サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

人生がうまくいかないときにどのように考えればいいのかついて。僕なりの考えを述べる。


人生がうまくいかないときにどのように考えればいいのかついて。

 

一生懸命やってはいるんだけど、なかなかうまくいかなくて結果が出ない。

そんなときは、「あ、またお知らせが来てるな」と考えるようにしましょう。

 

おい、お前、何か間違ったことやってるよ

早く気づきなよ

自分のやってることを一つ一つ検証してみてごらん

どこかにおかしい箇所があるはずだよ

etc・・

 

そういう無意識からの『大切なお知らせ=サイン』だと思うといいです。

 

客観的に見つめ直してごらん

今の自分を変えてごらん

何かが違っているんだ

だからそれが起こったんだ

ほら、気づきなよ

etc・・・

 

無意識はいつも僕らに語りかけているのです。

その声を無視すればその苦しみからは解放されることはないでしょう。 

でも、その声を素直に受け入れてそこを改善させれば問題は修正され、やがていい方向へ向かってゆくはずです。
 
自分の生まれ育った環境とか、親の経済力とか、自分の容姿、あるいは持って生まれた才能・・・そういったものはもうどうすることもできません。

どんなに憧れても、どんなに不満でも、そこは受け入れるしかないのです。

 

でも、そこからどのようにプレイするかで人生を大きく変わってゆくと思っています。

どーにかこーにか配られたカードで勝負してゆくより他に方法がないということです。

 

 

僕は『人生はデコレーション・ケーキのようなものだ』と思っています。

そういった「自分の力ではどうすることもできないようなもの」はいわばスポンジのようなものです。

 

どんなにスポンジが立派でも、スポンジだけでは店頭に並べられない。

きちっとその上にデコレーションをしなければ売り物にならないのです。

人生もこれと同じだと思う。

どんなに恵まれた環境に生まれ育ったとしても人生を棒に振る人なんてゴマンといます。

 

だから、もしもみなさんに自分に配られたカードが芳しくないものだったとしてもそれを気にする必要はまったくない。

そこからいくらでも挽回することはできます。

 

スポンジの上のデコレーションを頑張りさえすれば最初からいいカードが配られたヤツよりも上にいくことのできます。

確かに大地主の家に生まれたり、生まれつき特殊技能を持っていたり、ズバ抜けた運動神経の持ち主だったりする人はいます。

でも、そんな人は全体から見ればごく一部。 

他はだいたいみんな似たり寄ったりだと思います。 

 

さあ、そこからどうやって自分だけ抜きん出るか。

人生はそこで決まります。

 

だから、そこから先はその人しだいです。

さあ、そこからどんなデコレーションをするのかで勝負は決まる。

ごく一部の人を除き、ほぼ横一線からのスタートなのです。

 

これは外見もひっくるめた話だ。

もしも他の部分で劣っているのならせめて外見だけでも立派にしてみましょう。

 

僕の見たところ、人生がうまくいってない人というのは外見もみすぼらしい人が多い。

いつも暗い服を着て、暗い顔をしている。

現実があまりにも過酷だと自分の見た目のことなんてどうでもよくなっていくらしい。

 

それではいけません。

「人は見た目が9割」という本もあるけど、見た目や印象が良ければ、その人は輝いて見えるもの。

 

そういう明るいオーラを出していると自然といいことが起きるようになります。

地味な服を着て、髪の毛も整えず、暗い顔と表情をしている人の元にはなぜか悪いことばかり起こるものです。

負のオーラを出してるから自然とマイナスのもの引き寄せてしまうのかもしれません。 

 

その人の中身なんて他人はわかりっこありません。

「根はいい人なんだけどね…」って言ったってそんな根の部分まで見抜ける人はそうそういません。

やっぱり見た目ってすごく大事です。

 

それも一種の「デコレーション」です。

 

どうせ何かやったっていいことなんか起きない

だから、オレはこのままでいい

 

そんな拗ねた態度ばかりしていたらいつまで経っても浮上できません。

ケーキはずっと売れ残っちゃいます。

いろんなことがうまくいってないんならせめて外見だけでも気を遣ってみましょう。

 

髪を切り、オシャレをし、ファッションにも気を使い、表情も豊かにしてみましょう。

そしたら必ずいろんなラッキーなことが起こるようになります。 
 

僕たちは生まれるとき、自分で選んで生まれてきたわけではありません。

自分の生まれる家や持って生まれた才能などを自分でチョイスすることはできないのです。

だから最初に配られたカードがあまりかんばしくないものだったとしてもどうにかそのカードでやっていくしかありません。

 

僕にもクリスティアーノ・ロナウドみたいなサッカーの才能があれば今ごろすごいサッカー選手になれていたかもしれません。

でも残念ながらそのような才能は僕にはありませんでした。

 

いや、僕にないのはサッカーの才能だけではありません。

その他にもいろいろな才能が僕には備わっていません。

そのことは誰よりも僕自身がよく知ってることです。

 

でもだからと言って人生をあきらめる必要はまったくありません。

たとえ「持って生まれた才能」に恵まれなかったとしても手持ちのカードを使っていかにプレイするかによってその後の人生は大きく変わってきます。

最初に配られたカードがたとえどんなカードであったとしてもそこからいくらでも挽回することができるのです。

 

この世の中には、「最初から恵まれてる人」というのがたくさんいます。

たぶんあなたにも1人や、2人、思い浮かぶのではないかと思います。

家柄、ルックス、センス、オーラ、学力、運動能力、etc・・

 

