔を見なければいけません。

物理的に距離を置くことは不可能でした。

 

人間関係やコミュニケーションに関する本などでは、「苦手な人とも何とかコミュニケーションをとろう」みたいなことが書かれています。

「それが大人の対応である」と・・

まあ、それはきっと正論なのでしょう。

きちんとした大人のビジネス・パーソンの方はそうすべきだと思います。

 

でも僕にはそれがどうしてもできませんでした。

そういった意味では僕はきちんとした大人のビジネス・パーソンではないのかもしれません。

でも僕がきちんとしていなかったからこそ僕は起業という道を選択することができたのかもしれません。

 

これでもしも僕が対人関係においてもきちんとした対応ができる人間だったならば僕は起業できていなかったかもしれないのです。

『苦手な相手とは距離を置く』なんてまるで子どもみたいにわがままで自分勝手な態度だと僕も思います。

でもせっかく勤め人をやめたのですから自由にしたっていいと思いませんか? 

 

脱サラするということ

起業するということ

それは決してバラ色のことだけじゃありません。

 

安定も失うし、社会的地位も失います。

事業がうまくいかなくなれば家族を路頭に迷わす危険性もあります。

 

でもその代わり圧倒的な自由が手に入ります。

いろんなことが自分で仕切ることができます。

人間関係の悩みからは完全に解放されます。

さて、あなたはどちらがいいと思いますか?

 

言うまでもないことですが僕みたいな考え方をする人間は組織には向きません。

組織で生きてゆくためにはどんな人ともうまくやっていけるだけの『コミュニケーション・スキル』が必要になります。

僕にはそのようなコミュニケーション・スキルがありませんでした。

 

いや、ビジネス上、商売上のコミュニケーション・スキルはあります。

それがまったくなかったらさすがに商売人にはなれませんよ。

でも社内の人と仲良くするためのコミュニケーション・スキルが僕の場合、欠落していたのだと思います。

 

こうやって考えてみると僕が脱サラして起業するという道を選択したのはある意味、必然だったのかもしれません。

もともとの気質として僕は組織には向かないタイプの人間だったのです。

 

それは僕が「ひとりっ子であった」ということも大きく影響しているかもしれません。

僕は子どもの頃からひとりきりでいることがそれほど苦痛ではありませんでした。

苦手な人と接するストレスに比べたら、孤独でいた方がいい・・・・むかしから僕はそのように考えるタイプの人間でした。

 

「孤独であること」「孤立すること」も相当なストレスになるはずです。

しかし、僕はそっちのストレスの方がマシだと考えるタイプの人間なのです。 

 

でも僕のように「苦手な相手とは、距離を置く」という戦略を採用すると当然のことながら友だちは少なくなります。

そのことによって若干の心細さや寂しさのようなものを感じるかもしれません。

なかにはその対応を批判する人も出てくるでしょう。

いつの時代も集団からはみ出そうとする人間は攻撃の対象となります。

もしかしたら理不尽な目に遭うかもしれません。

 

でも僕は「それでもいい!」と思っています。

そっちのデメリットとこっちのメリットを比べたら断然こっちのほうがいいと僕は思いました。

だから僕は孤独になること、孤立することによる障害についてはあまり気にしていません。

 

人生は短いのです。

せいぜい80年ちょっとです。

苦手な人、嫌な人と一緒にいる時間なんて人生の無駄以外の何ものでもありません。

そう思いませんか? 

 

もちろんそれはわがままです。

みんな我慢して、いろんな人と付き合っていることもわかります。

でも全員が全員、そういう『我慢の世界の住人』である必要はありません。

たまには僕みたいにわがままで、自分勝手な存在がいてもいいのではないでしょうか。 

 

僕は『我慢の世界の住人』でいることに心底、疲れてしまいました。

だからサラリーマンをやめたのです。

そして、その大英断のおかげで僕は苦手な人と会わなくてもいい自由や嫌いな人と顔を合わせなくてもいい自由を獲得することができました。

 

せっかく苦労して勝ちとった自由なのですからこの際、思う存分、使わしてもらおうと思っています。

とことんわがままを貫いてやろうと考えています。

 

「なんだか、違うな…」という違和感はとっても大切なお知らせです。

それは無意識から発せられる警告音です。

その警告音を無視してばかりいると必ず悪い結果をもたらします。

 

それはあなたへの重要なメッセージです。

それはあなたに何かを伝えようとしています。

あなたはそのメッセージが届けられたことに気づかなきゃいけません。

気づいて開封しなきゃいけません。

 

だけど、そのメッセージに気づく人はほとんどいません。

ましてや開封して中身をみる人となるとおそらく皆無に近いでしょう。

僕はそのメッセージに気づきました。

気づいて、開封し、中身をみることができました。

 

 

「考えろ」「そこはお前のいる場所じゃない」

「そこから飛び出した方がいいぞ」

「もっと自由に生きられる場所が他にあるはずだ」

「いつまでもそこに留まっていてもいいのか?」

 

そんなふうに、僕の耳には聞こえました。

僕の今日があるのはそれのおかげです。

その声に耳を傾けることができたからこそ僕はただ今、こうしてこんな風に自由に、幸せに、少しだけ豊かに生きることができているのだと思います。 

 

 


人の顔色を伺う人生に疲れた人へ! 自分の機嫌を取ることを優先すると人間関係の悩みから解放されるのはなぜか?