サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「正しく生きるより、楽しく生きること」を重視したおかげで僕の人生は劇的に変わった。

f:id:orange345:20200826104207p:plain

 

 

youtu.be

 

時間は誰にも平等に訪れます。

サラリーマンをやって生活している人も、投資をやって生活をしている人も、時間は平等です。

その同じ『24時間365日』を生きるのに必要な生活費をどのような方法で稼ぐのかということはそれほど重要なことなのではないのではないでしょうか。

 

学校の先生も、You Tuberも、生活保護をもらって暮らしている人も僕はみんな同じだと思っています。

朝から晩まで働いている勤め人だけが「ちゃんとしてる」という思い込みは危険だと思います。

 

そもそも「ちゃんと生きる」とはどういうことでしょうか。

名の通った会社の社員であることがちゃんとしていることになるのでしょうか。

むずかしい試験をパスして国家公務員になることがちゃんとしていることになるのでしょうか。

 

自由気ままに生きている人はちゃんとしてないのでしょうか。

生活保護をもらって暮らしている人はちゃんとしてないのでしょうか。

 

いったい「ちゃんとした生き方」というのは何なのでしょう?

 

社会人になりたての頃、僕もこの「ちゃんとしなきゃいけない病」にかかっていました。

会社のために朝から晩まで働き、給料をもらい、家族を養う生き方こそが、正しく、ちゃんとしてることなんだ

そんなふうに思い込んでいました。

 

だから昼間っからブラブラしてるような人を白い目で見て、嫌悪感を抱いたりしていました。

 

オレはちゃんと生きてるんだ

オレはまともに生きてるんだ

オレは真面目だ

オレは頑張ってる

オレは正しい

そう自分に言い聞かせていました。

 

でも、それは間違いでした。

本当は自分も昼間っからブラブラして自由に生きたかったのです。

 

自由に、のんびり、リラックスして、余裕を持った暮らしがしたかったのです。

しかし、それはあまりにも非現実的なことでした。

夢物語でした。

 

だいたいにしてどうやって稼いだらいい?

自由気ままに暮らしてどうやって収入を得る? 

 

あの頃の僕はまだ「この世には不労所得というものがある」ということを知りませんでした。

だから自由気ままに生きてる大人たちが単純に理解できなかったのです。

 

その人たちは自分の想像力の外側にいる人たちでした。

だから、「どうせ悪いことでもやってるんだろう」といったカンジにその人を悪者にすることで自分を無理やり納得させていました。

 

本当は死ぬほど羨ましかったくせに。

本当は「自分もああいう風に生きたい」と思っていたくせに。

 

「あれをやったらダメ」

「これをやったらダメ」

「ここから先は侵してはならない領域だ」

「ここから先は行ってはならない」

「それは危険だからダメだ」

「そんなこと無理に決まってる」

etc、、、、

 

人はいろんな「決まりごと」を自分に課します。

そうやって自分をある特定の『枠』にはめ、そこから飛び出さないように常に自分を監視します。

注意を払い、規律を守り、タブーを犯さず、波風を立てず、黙って従順に、自分を押し殺して・・・

 

そんなふうにして人生は終わってゆく。

それがほとんどの人の生き方です。

 

でもそうやって狭い箱の中に自分を押し込めて生きているとだんだん息が苦しくなってきます。

失敗したり、笑われたり、怒られたり、貶されたり、嫌われたり、etc・・・

いつもいつもそればっかり気にする人間になります。

 

はっきり言ってそれはつまらない人間です。

つまらない人生です。

 

僕は投資をやって生活している人間だからよくわかるのです。

投資で成功するために何が必要か。

まず、やることです。

宝くじも買わなければ当たらないのと同じように投資もやらなければ何もはじまりません。

 

「何を当たり前のことを言っているのだ」とお叱りを受けるかもしれない。

しかし、この『やるか、やらないかの選択で、『やる』の方を選ぶということ。

それは僕らが想像しているよりもはるかにむずかしいことなのです。

 

失敗する、損をする、貯金がなくなる、借金をする、自己破産する、etc、、、、そんなことばかり言って恐れてばかりいて結局、何にもやらない。

そういう人、意外とたくさんいるのです。

みなさんのまわりにもいるはずです。

 

