サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

貧乏も困るけど、おカネだけあって時間がないという状態も困るという話

 

人生がうまくいってなかった頃の自分を振り返ってみた。

「本当につまらない人間だった」と心から思う。

妙に大人びていて、妙に落ち着いていた。

「会社のために真面目に働いている」ということが唯一のアイデンティティになっていた。

 

節度をわきまえ、わがままを言わず、いろんなことを我慢している「自分」・・

 

それが社会人のあるべき姿だ

それが正しい生き方なんだ

それが大人になるってことなんだ

 

そう自分に無理やり言い聞かせていた。

 

でも本当は気づいていた。

本当は全部、わかっていた。

本当は全然ハッピーじゃなかった。

本当は毎日、楽しくなかった。

 

それなのに「真面目」「安定」「責任」「仕事熱心」etc・・・そこに価値を見出そうとしていた。

それを免罪符に使って自分を無理やり納得させていた。

本当は違うことがしたいのに。

それは自分が望んだ生き方じゃないのに。

もっと別の自分になりたかったはずなのに。

 

「これでいいんだ」と・・

 

あの頃の僕は自分を小さな箱に押し込めて広い世界をなるべく「見せないように」「見せないように」していた。

なぜそんなことをしたのか? 

そっちの世界の方が圧倒的に魅力的だったからだ。

 

もしもそっちの世界を自分に見せたら絶対「あっちに行きたい!」と言い出すに決まっていた。

子どものように駄々をこねて、「僕はあそこに行くんだ!」と泣き叫ぶのが目に見えていた。

だから必死に見せないようにしていた。

 

自分に嘘をついて。

自分を箱に閉じ込めて。

その箱に鍵をかけて。

そこから出られないようにした。

 

だから僕は毎日ハッピーじゃなかった。

だから僕は毎日楽しくなかった。

 

そりゃ、そうだ。

うちの猫を見ていてもそれはわかる。

猫も人間も基本的には自由に自分の好きなところに行きたい習性を持っているのだ。

それをずっと檻の中に閉じ込めていたら猫だって人間だってストレスがたまるよ・・・

 

でもその頃の僕はそうやって「自由に」「わがままに」「好き勝手に」「楽しく」生きることが良くないことだと思い込んでいた。

 

それはやってはいけないことだ

それは無責任だ

それは自分勝手だ

それはわがままだ

それは社会人としてあってはならないことだ

それはまわりに迷惑をかけることだ

それは…

 

そうやって、無理やり自分を『きちっとした真面目な社会人』という枠の中に収めようとしていた。

今ではちょっと考えられないことだ。

『北海道でいちばん自由なパパ』を自称している僕が、だ!

 

なぜ僕はそんなことをしていたんだろう。

なぜ僕はそんなに自分を狭い世界に閉じ込めようとしていたんだろう。

 

その答えはカンタンだ。

怖かったからだ!

 

サラリーマンを辞めて自分で事業をやるということはとんでもないリスクだ。

もしも失敗したらどうする? 

もしも膨大な借金を背負ったらどうする? 

もしも自己破産したらどうする? 

もしも家族を路頭に迷わせることになったらどうする? 

 

その「恐怖」に僕は完全に支配されていた。

あっちの世界が魅力的で、自分がそれに惹かれていることも百も承知だった。

本当の気持ちはそっちに向いていることは自分でもわかっていた。

 

でもそっちに行くことはあまりにもリスキーだ。

それは怖い。

死ぬほど怖い。

だから僕はその場に留まり続けた。

 

「そんなことできっこない」「そんなの夢物語さ」と自分に言い聞かせた。

そして、真面目なサラリーマンとして生きるように自分を説得し続けた。

 

でも僕は結果的には37歳のときに脱サラ起業をした。

散々悩んだけど、やっぱり自分の「あっちに行きたい!」という衝動を押さえることができなかったのだ。

そのおかげで今日の成功がある。

今のこの「自由」と「幸せ」がある。

 

死ぬほど怖かったけど僕は勇気を出して一歩を踏み出したのだ。

そしたら、何もかもがうまくいった。

やってみたら、想像していたよりもカンタンだった。

 

「なんでもっと早くチャレンジしなかったんだろう?」

「なんでオレはあんなにずっとウジウジしてたんだろう?」と心の底から思った。

 