オギャーと生まれた段階からすでにいろんな意味でもう既に幸運を手にしている人たち・・

最初にカードが配られた段階ですでにもう役が揃ってるような人たち・・

 

もちろんそういう人たちはラッキーです。

その後の人生も有利に事をすすめることができます。

ラクチンな人生が約束されています。

そういう人たちが一定数いることは事実です。

 

だけどすべての人がそうではありません。

僕たちはそのことを偉人の本や伝記などから知ることができます。

 

あの人たちは決して最初から恵まれていたわけではありません。

カードが配られた段階ではあまり宜しくないところからスタートしています。

にもかかわらず、あの人たちはそれぞれの分野で活躍し、歴史に名を刻むことができました。

 

もちろん僕たちは偉人ではありません。

だから彼らを引き合いに出すのはおかしいという考え方もあるでしょう。

しかし、彼らから何かを学ぶことはできるはずです。

そして、その学びを自分の人生に生かすことができるはずです。

 

僕たちが本当に注目しなきゃいけないのは彼らの業績の方ではありません。

僕たちが注目しなきゃいけないのは彼らがいかに恵まれていなかったかどんなハンディキャップを背負ったところからスタートしたのかというところなのです。

 

自分の力ではどうすることもできないことで思い悩むのはもうやめましょう。

いくらくよくよ思い悩んだって才能に恵まれなかったり、容姿に恵まれなかったりしたことはどうすることもできません。

 

A型で生まれた人がどんなにB型に憧れたとしてもB型にはなれないのと同じ一緒です。

どうせ悩むなら、「自分の力でどうにかなること」で悩みましょう。

 

僕も不動産投資をスタートするときに地主の家に生まれて、最初から広大な土地を有している家に生まれていたらどんなに楽だったろうと何度も思いました。

地主さんはもともと土地をたくさん持っています。

だからわざわざ土地代を借金する必要がありません。

既存の土地にアパートを建てれば簡単に建物分の値段だけで家賃収入を得ることができます。

 

だけど僕みたいな普通の人間は土地と建物の両方を購入する必要があります。

となると高額なお金を銀行から借りなければいけません。

だから僕らみたいな庶民は新築物件には手を出せないのです。

 

となると、必然的に中古物件を購入するという選択肢した残っていないことになります。

古い物件は見た目もボロボロだし、あちこち傷んでいるので修繕もいろいろかかります。

そういった費用も差し引いたら手もとには雀の涙しか残らないときもあります。

 

それでもなんとか知恵をふりしぼって賢いアパート経営をすればそこそこの成果をあげることはできます。

そういうハンディキャップを背負ったところから始めて、今では大富豪にまで上り詰めた大家さんを僕はいっぱい知っています。

僕も早くその位置に到達したいのですが・・

 

だからあきらめないでください。

最初に配られたカードがあまり芳しくないものだったとしても、そこで試合が終了してしまうわけではないのです。

そこからいかにして知恵をしぼり、賢く手持ちのカードを使ってプレイしたかによって結果は大きく変わってきます。

 

あなたが悩まなきゃいけないのは、「どうやってうまくこのハンディを乗り越えるか?」ということです。

僕のケースでいうと、「どうやって古い物件を上手に運用して安定的な家賃収入を得るか」ということです。

 

あるいは「どうやったら株式投資から最大限のリターンを獲得することができるか」ということ。

なぜオレは金持ちの家に生まれなかったんだなんてことに悩んでいたって人生はちっとも良くならないのです。

 

ときどき、劣等感のかたまりのような人に出会います。

そういう人は自分がいかに恵まれていないか、自分がいかに不幸な生い立ちなのか、これまでの自分がいかに不運だったか、そして今、自分がいかに不幸かということを必死にアピールします。

そして、どうせ俺は○○だから、どうせ私は○○だから・・・・といったようなことをよく口にします。

 

生い立ち、環境、ルックス、性格、特性、etc・・

あなたも、今、いろいろな悩みを持っていると思います。

だけど、どうか卑屈にならないでほしいと思います。

「劣等感のかたまり」のような人間にだけはならないでほしいと思います。

 

もしも最初に配られたカードでその後の人生が決まってしまうのならば人生というのはあまりにも味気なく、面白味のないものになってしまいます。

ところが、ご存じのとおり人生というのはそうではありません。

最初に配れらたカードがあまりかんばしくないものだったとしてもプレイの仕方によって、その後の展開はいかようにでも変えることができるものなのです。

 

だから人生はおもしろいのです。

だから人生は生きる価値があるのです。

 

「どうせオレは」「どうせ私は」と思って生きている人は人生というものがいかにエキサイティングなものなのかということを知りません。

そして、自分もそのエキサイティングな人生の主役になれるということも知りません。

まるで自分の人生を観客席からながめているように毎日を生きている人たちがいます。

これほどつまらない人生はありません。

 

もちろん、クリスティアーノ・ロナウドにはなれないかもしれません。

だけど、『あなたなりの物語』を生きることはできるはずです。

そして、その物語がおもしろく、楽しく、エキサイティングで、感動的な物語であったならばそれはそれで「いい人生だった」ということになるのではないでしょうか? 

 

少なくとも何もせずただじっと座ったまま自分の境遇を嘆き、自分の人生を呪って生きてる人よりははるかにマシな人生になるでしょう。

何かを待っていたって、何も起こりません。

 

幸せの女神は自ら行動を起こす人にだけ微笑むのです。

あなたに今、配られたカードはあまりパッとしないカードばかりです。

さあ、あなたはここからどう動きますか。

どのようにプレイしますか。

そこからどのように挽回しますか。

 


人生がうまくいかないときにどのように考えればいいのかついて。