でもバッターボックスにも立たないでどうやってホームランを打つことができるだろう。

いつまでも観客席にいて選手の悪口ばかり言ってる人生もありかもしれない。

でも僕はそういう人生はおくりたくなかった。

せっかくこの世に生を受けて、人生たったの80年くらいしかないのならば思う存分、自分の好きなことをやって生きたいと思ったのです。

 

たとえ三振したとしても、「もしかしたらホームランを打てるかもしれない」という可能性がある人生の方がいい。

人は恐怖に縛られると身動きが取れなくなります。

失敗する、笑われる、怒られる、貶される、嫌われる、etc・・・

そんなことばかり考えていると結局最後は「何もしないでおこう…」という話になってしまいます。

 

何もしなければ傷つくことはありません。

痛い目に遭うこともありません。

挫折することもありません。

安全地帯から一歩も動かないでそこでただじっとしていればいいだけです。

そうしていれば時間は過ぎ去ってゆく・・

  

でも・・本当にそれでいいのでしょうか・・・?

 

時間は誰にも平等におとずれます。

24時間365日

 

本当にやりたいこともやらず、「観客席」にいるだけの人生でいいのでしょうか。

無難な人生、冒険しない人生、真面目な人生、まともな人生、トラブルのない人生、etc・・・

規律を守り、曲がったことをせず、正しいことだけをやり、人に迷惑をかけず、失敗をせず、真面目に、しっかり、ちゃんと、大人しく・・・

 

 

僕はそんな人生は嫌でした。

そういう生き方をしていた時期もあったけれど、ちっともハッピーではありませんでした。

確かに痛い目には遭わなかったけれど、その代わり、いつも我慢・我慢・我慢・・・の毎日でした。

 

その結果、『自律神経失調症』になっちゃっいました。

激しいめまいに襲われ、仕事にも支障が出ました。

その経験から僕はとても大切なことを学んだような気がします。

 

人生は『正しく』生きるんじゃない。

『楽しく』生きるのだ!

・・という学びです。

 

人からどう思われようが知ったこっちゃない。

人から「正しくない」と指摘されたとしても知ったこっちゃない。

たった80年くらいしかない短い人生を楽しく、笑って、自由に生きるのです。

 

ちゃんとなんかしてなくていい

「不真面目だ」と人から思われてもいい

時には、枠をはみ出したっていい

「非常識だ」「無責任だ」と怒られてもいい

とにかく楽しく生きるのです。

 

人生は短い。

バラの花もいつまでも咲いてはいない。

命短し恋せよ、乙女です。

 

どんなに医療が発達したとしても、僕たちの一生はせいぜい80年前後。

そして、多くの人はその80年という時間のほとんどを『仕事』に費やします。

しかも、その仕事は自分を金持ちにするのではなく、誰かを金持ちにするための仕事です。

たいがいは勤めている会社の社長を金持ちにするための仕事です。



そう考えてみると、家族と一緒に過ごす時間とか余暇を楽しむ時間とか自分の趣味の時間というのは本当に限られたものです。

いま、人々は何に悩んでいるか?

『自由な時間』がないことに悩んでいるのです。

みんな本当は時間がほしいと思っているのです。

でもほとんどの人は80年のほとんどを仕事に費やすことになるのです。

 

心と身体を正常な状態でキープするためには、働きすぎに注意する必要があります。

中には「どう考えても異常」とも思えるような労働時間で働いてる人もいます。

 

幸せな人生をおくっている人というのは仕事だけじゃなく、プライベートも充実しているものです。

家庭も顧みず、死に物狂いで働いて、さて、いったいどんな幸せがもたらされるでしょうか。

 

たくさん働けばそれなりに年収はアップするかもしれません。

出世もするかもしれません。

社内でも一目置かれた存在になれるかもしれません。

 

でもその代償として愛する奥さんや子どもたちにも会えず、自分の趣味を楽しむ時間もない…

それはあまりにも惨めな人生だと思いませんか?

 

人間には『自由な時間がほしい』という欲求が必ずあります。

会社の社長のフトコロをあたためるだけの働き方は不毛以外の何ものでもありません。

死の床につき、自分の人生を振り返ったときに仕事しかしてこなかった人生なんてつまらないと思いませんか?

「自分の人生には仕事しかなかった…」と思いながら死んでゆくのと、「オレの人生は自由な時間を思う存分満喫できた」と思いながら死んでゆくのとどちらがいいでしょう?