それからこんなことも思った。

もしもあのまま小さな箱の中に自分を閉じ込めていたらいったい僕の人生は今ごろどうなっていただろうか、と。

おそらく悲惨なことになっていたはずだ・・・

 

日本の社会は

  • 自由に生きること
  • 好き勝手に生きること
  • 楽しく生きること
  • 自分のやりたいように生きること

をを良しとしない社会だ。

 

でも不思議なことに多くの成功者やお金持ちは自由で、好き勝手に生きていて、楽しく生きていて、自分のやりたいように生きている。

「逆」なのだ。

「逆」のことをしているのだ。

 

だからうまくいったんじゃないのかな。

だから成功したんじゃないのかな。

 

それでいいんじゃないかな。

どうしてそれじゃいけないの。

真面目なサラリーマンとして、65歳の定年を迎えるまで勤めている会社に忠義を誓って働くというのならそれはそれでOK。

 

人間はどんな生き方をしてもいい。

どんな選択をしてもいい。

自分にとってハッピーで満足できるチョイスをすればいい。

 

僕は僕なりの選択をした。

そのおかげで「変わり者扱い」されることになっちゃったけど、それはもうしゃーないことだ。

そういう道を選択した以上、そういうことを言われたり、そういう目で見られたりすることは覚悟しなければいけないことなのだ。

 

いちばん大切なことは「自分の気持ち」だ。

こっちの世界に来て、良かったのか? 

ハッピーだったのか? 

後悔はしてないのかってことだ。

 

そういった意味では僕はすごく今、ハッピーだ。

経済的な面でも、精神的な面でもサラリーマンをしていた頃よりも数十倍、良くなってる。

まわりからどんな風に思われようと。

まわりからどんな目で見られようと。

 

だからもっと積極的にヘンな人になろう!

もっと自由に、もっとわがままに、もっと自分勝手に。

小さい箱の中に閉じ込めてた本当の自分を解放してあげよう。

 

親を心配させてもいい。

となりの家から「あの人、何やってる人なの?」と白い目で見られてもいい。

子どものようにうるさく、元気に、わがままに、エネルギッシュに!

まわりに散々、迷惑と心配をかけて、一日を思う存分、生きるのだ!!

 

僕は「不自由に生きること」「自由に生きること」の両方の生き方を試してみたけど、圧倒的に「自由に生きること」の方が幸せだった。

だから、あなたにも自由に生きてほしいと思っている。

 

「あれがほしい」

「これがほしい」

「やれをやりたい」

「これ、やりたくない」

「あれ、いらない」

「これ、いらない」

 

そんな風に自分に正直に生きることって実はとっても素敵なことなんじゃないだろうか。

だって自分の人生だもん。

たった一回しかない自分の人生だもん。

 

親のために生きてるわけじゃないもんね。

会社の上司や、世間のために生きてるわけじゃないもんね。

 

僕は2010年の暮れ、37歳のときに脱サラ起業をした。

それまで勤めていた不動産会社を退職し、専業大家になったのだ。

そしてその後、法人成りをした。

 

サラリーマンを辞めて、アパートからの家賃収入だけで家族を養い、法人化もしたと言うとさも僕がお金を持ってるように思われるかもしれない。

でもそれは違う。

僕はそれほどお金持ちというわけではない。

 

もしかしたらみなさんの方が僕よりも年収は高いかもしれない。

でも僕は『お金』という概念では測れないものを持っている。

それはとても貴重なものだ。

それは普通の人はなかなか持つことのできないものだ。

 

 

もったいぶらずに言おう。

僕が持っているもの、それは『時間』だ! 

 

そう、僕は圧倒的な自分の自由になる時間を持っている人間なのだ。

決してお金持ちではない。

でもその代わり「時間持ち」なのだ。

 

これに関してだけは僕は絶対的な自信を持っている。

僕は北海道に住んでいるが、おそらく僕は『北海道でいちばん自由なパパ』だと思う。

僕より毎日、自由に生きてる40代のお父さんは恐らくいないはずだ。

調べたことないから、わからないけれど・・・笑

 

たいていの人は、お金さえ手に入れば幸せになれると思っている。

僕もサラリーマン時代はそう思っていた。

とにかく高い年収を稼ぎ、お金をたくさん手に入れさえすれば、すべての問題は解決すると思っていた。

 

だけど、それはまったくの間違いだった。

高い年収を稼ごうとすれば、たくさん働かなければならない。

だから多くの人は一日のうち何時間も労働に捧げる。

僕もがむしゃらに働いた。

 