僕は「不動産投資」というものと出合い、自由気ままな生活をおくれるようになりました。

今の僕にはサービス残業も、休日出勤も、満員電車もありません。

こんな僕でもそんな自由気ままな暮らしができているのです。

みなさんができないわけないじゃないですか。

 

みなさんはただ「どうせできっこない」という強迫観念に縛られているだけなのです。

人生には仕事以外にもやることはいっぱいあります。

 

自分の人生を仕事オンリーに塗り固めてしまうのはあまりにももったいないことです。

僕はそう思ったからサラリーマンの世界からドロップアウトしたのです。

2011年のことでした。

 

高校生のなりたい職業ランキングは今年も『公務員』がダントツの1位だったそうです。

子供に将来どのような職業に就いてほしいかランキングでも公務員が1位とのこと。

つまり、「雇われの身になれ」「従業員になれ」「勤め人になれ」というわけです。 

 

 

給料をもらう側に行け

給料を払う側には行くな

 

 

This is 日本ですね・・・ 

 

僕は観客席で選手の動きにブーブー文句を言うだけの人生は送りたくない。

人生を目いっぱい謳歌したい。

人生というのは「長い暇つぶし」なのでしょうか。

 

僕は違うと思っています。

僕は人生というのはエキサイティングで、面白いものだと思っています。

「おもしろくない」「つまらない」を選んでいるのは実は自分自身なんです。

 

社会に出るとみんな仕事のことで深く思い悩むようになります。

じゃあ、なんで観客席にいるの?

グラウンドに降りてこようとしないの?

 

いちばんなりたい職業のトップの職業は公務員な理由は「安定してるから」だそうです。 

むかし、銀行は「最も安定してる職業だ」と言われていました。

今、銀行は安定していますか?

銀行業に未来があると思いますか?

自分の子供を銀行員にしたいと思いますか?

 

公務員が安定してるというのもいずれ覆されるのではないかと僕は思っています。 

安定なんてどこにもないのです。

その現実に早く気づくべきです。

 

それだけ「時代は変化する」ってことなんです。

安定志向は危ないですよ。

不安定に強くならなければならない。 

 

だいたいにして「安定したいから」という理由でその職業を選んだような人がゴロゴロいるような組織が変化の激しい時代の波にうまく対応していけると思いますか?

 

子供は純粋です。 

目の前のことを楽しむことにすべての全エネルギーを注いでいます。 

彼らから学ぶことがたくさんあると思います。

 

もっと僕たちも子供のように生きたほうがいいと僕は思ってます。

 

「それが大人になるってことだ」という言葉に騙されてはいけません。

「そんな夢みたいなことを言ってないで」とか、「現実を踏まえて」とか。

 

子供のように無邪気に人生を楽しむことをまるで良くないことのように捉える世の中の空気に負けてはいけません。

 

僕は不動産投資をやってるおかげで毎日、自由気ままに暮らしています。

でも、やっぱりスタートしたときはまわりからいろいろ言われました。

まあ、今でも言われているんだけど。笑

 

日本人は『夢』とか『自由』とかよりも、『安定』とか『安全』のほうを大事にするところがあります。

でも結局、安定とか安全を追い求めるといつまで経っても不安につきまとわれることになります。

 

僕の同級生なんかを見ていてもよくわかります。

みんなとにかく安定・安全を追い求めて、危険をおかすようなことは何一つしてこなかった。 

真面目に勉強して、真面目に働いて、真面目に税金を払って・・・・

 

でもそうやって真面目、真面目に、慎重に、慎重にやってきたとしても40歳を過ぎてもまだ『本当の安定』や『本当の安全』が得られないのです。 

いや、それどころか45歳くらいになってくるとかえってリストラの影に怯えたり、下からの突き上げと上からのプレッシャーとのあいだで深刻な悩みを抱えていたりする。

 

「大人になる」っていったいどういうことをいうんだろう。

僕たちが子どものころ、まわりの大人たちが言っていた「いつまでも子どものままではいられないんだぞ」という説教はいったい何だったんだろう。

 

残りの人生はただの消化するためだけに存在してるのだろうか?

せっかく生まれてきたのに、何もチャレンジしないまま人生を終えてしまってもいいんだろうか?

  

自分のなかにある子どもの心を大切にしてほしい。

それが幸せを自分のもとへたぐり寄せるカギになると僕は思ってます。

 


「正しく生きるより、楽しく生きること」を重視したおかげで僕の人生は劇的に変わった。