いつも営業成績を気にして、夜遅くまで働いた。

休日出勤もいとわず、サービス残業なんて当たり前だった。

「歩合制」だったからがんばればがんばるほど給料は高くなっていった。

 

すると、ますます頑張ろうと思うようになる。

これが罠だった。

頑張れ頑張るほど出世していき、社内の評価も高くなっていった。

だから僕は必死にがんばった。

 

毎日の生活のすべてを仕事に捧げた。

睡眠不足になろうが、健康診断で引っかかろうがお構いなしだった。

家庭なんてかえりみてる余裕なんてとてもなかった。

その結果、何が起きたのか? 

僕はぶっ壊れてしまった。

 

心と体のバランスを崩し、激しいめまいに襲われた。

神経内科で『自律神経失調症』と診断された。

 

確かに年収はUPした。

出世もした。

まわりからも認められた。

 

それでどうなった? 

その結果、何を得た? 

自律神経失調症になった・・・

これじゃ、まるでタチの悪い「ブラック・ジョーク」だ。

 

それでお前はハッピーになれた? 

自分のやってることに納得できた? 

「いい人生だ」って胸を張って言える? 

 

全然、そんなことなかった。

そこから僕の試行錯誤がはじまった・・・

 

おかしいじゃないか!

年収がUPすれば幸せになれるんじゃなかったの?

お金が入ってくれば、いろんな問題が片付くんじゃなかったの?

オレが出世すれば、家族も喜ぶんじゃなかったの?

 

あれがきっかけになって僕は自分の人生を見つめなおすことができた。

その経験は僕の人生を決定的に変える大きなきっかけになった。

そして、僕はある重要な気づきを得た。

それはお金だけあっても問題は解決しないという気づきだった。

 

それと同時にもう一つのある重要な気づきを得た。

それは、自由な時間がなければ人は幸せにはなれないという気づきだった。

 

この2つの気づきがあったからこそ僕は今、こうして自由にハッピーに暮らすことができている。

だから僕は『不動産投資』なんてものをやっているのだ。

 

不動産投資は『この世でいちばん自由な時間を獲得することができる夢のような投資法』だ。

僕の知る限りにおいて・・・

 

不動産投資は上手にやれば、『不労所得』というものが得られる。

不労所得は読んで字のごとく働かなくても収入が得られるものだ。

サラリーマン時代の僕のように朝から晩まで会社のために働かなくてもお金が入ってくるのだ。

 

こんなものが世の中にあるなんてあの頃の僕は知らなかった・・・

知らなかったからただがむしゃらに働くしかなかった。

だけど自律神経失調症になって強制終了がかかったことにより、僕は考える時間を得た。

 

自分にとっていちばん大切なものとは何か? 

自分にとってどんな状態がいちばん幸せなのか? 

もう以前と同じ過ちは繰り返したくない。

だから僕は必要以上にお金を求め過ぎないように注意している。 

 

お金だけあっても問題は解決しないのだ。

やろうと思えば、物件の数を増やすことはできるだろう。

でも無理はしない。

「無理をすると、どんな恐ろしいことになるか」ということを身をもって体験しているからだ。

 

僕には「時間」がある。

収入では負けるかもしれないけれど、「物理的な自由時間の量」では誰にも負けない自信がある。

 

僕が取得したいくつかの物件たちが僕の代わりに24時間365日働いて稼いでくれているのだ。

だから僕は圧倒的な自由な時間を持っている。

いわば僕はその自由な時間を買ったのだ。

 

年収が2,000万円あろうが、3,000万円あろうが、毎日毎日仕事に追われ、自由な時間がない生活を僕は送りたいとは思わない。

それじゃ、ハッピーじゃないのだ。

 

年収が高い人ほど生活がレベルが高い。

生活レベルが高いと、支出も多い。豪華なマンション、高級車、子供の教育費、外食代、飲み代、その他の無駄な買い物、etc・・・

これらの大きな支出を捻出するために夫婦二人でフルタイムで働いている人は意外に多いものだ。 

 

そして、その犠牲になっているのはいつも『時間』だ。

家族と過ごす時間

自分の趣味を楽しむ時間

リラックスする時間

じっくり自分と向き合う時間

etc、、、、

 

貧乏も困る。

だけどお金だけあって時間がない状態もダメなのだ。

 。